webstation plus

(※『マスカレード・イブ』表紙より)


 誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。

 しかし、その欲求の裏側には、それ相応の闇が存在します。心の闇が深ければ深いほど、光を求めてしまうのです。その闇が深すぎると――。

 今回は、心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・イブ』のあらすじ(『それぞれの仮面』)

 ホテル・コルテシア東京で働く山岸尚美のもとに、元恋人の宮原隆が偶然やってきました。

 彼は元プロ野球選手のマネージャーのような仕事をしており、テレビの企画で海外に行く前にこのホテルに泊まると言います。尚美はそんな彼から「夜に会えないか?」と誘われましたが、断りました。

 ところが、夜になると宮原から電話がかかってきます。「不倫相手に逃げられたので助けて欲しい」というのです。

 その不倫相手はこれまで何度も自殺未遂をしていました。しかも今回は去り際に「サヨウナラ」と言い残したというのです。

 そこで尚美は仕方なくその女性を探そうとしますが――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『マスカレード・イブ』のおすすめポイント

1. 『マスカレード・ホテル』ファンにはたまらない前日譚

 前作『マスカレード・ホテル』では、刑事の新田浩介とフロントクラークの山岸尚美が出会ってからの物語が描かれていますが、『マスカレード・イブ』は彼らが出会う前の前日譚が描かれています。

 彼らの新人時代の物語や前作で触れられたセリフや場面のエピソードが描かれているのでファンにはたまらない一冊になっています。

 しかも、新田と尚美が間接的にお互いの存在を知るエピソードも描かれているので、面白くて仕方ないんですよね。

 『マスカレード・ホテル』好きなら、ぜひ読んでおきたい一冊です。

2. 心に闇を抱えた犯人たちに驚かされる短編集

 『マスカレード・イブ』は全4編からなる短編集です。新田と尚美が交互に主人公になり、物語が進んでいくのですが、どの物語の犯人も心に深い闇を抱えているんですよね。

 たとえば、『ルーキー登場』では夫を殺害された妻の悲しみが描かれます。

 殺された夫は数多くの飲食店を経営する実業家で、社員思いの人物。家族の行事を無視して仕事をする社員を叱るほど家族思いの人でした。

 そんな夫と数年前に結婚した彼女は、高級タワーマンションで暮らし、また彼女が経営する料理教室も順調で、何もかもが順風満帆に見えました。

 ところが、輝かしい仮面の下には怖ろしい素顔が隠されていたのです。

 本書のタイトルにもなっている『マスカレード』は、仮面舞踏会のこと。犯人たちはおぞましいほどの心の闇を仮面の下に隠しながら、輝かしい舞台で踊り続けています。

 心の闇が深い人ほど輝かしい光を演出することがわかる物語です。

3. ミステリーとしても十分楽しめる

 短編集と聞くと、どうしてもミステリー要素が楽しめないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、『マスカレード・イブ』は違います。

 犯人たちがつけた仮面が剥がれたとき、その周りにいる人たちの仮面まで剥がれていくのですが、想像を超えた裏切られ方をするので驚きの連続です。

 それが4作品も楽しめるとなると――読むしかないですよね。おすすめの一冊です。

 最後に

 心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』。読めば光だけを追い求めるのではなく、闇にも目を向けていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …