『数学する人生』感想/数学者がたどり着いた幸せに生きる方法とは?

科学・テクノロジー

 数学者というと堅いイメージがありますよね。世間で騒がれているような些細なことに興味がなく、数学と向き合う日々を過ごしているイメージがあります。

 しかし、そんな数学者だからこそ、私たち凡人とは違う視点で「生き方」について考えられるんですよね。

 『数学する人生』は、数学者である岡潔さんの考えがギッシリ詰まった本。数学の本ではなく、人生哲学について書かれているので、数学が苦手な人にもおすすめです。




スポンサーリンク

 日本人がダメになったのは西洋文化を「中心」に置いたから

 「生きがいが感じられない…」と思うことありませんか?

 実は、その要因のひとつに西洋文化を「中心」に置いたことが挙げられます。

 人は本来、物質的自然の中に住んでいるのではなく、魚が水の中に住んでいるように、心の中に住んでいます。

 ところが、日本は終戦後にアメリカから唯物主義と個人主義を取り入れ、その考えを中心に起きました。

 その結果、多くの人が、本当はわかっていない「自分」や「自然」について、勝手に「こうだ!」と決めつけ、その決めつけたイメージと現実とのギャップに苦しむことになったんですよね。

 たとえば、お金。私も含めて多くの人がお金があれば幸せになれると信じて、今も必死に働いています。しかし、本当にそうなのでしょうか。

 学問でも同じことが起きています。西洋の学問や思想は、「時間」や「空間」がある前提で考えはじめます。

 しかし、「時間」「空間」というものが本当にあるのか?その本体は何か?と言うことは決して考えようとしませんでした。

 その代わり、時間と空間という枠の中で、五感でわかるものだけがあり、わからないものはないと決めたのです。

 ところが、科学的に調べてみると、不安定な素粒子というものが出てきました。こうして、物質の世界が独立して存在するはずだという大前提が覆されてしまったんですよね。

 それにも関わらず…。

スポンサーリンク

 科学では説明しきれない世界を無視している

 今でも多くの科学者が「科学」では説明しきれない世界を無視しています。

 たとえば、小川のせせらぎ。小川は実にきれいにせせらぎますね。

 小川のせせらぎは、重力とその他二、三の法則によってそうなるのですが、法則からせせらぎを生みだすには、各瞬間、各水滴が、それぞれの情勢に応じてどちらの方向へどれくらいの速さで流れたらよいかをすぐに判断し、その通りに動く必要があります。

 つまり、物質には「ラプラスの方程式」よりもっと難しい数式をただちに解いてしまうような知力があると思うほかないんですよね。

 このことを、西洋人たちは「ラプラスの魔」と呼びました。微分方程式を瞬間に解く知力を持っている魔物がいるとすれば、自然はこれでみな説明がつくと考えたのです。

 ところが、「ラプラスの魔」について説明ができそうにないとなると、すぐにその方面への関心は薄れ、忘れさられてしまいました。

 その結果、また五感で感じられる世界に閉じこもることになったのです。

スポンサーリンク

 宗教的な考えを取り入れて視野を広く持とう

 自然科学は非常に価値ある、重要な二つの結論を導き出しています。

 まず第一に、不安定な素粒子の発見によって、五感ではわからないものがあるということを示しました。

 第二に、五感でわかるものだけを丁寧に調べても、いつまで経っても生命現象は解明できないことを実証しました。

 「人は一日をどう暮らせばよいのか?」という疑問も、生命現象の問題です。五感でわかるものだけを調べても、わかるはずがありません。

 では、どうすれば理解できるようになるのでしょうか?

 それには、たとえば仏教の高僧に働いたような大智力がいります。

 つまり、充実した人生を過ごすには、宗教のいう基本的なことは取り入れて、その上で、あとは自分の目で見て、自分の頭で考えて行動していくしかないんですよね。

 ところが、多くの日本人がこうした宗教的な考えを強く否定しています。その結果、幸せをあまり感じられなくなったのではないでしょうか。

 最後に

 岡潔さんの考えがギッシリ詰まった本『数学する人生』は、今、あまり幸せを感じられていない人に、ぜひ読んで欲しい本です。

 宗教的な考えを否定する人が増えている日本にあって、五感にだけ頼って生きていくことがどれだけ心許ないことなのかを教えてくれます。

 それだけでなく、学び続けないと人生というものはツマラナイものになるのだと気づかせてくれます。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました