webstation plus

bee_01

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。

 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

(アリストテレス)

 では、人間以外の生物はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。結論からいえば、遺伝子である。

 小説『風の中のマリア』は、オオスズメバチの世界を描いた物語。主人公であるマリアはオオスズメバチのワーカー(働き蜂)として、三十日という短い命を与えられる。しかし、彼女はその短い一生を「狩り」に費やす。恋をすることも、子どもを産むこともなく、アシナガバチ、イナゴ、コガネムシといった虫を狩り、巣で待つ幼虫のために持ち帰る――そんな仕事をして一生を終えるのだ。

 では、なぜ彼女たち働き蜂は恋もせずに働き続けるのだろうか。それは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を未来に残す確率を高めるためだ。

 具体的に説明していこう。たとえば、(A)+(B)というゲノムをもつ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとする。この女王蜂がオス蜂の子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれることになる。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた働き蜂からみると、同じ(A)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には100%ゲノムが引き継がれ、(B)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には50%引き継ぐことができる。つまり、妹の世話をすれば、平均(100+50)/2=75%のゲノムを引き継ぐことができるのだ。

 一方、働き蜂(A)+(C)がオス蜂(D)と交尾をして子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となる。どう頑張っても50%しかゲノムを引き継ぐことができない。だから、働き蜂たちは、恋をすることも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるのである。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。もちろん、遺伝子に突き動かされている部分もあるだろう。子どもが欲しくなるのもそのためだ。しかし、冒頭にも書いたように、私たち人間は目標がもてる。この限りある生を何のために使うかを自分で決めることができるのだ。

 だから、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をしいてはもったいない。それでは虫と変わらないではないか。そうではなく、私たち人間だからできること。そういう大きな目標を掲げて生きていきたい。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …