正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

おすすめ小説

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)

 自分とは正反対の人って嫌ですよね。

 几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつけるように、私たちは自分と正反対の人をみると嫌悪感を抱いてしまいます。

 しかし、正反対な人と接するからこそ新たな視点で物事が眺められるのだとしたら…。

 そこで今回は、正反対な人とは付き合いたくないと考えている人に読んで欲しい小説『マスカレード・ホテル』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『マスカレード・ホテル』のあらすじ

 都内で連続殺人事件が起きる!?

 殺人現場に残された暗号から、ホテル・コルテシア東京が次の犯行場所だと判明しますが、容疑者もターゲットの目星もついていませんでした。

 そこで警察は若くて頭の切れる新田浩介をホテルマンに変装させて潜入捜査をさせます。しかし、新田の教育係に就いたのは彼とは正反対の女性・山岸尚美でした。

 お客様は神様だと考える尚美と客に疑いの目を向ける新田。

 この二人が対立と協力を繰り返しながら事件の真相に迫る!?

スポンサーリンク

 『マスカレード・ホテル』のおすすめポイント

1. 怪しい人物だらけのミステリー小説

 物語の舞台は人の出入りが多い一流ホテル。犯人候補が次々と現れます。

 たとえば、視覚障害者のふりをする老女や自分を訪ねて来る男性がいたら追い返して欲しいという女性、新田をあらゆる手段で挑発する男性など、ほんと次から次へと現れます。

 しかも、お客様にとってホテルは仮面舞踏会のようなもの。普段とは違う自分――素顔を仮面で隠してホテルでの一時を楽しもうとします。そのため、誰もが怪しく思えるんですよね。

 そんな状況下で新田と尚美は犯人を特定できるのか!?

 東野圭吾さんが用意したミスリードに騙されないように読むと面白さ倍増です。

2. 真逆の二人だからこそ新たな発見が生まれる

 あらすじでも紹介したように、新田と尚美は正反対の考え方をしていました。

 尚美はお客様は神様だと考えています。そのため、フロントで順番を待てずに文句を言うお客様に便宜を図ったり、クレームをつけてくるお客様に無料で部屋のグレードを上げたりします。

 一方の新田は、そんな客は追い返せばいいと考える人物。なぜ、文句を言う客だけ得をするのか?おかしいじゃないかと論理的に考える人物でした。

 だからこそ、彼らは何度も衝突します。しかし、二人とも自分の仕事にプライドを持っているので、次第にお互いのことを認め合うようになります。

 それがキッカケで事件解決の糸口が!?

 真逆の二人が対立しながらも互いを認め合い、成長していく姿に「自分も正反対の人を認めていこう!?」と思える物語です。

3. ラストは衝撃の結末が!?

 物語が終盤に入ると、新田と尚美の関係が大きく変わり、これから二人の関係はどうなるの!?と気になる一方で、これまでに張られた伏線が一気に回収されるので、恋愛要素もミステリー要素も楽しめる小説です。

 なかでもラストは驚きの連発。続編が出ているのも頷ける物語です。

スポンサーリンク

 最後に

 東野圭吾さんの小説『マスカレード・ホテル』。読めば自分と正反対な人とも付き合ってみようと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました