webstation plus

bee_01

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。

 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

(アリストテレス)

 では、人間以外の生物はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。結論からいえば、遺伝子である。

 小説『風の中のマリア』は、オオスズメバチの世界を描いた物語。主人公であるマリアはオオスズメバチのワーカー(働き蜂)として、三十日という短い命を与えられる。しかし、彼女はその短い一生を「狩り」に費やす。恋をすることも、子どもを産むこともなく、アシナガバチ、イナゴ、コガネムシといった虫を狩り、巣で待つ幼虫のために持ち帰る――そんな仕事をして一生を終えるのだ。

 では、なぜ彼女たち働き蜂は恋もせずに働き続けるのだろうか。それは、自分と同じ遺伝子(ゲノム)を未来に残す確率を高めるためだ。

 具体的に説明していこう。たとえば、(A)+(B)というゲノムをもつ女王蜂と、(C)というゲノムをもつオス蜂がいたとする。この女王蜂がオス蜂の子どもを産む場合、(A)+(C)または(B)+(C)の二種類の子どもが生まれることになる。

 ここで、(A)+(C)のゲノムをもって生まれてきた働き蜂からみると、同じ(A)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には100%ゲノムが引き継がれ、(B)+(C)のゲノムをもって生まれてくる妹(働き蜂)には50%引き継ぐことができる。つまり、妹の世話をすれば、平均(100+50)/2=75%のゲノムを引き継ぐことができるのだ。

 一方、働き蜂(A)+(C)がオス蜂(D)と交尾をして子どもを産む場合、生まれてくる子どものゲノムは(A)+(D)または(C)+(D)となる。どう頑張っても50%しかゲノムを引き継ぐことができない。だから、働き蜂たちは、恋をすることも、子どもを産むこともなく、妹たちのために狩りに出かけるのである。

 では、私たち人間はいったい何に突き動かされて生きているのだろうか。もちろん、遺伝子に突き動かされている部分もあるだろう。子どもが欲しくなるのもそのためだ。しかし、冒頭にも書いたように、私たち人間は目標がもてる。この限りある生を何のために使うかを自分で決めることができるのだ。

 だから、複数の異性とSEXをして自慢するような生き方をしいてはもったいない。それでは虫と変わらないではないか。そうではなく、私たち人間だからできること。そういう大きな目標を掲げて生きていきたい。

 関連記事

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …