webstation plus

 パズルはお好きですか。

 私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。

 ところが、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説に出会いました。それが伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。

 少し暗めの物語ですが、ハマりますよ。

 5つの異なる物語が驚きと共に繋がっていく

 『ラッシュライフ』は5つの不思議な物語が少しずつ繋がっていき、最後にはすべてが繋がっていたことに気づかされる小説です。

 たとえば、5つの物語のメインキャラクターが他の物語に名前を明かさずに登場していたり、ある物語に登場していたサブキャラクターが別の物語のメインキャラクターとつながっていたりと驚きの連続です。

 それだけでなく、バラバラになった死体がいつの間にかくっついたり、死体が何度もトランクから飛び出したり、40億円の宝くじが巡りめぐってある人物の手に渡ったりと、多くの出来事がこれでもかと繋がっていくので、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえるんですよね。

 意外なキャラクターや出来事のつながりに夢中になれる小説です。

 黒澤のセリフに心奪われる

 この物語を盛り上げているのは、キャラクター同士のつながりだけではありません。登場人物たちのセリフもそのひとつです。なかでも泥棒の黒澤のセリフに心奪われるんですよね。

 たとえば、

探し出すものなんだ。『未来』は闇雲に歩いていってもやってこない。頭を使って見つけ出さなくてはいけないんだ。あんたもよく考えたほうがいい

 他にも、

「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際は全員がアマチュアで、新人だ」
「はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ」
「行き詰まっているとおまえが思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだな。例えば、砂漠に白線を引いて、その上を一歩も踏み出さないように怯えて歩いているだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み出したら死んでしまうと勝手に思い込んでいる」

 など、ハッとさせられる言葉が満載です。自分に足りないピースを黒澤にはめられているかのような感覚が味わえるんですよね。

 読めばきっと心に残る言葉が見つかるはず。

 勧善懲悪がテーマなので最後はスッキリ

 現実世界で生きていると、悪が自由にのさばっていますよね。

 そんな中、悪い奴らが滅びていく物語を読むとスッキリできるだけでなく、今の社会に足りないピースはこれなんじゃないかって思えてきます。

 最後にスッキリできるので、達成感が味わえる小説です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ラッシュライフ』。まるでピースをはめているかのような快感が味わえる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …