映画『ライオン・キング』は親子の絆を信じて成長していく子ライオンの物語

おすすめ映画

ディズニー好きの私ですが、ディズニー映画『ライオン・キング』は、それほど面白くないだろうと思ってこれまで観ていませんでした。

ところが、実際に観てみると、想像以上の面白さだったんですよね。

ストーリーとしてはよくあるパターンですが、最後までドキドキしながら楽しめました。

スポンサーリンク

動物国の次期王様として生まれたシンバ

物語の舞台は、動物たちの王国プライド・ランド。

この国の王であるライオン・ムファサの息子として生まれたのがシンバでした。

しかし、シンバが次の王になることに腹を立てていたライオンがいました。ムファサの弟であるスカーです。

そこでスカーは、シンバを殺そうとあれこれ画策します。

シンバをハイエナたちの住処である「ゾウの墓場」に行くように仕向けたり、荒野に呼び出してヌーの群れの暴走に巻き込まれるように仕向けたりと、悪知恵を働かせます。

こうして、スカーは、王であり、兄でもあるムファサを殺しました。

しかも、ムファサが死んだのは自分のせいだとシンバに思い込ませて、シンバまで殺そうとするんですよね。

しかし、シンバはなんとか追手のハイエナたちから逃れて、国外へと旅立ちました。

スポンサーリンク

二匹の動物たちと仲良く暮らすシンバ

父が殺され、一人で生きていくことを余儀なくされたシンバでしたが、二匹の動物たちが彼を助けてくれます。

ミーアキャットのティモンとイボイノシシのブンファです。

彼らは「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」を合言葉に仲良く暮らし、シンバは立派なオスライオンへと成長しました。

しかし、シンバは自分が父を殺したと今でも思い込んでおり、心の傷がまったく癒えていませんでした。

一方、王国プライド・ランドはスカーの支配によって荒廃していました。

そこで、シンバの幼なじみであるナラが助けを求めて国外に出たところ、偶然シンバに出会います。

ナラは驚き、シンバに助けを求めますが、シンバは自分にはその資格はないと言って断りました。

ところが、ある出来事がキッカケで…。

スポンサーリンク

父の死を乗り越えて強くなる息子の物語

この続きは実際に観てもらうとして、映画『ライオンキング』は、肉体的にも精神的にも弱かったシンバが、父の死を乗り越えて強くなっていく物語です。

特に、口先だけで多くの動物たちを騙してきたスカーとの対決は、観ていてドキドキが止まりませんでした。

とにかく、『ライオン・キング』は親子の絆や子供の成長物語、勧善懲悪ものとしても楽しめるので、気になった方は、ぜひ観てください。

おすすめ度:4.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました