webstation plus

bee_01

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。

 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

(アリストテレス)

 では、人間以外の生物はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。結論からいえば、遺伝子である。

 小説『風の中のマリア』は、オオスズメバチの世界を描いた物語。主人公であるマリアはオオスズメバチのワーカー(働き蜂)として、三十日という短い命を与えられる。しかし、彼女はその短い一生を「狩り」に費やす。恋をすることも、子どもを産むこともなく、アシナガバチ、イナゴ、コガネムシといった虫を狩り、巣で待つ幼虫のために持ち帰る――そんな仕事をして一生を終えるのだ。

 では、なぜ彼女たち働き蜂は恋もせずに働き続けるのだろうか。それは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を未来に残す確率を高めるためだ。

 具体的に説明していこう。たとえば、(A)+(B)というゲノムをもつ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとする。この女王蜂がオス蜂の子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれることになる。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた働き蜂からみると、同じ(A)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には100%ゲノムが引き継がれ、(B)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には50%引き継ぐことができる。つまり、妹の世話をすれば、平均(100+50)/2=75%のゲノムを引き継ぐことができるのだ。

 一方、働き蜂(A)+(C)がオス蜂(D)と交尾をして子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となる。どう頑張っても50%しかゲノムを引き継ぐことができない。だから、働き蜂たちは、恋をすることも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるのである。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。もちろん、遺伝子に突き動かされている部分もあるだろう。子どもが欲しくなるのもそのためだ。しかし、冒頭にも書いたように、私たち人間は目標がもてる。この限りある生を何のために使うかを自分で決めることができるのだ。

 だから、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をしいてはもったいない。それでは虫と変わらないではないか。そうではなく、私たち人間だからできること。そういう大きな目標を掲げて生きていきたい。

 関連記事

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …