webstation plus

 人間に与えられた特権を活用していますか?

 実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』を読めば、今すぐ特権を使いたくなりますよ。

 働いて一生を終えるオオスズメバチ

 物語の主人公は、オオスズメバチのマリア。彼女は生まれてから30日という短い命をワーカー(働き蜂)として狩りに費やしました。

 巣で待つ幼い妹たちのために、アシナガバチやイナゴ、コガネムシといった虫を命がけで狩り、肉団子にして持ち帰ります。

 では、なぜ命がけで狩りをするのでしょうか。

 それは、妹たち幼虫が出す唾液がご馳走だったからです。成虫になったマリアは固形物が食べられなくなり、樹液や花蜜を食べていましたが、中でも最高のご馳走が、妹たちが出す唾液でした。

 また、マリアは子どもを産もうとしませんでした。女王蜂のフェロモンにより、卵巣の発達が抑制されていたからです。

 つまり、女王蜂は卵巣で、ワーカーはその手足になるように制御されているんですよね。

 それだけでなく…。

 人間以外の生物は遺伝子に突き動かされて生きている

 マリアは遺伝子に突き動かされて生きていました。

 マリアたちワーカーが恋もせずに妹たちのために働き続けるのは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を少しでも未来に残そうとしていたからです。

 たとえば、(A)+(B)というゲノムを持つ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとしましょう。

 この女王蜂とオス蜂が子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれます。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた子ども(働き蜂)にとって、同じ(A)+(C)のゲノムを持つ妹は100%、(B)+(C)のゲノムを持つ妹は50%、共通のゲノムを持っています。

 つまり、妹たちが生き残れば、平均75%のゲノムを後世に残すことができるんですよね。

 一方、働き蜂(A)+(C)が別のオス蜂(D)の子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となるため、自分と同じゲノムは50%しか残せません。

 だからこそ、働き蜂たちは、恋することも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるわけです。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているかというと…。

 人間は生きる目的を自分で決めることができる

 生きる目的を自分で決めることができます。これこそが、人間に与えられた特権なんですよね。

 古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスも、

人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

 と言っています。

 もちろん、遺伝子に突き動かされることもあるでしょう。異性に欲情したり、物欲や支配欲に突き動かされることもあるかもしれません。

 しかし、私たち人間だけが、この限りある命を何のために使うかを自分で決めることができるのです。

 だからこそ、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をするのはもったいないと思うんですよね。それでは他の生物と変わらないからです。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』は、私たち人間だからこそできる目標を掲げて生きていきたいと思える物語です。

 関連記事

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …