webstation plus

 パズルはお好きですか。

 私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。

 ところが、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説に出会いました。それが伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。

 少し暗めの物語ですが、ハマりますよ。

 5つの異なる物語が驚きと共に繋がっていく

 『ラッシュライフ』は5つの不思議な物語が少しずつ繋がっていき、最後にすべてが繋がっていたことに気づかされる小説です。

 たとえば、5つの物語のメインキャラクターたちが他の物語に名前を明かさずに登場していたり、ある物語に登場していたサブキャラクターが別の物語のメインキャラクターとつながっていたりと驚きの連続です。

 それだけでなく、バラバラになった死体がいつの間にかくっついたり、死体が何度もトランクから飛び出したり、40億円の宝くじが巡りめぐってある人物の手に渡ったりと、多くの出来事がこれでもかと繋がっていくので、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえるんですよね。

 意外なキャラクターや出来事のつながりに夢中になれる小説です。

 黒澤のセリフに心奪われる

 この物語を盛り上げているのは、つながりだけではありません。登場人物たちのセリフもそのひとつです。なかでも泥棒の黒澤のセリフに心奪われるんですよね。

 たとえば、

探し出すものなんだ。『未来』は闇雲に歩いていってもやってこない。頭を使って見つけ出さなくてはいけないんだ。あんたもよく考えたほうがいい

 他にも、

「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際は全員がアマチュアで、新人だ」
「はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ」
「行き詰まっているとおまえが思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだな。例えば、砂漠に白線を引いて、その上を一歩も踏み出さないように怯えて歩いているだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み出したら死んでしまうと勝手に思い込んでいる」

 など、ハッとさせられる言葉が満載です。自分に足りないピースを黒澤にはめられているような感覚が味わえるんですよね。

 読めばきっと心に残る言葉が見つかるはず。

 勧善懲悪がテーマなので最後はスッキリ

 現実世界で生きていると、悪が自由にのさばっていますよね。

 そんな中、悪い奴らが滅びていく物語を読むとスッキリできるだけでなく、今の社会に足りないピースはこれなんじゃないかって思えてきます。

 最後にスッキリできるので、達成感が味わえる小説です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ラッシュライフ』。まるでピースをはめているかのような快感が味わえる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …