webstation plus

(※『魔力の胎動』表紙より)


 発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。

 ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。

 今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』のおすすめポイントを紹介します。

 『魔女の胎動』のおすすめポイント

1. 問題を解決してく過程が面白い物語

 本書は『ラプラスの魔女』の前日譚。主人公の羽原円華が特殊な能力を使って問題を解決していく面白さが味わえる短編集です。

 たとえば、第1章『あの風に向かって飛べ』では勝てないスキージャンプ選手・坂屋の悩みを解決します。

 過去に右膝を痛めた坂屋は、完治後も右膝を庇うような飛び方をするのでスコアが伸びずに悩んでいました。

 もちろん、練習に励み、鍼治療をするなど少しでもスコアが伸びる努力を重ねていましたが、結果は出ないまま…。

 そこで円華があることを提案します。円華の合図でジャンプをすれば風を味方につけられると言うのです。

 はじめは疑っていた坂屋でしたが、実際に試してみると――。

 というように、円華が特殊な能力を使って5人の悩みを解決していく物語です。その過程が面白くて仕方ないんですよね。

 最後はハッピーエンドで終わるとわかっていても読まずにはいられない物語です。

2. ストレートにモノを言う円華の言葉が心に刺さる

 先ほども書いたように円華は他人の悩みを解決していきますが、決して甘いものではありませんでした。

 たとえば、第2章『この手で魔球を』では、ナックルボールを受けられなくなった若手選手を立ち直らせようとするベテラン選手に向かってこんな言葉を投げかけます。

「スランプになった選手のことなんか、ほうっておけばいいと思う。プロなんだから、自分の力で立ち直らせるべきだよ。それができないならやめるしかない」

 とはいえ、厳しい言葉を投げかけるだけではありません。その後、他人の悩みなのに率先して問題解決に乗り出します。

 こういった円華の姿をみていると、現実と向き合うのは厳しいけれど、向き合いさえすればそこから変わっていけるように思えてくるんですよね。

 円華の言葉と行動で前向きになれる物語です。

3. 前作『ラプラスの魔女』を読み返したくなる物語

 この物語には、円華以外にもう一人の主人公がいます。それが針治療を仕事とするナユタ。

 物語の序盤では、なぜ彼が出てきたのかわかりませんでしたが、終盤になるにつれて『ラプラスの魔女』との関わりが示され、彼が抱えている闇も明らかになっていきます。

 そして最後は『ラプラスの魔女』の核心に迫るエピソードが語られ、物語の幕が閉じるのですが、あまりにも突然の終わりに『ラプラスの魔女』を読んで補完せずにはいられません。

 新キャラクターのナユタを違和感なく登場させながら、『ラプラスの魔女』へとつなげていく。東野圭吾さんの構成力にしてやられる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』。

 前作『ラプラスの魔女』を読まれていない方にもおすすめの物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

理不尽な目にあっても救いがあると思える物語/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  理不尽な出来事ってありますよね。  私も最近、仕事で理不尽な目にあっていたのですが、どうすることも出来なくて悩んでいました。  そんな私を癒してくれたのが、伊坂幸太郎さんの小説 …

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  ワクワクしていますか。  私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はあらすじでは伝えきれない魅力がある小説

(※『陽気なギャングが地球を回す』表紙より)  小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せな …