webstation plus

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)


 自分とは正反対の人って嫌ですよね。

 几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつけるように、私たちは自分と正反対の人をみると嫌悪感を抱いてしまいます。

 しかし、正反対な人と接するからこそ新たな視点で物事が眺められるのだとしたら…。

 そこで今回は、正反対な人とは付き合いたくないと考えている人に読んで欲しい小説『マスカレード・ホテル』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・ホテル』のあらすじ

 都内で連続殺人事件が起きる!?

 殺人現場に残された暗号から、ホテル・コルテシア東京が次の犯行場所だと判明しますが、容疑者もターゲットの目星もついていませんでした。

 そこで警察は若くて頭の切れる新田浩介をホテルマンに変装させて潜入捜査をさせます。しかし、新田の教育係に就いたのは彼とは正反対の女性・山岸尚美でした。

 お客様は神様だと考える尚美と客に疑いの目を向ける新田。

 この二人が対立と協力を繰り返しながら事件の真相に迫る!?

 『マスカレード・ホテル』のおすすめポイント

1. 怪しい人物だらけのミステリー小説

 物語の舞台は人の出入りが多い一流ホテル。犯人候補が次々と現れます。

 たとえば、視覚障害者のふりをする老女や自分を訪ねて来る男性がいたら追い返して欲しいという女性、新田をあらゆる手段で挑発する男性など、ほんと次から次へと現れます。

 しかも、お客様にとってホテルは仮面舞踏会のようなもの。普段とは違う自分――素顔を仮面で隠してホテルでの一時を楽しもうとします。そのため、誰もが怪しく思えるんですよね。

 そんな状況下で新田と尚美は犯人を特定できるのか!?

 東野圭吾さんが用意したミスリードに騙されないように読むと面白さ倍増です。

2. 真逆の二人だからこそ新たな発見が生まれる

 あらすじでも紹介したように、新田と尚美は正反対の考え方をしていました。

 尚美はお客様は神様だと考えています。そのため、フロントで順番を待てずに文句を言うお客様に便宜を図ったり、クレームをつけてくるお客様に無料で部屋のグレードを上げたりします。

 一方の新田は、そんな客は追い返せばいいと考える人物。なぜ、文句を言う客だけ得をするのか?おかしいじゃないかと論理的に考える人物でした。

 だからこそ、彼らは何度も衝突します。しかし、二人とも自分の仕事にプライドを持っているので、次第にお互いのことを認め合うようになります。

 それがキッカケで事件解決の糸口が!?

 真逆の二人が対立しながらも互いを認め合い、成長していく姿に「自分も正反対の人を認めていこう!?」と思える物語です。

3. ラストは衝撃の結末が!?

 物語が終盤に入ると、新田と尚美の関係が大きく変わり、これから二人の関係はどうなるの!?と気になる一方で、これまでに張られた伏線が一気に回収されるので、恋愛要素もミステリー要素も楽しめる小説です。

 なかでもラストは驚きの連発。続編が出ているのも頷ける物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ホテル』。読めば自分と正反対な人とも付き合ってみようと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …