webstation plus

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語なんですよね。

 魔王とは強い言葉で他人を操ろうとする人のこと?

 タイトルにもなっている『魔王』。読み始めたときは、犬養というムッソリーニに似た発言を繰り返す政治家がそうだと思っていました。

 犬養はとにかく強い言葉を使います。たとえば、

「政治を任せてくれれば、五年で景気を回復させてみせる。五年で、老後の生活も保障しよう」
「五年だ。もしできなかったら、私の首をはねればいい」

 これといった中身のある言葉ではありませんが、何となく新しいことをしてくれそうな予感がしますよね。だからこそ、私たちはこういった言葉に騙されやすいのです。

 実際、郵政民営化を推進した元首相や大阪都構想の是非を問うた元弁護士、天皇陛下に直訴した元芸能人政治家たちも強くて中身のない言葉を使っていました。

 そのため、彼らのような言葉を巧みに使う人たちのことを魔王と言っているのだと思っていたのですが…。

 魔王とは統一された民衆のこと

 違いました。彼らの言葉を鵜呑みにして、統一された行動をする人たちのことを魔王と言っているのです。

 たとえば、北朝鮮の人たちの行動って気持ち悪いですよね。書記長の命令に従いロボットのように動いています。

 もちろん、先ほどの政治家を盲信する人たちや、特定の人物の発言を鵜呑みにする人たちも同じです。

 たとえば、常に差別的な発言を繰り返して世間を賑わせている作家がいますよね。彼のフォロワーがまさにそうです。作家のどんな発言に対しても、何も考えずに賛同しています。

 このような人たちで世界が溢れたら、差別やいじめ、対立がなくなることなんてありません。そればかりか、世界は悪くなる一方です。

 「考えろ、考えろ、マクガイバー」

 だからこそ、魔王の仲間入りをしないためにも、自分のアタマで考える必要があります。そして、考えた後は行動を起こすこと。

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」「そうすりゃ、世界が変わる。」

 他人の意見よりも自分の考えを大切にしようと思えるセリフですよね。このようなセリフが散りばめられている小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 ストーリーは最後までよくわかりませんが、登場人物のセリフが心に残る小説です。

 関連記事

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?/芦沢央『火のないところに煙は』感想

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …