webstation plus

(※『ラッシュライフ』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。

 ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思議なことは何ひとつない――異なる視点で描かれた5つの物語がリンクし、不可思議な謎が次々と解けていく過程が面白い物語です。読み始めると止まりません。

 今回は『ラッシュライフ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 『ラッシュライフ』のあらすじと感想

画家・志奈子の物語

 画家の志奈子は、恩人を裏切り、拝金主義者の画商・戸田のいいなりに。今も戸田と一緒に新幹線に乗って仙台に向かっているところです。

 ここで戸田から一つの命令が。仙台駅に着いて最初に出会った人物が戸田の言うことを聞けば、志奈子は戸田と一夜を共にすることに。一体どうなる!?

律儀な泥棒・黒澤の物語

 泥棒の黒澤は、事前に下調べをしておいた家に空き巣に入り、自分が必要と思う金額・20万円だけを盗み出しました。しかし、その帰り道に出会った老夫婦に拳銃で脅され、その20万円を寄付することに。

 それから数時間後。今度は埋め合わせで空き巣に入った家で、家の主人と鉢合わせに。黒澤は得意な人間観察力で窮地を脱出できるのか!?

神を信じる青年・河原崎の物語

 ビジネスホテルで次々と起こった殺人事件。警察の捜査も虚しく、犯人が捕まる気配はまったくありませんでしたが、高橋という一般市民が事件の謎を解き明かし、見事事件を解決。ここから高橋は未来が見えると評判になり、多くの信者がつきました。

 父親が飛び降り自殺をした河原崎も高橋信者の一人。彼は高橋を崇拝していましたが、ある日、高橋の側近である塚本に呼び出され、高橋を「解体」することを提案されます。彼は神を殺すのか!?

ダブル不倫をする精神カウンセラー・京子の物語

 ダブル不倫をしている精神カウンセラーの京子は、浮気相手の青山と一緒になるために夫を殺す決意をします。しかし、その日のうちに、夫から離婚を言い渡されました。残る障害は青山の妻のみ。

 京子は彼女を殺そうと青山と二人で彼女の家に向かいましたが、その途中で青年を轢き殺してしまいます。事故を隠そうと死体をトランクに詰め込んだ京子たちでしたが、なぜか死体が何度もトランクから飛び出す!?

リストラ男・豊田の物語

 家族からも会社からも見捨てられた豊田は、再就職先を見つけるために面接を受けますが、すべて不合格。そんな豊田の前にボロボロの老犬が現れます。

 老犬と自分の境遇を重ね合わせた豊田は、この老犬を連れていくことに。その結果、手に入れたのが拳銃でした。この拳銃の使い道は!?

 最後に

 タイトルになっているラッシュライフには、

「Lushは酔っ払いという意味で、飲んだくれのやけっぱち人生ということらしい。おまえに必要なのはむしろ、そういった開き直った生き方かもしれないな」

 という意味が込められているようです。これら5つの物語を通して、もう少し大胆に生きていくのもありかな!?と思える作品でした。

 とにかく、小説『ラッシュライフ』は、5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていくのが面白い作品。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …