webstation plus

(※『恋のゴンドラ』表紙より)


 男性の欲望とは何でしょうか。

 もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性と関係を持ちたいという願望を抱いているからです。

 そんな男性諸氏の恋愛戦略を明らかにしたのが東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。奥さんや彼女には読ませたくない一冊!?

 今回は『恋のゴンドラ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『恋のゴンドラ』のあらすじ

 里沢温泉スキー場にやって来た広太と桃実。彼らは合コンで知り合い、付き合うようになりました。

 今回は付き合ってはじめてのお泊り旅行。「夜はどんなふうに過ごそうか」と考えるだけで、広太の胸の高まりは止まりません。

 まさに天国!?

 ――のはずが、一気に地獄へ。

 たまたま相乗りすることになったゴンドラに、広太の同棲相手である美雪がいたからです。

 広太はこのピンチを乗り越えられるのか。

 『恋のゴンドラ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編

 『恋のゴンドラ』は全7章で構成されています。

 1章を読み終えたときは「短編集かぁ」と少しがっかりしたのですが、2章、3章と読み進めていくうちに長編であることに気づきます。

 物語の舞台や登場人物は同じで、フォーカスされる人物だけが変わるんですよね。伊坂幸太郎さんが得意とする構成です。

 もちろん、伊坂ファンのひとりとしては興奮間違いなしのパターン。それぞれの短編が繋がっていく気持ち良さにページをめくる手が止まりませんでした。

 一気読み間違いなしの小説です。

2. ミステリー要素のある恋愛小説

 恋愛小説といえば、感動をテーマした作品が多いですよね。

 『君の名は』や『マチネの終わりに』、『君の膵臓が食べたい』などがそうです。

 しかし、『恋のゴンドラ』は違います。感動する要素なんて全くありません。

 むしろ、ミステリーのような「どんでん返し」を期待すべき小説。恋愛をテーマにしたミステリーと言えばいいのでしょうか。

 東野圭吾さんらしさ全開の物語です。

3. 男性の恋愛戦略が丸裸に!?

 そんな『恋のゴンドラ』は、モテる男性とモテない男性の恋愛戦略を明らかにしています。

 ネタバレになるので詳しくは語りませんが、モテる男性は、結婚を先延ばしにして複数の女性と関係を持とうとします。まさに自分の欲望に忠実。

 一方のモテない男性は、浮気はしません(できません)が、手当たり次第に告白していきます。売りは真面目。数打ち当たる戦法で彼女をゲットするわけですね。

 もちろん、私のようにモテるけれど真面目な人間もごく少数いますが、大半はこのどちらかのパターン。

 男性の恋愛戦略が楽しく学べる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。ミステリー要素が強い恋愛ストーリーを楽しみながら、男性の恋愛戦略が学べる物語です。

 これから彼氏を作ろう、結婚しようと考えている女性には、是非とも読んでもらいたい1冊!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はあらすじでは伝えきれない魅力がある小説

(※『陽気なギャングが地球を回す』表紙より)  小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せな …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …