webstation plus

(※『恋のゴンドラ』表紙より)


 男性の欲望とは何でしょうか。

 もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性と関係を持ちたいという願望を抱いているからです。

 そんな男性諸氏の恋愛戦略を明らかにしたのが東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。奥さんや彼女には読ませたくない一冊!?

 今回は『恋のゴンドラ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『恋のゴンドラ』のあらすじ

 里沢温泉スキー場にやって来た広太と桃実。彼らは合コンで知り合い、付き合うようになりました。

 今回は付き合ってはじめてのお泊り旅行。「夜はどんなふうに過ごそうか」と考えるだけで、広太の胸の高まりは止まりません。

 まさに天国!?

 ――のはずが、一気に地獄へ。

 たまたま相乗りすることになったゴンドラに、広太の同棲相手である美雪がいたからです。

 広太はこのピンチを乗り越えられるのか。

 『恋のゴンドラ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編

 『恋のゴンドラ』は全7章で構成されています。

 1章を読み終えたときは「短編集かぁ」と少しがっかりしたのですが、2章、3章と読み進めていくうちに長編であることに気づきます。

 物語の舞台や登場人物は同じで、フォーカスされる人物だけが変わるんですよね。伊坂幸太郎さんが得意とする構成です。

 もちろん、伊坂ファンのひとりとしては興奮間違いなしのパターン。それぞれの短編が繋がっていく気持ち良さにページをめくる手が止まりませんでした。

 一気読み間違いなしの小説です。

2. ミステリー要素のある恋愛小説

 恋愛小説といえば、感動をテーマした作品が多いですよね。

 『君の名は』や『マチネの終わりに』、『君の膵臓が食べたい』などがそうです。

 しかし、『恋のゴンドラ』は違います。感動する要素なんて全くありません。

 むしろ、ミステリーのような「どんでん返し」を期待すべき小説。恋愛をテーマにしたミステリーと言えばいいのでしょうか。

 東野圭吾さんらしさ全開の物語です。

3. 男性の恋愛戦略が丸裸に!?

 そんな『恋のゴンドラ』は、モテる男性とモテない男性の恋愛戦略を明らかにしています。

 ネタバレになるので詳しくは語りませんが、モテる男性は、結婚を先延ばしにして複数の女性と関係を持とうとします。まさに自分の欲望に忠実。

 一方のモテない男性は、浮気はしません(できません)が、手当たり次第に告白していきます。売りは真面目。数打ち当たる戦法で彼女をゲットするわけですね。

 もちろん、私のようにモテるけれど真面目な人間もごく少数いますが、大半はこのどちらかのパターン。

 男性の恋愛戦略が楽しく学べる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。ミステリー要素が強い恋愛ストーリーを楽しみながら、男性の恋愛戦略が学べる物語です。

 これから彼氏を作ろう、結婚しようと考えている女性には、是非とも読んでもらいたい1冊!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …