webstation plus

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語なんですよね。

 魔王とは強い言葉で他人を操ろうとする人のこと?

 タイトルにもなっている『魔王』。読み始めたときは、犬養というムッソリーニに似た発言を繰り返す政治家がそうだと思っていました。

 犬養はとにかく強い言葉を使います。たとえば、

「政治を任せてくれれば、五年で景気を回復させてみせる。五年で、老後の生活も保障しよう」
「五年だ。もしできなかったら、私の首をはねればいい」

 これといった中身のある言葉ではありませんが、何となく新しいことをしてくれそうな予感がしますよね。だからこそ、私たちはこういった言葉に騙されやすいのです。

 実際、郵政民営化を推進した元首相や大阪都構想の是非を問うた元弁護士、天皇陛下に直訴した元芸能人政治家たちも強くて中身のない言葉を使っていました。

 そのため、彼らのような言葉を巧みに使う人たちのことを魔王と言っているのだと思っていたのですが…。

 魔王とは統一された民衆のこと

 違いました。彼らの言葉を鵜呑みにして、統一された行動をする人たちのことを魔王と言っているのです。

 たとえば、北朝鮮の人たちの行動って気持ち悪いですよね。書記長の命令に従いロボットのように動いています。

 もちろん、先ほどの政治家を盲信する人たちや、特定の人物の発言を鵜呑みにする人たちも同じです。

 たとえば、常に差別的な発言を繰り返して世間を賑わせている作家がいますよね。彼のフォロワーがまさにそうです。作家のどんな発言に対しても、何も考えずに賛同しています。

 このような人たちで世界が溢れたら、差別やいじめ、対立がなくなることなんてありません。そればかりか、世界は悪くなる一方です。

 「考えろ、考えろ、マクガイバー」

 だからこそ、魔王の仲間入りをしないためにも、自分のアタマで考える必要があります。そして、考えた後は行動を起こすこと。

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」「そうすりゃ、世界が変わる。」

 他人の意見よりも自分の考えを大切にしようと思えるセリフですよね。このようなセリフが散りばめられている小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。

 ストーリーは最後までよくわかりませんが、登場人物のセリフが心に残る小説です。

 関連記事

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

辻村深月『かがみの孤城』感想/心が弱いと他人を傷つけずにはいられない!?

 いじめの話題が多いですよね。  この前のエントリにも、中川翔子さんの本『死ぬんじゃねーぞ!!』を参考に、「いじめはいじめる側が100%悪い」という内容を書きましたが、いじめを苦にして自殺する必要は絶対にありません。   …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …