webstation plus

 パズルはお好きですか?

 私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていましたが、最近は仕事が忙しくてなかなかできなくなりました。

 ところが、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説に出会ったんですよね。それが伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』です。

 少し暗めの物語ですが、この快感…ハマりますよ。

 5つの異なる物語が驚きと共に繋がっていく

 では、あらすじから。

 物語は、新進の女性画家である志奈子が、大切に育ててもらった恩人を裏切り、戸田という裕福な画商から「俺の女にならないか?」と誘われるところから始まります。

 その後、場面が変わって、泥棒の黒澤が老夫婦に銃で脅されたり、父親を自殺で失った青年が神と崇める高橋を解体しようとしたり、

 不倫相手との再婚を企むカウンセラーが不倫相手のパートナーを殺そうとしたり、職を失って途方に暮れている男性が犬と拳銃を手に入れたりと、5つの異なる物語が語られます。

 これら5つの異なる物語が少しずつ繋がっていき、最後にはすべてが繋がっていたことに気づけるのが面白いんですよね。

 具体的には、5つの物語のメインキャラクターが他の物語に名前を明かさずに登場していたり、ある物語に登場していたサブキャラクターが別の物語のメインキャラクターとつながっていたりと驚きの連続です。

 それだけでなく、バラバラになった死体がいつの間にかくっついたり、死体が何度もトランクから飛び出したり、

 40億円の宝くじが巡りめぐってある人物の手に渡ったりと、多くの出来事が「これでもか!」と思うほど繋がっていくので、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえます。

 意外なキャラクターや出来事のつながりに夢中になれる小説です。

 泥棒の黒澤のセリフに心奪われる

 もちろん、それだけではありません。登場人物のセリフが物語をより一層盛り上げます。

 なかでも泥棒の黒澤のセリフは心奪われるものばかりなんですよね。たとえば、

探し出すものなんだ。『未来』は闇雲に歩いていってもやってこない。頭を使って見つけ出さなくてはいけないんだ。あんたもよく考えたほうがいい

 他にも、

「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際は全員がアマチュアで、新人だ」
「はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ」
「行き詰まっているとおまえが思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだな。例えば、砂漠に白線を引いて、その上を一歩も踏み出さないように怯えて歩いているだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み出したら死んでしまうと勝手に思い込んでいる」

 など、ハッとさせられる言葉が満載です。今の自分に足りていないピースを黒澤にはめてもらっているかのような感覚が味わえます。

 読めばきっと心に残る言葉が見つかるはず。

 勧善懲悪がテーマなので最後はスッキリ

 現実世界で生きていると、悪者が自由にのさばっていますよね。

 そんな中、『ラッシュライフ』のような悪い奴らが滅びていく物語を読むと、スッキリできるだけでなく、今の世の中に足りないピースはこれなんじゃないか…なんて思えてきます。

 最後にスッキリできるので、達成感が味わえる物語です。

 ◆

 というわけで伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』は、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語です。

 それだけでなく、サスペンスとしても、最後に驚きが用意されている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …