webstation plus

(※『魔法のコンパス』表紙より)


 好きなことを仕事にしていますか。

 今後、AIとロボットの進化によって多くの仕事が奪われます。商店のレジ打ち係や、箱詰めや積み下ろしなどの作業員、会計士なども時間の問題。もっと多くの仕事が奪われるでしょう。

 このとき、「好きなことで食っていけるほど人生は甘くない!」という時代から「好きなことでしか生きていけない」という時代に間違いなく変わります。「遊んでばかりではダメ」ではなく、「仕事になるまで遊びなさい」という未来が待っているのです。

 では、どうすれば好きなことを仕事にできるのでしょうか。『魔法のコンパス』を参考に考えてみましょう。

 好きなことを仕事にする3つのプロセス

1. 「問い」をもつ

 今いる場所って居心地が良いですよね。

 なぜ居心地が良いかというと、以前この場所にあった「壮大な問い」を、すでに誰かが解決してくれたからです。

 たとえば、1876年にアメリカのグラハム・ベルが電話を発明したので、「遠くにいる人と会話をすることはできないの?」という「問い」は、もう生まれなくなりました。

 しかし、解決されていない問題も山積みです。まわりを見渡してみると、不便だと思うこともいろいろみつかりますよね。

 その不便を好きなことで解決できないか考えてみる。これが好きなことを仕事にする第一歩。誰かの居心地の良さを生み出せれば、それが仕事になるからです。

 さらに、人生をかけるほどの「問い」を見つけるには、居心地の悪い場所に立つ必要がある、というよりも居心地の悪い場所に立ったほうが見つかりやすいんですよね。

 なぜなら、「何故、生きづらいのか?」「それを改善するにはどうすればいいのか?」といった「壮大な問い」が持てるからです。

 もし、好きなことを仕事にしたいのなら、今よりも居心地の悪い場所に移動し、誰かの居心地をよくする「問い」を探してみてはどうでしょうか。

 まずはダイエットに挑戦するなど、あえて自分を不便な環境に置くところから始めてみるのもいいかもしれません。

2. 多くの人が喜べる答えを見つける

 問いを立てたら、次は答えを導き出すわけですが、このときに大切なのは、出来るだけ多くの人に喜んでもらえる解決策を見つけること。独りよがりな答えで満足したり、答えを見つけるのを諦めたりしないことです。

 たとえば、『魔法のコンパス』の著者である西野さんは、ライブで小さい子が泣いていると親と一緒に外に出て行ってもらっていたそうです。他のお客さんの迷惑になるので当然といえば当然ですよね。

 でも、これではみんなが喜べる答えにはなっていません。

 そこで西野さんは考えました。そして、自身のトークライブで次のように解決したそうです。

 退席しやすい二階席に限り、お父さん、お母さんの膝の上で観ることができる未就学児を無料にする。そして、空いている楽屋をキッズスペースにして、ステージの様子が観られるようにモニターをつけました。

 こうすればお父さんお母さんは子どもが泣いてもすぐに外に出られ、しかもキッズスペースでステージの続きが観られますよね。子どもたちもキッズスペースで遊べるので満足できます。

 このように出来るだけ多くの人に喜んでもらえる解決策を導き出せば、その人たちから間違いなく応援してもらえます。ぜひ、納得できる答えが見つかるまで考え続けましょう(考える力をつける方法は以下のエントリを参考にしてください)。

3. 2種類の力を活用する

 それは、追い風と逆風のこと。

 私も含めて、多くの人は嫌なことを消そうと考えがちですが、少し見方を考えれば逆風も前進する力になります。

 たとえば、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究を支援するために、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会に寄付をするか、という運動『アイス・バケツ・チャレンジ』が日本でも大流行しました。

 それは「反対意見」があったからです。セレブ同士でバトンをつないでいる「なんか鼻につく感じ」と「病気のことをお祭り騒ぎでやっちゃうのってどうなの?」という反対意見があったからこそ、大流行したんですね。

 つまり、好きなことを仕事にするために必要な力は、追い風と逆風の2つ。一番問題なのは無風です。追い風でも逆風でも風を吹かせることが大切なんですね。

 ちなみに、風を吹かせるには人とは違うことをすること。得意なことを2つまたは3つ掛け合わせて誰もやっていないことに挑戦することです。

 最後に

 今回は『魔法のコンパス』を参考に好きなことを仕事にする3つのプロセスを紹介してきました。好きなことを仕事にするには、自分の好きを誰かの喜びに変える必要があるんですね。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

 関連記事

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

仕事優先の生き方に限界を感じている人へ

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。  しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなるこ …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「何のために働くの?」会社のため?自分のため?

(※『言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』表紙より)  「何のために働くの?」と聞かれてすぐに答えられますか。  もし答えられないようなら、少し考えてみたほうがいいかもしれません。なぜなら、私たちは理由が …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …