webstation plus

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。

  • 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男
  • 女性の気持ちを察することができない、自分の話ばかりしたがるモテない男

 『花より男子』に出てくるようなカッコよくて清潔感あふれる男性はひとりもいません。

 とはいえ、現実にもこういう男性がいるんですよね。実際、「このキャラクターはあいつに似ているなぁ」と、まわりの友人に当てはめられるほど精巧に描かれています。

 そのため、ろくでもない男に騙されないようにするために、読んでみるのもありかもしれません。

 物語の舞台は、里沢温泉スキー場。主人公の公太は、同棲している彼女がいるにも関わらず、合コンで知り合った桃実という女性と意気投合し、彼女に内緒でデートを重ね、ついに里沢温泉に泊りがけの旅行に出かけることができました。

 しかし、旅行当日。公太にとって驚愕の出来事が起こります。ゴンドラにたまたま相乗りすることになった女性四人組の中に同棲中の彼女がいたのです。これが地獄の始まりでした。

 という短編で始まる、いわゆる短編集なのですが、それぞれの物語がつながっていて、伊坂幸太郎さんの作風に近いものを感じました。そのため、読み進めていくとパズルのピースをハメていくような気持ちよさが味わえます。

 ただし、東野圭吾さんの作品なので、いい意味でスマートには終わりません。『容疑者Xの献身』ほどではありませんが、最後にちょっとした驚きが待っています。

 というわけで、他の恋愛小説に比べて推理的要素もあるので男女問わず面白く読める小説です。ただし、女性であるなら、この作品に登場する男性が一般的な男性とは思わないでくださいね。恋愛に失望してしまいますから。

 関連記事

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説 (※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …