『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

おすすめ小説

(※『まく子』表紙より)

 西加奈子さんの小説『まく子』。

 少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最後まで読めば前向きな気持ちや優しい気持ちになれること間違いなし!?

 今回は、『まく子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 小説『まく子』のあらすじ

 ひなびた温泉地に住む11歳の南雲慧(なぐも さとし)は、「大人になりたくない!」と思っていました。

 これまで一緒に遊んでいた友達が、性教育を受けてからは、カッコつけたり、大人ぶったりして得体の知れない何者かに変化しようとしていたからです。

 そんな想いを抱いていた慧の前に、コズエという女の子が現れます。彼女は、他の子とは違い、ポケットに入れた小銭や神社に敷いてある玉砂利、道端に積んである干し草など、とにかくなんでも「まく」子ども――大人になろうとしていない子どもでした。

 そんな彼女に心を奪われた慧でしたが、実は彼女は…。

スポンサーリンク

 性に興味を持つことに罪悪感を覚える!?

 慧が大人になりたくなかったのは、周りにいる大人たちを尊敬できなかったことも関係していました。

 たとえば、慧の父は女たらしで、これまで2回は浮気をしています。

 25歳くらいのゾノは、いまだに無職で小学生相手に最新刊の漫画を見せびらかして自慢してくるキモい大人ですし、ミライと呼ばれるおじさんは、誰に対しても「私は君の未来だ」と語りかけるちょっと頭のおかしな人でした。

 ほんの少し前まで優しく遊んでくれた良も、中学生になった途端、いきがってヤンキーに。

 慧は、そんな大人たちの仲間になりたくなかったんですね。

 なかでも浮気をした父の影響は大きく、女性に「好き」という感情を持つこと、性に興味を持つことに罪悪感を覚えていました。

 私も思春期の頃に罪悪感を覚えていたのでわかるのですが、母を裏切っているような感覚に陥るんですよね。まったくそんなことは無いのに…。

 懐かしい感情が蘇ってくる物語です。

スポンサーリンク

 初恋の淡い思い出が蘇ってくる!?

 そんな慧が変わっていったのは、コズエと出会ったことがキッカケでした。

 コズエはとても美人で皆の注目の的でしたが、他の子たちのように自分を飾ろうとはしませんでした。誰とでも分け隔てなく話します。

 慧はそんなコズエにすぐに好意を持ちましたが、自分からは話しかけられませんでした。「一緒に帰ろう」と誘われても、断ってしまいます。

 ところが、常磐城でひとり寝転んでいた慧の前に、コズエが現れます。慧を探して来てくれたのです。

 残念ながら、慧に好意を持っているわけではありませんでしたが、それから二人は常磐城でこっそり会う関係に。

 徐々に自分の想いを打ち明けていく慧の姿を通して、初恋の淡い記憶が蘇ってきます。

 変化を受け入れる勇気が湧いてくる!?

 そんな二人が常盤城で話していたのは、とても不思議な内容でした。

 コズエが言うには、彼女は別の星からやって来た生命体で、永遠に生きることができるのだとか。地球にやって来たのは、「死」とは何かを知るためで、心から納得できたら、死を選択するそうです。

 では、なぜ彼女は永遠に生きられるのか。それは、彼女を構成する小さな粒子が永遠に変わらないからです。

 私たち地球人は、人や植物、建物など、ありとあらゆるものと粒子を交換して生きています。ずっと変わり続けているんですね。

 だから、歳をとったり、大人になったり、死んだりするわけです。まったく変化しないコズエにとって、それは魅力的な出来事でした。だから最後は――。

 これから起こる変化を楽しもうと思える物語です。

 最後に

 西加奈子さんの小説『まく子』は、思春期の頃に感じていたモヤモヤした気持ちを思い出させてくれる小説です。

 他にも、「どんな人も自分のひとつの可能性である」「他人の言葉をもっと信じてみよう」など、読めば前向きな気持ちや優しい気持ちになれること間違いなし!?の物語。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました