webstation plus

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)


 「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?

 そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感できる物語です。そして何よりも面白い。

 というわけで、今回は『雨の日も、晴れ男』を参考に、不幸な境遇でも幸せに生きる方法について紹介したいと思います。

 『雨の日も、晴れ男』ってどんな本?

 二人の幼い神さまがいたずらを始めました。そのいたずらの矛先になったのが、妻と子供を持つごく普通の男性・アレックス。

 神さまたちは、アレックスに次々と不幸な出来事を起こしていきます。目覚まし時計を止めたり、会社をクビにしたり、詐欺にあわせたり、家を燃やしたり、妻と子供を出て行かせたり…。

 それでもアレックスは人生を楽しもうと前を向いて歩み出しました。そんなアレックスの姿を見て、神さまたちは疑問に思います。なぜ、彼は不幸な境遇にもめげずに前向きに生きられるのかと。

 不幸な境遇でも幸せに生きる方法がわかる物語です。

 不幸な境遇でも幸せに生きる方法とは?

 結論から言えば、目の前にいる人を楽しませようとすることです。

 アレックスは仕事で大失敗をした時も、「無理と言ったら可能なことも不可能になります」と真剣に取り組む一方で、クライアントを楽しませようとふざけたことを始めました。

 会社をクビになった時も、「もし私が今の最悪の状況から抜け出し、職を失う前よりも多くの収入と幸せを手にしたら、その道のりを本にしよう」と決意し、目の前にいる誰かを笑わそうとします。

 家が火事になった時もそうです。子供とライオンごっこを始め、怖がらせずに子どもを避難させました。

 そして、人生の最後を迎える時も――。

 私たちはどうしても「自分」のことばかり考えてしまいがちです。だからこそ不幸な境遇に嘆くわけですが、そうではなく目の前にいる誰かを笑わそうとすること。

 そうすれば、ポジティブな感情が次々と浮かび、目の前の出来事を楽しむことができます。今、自分にできることに注力することができます。

 これがどんな境遇にあっても幸せに生きられる方法。あなたは誰かを笑顔にしようとしていますか?

 最後に

 今回は、『雨の日も、晴れ男』を参考に、不幸な境遇でも幸せに生きる方法について紹介してきました。

 もちろん実践するには、強さが必要です。他人にバカにされても、見下されても、前を向いて一歩を踏み出す勇気が必要です。

 しかし、その勇気さえ手に入れれば、どんな境遇にあっても幸せに生きることができます。つまり、環境は自分で変えられるということ。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

ハードワークとはがむしゃらに努力することじゃない/勝利の法則で結果を出そう

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。  しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。  では、本当のハ …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

頑張らないから上手くいく!?小さな習慣が大きな成果を生み出す理由

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、 ・お金持ちになりたい ・いい仕事をして成果を上げたい ・友人や家族に恵まれたい  などなど、今すぐ実現してほしいことが山ほど浮かんできます。 …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

人生100年時代を生き抜くための学習戦略

 100歳まで生きるのが当たり前の時代になると言われていますよね。そんな時代を生き抜くには、新しい知識や技術を学び続ける必要があります。  とはいえ、闇雲に学んでも疲れるだけ。どういう戦略で学んでいきましょうか。 &nb …