webstation plus

(※『恋のゴンドラ』表紙より)


 男性の欲望とは何でしょうか。

 もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性と関係を持ちたいという願望を抱いているからです。

 そんな男性諸氏の恋愛戦略を明らかにしたのが東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。奥さんや彼女には読ませたくない一冊!?

 今回は『恋のゴンドラ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『恋のゴンドラ』のあらすじ

 里沢温泉スキー場にやって来た広太と桃実。彼らは合コンで知り合い、付き合うようになりました。

 今回は付き合ってはじめてのお泊り旅行。「夜はどんなふうに過ごそうか」と考えるだけで、広太の胸の高まりは止まりません。

 まさに天国!?

 ――のはずが、一気に地獄へ。

 たまたま相乗りすることになったゴンドラに、広太の同棲相手である美雪がいたからです。

 広太はこのピンチを乗り越えられるのか。

 『恋のゴンドラ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編

 『恋のゴンドラ』は全7章で構成されています。

 1章を読み終えたときは「短編集かぁ」と少しがっかりしたのですが、2章、3章と読み進めていくうちに長編であることに気づきます。

 物語の舞台や登場人物は同じで、フォーカスされる人物だけが変わるんですよね。伊坂幸太郎さんが得意とする構成です。

 もちろん、伊坂ファンのひとりとしては興奮間違いなしのパターン。それぞれの短編が繋がっていく気持ち良さにページをめくる手が止まりませんでした。

 一気読み間違いなしの小説です。

2. ミステリー要素のある恋愛小説

 恋愛小説といえば、感動をテーマした作品が多いですよね。

 『君の名は』や『マチネの終わりに』、『君の膵臓が食べたい』などがそうです。

 しかし、『恋のゴンドラ』は違います。感動する要素なんて全くありません。

 むしろ、ミステリーのような「どんでん返し」を期待すべき小説。恋愛をテーマにしたミステリーと言えばいいのでしょうか。

 東野圭吾さんらしさ全開の物語です。

3. 男性の恋愛戦略が丸裸に!?

 そんな『恋のゴンドラ』は、モテる男性とモテない男性の恋愛戦略を明らかにしています。

 ネタバレになるので詳しくは語りませんが、モテる男性は、結婚を先延ばしにして複数の女性と関係を持とうとします。まさに自分の欲望に忠実。

 一方のモテない男性は、浮気はしません(できません)が、手当たり次第に告白していきます。売りは真面目。数打ち当たる戦法で彼女をゲットするわけですね。

 もちろん、私のようにモテるけれど真面目な人間もごく少数いますが、大半はこのどちらかのパターン。

 男性の恋愛戦略が楽しく学べる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。ミステリー要素が強い恋愛ストーリーを楽しみながら、男性の恋愛戦略が学べる物語です。

 これから彼氏を作ろう、結婚しようと考えている女性には、是非とも読んでもらいたい1冊!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …