webstation plus

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)


 2017年6月29日放送の「アメトーーク!」は「本屋でマンガ大好き芸人」。ケンドーコバヤシさん、有吉弘行さん、麒麟・川島さん、広瀬アリスさん、スピードワゴン・小沢さん、三四郎・小宮さんが、気になるおすすめ漫画を紹介されていました。

 実は私。これまであまり漫画を読んでこなかったのですが、この番組がきっかけで漫画にハマったひとり。漫画を小説よりも下に見ていたことを反省しました。

 今回は、「本屋でマンガ大好き芸人」に登場した漫画を紹介していきます。

 ケンドーコバヤシさんのおすすめ漫画&話題にした漫画

『JK 大町久美子』

『島耕作シリーズ』

『ゴールデンカムイ』

『リクドウ』

『約束のネバーランド』

 グレイス=フィールドハウスという名の孤児院で暮らす11歳のエマ。彼女は、血の繋がりはなくても、大好きなママと仲間たちに囲まれ、幸せな毎日を過ごしていました。しかし、ある日。ママに無断で外出したところ…。

 エマが見たのは、殺された仲間の姿でした。しかもそこには鬼の姿が!?グレイス=フィールドハウスは、食用の人間を育てる農園だったのです。ママはその監督者。

 エマは、子どもたち全員の脱出を目指して戦略的にママに立ち向かっていきます。彼女たちはママから逃れられるのか!?

『フォーシーム』

『双亡亭壊すべし』

 ミサイルを撃ち込んでも、クレーンで鉄球をぶつけても、びくともしない幽霊屋敷・双亡亭。屋敷の中に乗り込んでも、怪奇現象を見たり、人格が崩壊したり、殺し合いを始めたりと、双亡亭に立ち向かうことができません。

 なぜ、双亡亭は壊れないのか?屋敷に入ると人格が崩壊するのか?そもそも誰が何の目的で建てた屋敷なのか?など多くの謎が隠されています。

 その謎が少しずつ解き明かされていく過程が面白く、怖いシーンが多いのに続きが読みたくなるんですよね。ホラーが苦手な人にもおすすめです。

『うしおととら』

『キャプテン翼』

『ジョジョの奇妙な冒険』

『グラップラー刃牙』

『弱虫ペダル』

『喧嘩稼業』

『バトルスタディーズ』

『JJM 女子柔道部物語』

『あさひなぐ』

 中学生まで美術部に所属していた東島旭(とうじま あさひ)。彼女は高校進学と共に薙刀部に入りますが、他の部員たちに比べて運動神経が悪く、体力づくりのための縄跳びをするのも一苦労。合宿に行っても水汲みや掃除ばかりさせられ、薙刀を持たせてもらえません。

 それでも、他人の3倍努力することで少しずつ着実に前進していきます。そして、1年後には――。

 旭のひたむきに努力する姿に胸が熱くなります。

 

『青春少年マガジン1978~1983』

『狂四郎2030』

 有吉弘行さんのおすすめ漫画&話題にした漫画

『Dr.STONE』

『HUNTER X HUNTER』

『ファイアパンチ』

『なんと孫六』

『僕のヒーローアカデミア』

『山賊ダイアリー』

『柔道部物語』

『ドリフターズ』

『カムイ伝』

『いけない!ルナ先生』

『七つの大罪』

 麒麟・川島さんのおすすめ漫画&話題にした漫画

『江川と西本』

『僕たちがやりました』

『波よ聞いてくれ』

『BLUE GIANT』

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

『行け!!南国アイスホッケー部』

 広瀬アリスさんのおすすめ漫画&話題にした漫画

『東京喰種』

『ワンパンマン』

『彼岸島』

『骨が腐るまで』

『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』

『いぬやしき』

 妻と二人の子供がいる58歳の犬屋敷壱郎(いぬやしき いちろう)。彼は家族からも他人からも見下されていました。しかし、そんな犬屋敷に大きな変化が訪れます。突然落下してきた謎の物体に衝突したことがきっかけでロボット化することに!?ここから彼の人助けの人生が始まります。

 一方、犬屋敷と同タイミングでロボット化したもう一人の人物・高校生の獅子神皓(ししがみ ひろ)は、人を殺すことで「生きていること」を実感します。交差点で車を衝突させたり、他人の家に勝手に上がり込んで一家全員を殺害したり…。

 このロボット化した二人が正反対の思想を掲げて戦いを繰り広げます。まったく正反対の考え方なのに、どちらの考え方にも共感できる面白い物語です。

『女子高生に殺されたい』

『ライチ☆光クラブ』

『進撃の巨人』

『春の呪い』

『珍遊記』

 三四郎・小宮さんが話題にした漫画

『ドラゴンボール』

 スピードワゴン・小沢さんが話題にした漫画

『BOYS BE…』

 宮迫さんが話題にした漫画

『ドロップ』

『男塾外伝 大豪院邪鬼』

『魁!!男塾』

『キングダム』

 蛍原さんが話題にした漫画

『ONE PIECE』

 最後に

 気になった漫画があれば、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。  以前のエントリで紹介し …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …