webstation plus

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。

 とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。

 魔女狩りという怖ろしいシステムが存在していた

 中世では医学が未発達だったので、出産の際に赤ん坊が死亡するケースが少なくありませんでした。その際に、取り上げた人物、つまりは産婆や助産師たちに責任があると考え、「産婆は魔女だ。だから赤ん坊を食べてしまった!」という理由で非難され、罰せられたそうです。

 しかし、産婆でなくても誰でも良かったんですよね。農作物が不作になったり、災害があれば、それに対する恐怖や苛立ちをぶつける相手が欲しかった。こうして魔女狩りが広がっていったのです。

 魔女の見分け方を書いたガイドブックも出版されたそうです。そこには、

その人間を水に沈めるんだ。浮かんでくれば魔女、だとかな。魔女でないことを証明するには、浮かんできてはいけない。ようするに、死なない限りは無実が証明できないわけだ。全部が全部、そういう理屈らしい。魔女であることを白状するまでは、拷問される。拷問に耐えきれず、『魔女です』と言えば、処刑されるし、最後まで認めなかったとしても、拷問で死ぬ。耐えきれずに自殺をしたところで、『魔女は、自殺を選ぶものだ』と言われておしまいだ。

 そんな内容が書かれていたそうです。恐ろしいですよね。

 とはいえ、このような迫害は過去の話ではありません。現代でも起こっていますよね。たとえば…。

 現代でも行われている魔女狩り

 リストラ。仕事ができない人をクビにしていると建前上は言いますが、仕事の大半は代わりがきくものばかりなので、誰が辞めても大差ありません。ほんと魔女狩りのシステムとよく似ています。

 実際、対象者に選ばれた社員は何をどう訴えても退職するしかありません。必死になって会社に残れたとしても、嫌がらせを受けるからです。

 いじめも同じですよね。よくわからない理由で始まり、エスカレートしていくと、自殺をするまで追い詰める…ほんと魔女狩りそっくりです。

 では、なぜこのような悲劇が起こるのでしょうか。それは上に立つ、力ある人間に能力がないからです。

指導者が国民を一つにまとめるのに必要なのは、分かりやすい敵を見つけること。誰でもいいんだ。みなが、欲求不満をぶつけることができる標的ならば。さらには、自分はああなりたくない、と萎縮することになるのなら、最適だ。人間を統率する効果的なやり方は、誰かをこっぴどく痛めつけて、他の人間を萎縮させることだ。

 だからこそ、どこかの社長やいじめっ子たちは、リストラやいじめをしているんですね。そうすることで自分の身を守っているのです。もちろん、その流れに便乗して、弱者を攻撃している人たちも同じです。

 だからと言って、そんな人たちを追い詰めるのが正義かと言えば…。

 正義なんて存在しない?

「ほら、映画とかでね、主人公が敵を倒すだろう。倒すだけじゃなく、命を奪ってね」「で、最後、命からがら主人公は生き残って、めでたしめでたし、となるけれど、僕からすれば主人公もね、さんざん人を殺しているんだから、そんなに能天気に終わられても違和感があるんだ」
「敵にしても、ボスはまだしも手下たちは、ただ真面目に働いていただけかもしれない」ようするに、戦国武将がさんざん、ほかの軍の兵士を殺害して、高笑いするのと同じようなものだなってこと。

 と、単純に人間を正義と悪に二分するのは難しいと思います。リストラを推進する社長やいじめを始めた人間は叩き潰す必要があるのでしょうが、それに便乗した人たちを善悪で論じるのは難しいですよね。

 つまり、どんな人間でも正義にもなれば悪にもなるということ。もっと言えば、まるで自分が正義かのように極論を叫ぶ人には騙されてはいけないということです。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …