webstation plus

 『図書館内乱』の感想にも書きましたが、人間関係って難しいですよね。

 しかも、人間関係の悩みのほとんどは他人に原因があると考えがちですが、『自分の小さな箱から脱出する方法』によると、実は自分にあるそうです。

 「そんなわけあるか!」と言いたくもなりますが、自分の問題を他人のせいにして誤魔化しているんですよね。

 小さな箱=自分だけを特別扱いする世界

 たとえば、電車やバスの座席に座っているとき、隣の席に誰も座って欲しくないからといって、新聞を広げたりしていませんか。

 あるいは、子どもが夜泣きをしたので起きてあやそうとしたけれど、面倒になったのでパートナーが起きるのを待ったりしていませんか。

 それとも、仕事の期日が迫っているけれど、ちょっとくらい遅れても良いか…なんて後回しにしたりしていませんか。

 もしそうだとしたら、自分の小さな箱に入っている証拠。他人のためにやるべきことをやらず、自分を特別扱いしているからです。

 では、なぜこれが問題なのでしょうか。

 それは、こうした行動を取ると、自分を正当化するために、あらゆる現実を歪めて見るようになるからです。

 座席で新聞を広げている人は、他の人を自分と同じように「座りたい」というニーズを持った人間としてではなく、スペースを奪いにくる脅威だと思い、

 子どもをあやさない人は、自分のことは棚に上げて、すぐに子どもをあやさないパートナーを親として失格だと心の中で罵り、

 仕事を後回しにする人は、どれだけ自分が忙しいか、疲れているかを自分に言い聞かせて正当化するなど、とにかく現実を歪めて見てしまうからです。

 こうなると、どれだけ自分が悪くても、他の人が悪く見えて仕方ないんですよね。

 さらに、この状態が続くと、自分を正当化することが当たり前になってしまい、どこに行っても、誰と話しても、人を悪く言うようになります。

 それだけでなく…。

 他の人まで道連れにする

 たとえば、子どもが夜遊びをするようになったので、近所の人たちの目を気にして、厳しく叱ったり、口うるさくなったとしましょう。

 すると、子どもは、親が口うるさいからと言って、余計に夜遊びをするようになります。

 そうなると、親はより口うるさくなり、子どもはより夜遊びをするようになるんですよね。

 つまり、お互いが自分の嫌がることをするように仕向けているのです。

 子どもが夜遊びをせずに家にいても、「今日は珍しく家にいるのね」なんて嫌味を言って、夜遊びするように仕向けたりします。

 このように、本来の目的を忘れて、自分を正当化することに全力を注ぐと、自分だけでなく、他人までも不幸に道連れにします。なんだか悲しいですよね。

 では、どうすれば、このような悲しい状態から抜け出せるのでしょうか。

 相手のために何ができるのか?と考えよう

 それは、相手を恨んだり責めたりするのをやめ、相手に関心を持とうとすること、つまり、相手のために何かしたいと思えば、箱から抜け出せます。

 先ほども書いたように、誰かを非難している限り箱から抜け出せません。それだけでなく、相手まで不幸にしてしまいます。

 だからこそ、他の人も自分と同じニーズを持った人間なんだという視点を持って、人と接していきましょう。

 そうすれば、人間関係の多くの悩みが解決できるはずです。

 関連記事

「もう諦めよう…」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学ぼう

 新しいことに挑戦しようと決意しても、すぐに諦めていませんか?  もしそうだとしたら、スポーツ選手の名言に触れてみるのも良いかもしれません。諦めたくなる「弱い心」を打ち破るきっかけになるからです。  一流のスポーツ選手っ …

幸せになりたいなら今すぐやるべき3つのこと

(※『四つ話のクローバー』表紙より)  幸せになりたいと思っていませんか?  しかし、どれだけ幸せになりたいと願っても、今のままでは幸せになれません。幸せになれる人は、今この瞬間も幸せを感じているからです。  では、どう …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

「自分らしく生きたい」と思っているなら絶対に鍛えておきたい能力

 「自分らしく生きたい」と思っても、まわりに振り回されてばかり…なんてことありませんか。  実は、その要因のひとつに「直観力」が鍛えられていないことが挙げられます。  私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」に至るまで、さま …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …