webstation plus

(※『まく子』表紙より)


 西加奈子さんの小説『まく子』。

 少し不思議なお話ですが、思春期に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちを思い出したり、前向きな気持ちや優しい気持ちになれる小説です。読み始めるとページをめくる手が止まらなくなる!?

 今回は、『まく子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『まく子』のあらすじ

 ひなびた温泉地に住む11歳の南雲慧(なぐも さとし)は、「大人になりたくない!」と思っていました。

 これまで一緒に遊んでいた友達が、性教育を受けてからは、カッコつけたり、大人ぶったりして得体の知れない何者かに変化しようとしていたからです。

 そんな想いを抱いていた慧の前に、コズエという女の子が現れます。彼女は、他の子とは違い、ポケットに入れた小銭や神社に敷いてある玉砂利、道端に積んである干し草など、とにかくなんでも「まく」子ども――大人になろうとしていない子どもでした。

 そんな彼女に心を奪われた慧でしたが、実は彼女は…。

 性に興味を持つことに罪悪感を覚える!?

 慧が大人になりたくなかったのは、周りにいる大人たちを尊敬できなかったことも関係していました。

 たとえば、慧の父は女たらしで、少なくとも2回は浮気をしています。

 25歳くらいのゾノは、いまだに無職で小学生相手に最新刊の漫画を見せびらかして自慢してくるキモい大人ですし、ミライと呼ばれるおじさんは、誰に対しても「私は君の未来だ」と語りかけるちょっと頭のおかしな人でした。

 ほんの少し前まで優しく遊んでくれた良も、中学生になった途端、いきがってヤンキーに。

 慧は、そんな大人たちの仲間になりたくなかったんですね。

 なかでも浮気をした父の影響は大きく、女性に「好き」という感情を持つこと、性に興味を持つことに罪悪感を抱いていました。

 私も思春期の頃に罪悪感を覚えていたのでわかるのですが、母を裏切っているような気持ちになるんですよね。まったくそんなことは無いのに…。

 懐かしい感情が蘇ってくる物語です。

 初恋の気持ちも思い出せる!?

 そんな慧が変わっていったのは、コズエと出会ったことがキッカケでした。

 コズエはとても美人で皆の注目の的でしたが、他の子たちのように自分を飾ろうとしませんでした。誰とでも分け隔てなく話します。

 慧はそんなコズエにすぐに好意を持ちましたが、自分からは話しかけられませんでした。「一緒に帰ろう」と誘われても、断ってしまいます。

 ところが、常磐城でひとり寝転んでいた慧の前に、コズエが現れます。慧を探して来てくれたのです。

 残念ながら、慧に好意を持っているわけではありませんでしたが、それから二人は常磐城でこっそり会う関係に。

 徐々に自分の想いを打ち明けていく慧の姿を通して、初恋の淡い記憶が蘇ってきます。

 変化を楽しもうと思える物語

 そんな二人が常盤城で話していたのは、とても不思議な内容でした。

 コズエが言うには、彼女は別の星からやって来た生命体で、永遠に生きられるのだとか。地球にやって来たのは、「死」とは何かを知るためで、心から納得できたら、死を選択するそうです。

 では、なぜ彼女が永遠に生きられるのかというと、彼女を構成する小さな粒子が永遠に変わらないから。

 一方、私たち地球人は、人や植物、建物など、ありとあらゆるものと粒子を交換して生きています。ずっと変わり続けているんですね。

 だから、歳をとったり、大人になったり、死んだりするわけです。まったく変化しないコズエにとって、それは魅力的な出来事ばかりでした。だから最後は――。

 これから起こる変化を楽しもうと思える物語です。

 最後に

 西加奈子さんの小説『まく子』は、思春期に感じていた「大人になりたくない!」というモヤモヤした気持ちを思い出させてくれる小説です。

 他にも、「どんな人でも自分のひとつの可能性である」とか、「他人の言葉をもっと信じてみよう」など、読めば前向きな気持ちや優しい気持ちになれること間違いなし!?の物語。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

「マツコの知らない世界」で紹介された女子漫画14冊+少女漫画1冊

(※『重版出来! 1』表紙より)  2017年12月12日放送の「マツコの知らない世界」は「大人がハマる!女子マンガの世界」。実は今、女子マンガが大人気だそうです。映画化待ちになっている作品も多いのだとか。  今回は、「 …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

『あさひなぐ』は薙刀に青春を捧げる女子高生に胸が熱くなる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  高校生の頃、帰宅部だった私は、家に帰ってからゲーム三昧の日々を過ごしていました。今から思うと、なんてもったいない生き方をしていたのでしょうか。  そんなダラけきった高校生活を過ごしてい …

『3月のライオン』は悩みに立ち向かう主人公たちに心動かされる漫画

(※『3月のライオン 1』表紙より)  ヤングアニマルで連載中の漫画『3月のライオン』。将棋を舞台に、自分の課題に真正面から取り組む登場人物たちに心動かされること間違いなしの漫画です。  今回は『3月のライオン』のあらす …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。  以前のエントリで紹介し …

【随時更新】面白くて泣ける漫画『ONE PIECE』のおすすめエピソードまとめ

 国内での累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にはありません。  今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介して …