webstation plus

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。

  • 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男
  • 女性の気持ちを察することができない、自分の話ばかりしたがるモテない男

 『花より男子』に出てくるようなカッコよくて清潔感あふれる男性はひとりもいません。

 とはいえ、現実にもこういう男性がいるんですよね。実際、「このキャラクターはあいつに似ているなぁ」と、まわりの友人に当てはめられるほど精巧に描かれています。

 そのため、ろくでもない男に騙されないようにするために、読んでみるのもありかもしれません。

 物語の舞台は、里沢温泉スキー場。主人公の公太は、同棲している彼女がいるにも関わらず、合コンで知り合った桃実という女性と意気投合し、彼女に内緒でデートを重ね、ついに里沢温泉に泊りがけの旅行に出かけることができました。

 しかし、旅行当日。公太にとって驚愕の出来事が起こります。ゴンドラにたまたま相乗りすることになった女性四人組の中に同棲中の彼女がいたのです。これが地獄の始まりでした。

 という短編で始まる、いわゆる短編集なのですが、それぞれの物語がつながっていて、伊坂幸太郎さんの作風に近いものを感じました。そのため、読み進めていくとパズルのピースをハメていくような気持ちよさが味わえます。

 ただし、東野圭吾さんの作品なので、いい意味でスマートには終わりません。『容疑者Xの献身』ほどではありませんが、最後にちょっとした驚きが待っています。

 というわけで、他の恋愛小説に比べて推理的要素もあるので男女問わず面白く読める小説です。ただし、女性であるなら、この作品に登場する男性が一般的な男性とは思わないでくださいね。恋愛に失望してしまいますから。

 関連記事

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説 (※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …