webstation plus

(※『魔王』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。

 今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。

 『魔王』のあらすじと感想

1.『魔王』

「考えろ考えろマクガイバー」

 どんなことでも納得するまで考え続ける安藤は、ある日、自分の考えを他人に発言させる能力があることに気づきます。

 一方、その頃の日本は、衆議院選挙が間近に控え、未来党の党首である犬養に注目が集まっていました。

 犬養は「五年で駄目なら首をはねろ」などと分かりやすくて力強い言葉を口にし、多くの若者たちから支持されていましたが、安藤は犬養にムッソリーニのような帝国主義を見出していました。日本国民を犬養の考えで統一するように思えたんですね。

 そんな中、日本代表のサッカー選手がアメリカ人選手に刺されたことをキッカケに、日本中にアメリカ批判が巻き上がります。マクドナルドのお店やコカコーラの自動販売機を壊したり、近所に住むアメリカ人の家を燃やしたり…。

 犬養はそれをうまく利用し、「日本は唯一の被爆国である」「有効な武器として主張するべきだ」と演説。その結果、さらに彼の人気は高まりました。

 ちょうどその頃、犬養は安藤が勤める会社の駅の近くで演説をすることに。安藤は腹話術の能力を駆使して犬養に立ち向かう!?

 カリスマ的な存在に多くの人たちが煽られ、思考も行動も統一されていく怖ろしさが描かれた物語。ヒトラーやムッソリーニも、犬養と同じように多くの人たちを煽動してきたのかもしれませんね。

2.『呼吸』

 犬養と安藤が対決してから5年後。

 安藤の弟・潤也は、環境調査の仕事につき、一日中山奥でオオタカやノスリなどの飛行経路を記録していました。

 兄とは反対に考えるよりも直感を信じて行動するタイプの潤也。彼は兄が亡くなってから、じゃんけんに勝ち続ける能力を手にします。その能力で競馬で億を超えるお金を稼ぐことに。

 潤也はその大金を使って、妻との生活を守り抜く!?

 お金で人を救うことができるのか?がテーマの物語。結末が明かされずに終わるので、私たちの捉え方次第でどちらにもとれます。

 これこそが「考えろ考えろマクガイバー」ということでしょうか。

 最後に

 安藤兄弟や犬養の姿を通して、人の意見に同調するよりも自分の考えを信じて行動することが大切だとわかる物語です。

 それをよく物語っているセリフがこちら:

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」
「そうすりゃ、世界が変わる。」

 私たちはどうしても他人の意見に同調してしまいがちですが、そうすることで責任逃れをしているのかもしれませんね。

 とにかく、『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

『グラスホッパー』は誰もが闇を抱えている事実に気づける小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋である鯨や蝉、そして復讐者である鈴木が主人公の物語ですが、たとえ殺し屋であっても闇を抱えていることがわかる小説です。彼らは自分の闇とど …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …