webstation plus

stomach_01

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能性がある。なぜなら、お腹はどうしても太りやすい部位だからだ。

 では、なぜ「お腹」は太りやすいのか。それは、人類の歴史を紐解いてみればわかるだろう。私たち人類の歴史のほとんどは飢餓との闘いだった。だから、人は進化の過程であえて体に脂肪を蓄える機能を備えたといわれている。溜めてもいい、溜めやすい部位に脂肪を蓄積することで人類は生き残ることができたのだ。その部位こそが「お腹」である。

 では、なぜお腹に脂肪を蓄積したのか。それは人類が二足歩行を始めることで、腹部を前面にさらけ出すようになったからだ。腹部には大切な臓器が収まっているにも関わらず、胸郭でいうところの肋骨のようなプロテクターがない。だから、内臓を保護するクッションとしておなかに脂肪をつけたのである。脂肪があるかないかで、外から衝撃を受けたときのダメージが大きく異なるからだ。

 それは飢餓に苦しむ子どものお腹をみてもわかるだろう。彼らのお腹は脂肪ではないが、空気か水のどちからで膨らんでいる。お腹を守ろうとしているからだ。それほどお腹は守らなければならない部位なのである。

 では、どうすればお腹を凹ませることができるのだろうか。結論からいえば、お腹を凹ませるだけ。お腹を凹ませて筋肉をつけ、余分な脂肪がなくてもお腹を守れるようにすればいいのである。具体的な方法はこちら:

  1. 背筋を伸ばす
  2. 肩を後ろに引く
  3. お腹を凹ませる

 なんとなく背筋を伸ばすのではなく、これ以上は伸びないというところまで背筋を伸ばす。目線を最大限まで高くするイメージだ。このとき、あごを出さないように気をつけること。

 もし、背筋がうまく伸ばせないようなら、両手を組んで上に伸びをしてみよう。そして、上半身の伸びを維持したままで手を下す。そうすれば、綺麗に背筋が伸びているはずだ。

 背筋が伸びたのなら、次は両方の肩を軽く後ろに引こう。このとき、胸を大きく突き出したり、腰を反らせた姿勢にならないように気をつけること。また、肩が上にあがったり、思うように後ろに下げられないようなら、腕を後ろで組んで背中に皺を寄せる動きを練習しよう。凝り固まっている肩をほぐすのだ。

 そして最後に、お腹を凹ませる。このとき、肩を上げたり、息を止めたり、背中が丸まったりしないように気を付けよう。あくまでも、背筋を伸ばし、肩を軽く引いた状態を維持するのだ。

 あとは、普段からこの状態をキープして歩けるように訓練していこう。そうすれば、普通に歩くよりも、消費カロリーが20%程度アップする。お腹が凹むだけでなく、いわゆるダイエット効果も期待できるだろう。

 さて、私たちはどうしてもお腹から太ってしまう。それは人間として当たり前のことだ。それなのに、過剰な食事制限や運動をしても効果はあらわれにくい。脂肪をつけてお腹そのものを守ろうとしているからだ。だから、今回紹介した方法で、お腹を強くしていこう。余分な脂肪がなくてもお腹を守れるようにしていこう。そうすれば、楽しい食事と適度な運動をしながら痩せられるはずだ。

 関連記事

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

 努力していますか?  私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。  これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複 …

速読に必要なのはスキルよりも知識!?ゆっくり読んで身につける速読法

 速読していますか?  私は意識的に速読をしたことはありませんが、会社で「速読」のセミナーを受けたところ、かなりの速さで文章を読んでいることがわかりました。  30人ほどいる受講者のなかで一番はやく文章が読めただけでなく …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「表現力」の本質はシンプル/天才的なアーティストたちが大切にしてきたもの

 芸術でも、音楽でも、絵本でも、驚くような作品に出会うことがありますよね。  そんなとき、多くの人は人生が変わるほどの衝撃を受けますが、一方で作品そのものは、とてもシンプルであることが多いように思います。  なぜなら、シ …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …

失敗図鑑を読めばわかる!?失敗から成功を生み出せる人の特徴

 「失敗を恐れずに挑戦しよう!」ってよく言われますよね。  しかし、どれだけ失敗を繰り返しても成功にたどり着けない人がいます。反対に、どん底に落ちるような失敗をしても這い上がってくる人がいます。  この差は一体なんでしょ …