webstation plus

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語なんですよね。

 魔王とは強い言葉で他人を操ろうとする人のこと?

 タイトルにもなっている『魔王』。読み始めたときは、犬養というムッソリーニに似た発言を繰り返す政治家がそうだと思っていました。

 犬養はとにかく強い言葉を使います。たとえば、

「政治を任せてくれれば、五年で景気を回復させてみせる。五年で、老後の生活も保障しよう」
「五年だ。もしできなかったら、私の首をはねればいい」

 これといった中身のある言葉ではありませんが、何となく新しいことをしてくれそうな予感がしますよね。だからこそ、私たちはこういった言葉に騙されやすいのです。

 実際、郵政民営化を推進した元首相や大阪都構想の是非を問うた元弁護士、天皇陛下に直訴した元芸能人政治家たちも強くて中身のない言葉を使っていました。

 そのため、彼らのような言葉を巧みに使う人たちのことを魔王と言っているのだと思っていたのですが…。

 魔王とは統一された民衆のこと

 違いました。彼らの言葉を鵜呑みにして、統一された行動をする人たちのことを魔王と言っているのです。

 たとえば、北朝鮮の人たちの行動って気持ち悪いですよね。書記長の命令に従いロボットのように動いています。

 もちろん、先ほどの政治家を盲信する人たちや、特定の人物の発言を鵜呑みにする人たちも同じです。

 たとえば、常に差別的な発言を繰り返して世間を賑わせている作家がいますよね。彼のフォロワーがまさにそうです。作家のどんな発言に対しても、何も考えずに賛同しています。

 このような人たちで世界が溢れたら、差別やいじめ、対立がなくなることなんてありません。そればかりか、世界は悪くなる一方です。

 「考えろ、考えろ、マクガイバー」

 だからこそ、魔王の仲間入りをしないためにも、自分のアタマで考える必要があります。そして、考えた後は行動を起こすこと。

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」「そうすりゃ、世界が変わる。」

 他人の意見よりも自分の考えを大切にしようと思えるセリフですよね。このようなセリフが散りばめられている小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 ストーリーは最後までよくわかりませんが、登場人物のセリフが心に残る小説です。

 関連記事

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

まわりに左右されるか、左右していくか/浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。  転職先を探したり、リストラ対象に自分が入ってないか上 …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …