webstation plus

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。

  • 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男
  • 女性の気持ちを察することができない、自分の話ばかりしたがるモテない男

 『花より男子』に出てくるようなカッコよくて清潔感あふれる男性はひとりもいません。

 とはいえ、現実にもこういう男性がいるんですよね。実際、「このキャラクターはあいつに似ているなぁ」と、まわりの友人に当てはめられるほど精巧に描かれています。

 そのため、ろくでもない男に騙されないようにするために、読んでみるのもありかもしれません。

 物語の舞台は、里沢温泉スキー場。主人公の公太は、同棲している彼女がいるにも関わらず、合コンで知り合った桃実という女性と意気投合し、彼女に内緒でデートを重ね、ついに里沢温泉に泊りがけの旅行に出かけることができました。

 しかし、旅行当日。公太にとって驚愕の出来事が起こります。ゴンドラにたまたま相乗りすることになった女性四人組の中に同棲中の彼女がいたのです。これが地獄の始まりでした。

 という短編で始まる、いわゆる短編集なのですが、それぞれの物語がつながっていて、伊坂幸太郎さんの作風に近いものを感じました。そのため、読み進めていくとパズルのピースをハメていくような気持ちよさが味わえます。

 ただし、東野圭吾さんの作品なので、いい意味でスマートには終わりません。『容疑者Xの献身』ほどではありませんが、最後にちょっとした驚きが待っています。

 というわけで、他の恋愛小説に比べて推理的要素もあるので男女問わず面白く読める小説です。ただし、女性であるなら、この作品に登場する男性が一般的な男性とは思わないでくださいね。恋愛に失望してしまいますから。

 関連記事

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

ヒーローと偽善者は紙一重/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』

 私たちが住む世界には「理不尽」があふれている。たとえば、リストラがそう。どれだけ会社のために尽くして働いてきたとしても、対象に選ばれた社員は、結局、退職するしかない。何をどう訴えてもだ。もし仮に必死になって訴えた結果、 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …