webstation plus

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。

  • 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男
  • 女性の気持ちを察することができない、自分の話ばかりしたがるモテない男

 『花より男子』に出てくるようなカッコよくて清潔感あふれる男性はひとりもいません。

 とはいえ、現実にもこういう男性がいるんですよね。実際、「このキャラクターはあいつに似ているなぁ」と、まわりの友人に当てはめられるほど精巧に描かれています。

 そのため、ろくでもない男に騙されないようにするために、読んでみるのもありかもしれません。

 物語の舞台は、里沢温泉スキー場。主人公の公太は、同棲している彼女がいるにも関わらず、合コンで知り合った桃実という女性と意気投合し、彼女に内緒でデートを重ね、ついに里沢温泉に泊りがけの旅行に出かけることができました。

 しかし、旅行当日。公太にとって驚愕の出来事が起こります。ゴンドラにたまたま相乗りすることになった女性四人組の中に同棲中の彼女がいたのです。これが地獄の始まりでした。

 という短編で始まる、いわゆる短編集なのですが、それぞれの物語がつながっていて、伊坂幸太郎さんの作風に近いものを感じました。そのため、読み進めていくとパズルのピースをハメていくような気持ちよさが味わえます。

 ただし、東野圭吾さんの作品なので、いい意味でスマートには終わりません。『容疑者Xの献身』ほどではありませんが、最後にちょっとした驚きが待っています。

 というわけで、他の恋愛小説に比べて推理的要素もあるので男女問わず面白く読める小説です。ただし、女性であるなら、この作品に登場する男性が一般的な男性とは思わないでくださいね。恋愛に失望してしまいますから。

 関連記事

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …