webstation plus

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)


 自分とは正反対の人って嫌ですよね。

 几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつけるように、私たちは自分と正反対の人をみると嫌悪感を抱いてしまいます。

 しかし、正反対な人と接するからこそ新たな視点で物事が眺められるのだとしたら…。

 そこで今回は、正反対な人とは付き合いたくないと考えている人に読んで欲しい小説『マスカレード・ホテル』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・ホテル』のあらすじ

 都内で連続殺人事件が起きる!?

 殺人現場に残された暗号から、ホテル・コルテシア東京が次の犯行場所だと判明しますが、容疑者もターゲットの目星もついていませんでした。

 そこで警察は若くて頭の切れる新田浩介をホテルマンに変装させて潜入捜査をさせます。しかし、新田の教育係に就いたのは彼とは正反対の女性・山岸尚美でした。

 お客様は神様だと考える尚美と客に疑いの目を向ける新田。

 この二人が対立と協力を繰り返しながら事件の真相に迫る!?

 『マスカレード・ホテル』のおすすめポイント

1. 怪しい人物だらけのミステリー小説

 物語の舞台は人の出入りが多い一流ホテル。犯人候補が次々と現れます。

 たとえば、視覚障害者のふりをする老女や自分を訪ねて来る男性がいたら追い返して欲しいという女性、新田をあらゆる手段で挑発する男性など、ほんと次から次へと現れます。

 しかも、お客様にとってホテルは仮面舞踏会のようなもの。普段とは違う自分――素顔を仮面で隠してホテルでの一時を楽しもうとします。そのため、誰もが怪しく思えるんですよね。

 そんな状況下で新田と尚美は犯人を特定できるのか!?

 東野圭吾さんが用意したミスリードに騙されないように読むと面白さ倍増です。

2. 真逆の二人だからこそ新たな発見が生まれる

 あらすじでも紹介したように、新田と尚美は正反対の考え方をしていました。

 尚美はお客様は神様だと考えています。そのため、フロントで順番を待てずに文句を言うお客様に便宜を図ったり、クレームをつけてくるお客様に無料で部屋のグレードを上げたりします。

 一方の新田は、そんな客は追い返せばいいと考える人物。なぜ、文句を言う客だけ得をするのか?おかしいじゃないかと論理的に考える人物でした。

 だからこそ、彼らは何度も衝突します。しかし、二人とも自分の仕事にプライドを持っているので、次第にお互いのことを認め合うようになります。

 それがキッカケで事件解決の糸口が!?

 真逆の二人が対立しながらも互いを認め合い、成長していく姿に「自分も正反対の人を認めていこう!?」と思える物語です。

3. ラストは衝撃の結末が!?

 物語が終盤に入ると、新田と尚美の関係が大きく変わり、これから二人の関係はどうなるの!?と気になる一方で、これまでに張られた伏線が一気に回収されるので、恋愛要素もミステリー要素も楽しめる小説です。

 なかでもラストは驚きの連発。続編が出ているのも頷ける物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ホテル』。読めば自分と正反対な人とも付き合ってみようと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …