webstation plus

(※『恋のゴンドラ』表紙より)


 男性の欲望とは何でしょうか。

 もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性と関係を持ちたいという願望を抱いているからです。

 そんな男性諸氏の恋愛戦略を明らかにしたのが東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。奥さんや彼女には読ませたくない一冊!?

 今回は『恋のゴンドラ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『恋のゴンドラ』のあらすじ

 里沢温泉スキー場にやって来た広太と桃実。彼らは合コンで知り合い、付き合うようになりました。

 今回は付き合ってはじめてのお泊り旅行。「夜はどんなふうに過ごそうか」と考えるだけで、広太の胸の高まりは止まりません。

 まさに天国!?

 ――のはずが、一気に地獄へ。

 たまたま相乗りすることになったゴンドラに、広太の同棲相手である美雪がいたからです。

 広太はこのピンチを乗り越えられるのか。

 『恋のゴンドラ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編

 『恋のゴンドラ』は全7章で構成されています。

 1章を読み終えたときは「短編集かぁ」と少しがっかりしたのですが、2章、3章と読み進めていくうちに長編であることに気づきます。

 物語の舞台や登場人物は同じで、フォーカスされる人物だけが変わるんですよね。伊坂幸太郎さんが得意とする構成です。

 もちろん、伊坂ファンのひとりとしては興奮間違いなしのパターン。それぞれの短編が繋がっていく気持ち良さにページをめくる手が止まりませんでした。

 一気読み間違いなしの小説です。

2. ミステリー要素のある恋愛小説

 恋愛小説といえば、感動をテーマした作品が多いですよね。

 『君の名は』や『マチネの終わりに』、『君の膵臓が食べたい』などがそうです。

 しかし、『恋のゴンドラ』は違います。感動する要素なんて全くありません。

 むしろ、ミステリーのような「どんでん返し」を期待すべき小説。恋愛をテーマにしたミステリーと言えばいいのでしょうか。

 東野圭吾さんらしさ全開の物語です。

3. 男性の恋愛戦略が丸裸に!?

 そんな『恋のゴンドラ』は、モテる男性とモテない男性の恋愛戦略を明らかにしています。

 ネタバレになるので詳しくは語りませんが、モテる男性は、結婚を先延ばしにして複数の女性と関係を持とうとします。まさに自分の欲望に忠実。

 一方のモテない男性は、浮気はしません(できません)が、手当たり次第に告白していきます。売りは真面目。数打ち当たる戦法で彼女をゲットするわけですね。

 もちろん、私のようにモテるけれど真面目な人間もごく少数いますが、大半はこのどちらかのパターン。

 男性の恋愛戦略が楽しく学べる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』。ミステリー要素が強い恋愛ストーリーを楽しみながら、男性の恋愛戦略が学べる物語です。

 これから彼氏を作ろう、結婚しようと考えている女性には、是非とも読んでもらいたい1冊!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …