webstation plus

 自分の命と向き合っていますか?

 私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。

 人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力の方が、よっぽど大切なんですよね。

 両親を亡くし生きる希望を失った主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は青山霜介。彼は高校生のときに両親を交通事故で失い、生きる意味を見失いました。

 それから彼はあまりご飯を食べなくなり、高校に通うこともやめて、実家の白い壁をずっと眺めるようになります。

 彼が安げる場所は両親との思い出が詰まった実家だけだったのです。

 とはいえ、霜介の叔父さんは彼のことを大切にしようとしてくれていました。霜介にそのメッセージを受け取る力がなかったのです。

 しかし、そんな彼に驚くような出来事が起こります。アルバイト先で知り合った老人が、水墨画の巨匠・篠田湖山で、霜介を内弟子にすると言い出したのです。

 霜介の水墨画を見る目に才能を見出したからですが、彼にとってはさらに驚きの出来事が起こります。湖山先生の孫である千瑛と一年後に勝負することになったのです。

 芸術にまったく興味がなかった霜介は戸惑いますが、流れにしたがって湖山先生の弟子になりました。そして一年後…。

 芸術には技術以上に大切なものがある

 という物語なのですが、霜介は湖山先生に水墨画を教えてもらうようになって、気づいたことがありました。

 それはどれだけ技術的に優れている絵でも、それだけでは感動できないということです。

 湖山先生の弟子に斉藤さんという技術的に秀でた絵師がいました。彼の描く絵はどれもCGのように素晴らしい出来でしたが、心には響きませんでした。

 反対にもう一人の弟子である西濱さんの描く絵には、技術ではない、美でもない、心に響くものがありました。

 湖山先生は、このことを「現象とは、外側にしかないものなのか?心の内側にはないのか?」と、表現します。

 自分の命を絵を通して表現してみせろというんですよね。

 これを聞いた霜介は自分の生命を水墨画で表現したいと思うようになります。これまで無気力だった自分から一歩前に進もうとするんですよね。

 そんな物語を読んでいると…。

 芸術とは命を表現するもの

 自分も今いる場所から一歩踏み出して、自分の生命を表現できるようになりたいって思えてきます。

 というわけで、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』は、技術よりも生命を磨くことが大切だと思える物語ですが、

 それだけではなく、霜介の成長を描いた青春小説としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想/嫁姑問題を解消するには自分をさらけ出して向き合うしかない!?

 嫁姑問題って大変ですよね。  私も結婚してしばらくは毎日泣きそうになりながら嫁姑問題と向き合っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『シーソーモンスター』を読んで、それらの日々が懐かしく思い出されました。  どれだけ努力を …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

米澤穂信『いまさら翼と言われても』感想/良い人との出会いがその後の人生を大きく変える

 人に恵まれていますか?  私は人に恵まれてきたおかげで今の自分がありますが、米澤穂信さんの小説『いまさら翼と言われても』を読んで、良い人に巡り合えるかどうかでその後の人生が大きく変わることに気づきました。  どれだけ善 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …