webstation plus

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。

 とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。

 魔女狩りという怖ろしいシステムが存在していた

 中世では医学が未発達だったので、出産の際に赤ん坊が死亡するケースが少なくありませんでした。その際に、取り上げた人物、つまりは産婆や助産師たちに責任があると考え、「産婆は魔女だ。だから赤ん坊を食べてしまった!」という理由で非難され、罰せられたそうです。

 しかし、産婆でなくても誰でも良かったんですよね。農作物が不作になったり、災害があれば、それに対する恐怖や苛立ちをぶつける相手が欲しかった。こうして魔女狩りが広がっていったのです。

 魔女の見分け方を書いたガイドブックも出版されたそうです。そこには、

その人間を水に沈めるんだ。浮かんでくれば魔女、だとかな。魔女でないことを証明するには、浮かんできてはいけない。ようするに、死なない限りは無実が証明できないわけだ。全部が全部、そういう理屈らしい。魔女であることを白状するまでは、拷問される。拷問に耐えきれず、『魔女です』と言えば、処刑されるし、最後まで認めなかったとしても、拷問で死ぬ。耐えきれずに自殺をしたところで、『魔女は、自殺を選ぶものだ』と言われておしまいだ。

 そんな内容が書かれていたそうです。恐ろしいですよね。

 とはいえ、このような迫害は過去の話ではありません。現代でも起こっていますよね。たとえば…。

 現代でも行われている魔女狩り

 リストラ。仕事ができない人をクビにしていると建前上は言いますが、仕事の大半は代わりがきくものばかりなので、誰が辞めても大差ありません。ほんと魔女狩りのシステムとよく似ています。

 実際、対象者に選ばれた社員は何をどう訴えても退職するしかありません。必死になって会社に残れたとしても、嫌がらせを受けるからです。

 いじめも同じですよね。よくわからない理由で始まり、エスカレートしていくと、自殺をするまで追い詰める…ほんと魔女狩りそっくりです。

 では、なぜこのような悲劇が起こるのでしょうか。それは上に立つ、力ある人間に能力がないからです。

指導者が国民を一つにまとめるのに必要なのは、分かりやすい敵を見つけること。誰でもいいんだ。みなが、欲求不満をぶつけることができる標的ならば。さらには、自分はああなりたくない、と萎縮することになるのなら、最適だ。人間を統率する効果的なやり方は、誰かをこっぴどく痛めつけて、他の人間を萎縮させることだ。

 だからこそ、どこかの社長やいじめっ子たちは、リストラやいじめをしているんですね。そうすることで自分の身を守っているのです。もちろん、その流れに便乗して、弱者を攻撃している人たちも同じです。

 だからと言って、そんな人たちを追い詰めるのが正義かと言えば…。

 正義なんて存在しない?

「ほら、映画とかでね、主人公が敵を倒すだろう。倒すだけじゃなく、命を奪ってね」「で、最後、命からがら主人公は生き残って、めでたしめでたし、となるけれど、僕からすれば主人公もね、さんざん人を殺しているんだから、そんなに能天気に終わられても違和感があるんだ」
「敵にしても、ボスはまだしも手下たちは、ただ真面目に働いていただけかもしれない」ようするに、戦国武将がさんざん、ほかの軍の兵士を殺害して、高笑いするのと同じようなものだなってこと。

 と、単純に人間を正義と悪に二分するのは難しいと思います。リストラを推進する社長やいじめを始めた人間は叩き潰す必要があるのでしょうが、それに便乗した人たちを善悪で論じるのは難しいですよね。

 つまり、どんな人間でも正義にもなれば悪にもなるということ。もっと言えば、まるで自分が正義かのように極論を叫ぶ人には騙されてはいけないということです。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …