webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を再読しました。

 タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語。テーマも「魔女狩りが今再び起こったら?」なので重いのですが、登場人物たちの気軽なセリフのおかげでスラスラ読めました。

 というわけで、今回は『火星に住むつもりかい?』の感想とおすすめポイントを紹介していきます。

 『火星に住むつもりかい?』のあらすじ

 中世の魔女狩りが現代で再現!?

 ある人物が死亡したことをきっかけに、平和警察という名の怖ろしい組織が立ち上がります。

 彼らは、無実の人たちを次々と拷問し、公開処刑に。さらに、一般市民も彼らに加担。互いに監視し合い、密告する――そんな怖ろしい社会が出来上がります。

 そんな中、平和警察にひとりで立ち向かう男が現れる!?彼は一体何者なのか…。

 怖ろしすぎる平和警察

 「趣味は拷問です!」と答えそうな人間ばかりを集めたのが平和警察です。

 そのため、善良な人でも「悪いことを企んでいました…」と答えざるを得ない拷問メニューが用意されています。

 たとえば、ターゲットとなる人物を小さな部屋に閉じ込め、エアコンの温度を極端に下げて放置する、硫酸を子どもにかけるぞと脅す、3分以上鉄棒にぶら下がることができれば解放すると言って出来もしないことに必死になっている姿を楽しむ…など、本当に極悪。

 こうして多くの善良な人たちが自白を強要され、無実の罪で公開処刑されていきます。読んでいて怒りが湧き上がってきますが、中世の魔女狩りではこのような理不尽がまかり通っていたのだとか。

 人間の残酷な部分を目の当たりにさせられます。

 登場人物たちの軽快なセリフ

 そんな怖ろしい物語ですが、ユーモア溢れるセリフの数々が。

 たとえば、タイトルもそのひとつ。平和警察の人間が拷問している人間に向かって次のようなセリフを言います。

 田原さんがどう考えようと、今のこの社会を生きていくしかないよね。ルールを守って、正しく。気に入らないなら、国を出ればいい。ただ、どの国もこの社会の延長線上にある。日本より医療が発達していない国もある。薬もなければ、エアコンもない。マラリアに怯えてばかりの国だってある。この国より幸せだと言えるのかな。それとも、いっそうのこと火星にでも住むつもり?

 他にも:

「出し忘れたゴミは、別のゴミの日にどさくさに紛れて捨ててしまえばいいんです。平和警察のよくやる手じゃないですか。拷問で誤まって殺してしまった人物は、それらしい事故や災害の死体に紛れ込ませる。死体を保管しておくための、大型の冷凍室があるとかないとか」

 もうひとつ:

「『ヒーローは、目につく不幸な人間を、全員、救わなくちゃいけないのか』って問題です」
(中略)
「あっちの人は助けるけれど、こっちの人は見捨てる、とはなかなか割り切れないものですから。いや、もちろん割り切れる人間も多いですが、そういった人間はそもそも、人を助けようとはしないタイプです。とにかく、人を無償で助けようなんて人間はお人好しですから、悩むわけで。Aさんは助けて、Bさんは助けなくていいのか? かといって、みなを助けることはできないぞ、と。僕からすると無意味な悩み事にしか思えませんが、悩む人は悩むんですよ。いい人ほど苦労する世の中ですからね。そういう意味では、薬師寺さんや僕らは苦労知らずですね」

 このようなユーモアあふれるセリフのおかげで暗い物語に面白みが。読みながらにやけてしまいます。

 平和警察にひとりで立ち向かう謎だらけのヒーロー

 この物語の最大の謎が、平和警察にひとりで立ち向かうヒーロー。

 「平和警察に立ち向かうヒーローは誰なのか?」「何のために闘っているのか?」「なぜ、ひとりで平和警察と互角以上に闘えるのか?」など、多くの謎が盛りだくさん。

 最後には全て回収されるので読み終えたときにはスッキリする小説です。

 最後に

 今回紹介してきたように、ダークな物語を登場人物たちの軽快なセリフで読みやすくし、ちりばめられた謎の答えが知りたくて一気読みしてしまう小説です。興味がある方は是非!

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …