webstation plus

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。

 そんな生意気な中学生にはどのように対応すればいいのでしょうか。

 もちろん、痛い目に合わせるしかありませんよね。伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』は、そんな生意気な中学生と大人たちの戦いを描いた物語です。

 大人を舐めきっている中学生の物語

 では、あらすじから。

 物語は、元殺し屋でアル中の木村雄一が東北新幹線「はやて」に乗り込むところから始まります。

 彼には六歳になる息子の渉がいましたが、王子という中学生にデパートの屋上から突き落とされ、病院で寝たきりになっていました。

 王子がはやてに乗るという情報を入手した木村は、王子を殺害するために乗車したのですが…。実は罠だったのです。

 木村はスタンガンで気絶させられ、ベルトで固定された後、王子からこんなことを言われます。

「おじさん、本当に馬鹿だね。こんな予定通りに行動してくれるなんて、驚きだよ。パソコンのプログラムだって、ここまで思い通りに動かないのに」
「ごめんね。大好きなお酒まで我慢して、頑張ったのに」

 しかも、入院中の渉を人質に取られていたので、木村は王子の言いなりになるしかありませんでした。

 そんな王子が木村を使って首を突っ込んだのが、殺し屋たちの争いです。

 二人組の殺し屋・蜜柑と檸檬は、峰岸という裏社会の大物から誘拐された息子の救出を依頼され、身代金とともに無事に救出して「はやて」に乗り込んだのですが、身代金が入ったトランクを紛失し、しかもその息子まで殺されてしまいました。

 いつも不運に見舞われる殺し屋・七尾は、トランクを持ち去る仕事の依頼を受け、無事にトランクを奪って「はやて」から降りようとしたところ、狼という彼に恨みをもつ殺し屋に再会し、誤って殺してしまいました。

 そんな問題を抱えた殺し屋たちと、王子と木村が新幹線「はやて」のなかで次々と事件を起こしていく物語が『マリアビートル』です。

 ほんと王子の言動に殺意を覚える物語ですが…。

 二人の大人が彼に罰を与える

 二人の大人が彼に罰を与えます。

 まず一人目は、前作『グラスホッパー』の主人公・鈴木。彼は「人を殺してはいけないのか」と聞いてまわる王子にこう答えます。

「どうして、君たちは決まって、『人を殺してはいけないのか』ということだけを質問してくるのか。それならば、『どうして人を殴ってはいけないのか』『どうして他人の家で勝手に寝泊まりできないのか』『どうして学校で焚き火をしたらいけないのか』とも質問すべきではないかな。どうして侮辱はいけないの?とかね。殺人よりも、もっと理由のわからないルールがたくさんある。だからね、僕はいつもそういう問いかけを聞くと、ただ単に『人を殺す』という過激なテーマを持ち出して、大人を困らせようとしているだけじゃないか、とまず疑ってしまうんだ」

 彼は王子にそんなくだらない質問をしてまわるなんて、まだまだガキだね…と精神的未熟さを突きつけるんですよね。

 この答えに腹を立てた王子でしたが、もうひとりの大人によって、徹底的に追い詰められました。彼は王子にこんなことを言います。

「六十年、死なずにこうやって生きてきたことはな、すげえことなんだよ。分かるか?おまえはたかだか十四年か十五年だろうが。あと五十年、生きていられる自信があるか?口では何とでも言えるがな、実際に、五十年、病気にも事故にも事件にもやられずにな、生き延びられるかどうかはやってみないと分からねえんだ。いいか、おまえは自分が万能の、ラッキーボーイだと信じているのかもしれねえが、おまえができないことを教えてやろうか」
「この後、五十年生きることだ。残念だが、おまえよりも俺たちのほうが長生きをする。おまえが馬鹿にしている俺たちのほうが、おまえより未来を見られる。皮肉だろ」
「大人を馬鹿にするなよ」

 このように生意気な中学生には、大人が厳しいお灸をすえることが大切なんだと思える物語ですが、現実では…。

 子供たちが優位な社会になっている

 モンスターピアレントの影響もあり、学校の先生たちの行動が制限されたり、少年法によって暴力や殺人を「いじめ」という名に置き換えて許されたりと、子供優位な社会が出来上がっています。

 そんな社会で子供たちに舐められないようにするには、『チルドレン』の感想にも書きましたが、私たち大人がもっとカッコよくなるしかありませんよね。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』は、生意気な中学生への対処法がよくわかる物語としてだけでなく、サスペンスとしても、最後に驚きがまっている物語としても、楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』は古書を手に取ってみたくなる恋愛ミステリー小説

 古書を読んでいますか?  私はどちらかと言うと、人気作家の新作本を読むことが多いのですが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで、古書を手に取ってみたくなりました。  夏目漱石や太宰治の小説がとても身近に …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

川端康成『舞姫』は時代の変化についていけなかったバレリーナの物語

 時代の変化についていけてますか?  私は出来るだけ時代の変化についていこうと、最新の本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。  川端康成さん …