webstation plus

stomach_01

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能性がある。なぜなら、お腹はどうしても太りやすい部位だからだ。

 では、なぜ「お腹」は太りやすいのか。それは、人類の歴史を紐解いてみればわかるだろう。私たち人類の歴史のほとんどは飢餓との闘いだった。だから、人は進化の過程であえて体に脂肪を蓄える機能を備えたといわれている。溜めてもいい、溜めやすい部位に脂肪を蓄積することで人類は生き残ることができたのだ。その部位こそが「お腹」である。

 では、なぜお腹に脂肪を蓄積したのか。それは人類が二足歩行を始めることで、腹部を前面にさらけ出すようになったからだ。腹部には大切な臓器が収まっているにも関わらず、胸郭でいうところの肋骨のようなプロテクターがない。だから、内臓を保護するクッションとしておなかに脂肪をつけたのである。脂肪があるかないかで、外から衝撃を受けたときのダメージが大きく異なるからだ。

 それは飢餓に苦しむ子どものお腹をみてもわかるだろう。彼らのお腹は脂肪ではないが、空気か水のどちからで膨らんでいる。お腹を守ろうとしているからだ。それほどお腹は守らなければならない部位なのである。

 では、どうすればお腹を凹ませることができるのだろうか。結論からいえば、お腹を凹ませるだけ。お腹を凹ませて筋肉をつけ、余分な脂肪がなくてもお腹を守れるようにすればいいのである。具体的な方法はこちら:

  1. 背筋を伸ばす
  2. 肩を後ろに引く
  3. お腹を凹ませる

 なんとなく背筋を伸ばすのではなく、これ以上は伸びないというところまで背筋を伸ばす。目線を最大限まで高くするイメージだ。このとき、あごを出さないように気をつけること。

 もし、背筋がうまく伸ばせないようなら、両手を組んで上に伸びをしてみよう。そして、上半身の伸びを維持したままで手を下す。そうすれば、綺麗に背筋が伸びているはずだ。

 背筋が伸びたのなら、次は両方の肩を軽く後ろに引こう。このとき、胸を大きく突き出したり、腰を反らせた姿勢にならないように気をつけること。また、肩が上にあがったり、思うように後ろに下げられないようなら、腕を後ろで組んで背中に皺を寄せる動きを練習しよう。凝り固まっている肩をほぐすのだ。

 そして最後に、お腹を凹ませる。このとき、肩を上げたり、息を止めたり、背中が丸まったりしないように気を付けよう。あくまでも、背筋を伸ばし、肩を軽く引いた状態を維持するのだ。

 あとは、普段からこの状態をキープして歩けるように訓練していこう。そうすれば、普通に歩くよりも、消費カロリーが20%程度アップする。お腹が凹むだけでなく、いわゆるダイエット効果も期待できるだろう。

 さて、私たちはどうしてもお腹から太ってしまう。それは人間として当たり前のことだ。それなのに、過剰な食事制限や運動をしても効果はあらわれにくい。脂肪をつけてお腹そのものを守ろうとしているからだ。だから、今回紹介した方法で、お腹を強くしていこう。余分な脂肪がなくてもお腹を守れるようにしていこう。そうすれば、楽しい食事と適度な運動をしながら痩せられるはずだ。

 関連記事

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 新聞や雑誌、テレビなどをみていると、「どん底から這い上がって成功した人たちの物語」をみかけることがある。賞味期限切れの商品を恵んでもらったり、慈善者から食事を提供してもらなわなければ生きていけない日々から抜け出し、大金 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …