webstation plus

(※『ラッシュライフ』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。

 ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思議なことは何ひとつない――異なる視点で描かれた5つの物語がリンクし、不可思議な謎が次々と解けていく過程が面白い物語です。読み始めると止まりません。

 今回は『ラッシュライフ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 『ラッシュライフ』のあらすじと感想

画家・志奈子の物語

 画家の志奈子は、恩人を裏切り、拝金主義者の画商・戸田のいいなりに。今も戸田と一緒に新幹線に乗って仙台に向かっているところです。

 ここで戸田から一つの命令が。仙台駅に着いて最初に出会った人物が戸田の言うことを聞けば、志奈子は戸田と一夜を共にすることに。一体どうなる!?

律儀な泥棒・黒澤の物語

 泥棒の黒澤は、事前に下調べをしておいた家に空き巣に入り、自分が必要と思う金額・20万円だけを盗み出しました。しかし、その帰り道に出会った老夫婦に拳銃で脅され、その20万円を寄付することに。

 それから数時間後。今度は埋め合わせで空き巣に入った家で、家の主人と鉢合わせに。黒澤は得意な人間観察力で窮地を脱出できるのか!?

神を信じる青年・河原崎の物語

 ビジネスホテルで次々と起こった殺人事件。警察の捜査も虚しく、犯人が捕まる気配はまったくありませんでしたが、高橋という一般市民が事件の謎を解き明かし、見事事件を解決。ここから高橋は未来が見えると評判になり、多くの信者がつきました。

 父親が飛び降り自殺をした河原崎も高橋信者の一人。彼は高橋を崇拝していましたが、ある日、高橋の側近である塚本に呼び出され、高橋を「解体」することを提案されます。彼は神を殺すのか!?

ダブル不倫をする精神カウンセラー・京子の物語

 ダブル不倫をしている精神カウンセラーの京子は、浮気相手の青山と一緒になるために夫を殺す決意をします。しかし、その日のうちに、夫から離婚を言い渡されました。残る障害は青山の妻のみ。

 京子は彼女を殺そうと青山と二人で彼女の家に向かいましたが、その途中で青年を轢き殺してしまいます。事故を隠そうと死体をトランクに詰め込んだ京子たちでしたが、なぜか死体が何度もトランクから飛び出す!?

リストラ男・豊田の物語

 家族からも会社からも見捨てられた豊田は、再就職先を見つけるために面接を受けますが、すべて不合格。そんな豊田の前にボロボロの老犬が現れます。

 老犬と自分の境遇を重ね合わせた豊田は、この老犬を連れていくことに。その結果、手に入れたのが拳銃でした。この拳銃の使い道は!?

 最後に

 タイトルになっているラッシュライフには、

「Lushは酔っ払いという意味で、飲んだくれのやけっぱち人生ということらしい。おまえに必要なのはむしろ、そういった開き直った生き方かもしれないな」

 という意味が込められているようです。これら5つの物語を通して、もう少し大胆に生きていくのもありかな!?と思える作品でした。

 とにかく、小説『ラッシュライフ』は、5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていくのが面白い作品。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …