webstation plus

(※『ラッシュライフ』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。

 ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思議なことは何ひとつない――異なる視点で描かれた5つの物語がリンクし、不可思議な謎が次々と解けていく過程が面白い物語です。読み始めると止まりません。

 今回は『ラッシュライフ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 『ラッシュライフ』のあらすじと感想

画家・志奈子の物語

 画家の志奈子は、恩人を裏切り、拝金主義者の画商・戸田のいいなりに。今も戸田と一緒に新幹線に乗って仙台に向かっているところです。

 ここで戸田から一つの命令が。仙台駅に着いて最初に出会った人物が戸田の言うことを聞けば、志奈子は戸田と一夜を共にすることに。一体どうなる!?

律儀な泥棒・黒澤の物語

 泥棒の黒澤は、事前に下調べをしておいた家に空き巣に入り、自分が必要と思う金額・20万円だけを盗み出しました。しかし、その帰り道に出会った老夫婦に拳銃で脅され、その20万円を寄付することに。

 それから数時間後。今度は埋め合わせで空き巣に入った家で、家の主人と鉢合わせに。黒澤は得意な人間観察力で窮地を脱出できるのか!?

神を信じる青年・河原崎の物語

 ビジネスホテルで次々と起こった殺人事件。警察の捜査も虚しく、犯人が捕まる気配はまったくありませんでしたが、高橋という一般市民が事件の謎を解き明かし、見事事件を解決。ここから高橋は未来が見えると評判になり、多くの信者がつきました。

 父親が飛び降り自殺をした河原崎も高橋信者の一人。彼は高橋を崇拝していましたが、ある日、高橋の側近である塚本に呼び出され、高橋を「解体」することを提案されます。彼は神を殺すのか!?

ダブル不倫をする精神カウンセラー・京子の物語

 ダブル不倫をしている精神カウンセラーの京子は、浮気相手の青山と一緒になるために夫を殺す決意をします。しかし、その日のうちに、夫から離婚を言い渡されました。残る障害は青山の妻のみ。

 京子は彼女を殺そうと青山と二人で彼女の家に向かいましたが、その途中で青年を轢き殺してしまいます。事故を隠そうと死体をトランクに詰め込んだ京子たちでしたが、なぜか死体が何度もトランクから飛び出す!?

リストラ男・豊田の物語

 家族からも会社からも見捨てられた豊田は、再就職先を見つけるために面接を受けますが、すべて不合格。そんな豊田の前にボロボロの老犬が現れます。

 老犬と自分の境遇を重ね合わせた豊田は、この老犬を連れていくことに。その結果、手に入れたのが拳銃でした。この拳銃の使い道は!?

 最後に

 タイトルになっているラッシュライフには、

「Lushは酔っ払いという意味で、飲んだくれのやけっぱち人生ということらしい。おまえに必要なのはむしろ、そういった開き直った生き方かもしれないな」

 という意味が込められているようです。これら5つの物語を通して、もう少し大胆に生きていくのもありかな!?と思える作品でした。

 とにかく、小説『ラッシュライフ』は、5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていくのが面白い作品。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

『約束のネバーランド』は読み始めたら止まらないサスペンス漫画

(※『約束のネバーランド 1』表紙より)  週刊少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』。  読み始めてしばらくは「ほんわか」しているので、どうなることかと思っていましたが…。40ページを過ぎると、ページをめくる …

『氷菓』は甘くてほろ苦い青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。デビュー作とは思えないほど、魅力ある青春ミステリー小説です。読み進めていくうちに学生時代の甘くてほろ苦い記憶を思い出すこと間違いなし!?  今回は『氷菓』のあらすじと …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  子供の頃、夏休みになると夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていました。怖くて逃げ出したくなるのに――。そんな懐かしい記憶が蘇る漫画が『双亡亭壊すべし』。  『うしおととら』や …