webstation plus

(※『魔力の胎動』表紙より)


 発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。

 ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。

 今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』のおすすめポイントを紹介します。

 『魔女の胎動』のおすすめポイント

1. 問題を解決してく過程が面白い物語

 本書は『ラプラスの魔女』の前日譚。主人公の羽原円華が特殊な能力を使って問題を解決していく面白さが味わえる短編集です。

 たとえば、第1章『あの風に向かって飛べ』では勝てないスキージャンプ選手・坂屋の悩みを解決します。

 過去に右膝を痛めた坂屋は、完治後も右膝を庇うような飛び方をするのでスコアが伸びずに悩んでいました。

 もちろん、練習に励み、鍼治療をするなど少しでもスコアが伸びる努力を重ねていましたが、結果は出ないまま…。

 そこで円華があることを提案します。円華の合図でジャンプをすれば風を味方につけられると言うのです。

 はじめは疑っていた坂屋でしたが、実際に試してみると――。

 というように、円華が特殊な能力を使って5人の悩みを解決していく物語です。その過程が面白くて仕方ないんですよね。

 最後はハッピーエンドで終わるとわかっていても読まずにはいられない物語です。

2. ストレートにモノを言う円華の言葉が心に刺さる

 先ほども書いたように円華は他人の悩みを解決していきますが、決して甘いものではありませんでした。

 たとえば、第2章『この手で魔球を』では、ナックルボールを受けられなくなった若手選手を立ち直らせようとするベテラン選手に向かってこんな言葉を投げかけます。

「スランプになった選手のことなんか、ほうっておけばいいと思う。プロなんだから、自分の力で立ち直らせるべきだよ。それができないならやめるしかない」

 とはいえ、厳しい言葉を投げかけるだけではありません。その後、他人の悩みなのに率先して問題解決に乗り出します。

 こういった円華の姿をみていると、現実と向き合うのは厳しいけれど、向き合いさえすればそこから変わっていけるように思えてくるんですよね。

 円華の言葉と行動で前向きになれる物語です。

3. 前作『ラプラスの魔女』を読み返したくなる物語

 この物語には、円華以外にもう一人の主人公がいます。それが針治療を仕事とするナユタ。

 物語の序盤では、なぜ彼が出てきたのかわかりませんでしたが、終盤になるにつれて『ラプラスの魔女』との関わりが示され、彼が抱えている闇も明らかになっていきます。

 そして最後は『ラプラスの魔女』の核心に迫るエピソードが語られ、物語の幕が閉じるのですが、あまりにも突然の終わりに『ラプラスの魔女』を読んで補完せずにはいられません。

 新キャラクターのナユタを違和感なく登場させながら、『ラプラスの魔女』へとつなげていく。東野圭吾さんの構成力にしてやられる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』。

 前作『ラプラスの魔女』を読まれていない方にもおすすめの物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …