伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語

おすすめ小説

 パズルはお好きですか?

 私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていましたが、最近は仕事が忙しくてなかなかできなくなりました。

 ところが、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説に出会ったんですよね。それが伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』です。

 少し暗めの物語ですが、この快感…ハマりますよ。




スポンサーリンク

 5つの異なる物語が驚きと共に繋がっていく

 では、あらすじから。

 物語は、新進の女性画家である志奈子が、大切に育ててもらった恩人を裏切り、戸田という裕福な画商から「俺の女にならないか?」と誘われるところから始まります。

 その後、場面が変わって、泥棒の黒澤が老夫婦に銃で脅されたり、父親を自殺で失った青年が神と崇める高橋を解体しようとしたり、

 不倫相手との再婚を企むカウンセラーが不倫相手のパートナーを殺そうとしたり、職を失って途方に暮れている男性が犬と拳銃を手に入れたりと、5つの異なる物語が語られます。

 これら5つの異なる物語が少しずつ繋がっていき、最後にはすべてが繋がっていたことに気づけるのが面白いんですよね。

 具体的には、5つの物語のメインキャラクターが他の物語に名前を明かさずに登場していたり、ある物語に登場していたサブキャラクターが別の物語のメインキャラクターとつながっていたりと驚きの連続です。

 それだけでなく、バラバラになった死体がいつの間にかくっついたり、死体が何度もトランクから飛び出したり、

 40億円の宝くじが巡りめぐってある人物の手に渡ったりと、多くの出来事が「これでもか!」と思うほど繋がっていくので、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえます。

 意外なキャラクターや出来事のつながりに夢中になれる小説です。

スポンサーリンク

 泥棒の黒澤のセリフに心奪われる

 もちろん、それだけではありません。登場人物のセリフが物語をより一層盛り上げます。

 なかでも泥棒の黒澤のセリフは心奪われるものばかりなんですよね。たとえば、

探し出すものなんだ。『未来』は闇雲に歩いていってもやってこない。頭を使って見つけ出さなくてはいけないんだ。あんたもよく考えたほうがいい

 他にも、

「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際は全員がアマチュアで、新人だ」
「はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ」

「行き詰まっているとおまえが思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだな。例えば、砂漠に白線を引いて、その上を一歩も踏み出さないように怯えて歩いているだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み出したら死んでしまうと勝手に思い込んでいる」

 など、ハッとさせられる言葉が満載です。今の自分に足りていないピースを黒澤にはめてもらっているかのような感覚が味わえます。

 読めばきっと心に残る言葉が見つかるはず。

スポンサーリンク

 勧善懲悪がテーマなので最後はスッキリ

 現実世界で生きていると、悪者が自由にのさばっていますよね。

 そんな中、『ラッシュライフ』のような悪い奴らが滅びていく物語を読むと、スッキリできるだけでなく、今の世の中に足りないピースはこれなんじゃないか…なんて思えてきます。

 最後にスッキリできるので、達成感が味わえる物語です。

 ◆

 というわけで伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』は、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語です。

 それだけでなく、サスペンスとしても、最後に驚きが用意されている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました