webstation plus

 童話はお好きですか?

 私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語でした。

 日常にほんの少しの魔法がかけられたら?をテーマに描かれているので、夢のある物語が好きな方におすすめの小説です。

 ロマンチストな父をもつエレベーターガールの物語

 物語の舞台は星野百貨店。星野百貨店も、他の百貨店と同じように不況の煽りを受け、経営が傾いていました。

 しかし、星野百貨店には不思議な噂がありました。それは魔法が使える猫がいるというもの。

 正面玄関の吹き抜けの天井にあるステンドグラスに描かれている白いネコがときどき抜け出して、願い事をひとつだけ叶えてくれるというのです。

 星野百貨店でエレベーターガールをしている松浦いさなは、そんな噂を聞いて叶えて欲しい願いがあることに気づきました。

 それは「夢を信じられるようになりたい」というもの。

 彼女の父は「空を泳ぐクジラを見た」というような夢物語ばかり語る人で、自分の才能を試してくると言って、小学校を卒業したばかりのいさなを置いて東京に出て行きました。

 だからこそ、いさなは現実ばかり見るようになったのですが…。

 夢を抱く力がないと未来は描けない

 どこかで、そんな父を信じたいと願っていました。

 また、不況の煽りを受ける星野百貨店を立ち直らせるには、夢を見る能力が不可欠です。

 百貨店を存続させるためには時代の波の中で常に最先端の鋭い感覚を持ち、より良い形へと変化し続けていかなくてはいけません。

 だからこそ、いさなは夢を見る力を手に入れたいと願っていたのですが、百貨店で出会ったお客様にも似たような女性がいました。

 彼女は、海外から来たバイオリニストで、ロマンチストな亡き母がくれた焼け焦げたティディベアを修理したいと思っていました。

 それだけでなく、彼女は母が自分のことを愛していたのかを知りたいと思っていました。自分のことを放ったらかしにして、音楽に夢中になっていた母の本心を知りたかったのです。

 この話を聞いたコンシェルジュの芹沢結子は、たぶんその願いを叶えてあげられると言います。なぜなら…。

 童話のような心温まる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、多くの人たちが生活を共にする百貨店には、人の数だけ物語があり、その中には魔法のような不思議な出来事もあるのかも!?と思える物語でした。

 エレベーターガールのいさなの他にも、テナントのスタッフや宝飾品売り場のフロアマネージャー、新人コンシェルジュなどが主役となって、いくつかの物語が語られます。

 どれも童話のような物語なので、童話が好きな方は、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』を読んでみてはどうでしょうか。

 魔法を信じてみたくなるかもしれませんよ。

 関連記事

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …