webstation plus

(※『3月のライオン 1』表紙より)


 ヤングアニマルで連載中の漫画『3月のライオン』。将棋を舞台に、自分の課題に真正面から取り組む登場人物たちに心動かされること間違いなしの漫画です。

 今回は『3月のライオン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『3月のライオン』のあらすじとおすすめポイント

自分の居場所を見つけるために将棋を指す桐山零

 将棋のプロ棋士として活躍する17歳の桐山零。

 彼は幼い頃からいじめられっ子で、友人が一人もできませんでした。そこで彼は、忙しい父との時間を大切にするため、苦手な将棋に向かいます。ところが――。

 ある日。零が遠足から帰ると、父と母と妹が亡くなっていました。飲酒運転の巻き添えにあったのです。こうして零は唯一の楽しみであった父との時間さえ奪われました。

 施設に預けられそうになった零。しかし、そんな零を引き取る人物が現れます。父の友人でプロ棋士として活躍する幸田でした。

 しかし、これがキッカケで零にさらなる悲劇が訪れる!?

(※『3月のライオン 1』より)


 零の姿を通して、誰もが「自分の居場所」を求めて行動している事実に気づけます。そして、誰よりも必死になって自分の居場所を追い求める零の姿に、心揺さぶられること間違いなし!?

家族の温もりを教えてくれる三姉妹

 プロ棋士になり、一人暮らしを始めた零。しかし、相変わらず友人はできず、そればかりか先輩に無理やりお酒を飲まされ、道端に置き捨てられることさえありました。

 そんな彼を介抱してくれたのが、見ず知らずのホステス・あかり。その日から零はあかりに誘われ、度々、家にお邪魔するようになります。

 あかりの家には、中学生のひな、幼稚園児のモモがいましたが、両親はいませんでした。姉のあかりとおじいちゃんが彼女たちを養っていたのです。

(※『3月のライオン 1』より)


 そんな三姉妹に家族の温もりを教わった零は、彼女たちに恩返しをしようと頑張ります。恋愛やいじめ、受験勉強など、三姉妹が抱える悩みに立ち向かう!?

 彼女たちの姿を通して、家族というのは支え合ってはじめて成り立つものだということに改めて気づかされました。裕福でなくても、温かな家庭を築いていきたいと思えます。

命を削って将棋を指すプロ棋士たち

 自称・零のライバル二階堂は、何かにつけて零に絡んできますが、それは子どもの頃に対戦した零に恩を感じているからでした。

 実は病気持ちの二階堂。しかし、彼はそんな素振りを見せずに全身全霊で将棋と向き合います。

 もちろん、彼だけではありません。二階堂の師匠である島田も、圧倒的な強さを誇る宗谷も、誰もが自分の課題に真正面から向き合っています。それはなぜか。

(※『3月のライオン 1』より)


 ピンチが訪れたときに必要なのは、自分を信じる力ですよね。しかしこのとき、自分のなかに「逃げたり」「サボったり」した記憶があると、自分を信じられなくなります。だからこそ、彼らは自分の課題に真正面から立ち向かっているのです。

 読み進めていくうちに勇気が湧いて来る物語です。

 最後に

 『3月のライオン』は、自分の悩みに真正面から立ち向かう登場人物に心動かされる漫画です。

 基本的には切なくて、悲しくて、心苦しくなる物語が多いのですが、読み進めていくうちに温かな気持ちになったり、勇気が湧いてきたりと不思議な気持ちになる漫画。

 興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説

『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とは一味違う短編小説 (※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでの伊坂さんの作品とは少し異なり、読者の好みよりも、伊坂さんのチャレンジ …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが1巻から93巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全287話の中からぜひ読んで欲しいおすすめ …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …