webstation plus

(※『魔力の胎動』表紙より)


 発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。

 ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。

 今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』のおすすめポイントを紹介します。

 『魔女の胎動』のおすすめポイント

1. 問題を解決してく過程が面白い物語

 本書は『ラプラスの魔女』の前日譚。主人公の羽原円華が特殊な能力を使って問題を解決していく面白さが味わえる短編集です。

 たとえば、第1章『あの風に向かって飛べ』では勝てないスキージャンプ選手・坂屋の悩みを解決します。

 過去に右膝を痛めた坂屋は、完治後も右膝を庇うような飛び方をするのでスコアが伸びずに悩んでいました。

 もちろん、練習に励み、鍼治療をするなど少しでもスコアが伸びる努力を重ねていましたが、結果は出ないまま…。

 そこで円華があることを提案します。円華の合図でジャンプをすれば風を味方につけられると言うのです。

 はじめは疑っていた坂屋でしたが、実際に試してみると――。

 というように、円華が特殊な能力を使って5人の悩みを解決していく物語です。その過程が面白くて仕方ないんですよね。

 最後はハッピーエンドで終わるとわかっていても読まずにはいられない物語です。

2. ストレートにモノを言う円華の言葉が心に刺さる

 先ほども書いたように円華は他人の悩みを解決していきますが、決して甘いものではありませんでした。

 たとえば、第2章『この手で魔球を』では、ナックルボールを受けられなくなった若手選手を立ち直らせようとするベテラン選手に向かってこんな言葉を投げかけます。

「スランプになった選手のことなんか、ほうっておけばいいと思う。プロなんだから、自分の力で立ち直らせるべきだよ。それができないならやめるしかない」

 とはいえ、厳しい言葉を投げかけるだけではありません。その後、他人の悩みなのに率先して問題解決に乗り出します。

 こういった円華の姿をみていると、現実と向き合うのは厳しいけれど、向き合いさえすればそこから変わっていけるように思えてくるんですよね。

 円華の言葉と行動で前向きになれる物語です。

3. 前作『ラプラスの魔女』を読み返したくなる物語

 この物語には、円華以外にもう一人の主人公がいます。それが針治療を仕事とするナユタ。

 物語の序盤では、なぜ彼が出てきたのかわかりませんでしたが、終盤になるにつれて『ラプラスの魔女』との関わりが示され、彼が抱えている闇も明らかになっていきます。

 そして最後は『ラプラスの魔女』の核心に迫るエピソードが語られ、物語の幕が閉じるのですが、あまりにも突然の終わりに『ラプラスの魔女』を読んで補完せずにはいられません。

 新キャラクターのナユタを違和感なく登場させながら、『ラプラスの魔女』へとつなげていく。東野圭吾さんの構成力にしてやられる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『魔女の胎動』。

 前作『ラプラスの魔女』を読まれていない方にもおすすめの物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …