webstation plus

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)


 三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶること間違いなし!?

 今回は、『まほろ駅前多田便利軒』のあらすじと感想を紹介します。

 『まほろ駅前多田便利軒』のあらすじと感想

〇 『曽根田のばあちゃん、予言をする』

 便利屋の仕事をしている多田は、自分の代わりに息子として母の見舞いに行って欲しいという依頼を受けます。その病院で多田は曽根田のばあちゃんから「自分のことで忙しくなる」「嫁と離婚する」などと予言されることに。多田の未来はどうなる!?

 本当にいい息子なら、年老いた母親を病院に放り込んだまま正月を迎えたりしないし、あかの他人に、代理で母親の見舞いをさせたりしない――というセリフが心に残りました。

一 『多田便利軒、繁盛中』

 次に多田のもとにやって来た依頼は、チワワの面倒をみること。しかし、契約の日時を過ぎても依頼者は犬を迎えに来ませんでした。

 その結果、多田の手元に残ったのは、チワワと無職の同級生・行天のみ。多田はチワワと行天をどうするのか!?

 多田の相棒・行天が初登場の物語。高校3年間で一言しか発しなかった行天が、おしゃべりになって多田の前に現れます。なぜ、行天はおしゃべりになったのか気になる物語でした。

二 『行天には、謎がある』

 行天が多田の事務所に押しかけてから二ヶ月が経過。その間、チワワの新しい飼い主を探していた多田でしたが、候補者さえ見つかりませんでした。そこで本格的に探し始めることに。

 そうして、ようやく見つかったのが、自称コロンビア人の娼婦。多田と行天は彼女にチワワを預けるのか!?

 「職業に貴賎はない」という行天のセリフに対して、「それは、落ちたことのないやつが言う綺麗事だ。おまえだってわかってるんじゃないのか」という多田のセリフが心に残りました。

三 『働く車は、満身創痍』

 小学生になる息子の塾の送り迎えをして欲しいという依頼が多田のもとに。しかし、その小学生は、親に隠れてやばいアルバイトをしていました。その結果、多田の愛車のフロントガラスが粉々に!?

 「与えられなかったものを、今度は望んだ形で、おまえは新しくだれかに与えることができるんだ。そのチャンスは残されている」という多田のセリフがカッコ良すぎる物語です。

四 『走れ、便利屋』

 娘のお墓まいりに行った帰りに行天の元妻と子に出会った多田。一方その頃、行天は娼婦を守るためにある人物を殺そうとしていました。一体どうなる!?

 裏社会が描かれる物語。実際にこんな世界があるのかと思うとゾッとします。

四・五 『曽根田のばあちゃん、再び予言する』

 刺された行天の見舞いに訪れた多田。そこで、曽根田のばあちゃんから再び予言されることに。内容は、「家には帰れそうかい?」「あんまり長く旅をつづけていると、帰る場所がわからなくなるからね」というものでした。果たして多田の未来は!?

 行天と多田の関係が徐々に友人と呼べるような関係に。続きが気になって仕方がない物語です。

五 『事実は、ひとつ』

 実の親を殺害して逃走中の女子高生。彼女の友人である清海は、マスコミから追いかけられていました。多田と行天は彼女をマスコミから守れるのか!?

 「会った日の夜に、どうして本当のことを言う気になったのか、って聞いたでしょ?たぶん、便利屋さんたちが本気だったからだよ。本気で私の話を聞こうとしてたから」という清海のセリフが心に残りました。子どもの話を真剣に聞ける大人でありたいと思います。

六 『あのバス停で、また会おう』

 納屋にある荷物を整理して欲しいとの依頼が。行天と共に荷物整理をしていた多田でしたが、そこに現れたひとりの人物がきっかけで行天との関係が悪化。一体どうなる!?

 行天の優しさが伝わってくる物語。最後は泣けます。

 最後に

 小説『まほろ駅前多田便利軒』は、人間の闇の部分に焦点を当て、幸福を再生することはできるのか?をテーマに描かれた小説です。多田と行天の物語を通して、心の奥底にある感情を揺さぶられること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …