漫画で経済が学べる!?仕事に役立つ漫画ベスト5

エンタメまとめ

2018年2月12日のWBS(ワールドビジネスサテライト)で放送された「仕事に役立つ漫画ベスト5」。

早稲田大学ビジネススクールの入山准教授が、経済が学べて仕事に役立つ漫画を紹介されていました。

私は、ランクインしていたほとんどの漫画を読んでいましたが、この機会に改めて読み直したいと思い、まとめとして残すことにしました。

というわけで、今回は「経済が学べる!?仕事に役立つ漫画ベスト5」を紹介します。

スポンサーリンク

経済が学べる!?仕事に役立つ漫画ベスト5

第5位 島耕作シリーズ

おすすめ度:3.7

1983年からモーニングで連載がはじまった漫画『課長 島耕作』。部長、取締役、常務…と続いていく人気シリーズです。

ストーリーとしては、大企業に勤める主人公の島耕作が、多くの女性と関係を持ちながらも、さらに派閥争いに巻き込まれながらも、出世していく姿が描かれています。

しかし、それだけでなく、日本経済の動向も盛り込まれており、経済活動の末端で働くサラリーマンがリアルに描かれているので、私たちの心を捉えて離さない漫画でもあるんですよね。

漫画『課長 島耕作』のあらすじと感想を全17巻ネタバレありで紹介
1983年からモーニングで連載がはじまった漫画『課長 島耕作』。部長、取締役、常務…と続いていく人気シリーズの第一弾です。 ストーリーとしては、大企業に勤める主人公の島耕作が、多くの女性と関係を持ちながらも、さらに派閥争いに巻き込まれ...

第4位 サラリーマン金太郎

第3位 闇金ウシジマくん

第2位 インベスターZ

第1位 キングダム

スポンサーリンク

最後に

気になる漫画は見つかりましたか?

私は久しぶりに『キングダム』を読んでみたくなりましたが、もし気になる漫画が見つかった方は、この機会にぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

子どもに読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30
 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことのない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう」&「子どもたちにも読んでほしい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました