webstation plus

(※『マスカレード・イブ』表紙より)


 誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。

 しかし、その欲求の裏側には、それ相応の闇が存在します。心の闇が深ければ深いほど、光を求めてしまうのです。その闇が深すぎると――。

 今回は、心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・イブ』のあらすじ(『それぞれの仮面』)

 ホテル・コルテシア東京で働く山岸尚美のもとに、元恋人の宮原隆が偶然やってきました。

 彼は元プロ野球選手のマネージャーのような仕事をしており、テレビの企画で海外に行く前にこのホテルに泊まると言います。尚美はそんな彼から「夜に会えないか?」と誘われましたが、断りました。

 ところが、夜になると宮原から電話がかかってきます。「不倫相手に逃げられたので助けて欲しい」というのです。

 その不倫相手はこれまで何度も自殺未遂をしていました。しかも今回は去り際に「サヨウナラ」と言い残したというのです。

 そこで尚美は仕方なくその女性を探そうとしますが――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『マスカレード・イブ』のおすすめポイント

1. 『マスカレード・ホテル』ファンにはたまらない前日譚

 前作『マスカレード・ホテル』では、刑事の新田浩介とフロントクラークの山岸尚美が出会ってからの物語が描かれていますが、『マスカレード・イブ』は彼らが出会う前の前日譚が描かれています。

 彼らの新人時代の物語や前作で触れられたセリフや場面のエピソードが描かれているのでファンにはたまらない一冊になっています。

 しかも、新田と尚美が間接的にお互いの存在を知るエピソードも描かれているので、面白くて仕方ないんですよね。

 『マスカレード・ホテル』好きなら、ぜひ読んでおきたい一冊です。

2. 心に闇を抱えた犯人たちに驚かされる短編集

 『マスカレード・イブ』は全4編からなる短編集です。新田と尚美が交互に主人公になり、物語が進んでいくのですが、どの物語の犯人も心に深い闇を抱えているんですよね。

 たとえば、『ルーキー登場』では夫を殺害された妻の悲しみが描かれます。

 殺された夫は数多くの飲食店を経営する実業家で、社員思いの人物。家族の行事を無視して仕事をする社員を叱るほど家族思いの人でした。

 そんな夫と数年前に結婚した彼女は、高級タワーマンションで暮らし、また彼女が経営する料理教室も順調で、何もかもが順風満帆に見えました。

 ところが、輝かしい仮面の下には怖ろしい素顔が隠されていたのです。

 本書のタイトルにもなっている『マスカレード』は、仮面舞踏会のこと。犯人たちはおぞましいほどの心の闇を仮面の下に隠しながら、輝かしい舞台で踊り続けています。

 心の闇が深い人ほど輝かしい光を演出することがわかる物語です。

3. ミステリーとしても十分楽しめる

 短編集と聞くと、どうしてもミステリー要素が楽しめないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、『マスカレード・イブ』は違います。

 犯人たちがつけた仮面が剥がれたとき、その周りにいる人たちの仮面まで剥がれていくのですが、想像を超えた裏切られ方をするので驚きの連続です。

 それが4作品も楽しめるとなると――読むしかないですよね。おすすめの一冊です。

 最後に

 心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』。読めば光だけを追い求めるのではなく、闇にも目を向けていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

人間の最大の武器は信頼と習慣/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …