webstation plus

(※『マスカレード・イブ』表紙より)


 誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。

 しかし、その欲求の裏側には、それ相応の闇が存在します。心の闇が深ければ深いほど、光を求めてしまうのです。その闇が深すぎると――。

 今回は、心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『マスカレード・イブ』のあらすじ(『それぞれの仮面』)

 ホテル・コルテシア東京で働く山岸尚美のもとに、元恋人の宮原隆が偶然やってきました。

 彼は元プロ野球選手のマネージャーのような仕事をしており、テレビの企画で海外に行く前にこのホテルに泊まると言います。尚美はそんな彼から「夜に会えないか?」と誘われましたが、断りました。

 ところが、夜になると宮原から電話がかかってきます。「不倫相手に逃げられたので助けて欲しい」というのです。

 その不倫相手はこれまで何度も自殺未遂をしていました。しかも今回は去り際に「サヨウナラ」と言い残したというのです。

 そこで尚美は仕方なくその女性を探そうとしますが――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『マスカレード・イブ』のおすすめポイント

1. 『マスカレード・ホテル』ファンにはたまらない前日譚

 前作『マスカレード・ホテル』では、刑事の新田浩介とフロントクラークの山岸尚美が出会ってからの物語が描かれていますが、『マスカレード・イブ』は彼らが出会う前の前日譚が描かれています。

 彼らの新人時代の物語や前作で触れられたセリフや場面のエピソードが描かれているのでファンにはたまらない一冊になっています。

 しかも、新田と尚美が間接的にお互いの存在を知るエピソードも描かれているので、面白くて仕方ないんですよね。

 『マスカレード・ホテル』好きなら、ぜひ読んでおきたい一冊です。

2. 心に闇を抱えた犯人たちに驚かされる短編集

 『マスカレード・イブ』は全4編からなる短編集です。新田と尚美が交互に主人公になり、物語が進んでいくのですが、どの物語の犯人も心に深い闇を抱えているんですよね。

 たとえば、『ルーキー登場』では夫を殺害された妻の悲しみが描かれます。

 殺された夫は数多くの飲食店を経営する実業家で、社員思いの人物。家族の行事を無視して仕事をする社員を叱るほど家族思いの人でした。

 そんな夫と数年前に結婚した彼女は、高級タワーマンションで暮らし、また彼女が経営する料理教室も順調で、何もかもが順風満帆に見えました。

 ところが、輝かしい仮面の下には怖ろしい素顔が隠されていたのです。

 本書のタイトルにもなっている『マスカレード』は、仮面舞踏会のこと。犯人たちはおぞましいほどの心の闇を仮面の下に隠しながら、輝かしい舞台で踊り続けています。

 心の闇が深い人ほど輝かしい光を演出することがわかる物語です。

3. ミステリーとしても十分楽しめる

 短編集と聞くと、どうしてもミステリー要素が楽しめないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、『マスカレード・イブ』は違います。

 犯人たちがつけた仮面が剥がれたとき、その周りにいる人たちの仮面まで剥がれていくのですが、想像を超えた裏切られ方をするので驚きの連続です。

 それが4作品も楽しめるとなると――読むしかないですよね。おすすめの一冊です。

 最後に

 心に深い闇を抱えた人たちの末路を描いた小説『マスカレード・イブ』。読めば光だけを追い求めるのではなく、闇にも目を向けていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …