webstation plus

bee_01

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。

 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

(アリストテレス)

 では、人間以外の生物はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。結論からいえば、遺伝子である。

 小説『風の中のマリア』は、オオスズメバチの世界を描いた物語。主人公であるマリアはオオスズメバチのワーカー(働き蜂)として、三十日という短い命を与えられる。しかし、彼女はその短い一生を「狩り」に費やす。恋をすることも、子どもを産むこともなく、アシナガバチ、イナゴ、コガネムシといった虫を狩り、巣で待つ幼虫のために持ち帰る――そんな仕事をして一生を終えるのだ。

 では、なぜ彼女たち働き蜂は恋もせずに働き続けるのだろうか。それは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を未来に残す確率を高めるためだ。

 具体的に説明していこう。たとえば、(A)+(B)というゲノムをもつ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとする。この女王蜂がオス蜂の子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれることになる。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた働き蜂からみると、同じ(A)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には100%ゲノムが引き継がれ、(B)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には50%引き継ぐことができる。つまり、妹の世話をすれば、平均(100+50)/2=75%のゲノムを引き継ぐことができるのだ。

 一方、働き蜂(A)+(C)がオス蜂(D)と交尾をして子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となる。どう頑張っても50%しかゲノムを引き継ぐことができない。だから、働き蜂たちは、恋をすることも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるのである。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。もちろん、遺伝子に突き動かされている部分もあるだろう。子どもが欲しくなるのもそのためだ。しかし、冒頭にも書いたように、私たち人間は目標がもてる。この限りある生を何のために使うかを自分で決めることができるのだ。

 だから、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をしいてはもったいない。それでは虫と変わらないではないか。そうではなく、私たち人間だからできること。そういう大きな目標を掲げて生きていきたい。

 関連記事

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …