webstation plus

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。

 そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。

 もちろん、痛い目に合わせるしかありませんよね。伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』を読んで、強くそう思うようになりました。

 大人を舐めている中学生に殺意を覚える

 6歳の息子をデパートの屋上から突き落とされた木村雄一。彼は病院で寝たきりになった息子の復讐をするために、東北新幹線「はやて」に乗り込みましたが、そのことを復讐相手の中学生・王子に見抜かれ、逆に捕まることに。

 一方の王子はというと、大人を舐めきっていました。木村が復讐をしようとやってきたときも、彼をスタンガンで気絶させ、ベルトで固定した後、

「おじさん、本当に馬鹿だね。こんな予定通りに行動してくれるなんて、驚きだよ。パソコンのプログラムだって、ここまで思い通りに動かないのに」
「ごめんね。大好きなお酒まで我慢して、頑張ったのに」

 と言って挑発します。さらに、言う通りにしないと息子の命を奪うと脅迫して、新幹線内で起こるトラブルに首を突っ込んでいくんですよね。

 そんな王子の言動に殺意を覚える物語ですが…。

 二人の大人が彼に罰を与える

 まず一人目は、前作『グラスホッパー』の主人公・鈴木。彼は「人を殺してはいけないのか」と聞いてまわる王子にこう答えます。

「どうして、君たちは決まって、『人を殺してはいけないのか』ということだけを質問してくるのか。それならば、『どうして人を殴ってはいけないのか』『どうして他人の家で勝手に寝泊まりできないのか』『どうして学校で焚き火をしたらいけないのか』とも質問すべきではないかな。どうして侮辱はいけないの?とかね。殺人よりも、もっと理由のわからないルールがたくさんある。だからね、僕はいつもそういう問いかけを聞くと、ただ単に『人を殺す』という過激なテーマを持ち出して、大人を困らせようとしているだけじゃないか、とまず疑ってしまうんだ」

 つまり、そんなくだらない質問をしてまわるなんて、まだまだガキだなぁ…と精神的に未熟なことを見抜くんですよね。

 この答えに腹を立てた王子でしたが、もうひとりによって、徹底的に追い詰められました。彼は王子にこんなことを言います。

「六十年、死なずにこうやって生きてきたことはな、すげえことなんだよ。分かるか?おまえはたかだか十四年か十五年だろうが。あと五十年、生きていられる自信があるか?口では何とでも言えるがな、実際に、五十年、病気にも事故にも事件にもやられずにな、生き延びられるかどうかはやってみないと分からねえんだ。いいか、おまえは自分が万能の、ラッキーボーイだと信じているのかもしれねえが、おまえができないことを教えてやろうか」
「この後、五十年生きることだ。残念だが、おまえよりも俺たちのほうが長生きをする。おまえが馬鹿にしている俺たちのほうが、おまえより未来を見られる。皮肉だろ」
「大人を馬鹿にするなよ」

 このように生意気な中学生には、大人が厳しいお灸をすえることが大切なんですね。しかし、現実は…。

 子供たちが優位な社会になっている

 モンスターピアレントのせいで、学校の先生たちの行動が制限されたり、少年法によってどんな行動も許されたりと、人を見下しても、暴力を振るっても子供が守られる社会になっています。

 そんな社会で子供たちに舐められないようにするには、私たち大人がもっとカッコよくなるしかありませんよね(『チルドレン』の感想でも書きました)。

 そんな思いにさせてくれた小説が伊坂幸太郎さんの『マリアビートル』。ユニークな殺し屋も多く登場するので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 ※他の殺し屋シリーズもおすすめです。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …