webstation plus

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)


 三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶること間違いなし!?

 今回は、『まほろ駅前多田便利軒』のあらすじと感想を紹介します。

 『まほろ駅前多田便利軒』のあらすじと感想

〇 『曽根田のばあちゃん、予言をする』

 便利屋の仕事をしている多田は、自分の代わりに息子として母の見舞いに行って欲しいという依頼を受けます。その病院で多田は曽根田のばあちゃんから「自分のことで忙しくなる」「嫁と離婚する」などと予言されることに。多田の未来はどうなる!?

 本当にいい息子なら、年老いた母親を病院に放り込んだまま正月を迎えたりしないし、あかの他人に、代理で母親の見舞いをさせたりしない――というセリフが心に残りました。

一 『多田便利軒、繁盛中』

 次に多田のもとにやって来た依頼は、チワワの面倒をみること。しかし、契約の日時を過ぎても依頼者は犬を迎えに来ませんでした。

 その結果、多田の手元に残ったのは、チワワと無職の同級生・行天のみ。多田はチワワと行天をどうするのか!?

 多田の相棒・行天が初登場の物語。高校3年間で一言しか発しなかった行天が、おしゃべりになって多田の前に現れます。なぜ、行天はおしゃべりになったのか気になる物語でした。

二 『行天には、謎がある』

 行天が多田の事務所に押しかけてから二ヶ月が経過。その間、チワワの新しい飼い主を探していた多田でしたが、候補者さえ見つかりませんでした。そこで本格的に探し始めることに。

 そうして、ようやく見つかったのが、自称コロンビア人の娼婦。多田と行天は彼女にチワワを預けるのか!?

 「職業に貴賎はない」という行天のセリフに対して、「それは、落ちたことのないやつが言う綺麗事だ。おまえだってわかってるんじゃないのか」という多田のセリフが心に残りました。

三 『働く車は、満身創痍』

 小学生になる息子の塾の送り迎えをして欲しいという依頼が多田のもとに。しかし、その小学生は、親に隠れてやばいアルバイトをしていました。その結果、多田の愛車のフロントガラスが粉々に!?

 「与えられなかったものを、今度は望んだ形で、おまえは新しくだれかに与えることができるんだ。そのチャンスは残されている」という多田のセリフがカッコ良すぎる物語です。

四 『走れ、便利屋』

 娘のお墓まいりに行った帰りに行天の元妻と子に出会った多田。一方その頃、行天は娼婦を守るためにある人物を殺そうとしていました。一体どうなる!?

 裏社会が描かれる物語。実際にこんな世界があるのかと思うとゾッとします。

四・五 『曽根田のばあちゃん、再び予言する』

 刺された行天の見舞いに訪れた多田。そこで、曽根田のばあちゃんから再び予言されることに。内容は、「家には帰れそうかい?」「あんまり長く旅をつづけていると、帰る場所がわからなくなるからね」というものでした。果たして多田の未来は!?

 行天と多田の関係が徐々に友人と呼べるような関係に。続きが気になって仕方がない物語です。

五 『事実は、ひとつ』

 実の親を殺害して逃走中の女子高生。彼女の友人である清海は、マスコミから追いかけられていました。多田と行天は彼女をマスコミから守れるのか!?

 「会った日の夜に、どうして本当のことを言う気になったのか、って聞いたでしょ?たぶん、便利屋さんたちが本気だったからだよ。本気で私の話を聞こうとしてたから」という清海のセリフが心に残りました。子どもの話を真剣に聞ける大人でありたいと思います。

六 『あのバス停で、また会おう』

 納屋にある荷物を整理して欲しいとの依頼が。行天と共に荷物整理をしていた多田でしたが、そこに現れたひとりの人物がきっかけで行天との関係が悪化。一体どうなる!?

 行天の優しさが伝わってくる物語。最後は泣けます。

 最後に

 小説『まほろ駅前多田便利軒』は、人間の闇の部分に焦点を当て、幸福を再生することはできるのか?をテーマに描かれた小説です。多田と行天の物語を通して、心の奥底にある感情を揺さぶられること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …