webstation plus

(※『魔力の胎動』表紙より)


 発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。

 ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。

 今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』のおすすめポイントを紹介します。

 『魔女の胎動』のおすすめポイント

1. 問題を解決してく過程が面白い物語

 本書は『ラプラスの魔女』の前日譚。主人公の羽原円華が特殊な能力を使って問題を解決していく面白さが味わえる短編集です。

 たとえば、第1章『あの風に向かって飛べ』では勝てないスキージャンプ選手・坂屋の悩みを解決します。

 過去に右膝を痛めた坂屋は、完治後も右膝を庇うような飛び方をするのでスコアが伸びずに悩んでいました。

 もちろん、練習に励み、鍼治療をするなど少しでもスコアが伸びる努力を重ねていましたが、結果は出ないまま…。

 そこで円華があることを提案します。円華の合図でジャンプをすれば風を味方につけられると言うのです。

 はじめは疑っていた坂屋でしたが、実際に試してみると――。

 というように、円華が特殊な能力を使って5人の悩みを解決していく物語です。その過程が面白くて仕方ないんですよね。

 最後はハッピーエンドで終わるとわかっていても読まずにはいられない物語です。

2. ストレートにモノを言う円華の言葉が心に刺さる

 先ほども書いたように円華は他人の悩みを解決していきますが、決して甘いものではありませんでした。

 たとえば、第2章『この手で魔球を』では、ナックルボールを受けられなくなった若手選手を立ち直らせようとするベテラン選手に向かってこんな言葉を投げかけます。

「スランプになった選手のことなんか、ほうっておけばいいと思う。プロなんだから、自分の力で立ち直らせるべきだよ。それができないならやめるしかない」

 とはいえ、厳しい言葉を投げかけるだけではありません。その後、他人の悩みなのに率先して問題解決に乗り出します。

 こういった円華の姿をみていると、現実と向き合うのは厳しいけれど、向き合いさえすればそこから変わっていけるように思えてくるんですよね。

 円華の言葉と行動で前向きになれる物語です。

3. 前作『ラプラスの魔女』を読み返したくなる物語

 この物語には、円華以外にもう一人の主人公がいます。それが針治療を仕事とするナユタ。

 物語の序盤では、なぜ彼が出てきたのかわかりませんでしたが、終盤になるにつれて『ラプラスの魔女』との関わりが示され、彼が抱えている闇も明らかになっていきます。

 そして最後は『ラプラスの魔女』の核心に迫るエピソードが語られ、物語の幕が閉じるのですが、あまりにも突然の終わりに『ラプラスの魔女』を読んで補完せずにはいられません。

 新キャラクターのナユタを違和感なく登場させながら、『ラプラスの魔女』へとつなげていく。東野圭吾さんの構成力にしてやられる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』。

 前作『ラプラスの魔女』を読まれていない方にもおすすめの物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …