webstation plus

(※『恋のゴンドラ』表紙より)


 男性の欲望とは何でしょうか。

 もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性と関係を持ちたいという願望を抱いているからです。

 そんな男性諸氏の恋愛戦略を明らかにしたのが東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。奥さんや彼女には読ませたくない一冊!?

 今回は『恋のゴンドラ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『恋のゴンドラ』のあらすじ

 里沢温泉スキー場にやって来た広太と桃実。彼らは合コンで知り合い、付き合うようになりました。

 今回は付き合ってはじめてのお泊り旅行。「夜はどんなふうに過ごそうか」と考えるだけで、広太の胸の高まりは止まりません。

 まさに天国!?

 ――のはずが、一気に地獄へ。

 たまたま相乗りすることになったゴンドラに、広太の同棲相手である美雪がいたからです。

 広太はこのピンチを乗り越えられるのか。

 『恋のゴンドラ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編

 『恋のゴンドラ』は全7章で構成されています。

 1章を読み終えたときは「短編集かぁ」と少しがっかりしたのですが、2章、3章と読み進めていくうちに長編であることに気づきます。

 物語の舞台や登場人物は同じで、フォーカスされる人物だけが変わるんですよね。伊坂幸太郎さんが得意とする構成です。

 もちろん、伊坂ファンのひとりとしては興奮間違いなしのパターン。それぞれの短編が繋がっていく気持ち良さにページをめくる手が止まりませんでした。

 一気読み間違いなしの小説です。

2. ミステリー要素のある恋愛小説

 恋愛小説といえば、感動をテーマした作品が多いですよね。

 『君の名は』や『マチネの終わりに』、『君の膵臓が食べたい』などがそうです。

 しかし、『恋のゴンドラ』は違います。感動する要素なんて全くありません。

 むしろ、ミステリーのような「どんでん返し」を期待すべき小説。恋愛をテーマにしたミステリーと言えばいいのでしょうか。

 東野圭吾さんらしさ全開の物語です。

3. 男性の恋愛戦略が丸裸に!?

 そんな『恋のゴンドラ』は、モテる男性とモテない男性の恋愛戦略を明らかにしています。

 ネタバレになるので詳しくは語りませんが、モテる男性は、結婚を先延ばしにして複数の女性と関係を持とうとします。まさに自分の欲望に忠実。

 一方のモテない男性は、浮気はしません(できません)が、手当たり次第に告白していきます。売りは真面目。数打ち当たる戦法で彼女をゲットするわけですね。

 もちろん、私のようにモテるけれど真面目な人間もごく少数いますが、大半はこのどちらかのパターン。

 男性の恋愛戦略が楽しく学べる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。ミステリー要素が強い恋愛ストーリーを楽しみながら、男性の恋愛戦略が学べる物語です。

 これから彼氏を作ろう、結婚しようと考えている女性には、是非とも読んでもらいたい1冊!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …