webstation plus

 人間に与えられた特権を活用していますか?

 実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』を読めば、今すぐ特権を使いたくなりますよ。

 働いて一生を終えるオオスズメバチ

 物語の主人公は、オオスズメバチのマリア。彼女は生まれてから30日という短い命をワーカー(働き蜂)として狩りに費やしました。

 巣で待つ幼い妹たちのために、アシナガバチやイナゴ、コガネムシといった虫を命がけで狩り、肉団子にして持ち帰ります。

 では、なぜ命がけで狩りをするのでしょうか。

 それは、妹たち幼虫が出す唾液がご馳走だったからです。成虫になったマリアは固形物が食べられなくなり、樹液や花蜜を食べていましたが、中でも最高のご馳走が、妹たちが出す唾液でした。

 また、マリアは子どもを産もうとしませんでした。女王蜂のフェロモンにより、卵巣の発達が抑制されていたからです。

 つまり、女王蜂は卵巣で、ワーカーはその手足になるように制御されているんですよね。

 それだけでなく…。

 人間以外の生物は遺伝子に突き動かされて生きている

 マリアは遺伝子に突き動かされて生きていました。

 マリアたちワーカーが恋もせずに妹たちのために働き続けるのは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を少しでも未来に残そうとしていたからです。

 たとえば、(A)+(B)というゲノムを持つ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとしましょう。

 この女王蜂とオス蜂が子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれます。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた子ども(働き蜂)にとって、同じ(A)+(C)のゲノムを持つ妹は100%、(B)+(C)のゲノムを持つ妹は50%、共通のゲノムを持っています。

 つまり、妹たちが生き残れば、平均75%のゲノムを後世に残すことができるんですよね。

 一方、働き蜂(A)+(C)が別のオス蜂(D)の子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となるため、自分と同じゲノムは50%しか残せません。

 だからこそ、働き蜂たちは、恋することも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるわけです。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているかというと…。

 人間は生きる目的を自分で決めることができる

 生きる目的を自分で決めることができます。これこそが、人間に与えられた特権なんですよね。

 古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスも、

人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

 と言っています。

 もちろん、遺伝子に突き動かされることもあるでしょう。異性に欲情したり、物欲や支配欲に突き動かされることもあるかもしれません。

 しかし、私たち人間だけが、この限りある命を何のために使うかを自分で決めることができるのです。

 だからこそ、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をするのはもったいないと思うんですよね。それでは他の生物と変わらないからです。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』は、私たち人間だからこそできる目標を掲げて生きていきたいと思える物語です。

 関連記事

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …