webstation plus

 童話はお好きですか?

 私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語が楽しめました。

 日常にほんの少しの魔法がかけられたら?をテーマに描かれているので、夢のある物語が好きな方におすすめの小説です。

 ロマンチストな父をもつエレベーターガールの物語

 では、あらすじから。

 物語の舞台は星野百貨店。星野百貨店も、他の百貨店と同じように不況の煽りを受けて、経営が傾いていました。

 しかし、星野百貨店には不思議な噂がありました。それは魔法が使える猫がいるというものです。

 正面玄関の吹き抜けの天井にあるステンドグラスに描かれている白いネコがときどき抜け出して、願い事をひとつだけ叶えてくれるというのです。

 星野百貨店でエレベーターガールをしている松浦いさなは、そんな噂を聞いて叶えて欲しい願いがあることに気づきました。

 それは「夢を信じられるようになりたい」というもの。

 彼女の父は「空を泳ぐクジラを見た」というような夢物語ばかり語る人で、自分の才能を試してくると言って、小学校を卒業したばかりのいさなを置いて東京に出て行きました。

 だからこそ、いさなは現実ばかり見るようになったのですが…。

 夢を抱く力がないと未来は描けない

 どこかで、そんな父を信じたいと願っていたんですよね。

 また、不況の煽りを受ける星野百貨店を立ち直らせるには、夢を見る能力が不可欠でした。

 百貨店を存続させるには時代の波の中で常に最先端の鋭い感覚を持ち、より良い形へと変化していかなくてはいけません。そうするには未来を夢見る力が不可欠です。

 だからこそ、いさなは夢を見る力を手に入れたいと願っていたのですが、百貨店で出会ったお客様にも似たような女性がいました。

 彼女は、海外から来たバイオリニストで、ロマンチストな亡き母がくれた焼け焦げたティディベアを修理してほしいと思っていました。

 それだけでなく、彼女は母が自分のことを愛していたのかどうか知りたいと願っていました。自分のことを放ったらかしにして、音楽に夢中になって夢ばかり追いかけていた母の本心を知りたかったのです。

 この話を聞いたコンシェルジュの芹沢結子は、たぶんその願いを叶えてあげられると言います。なぜなら…。

 童話のような心温まる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、多くの人たちが生活を共にする百貨店には、人の数だけ物語があり、その中には魔法のような不思議な出来事もあるのかも!?と思える物語でした。

 エレベーターガールのいさなの他にも、テナントのスタッフや宝飾品売り場のフロアマネージャー、新人コンシェルジュなどが主役となって、いくつかの物語が語られます。

 どれも童話のような物語なので、童話が好きな方は、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』を読んでみてはどうでしょうか。

 きっと百貨店に訪れたくなりますよ。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

 家族と上手くいってますか?  私は家族とはいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。  しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に自分勝手な人がいると、そのせいで一生ツライ思いをすることに …

瀬尾まいこ『幸福な食卓』は家族とは困ったときに甘えられる関係だとわかる物語

 困ったときに家族に甘えられますか?  私は妻や子供たちが困ったときに相談したり、不満をぶつけられるように振る舞っているつもりですが…。  瀬尾まいこさんの小説『幸福な食卓』を読んで、困ったときに甘えられる関係こそが家族 …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない!?

 人間に与えられた特権を使っていますか?  実は私たち人間には他の生物にはないある特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように過ごしている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風 …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラーものが好きな方におすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほど、ホラーが好きですが、もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。   …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …