webstation plus

(※『魔王』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。

 今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。

 『魔王』のあらすじと感想

1.『魔王』

「考えろ考えろマクガイバー」

 どんなことでも納得するまで考え続ける安藤は、ある日、自分の考えを他人に発言させる能力があることに気づきます。

 一方、その頃の日本は、衆議院選挙が間近に控え、未来党の党首である犬養に注目が集まっていました。

 犬養は「五年で駄目なら首をはねろ」などと分かりやすくて力強い言葉を口にし、多くの若者たちから支持されていましたが、安藤は犬養にムッソリーニのような帝国主義を見出していました。日本国民を犬養の考えで統一するように思えたんですね。

 そんな中、日本代表のサッカー選手がアメリカ人選手に刺されたことをキッカケに、日本中にアメリカ批判が巻き上がります。マクドナルドのお店やコカコーラの自動販売機を壊したり、近所に住むアメリカ人の家を燃やしたり…。

 犬養はそれをうまく利用し、「日本は唯一の被爆国である」「有効な武器として主張するべきだ」と演説。その結果、さらに彼の人気は高まりました。

 ちょうどその頃、犬養は安藤が勤める会社の駅の近くで演説をすることに。安藤は腹話術の能力を駆使して犬養に立ち向かう!?

 カリスマ的な存在に多くの人たちが煽られ、思考も行動も統一されていく怖ろしさが描かれた物語。ヒトラーやムッソリーニも、犬養と同じように多くの人たちを煽動してきたのかもしれませんね。

2.『呼吸』

 犬養と安藤が対決してから5年後。

 安藤の弟・潤也は、環境調査の仕事につき、一日中山奥でオオタカやノスリなどの飛行経路を記録していました。

 兄とは反対に考えるよりも直感を信じて行動するタイプの潤也。彼は兄が亡くなってから、じゃんけんに勝ち続ける能力を手にします。その能力で競馬で億を超えるお金を稼ぐことに。

 潤也はその大金を使って、妻との生活を守り抜く!?

 お金で人を救うことができるのか?がテーマの物語。結末が明かされずに終わるので、私たちの捉え方次第でどちらにもとれます。

 これこそが「考えろ考えろマクガイバー」ということでしょうか。

 最後に

 安藤兄弟や犬養の姿を通して、人の意見に同調するよりも自分の考えを信じて行動することが大切だとわかる物語です。

 それをよく物語っているセリフがこちら:

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」
「そうすりゃ、世界が変わる。」

 私たちはどうしても他人の意見に同調してしまいがちですが、そうすることで責任逃れをしているのかもしれませんね。

 とにかく、『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …