webstation plus

 誰かの意見に流されていませんか?

 私は何でも「なぜ?」と考えるクセがあるので、あまり世間の風潮に流されていないと思いますが、伊坂幸太郎さんの小説『魔王』を読んで、考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかりました。

 彼らはあまり深く考えていないので、発言力のある人たちの意見に簡単に流されてしまうんですよね。今の日本でもよく見かける状況ですが…。

 「考えろ、考えろ、マクガイバー」が口癖の主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、会社員の安藤。彼は子供の頃にみた海外ドラマ『冒険野郎マクガイバー』の主人公が言ったセリフを大人になった今でも覚えていました。

 そして、他人の意見に流されそうになると、「考えろ、考えろ、マクガイバー」と心の中で唱えて自分の考えを整理します。安藤は何事も自分で考えないと気が済まない性格だったんですよね。

 そんな安藤にはある特殊能力がありました。自分の考えたことを他人の口を通して発言できる力…「腹話術」が出来たのです。

 彼はこの能力を使って、電車で偉そうに座っている若者や、会社で部下を怒鳴りつけている上司に向かって暴言を吐きます。というか対象者の口から吐かせます。

 ところが、この頼りない能力だけを頼りに戦うべき相手が現れました。未来党の党首である犬養舜二です。

 犬養はとにかく強い言葉を使って多くの人たちを扇動しました。たとえば、

「政治を任せてくれれば、五年で景気を回復させてみせる。五年で、老後の生活も保障しよう」
「五年だ。もしできなかったら、私の首をはねればいい」

 まったく中身はありませんが、深く考えない人たちにとって、彼の言葉は魅力的でした。

 だからこそ、安藤は犬養をムッソリーニやヒトラーのような人物だと警戒し、ファシズムに陥ると心配していたのですが…。

 多くの人たちが犬養に扇動されて暴動を起こす

 安藤の心配通りに物事が進んでいくんですよね。犬養はアメリカや中国を強く非難していましたが、彼が望む方向へと世間が動き出したのです。

 きっかけは、日本代表とアメリカ代表のサッカー親善試合でした。試合後に日本の代表選手がアメリカ人に刺されて死んだため、反米感情が一気に高まったのです。

 その結果、アメリカに本社があるファーストフード店が荒らされ、放火されました。また、安藤と仲が良かったアメリカ人のアンダーソンの家まで燃やされます。

 安藤は、ヒステリックに騒ぐ暴徒たちの姿をみて、音楽の授業で習ったシューベルトの『魔王』を思い出しました。息子がどれだけ叫んでも、父親が魔王の存在に気づかない、あの物語です。

 安藤は思います。息子は俺だ。俺だけが魔王の存在に気づき、叫び、騒ぎ、おののいているけれど、周囲にいる誰もがそれに気づいていない…と。

 そこで、安藤は腹話術の能力を使って犬養に立ち向かおうとしますが…。

 でたらめでもいいから自分の考えを信じて行動しよう

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『魔王』は、考える力を失った人たちの恐ろしさがよくわかる物語です。

 それだけでなく、自分でもいろいろ考えてみたくなるんですよね。

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」「そうすりゃ、世界が変わる。」

 と、安藤が言うように、他人の考えを鵜呑みにするのではなく、最初はでたらめでも良いので、自分で考えて行動しようと思える物語です。

 さて、小説としては、この後に安藤の弟である潤也を主人公とした物語が語られますが、突然話が終わるので、それから50年後の世界を描いた『モダンタイムス』を続けて読むことをお勧めします。

 ただし、それほど繋がりはありませんが…。

 とにかく、『魔王』は、伊坂幸太郎さんにしては珍しく政治的要素が強い物語ですが、登場人物たちのセリフを通して伊坂さんの想いが語られるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

伊坂幸太郎『グラスホッパー』は理不尽な目に遭ったときは流れに身を任せようと思える物語

 ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか?  私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが、伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラーものが好きな方におすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほど、ホラーが好きですが、もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。   …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋したくなる恋愛ミステリー小説

 最近、誰かに恋していますか?  私は結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋していますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」と思いました。  それだけでなく、本 …