webstation plus

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。

 タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで気軽に読めること間違いなし!?

 今回は『火星に住むつもりかい?』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『火星に住むつもりかい?』のあらすじ

 中世の魔女狩りが現代で再現!?

 ある人物の死をきっかけに、平和警察という名の怖ろしい組織が誕生します。彼らは、無実の人たちを次々と犯罪者に仕立て上げ、拷問し、公開処刑に。

 さらに、一般市民も平和警察に加担。互いに監視し合い密告する。そんな怖ろしい社会が出来上がります。

 そんな中、平和警察にひとりで立ち向かう男性が現れます。彼は一体何者なのか!?

 怖ろしすぎる平和警察

 趣味は拷問――そんな人間ばかりを集めたのが平和警察です。そのため、善良な人でも「悪いことを企んでいました」と答えざるを得ない拷問メニューが多数用意されています。

 たとえば、ターゲットとなる人物を小さな部屋に閉じ込め、エアコンの温度を極端に下げて放置、子どもに硫酸をかけるぞと脅迫、3分以上鉄棒にぶら下がることができれば解放するといって必死になっている老人の姿を楽しむ…など、本当に極悪。

 こうして多くの善良な人たちが自白を強要され、無実の罪で公開処刑されます。読めば怒りが湧き上がってきますが、中世の魔女狩りでは現実としてこのような理不尽がまかり通っていたのだとか。

 人間の残酷な部分を目の当たりにさせられる物語です。

 登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで和やかに!?

 このような怖ろしい物語でもありますが、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで和やかな雰囲気に。

 たとえば、タイトルもそのひとつ。

田原さんがどう考えようと、今のこの社会を生きていくしかないよね。ルールを守って、正しく。気に入らないなら、国を出ればいい。ただ、どの国もこの社会の延長線上にある。日本より医療が発達していない国もある。薬もなければ、エアコンもない。マラリアに怯えてばかりの国だってある。この国より幸せだと言えるのかな。それとも、いっそうのこと火星にでも住むつもり?

 他にも、

「出し忘れたゴミは、別のゴミの日にどさくさに紛れて捨ててしまえばいいんです。平和警察のよくやる手じゃないですか。拷問で誤まって殺してしまった人物は、それらしい事故や災害の死体に紛れ込ませる。死体を保管しておくための、大型の冷凍室があるとかないとか」

 さらに、もうひとつ。

「『ヒーローは、目につく不幸な人間を、全員、救わなくちゃいけないのか』って問題です」
(中略)
「あっちの人は助けるけれど、こっちの人は見捨てる、とはなかなか割り切れないものですから。いや、もちろん割り切れる人間も多いですが、そういった人間はそもそも、人を助けようとはしないタイプです。とにかく、人を無償で助けようなんて人間はお人好しですから、悩むわけで。Aさんは助けて、Bさんは助けなくていいのか? かといって、みなを助けることはできないぞ、と。僕からすると無意味な悩み事にしか思えませんが、悩む人は悩むんですよ。いい人ほど苦労する世の中ですからね。そういう意味では、薬師寺さんや僕らは苦労知らずですね」

 読みながらにやけてしまうこと間違いなし!?

 平和警察にひとりで立ち向かう謎だらけのヒーロー!?

 この物語の最大の謎は、平和警察にひとりで立ち向かうヒーローの存在です。

 「平和警察に立ち向かうヒーローは誰なのか?」「何のために闘っているのか?」「なぜ、ひとりで平和警察と互角に闘えるのか?」など、謎だらけ。

 最後には謎が全て回収されるのでスッキリする小説です。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語ですが、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで気軽に読めること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …