webstation plus

(※『魔王』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。

 今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。

 『魔王』のあらすじと感想

1.『魔王』

「考えろ考えろマクガイバー」

 どんなことでも納得するまで考え続ける安藤は、ある日、自分の考えを他人に発言させる能力があることに気づきます。

 一方、その頃の日本は、衆議院選挙が間近に控え、未来党の党首である犬養に注目が集まっていました。

 犬養は「五年で駄目なら首をはねろ」などと分かりやすくて力強い言葉を口にし、多くの若者たちから支持されていましたが、安藤は犬養にムッソリーニのような帝国主義を見出していました。日本国民を犬養の考えで統一するように思えたんですね。

 そんな中、日本代表のサッカー選手がアメリカ人選手に刺されたことをキッカケに、日本中にアメリカ批判が巻き上がります。マクドナルドのお店やコカコーラの自動販売機を壊したり、近所に住むアメリカ人の家を燃やしたり…。

 犬養はそれをうまく利用し、「日本は唯一の被爆国である」「有効な武器として主張するべきだ」と演説。その結果、さらに彼の人気は高まりました。

 ちょうどその頃、犬養は安藤が勤める会社の駅の近くで演説をすることに。安藤は腹話術の能力を駆使して犬養に立ち向かう!?

 カリスマ的な存在に多くの人たちが煽られ、思考も行動も統一されていく怖ろしさが描かれた物語。ヒトラーやムッソリーニも、犬養と同じように多くの人たちを煽動してきたのかもしれませんね。

2.『呼吸』

 犬養と安藤が対決してから5年後。

 安藤の弟・潤也は、環境調査の仕事につき、一日中山奥でオオタカやノスリなどの飛行経路を記録していました。

 兄とは反対に考えるよりも直感を信じて行動するタイプの潤也。彼は兄が亡くなってから、じゃんけんに勝ち続ける能力を手にします。その能力で競馬で億を超えるお金を稼ぐことに。

 潤也はその大金を使って、妻との生活を守り抜く!?

 お金で人を救うことができるのか?がテーマの物語。結末が明かされずに終わるので、私たちの捉え方次第でどちらにもとれます。

 これこそが「考えろ考えろマクガイバー」ということでしょうか。

 最後に

 安藤兄弟や犬養の姿を通して、人の意見に同調するよりも自分の考えを信じて行動することが大切だとわかる物語です。

 それをよく物語っているセリフがこちら:

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」
「そうすりゃ、世界が変わる。」

 私たちはどうしても他人の意見に同調してしまいがちですが、そうすることで責任逃れをしているのかもしれませんね。

 とにかく、『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …