「運がいい人」は見向きもせず、「運が悪い人」が追い求めているものとは?

ライフハック

 「運がいい人になりたい!」って思っていませんか?

 私もできれば運のいい人になって、世間一般で言われている幸せを掴みたいと思っていましたが、『運がいいと言われる人の脳科学』を読んで、多くの人が想像する幸せを求めない方がいいのかも…と思うようになりました。

 多くの人が求める幸せが自分の脳にあった幸せとは限らないんですよね。

スポンサーリンク

 私たちの脳は世界にひとつだけ

 脳科学的に考えると、私たちの脳はきらめくような個性をもっています。

 両親の遺伝子の掛け合わせによって個性が生じるのはもちろんのこと、生まれて最初の三年間を過ごす環境によって、脳の神経回路が大きく変化するからです。赤ちゃんの脳は、環境に適応しようと必死に変化するんですよね。

 だからこそ、私たちの脳は一人ひとり違う個性をもっているわけですが、それにも関わらず、憧れの誰かを目指したり、世間一般で言われている幸せ…

 お金持ちになりたい、大きな家に住みたい、かっこいい男性と/きれいな女性と結婚したい…なんてありきたりな幸せを追い求めると、運が悪くなるかもしれません。これらの願望が実現しても幸せを感じられないケースが多いからです。

 つまり、世間一般で言われている幸せの多くは、自分の脳が求めている幸せと一致しないんですよね。

 そこで、私たちがやるべきことは、自分の脳にあった幸せを見つけて追い求めることですが、具体的にどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

 目の前にある幸せを大切にして、好きなことに挑戦する

 それは、目の前にある幸せを大切にして、少しでも自分の好きなこと、得意なことに挑戦していくことです。もっと具体的にいえば、次の3つを実践することです。

  1. ネガティブ思考を断ち切る
  2. 結果よりもプロセスを楽しむ
  3. 過去や未来ではなく今に目をむける

1. ネガティブ思考を断ち切る

 他人からみると幸せな環境にいるのに、「仕事がつらい」「パートナーが自分のことをわかってくれない」「自由に生きたい」…なんて嘆いている人がいますよね。

 このような状況に陥るのは、ネガティブ思考が断ち切れていないからです。これまで多くのネガティブ思考を積み重ねてきたので、幸せを感じられない脳になっているんですよね。

 脳科学的に考えると、私たちの脳には認識や思考、発想に使われる神経線維ネットワークが張り巡らされています。それこそ天文学的な数のネットワークが存在し、縦横無尽に使うことができます。

 ところが、あるネットワークを使うと、そのネットワークが強化され、他のネットワークを選択しづらくなります。

 つまり、ネガティブ思考を積み重ねると、ネガティブ思考から抜け出せなくなるわけですが、そんなときは、「小さな幸せに感謝すること」と、「ネガティブな考えが浮かんだら、解決できる問題はすぐに解決してしまうこと」が大切です。

 また、すぐに解決できない問題に直面したときは、目の前にある問題に集中して、「まぁ何とかなるか」と開き直るしかありません。

 こうした子供のような無邪気さが、脳の神経回路の自由度を高め、「しなやかな発想」と「幸福感」を生み出してくれます。

2. 結果よりもプロセスを楽しむ

 とはいえ、他人からみても「可哀そうに」「運が悪い人だ」と思うような環境で過ごしている人もいるでしょう。

 しかし、運が悪いと判断しているのは、あくまでも「目に見える結果」だけです。本当に不幸を感じているのか、実は幸せに暮らしているのかは、まったくわかりません。

 たとえば、ホームレスの人を羨ましがる人はいませんが、彼らが心の底から不幸を感じているのか、幸福を感じているのかはわかりませんよね。

 また、ホームレスを経験したからこそ、大企業の社長になったり、芸能人として活躍したりしている人もいます。その瞬間、瞬間は運が悪くみえても、長期的にみればどうなるかはわかりません。

 つまり、私たちは目に見える結果ばかりに振り回されてしまいがちですが、その結果を手に入れることが幸せにつながっているのか、不幸につながっているのかは誰にもわからないんですよね。

 だからこそ、プロセスを楽しむことが大切なのです。実際、脳科学的にも、プロセスを楽しめる人の方が幸せになりやすいことがわかっています。

 なぜなら、脳は楽しんで行動するときに活性化するからです。パソコンに向かって真剣に仕事をしているときよりも、散歩やおしゃべりをしているときの方がアイデアが出やすくなるのもそのためです。

 というわけで、結果ばかりにとらわれずに、プロセスも楽しんでいきましょう。

3. 過去や未来ではなく今に目をむける

 とはいえ、私たちが結果ばかりを求めてしまうのには理由があります。私たち人間が、「言葉」と「劇的な記憶力」を手に入れたからです。

 たとえば、出産。人間が生きていくうえで、もっとも強い痛みが出産だと言われていますが、犬は出産のときもそれほど痛みを感じていないように見えます。

 犬が「安産の象徴」と言われているのはそのためですが、犬だって人間と同じように痛みを感じているはずです。

 では、なぜ犬は出産のときでさえ、けろりとしていられるのでしょうか。

 それは、人間のように陣痛の合間に過去の陣痛を思い返して身体を硬くしたり、次の陣痛の痛みを想像して怯えたりしないからです。

 過去や未来にとらわれず、今この瞬間に生きているからなんですよね。

 もちろん、出産は極端な例ですが、日常でも過去や未来に囚われてしまうことがよくあります。

 しかし、過去をどれだけ振り返ったところで、今が変わるわけではありません。また、未来は今の積み重ねで決まります。

 それなら、過去や未来に必要以上に思いをはせるのはやめ、今を無邪気に楽しんだほうが良いと思いませんか。

 また、それができれば、自分が心から求めている幸せが何かわかるはずですよ。

スポンサーリンク

 ありきたりな幸せは自分の記憶にも他人の記憶にも残らない

 昔、人工知能学会で「絶世の美女をつくる」という試みがありました。数多くの美女の顔を分析し、最高と思われるパーツと、その配置の黄金比を割り出し、CGで合成してつくったそうです。

 しかし、誰もがこの美女の顔を覚えられませんでした。

 もしかすると、私たちの人生もこれと同じなのかもしれません。誰もがうらやむような世間一般で言われている「幸せ」を追い求め、たとえ手に入れることができたとしても、幸せになれるとは限りません。

 絶世の美女と同じように、手に入れてみれば、記憶としてまったく残らないものかもしれないからです。

 だからこそ、他人がつくった幻想の幸せを追い求めて「運が悪い人」になるのではなく、自分にあった幸せを追い求めて「運がいい人」を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました