webstation plus

(※『マスカレード・イブ』表紙より)


 誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。

 しかし、その欲求の裏側には、それ相応の闇が存在します。心の闇が深ければ深いほど、光を求めてしまうのです。その闇が深すぎると――。

 今回は、心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・イブ』のあらすじ(『それぞれの仮面』)

 ホテル・コルテシア東京で働く山岸尚美のもとに、元恋人の宮原隆が偶然やってきました。

 彼は元プロ野球選手のマネージャーのような仕事をしており、テレビの企画で海外に行く前にこのホテルに泊まると言います。尚美はそんな彼から「夜に会えないか?」と誘われましたが、断りました。

 ところが、夜になると宮原から電話がかかってきます。「不倫相手に逃げられたので助けて欲しい」というのです。

 その不倫相手はこれまで何度も自殺未遂をしていました。しかも今回は去り際に「サヨウナラ」と言い残したというのです。

 そこで尚美は仕方なくその女性を探そうとしますが――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『マスカレード・イブ』のおすすめポイント

1. 『マスカレード・ホテル』ファンにはたまらない前日譚

 前作『マスカレード・ホテル』では、刑事の新田浩介とフロントクラークの山岸尚美が出会ってからの物語が描かれていますが、『マスカレード・イブ』は彼らが出会う前の前日譚が描かれています。

 彼らの新人時代の物語や前作で触れられたセリフや場面のエピソードが描かれているのでファンにはたまらない一冊になっています。

 しかも、新田と尚美が間接的にお互いの存在を知るエピソードも描かれているので、面白くて仕方ないんですよね。

 『マスカレード・ホテル』好きなら、ぜひ読んでおきたい一冊です。

2. 心に闇を抱えた犯人たちに驚かされる短編集

 『マスカレード・イブ』は全4編からなる短編集です。新田と尚美が交互に主人公になり、物語が進んでいくのですが、どの物語の犯人も心に深い闇を抱えているんですよね。

 たとえば、『ルーキー登場』では夫を殺害された妻の悲しみが描かれます。

 殺された夫は数多くの飲食店を経営する実業家で、社員思いの人物。家族の行事を無視して仕事をする社員を叱るほど家族思いの人でした。

 そんな夫と数年前に結婚した彼女は、高級タワーマンションで暮らし、また彼女が経営する料理教室も順調で、何もかもが順風満帆に見えました。

 ところが、輝かしい仮面の下には怖ろしい素顔が隠されていたのです。

 本書のタイトルにもなっている『マスカレード』は、仮面舞踏会のこと。犯人たちはおぞましいほどの心の闇を仮面の下に隠しながら、輝かしい舞台で踊り続けています。

 心の闇が深い人ほど輝かしい光を演出することがわかる物語です。

3. ミステリーとしても十分楽しめる

 短編集と聞くと、どうしてもミステリー要素が楽しめないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、『マスカレード・イブ』は違います。

 犯人たちがつけた仮面が剥がれたとき、その周りにいる人たちの仮面まで剥がれていくのですが、想像を超えた裏切られ方をするので驚きの連続です。

 それが4作品も楽しめるとなると――読むしかないですよね。おすすめの一冊です。

 最後に

 心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』。読めば光だけを追い求めるのではなく、闇にも目を向けていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …