webstation plus

 最後まで読み切ってもストーリーがよくわからない小説。それが伊坂幸太郎さんの『魔王』。

 登場人物のセリフを追いかけていくと、いろいろ考えさせられるんですけどね。

 魔王って誰のこと?

 タイトルにもなっている「魔王」。読み始めたときは、犬養というムッソリーニに似た発言を繰り返す政治家がそうだと思っていました。

 犬養はとにかく強い言葉を使います。たとえば、

「政治を任せてくれれば、五年で景気を回復させてみせる。五年で、老後の生活も保障しよう」
「五年だ。もしできなかったら、私の首をはねればいい」

 まったく中身がありませんよね。しかし、私たちはこのような言葉に騙されがちです。

 実際、郵政民営化を推進した元首相や大阪都構想の是非を問うた元弁護士、天皇陛下に直訴した元芸能人政治家たちも強くて中身のない言葉を使っていましたよね。

 なので、ムッソリーニのような独裁者を魔王と言っているのだと思っていたのですが…。

 魔王とは統一された民衆のこと

 北朝鮮の統一された人たちの行動をみてどう思いますか。気持ち悪いですよね。

 この小説でいう魔王とはまさに彼らのこと。独裁者の言うことを鵜呑みにして、統一された行動をする人たちのことを「魔王」と言っているのです。

 ところが、これ。北朝鮮に限った話ではありません。先ほどの政治家たちを盲信する人たちもそうですが、ツイッターでも同じことが起こっています。

 常におかしな発言をして世間を賑わせている作家がいますが、彼のフォロワーの発言がまさにそうなんです。作家のどんな発言に対しても、何も考えずに賛同しているんですよね。マジで気持ち悪い。

 「考えろ、考えろ、マクガイバー」

 これは主人公の安藤兄の口癖ですが、魔王の仲間入りをしないためには、自分のアタマで考える必要があります。

 そして、考えた後は行動を起こすこと。

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」「そうすりゃ、世界が変わる。」

 もっと自分の考えを大切にしようと思えますよね。そんなセリフが散りばめられている小説が『魔王』。

 ストーリーは最後までよくわかりませんが、彼らのセリフが心に残ります。

 関連記事

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動ですよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばかりですが、 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …