webstation plus

 人間に与えられた特権を活用していますか?

 実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』を読めば、今すぐ特権を使いたくなりますよ。

 働いて一生を終えるオオスズメバチ

 物語の主人公は、オオスズメバチのマリア。彼女は生まれてから30日という短い命をワーカー(働き蜂)として狩りに費やしました。

 巣で待つ幼い妹たちのために、アシナガバチやイナゴ、コガネムシといった虫を命がけで狩り、肉団子にして持ち帰ります。

 では、なぜ命がけで狩りをするのでしょうか。

 それは、妹たち幼虫が出す唾液がご馳走だったからです。成虫になったマリアは固形物が食べられなくなり、樹液や花蜜を食べていましたが、中でも最高のご馳走が、妹たちが出す唾液でした。

 また、マリアは子どもを産もうとしませんでした。女王蜂のフェロモンにより、卵巣の発達が抑制されていたからです。

 つまり、女王蜂は卵巣で、ワーカーはその手足になるように制御されているんですよね。

 それだけでなく…。

 人間以外の生物は遺伝子に突き動かされて生きている

 マリアは遺伝子に突き動かされて生きていました。

 マリアたちワーカーが恋もせずに妹たちのために働き続けるのは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を少しでも未来に残そうとしていたからです。

 たとえば、(A)+(B)というゲノムを持つ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとしましょう。

 この女王蜂とオス蜂が子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれます。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた子ども(働き蜂)にとって、同じ(A)+(C)のゲノムを持つ妹は100%、(B)+(C)のゲノムを持つ妹は50%、共通のゲノムを持っています。

 つまり、妹たちが生き残れば、平均75%のゲノムを後世に残すことができるんですよね。

 一方、働き蜂(A)+(C)が別のオス蜂(D)の子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となるため、自分と同じゲノムは50%しか残せません。

 だからこそ、働き蜂たちは、恋することも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるわけです。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているかというと…。

 人間は生きる目的を自分で決めることができる

 生きる目的を自分で決めることができます。これこそが、人間に与えられた特権なんですよね。

 古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスも、

人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

 と言っています。

 もちろん、遺伝子に突き動かされることもあるでしょう。異性に欲情したり、物欲や支配欲に突き動かされることもあるかもしれません。

 しかし、私たち人間だけが、この限りある命を何のために使うかを自分で決めることができるのです。

 だからこそ、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をするのはもったいないと思うんですよね。それでは他の生物と変わらないからです。

 百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』は、私たち人間だからこそできる目標を掲げて生きていきたいと思える物語です。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …