webstation plus

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。

 とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。

 魔女狩りという怖ろしいシステムが存在していた

 中世では医学が未発達だったので、出産の際に赤ん坊が死亡するケースが少なくありませんでした。その際に、取り上げた人物、つまりは産婆や助産師たちに責任があると考え、「産婆は魔女だ。だから赤ん坊を食べてしまった!」という理由で非難され、罰せられたそうです。

 しかし、産婆でなくても誰でも良かったんですよね。農作物が不作になったり、災害があれば、それに対する恐怖や苛立ちをぶつける相手が欲しかった。こうして魔女狩りが広がっていったのです。

 魔女の見分け方を書いたガイドブックも出版されたそうです。そこには、

その人間を水に沈めるんだ。浮かんでくれば魔女、だとかな。魔女でないことを証明するには、浮かんできてはいけない。ようするに、死なない限りは無実が証明できないわけだ。全部が全部、そういう理屈らしい。魔女であることを白状するまでは、拷問される。拷問に耐えきれず、『魔女です』と言えば、処刑されるし、最後まで認めなかったとしても、拷問で死ぬ。耐えきれずに自殺をしたところで、『魔女は、自殺を選ぶものだ』と言われておしまいだ。

 そんな内容が書かれていたそうです。恐ろしいですよね。

 とはいえ、このような迫害は過去の話ではありません。現代でも起こっていますよね。たとえば…。

 現代でも行われている魔女狩り

 リストラ。仕事ができない人をクビにしていると建前上は言いますが、仕事の大半は代わりがきくものばかりなので、誰が辞めても大差ありません。ほんと魔女狩りのシステムとよく似ています。

 実際、対象者に選ばれた社員は何をどう訴えても退職するしかありません。必死になって会社に残れたとしても、嫌がらせを受けるからです。

 いじめも同じですよね。よくわからない理由で始まり、エスカレートしていくと、自殺をするまで追い詰める…ほんと魔女狩りそっくりです。

 では、なぜこのような悲劇が起こるのでしょうか。それは上に立つ、力ある人間に能力がないからです。

指導者が国民を一つにまとめるのに必要なのは、分かりやすい敵を見つけること。誰でもいいんだ。みなが、欲求不満をぶつけることができる標的ならば。さらには、自分はああなりたくない、と萎縮することになるのなら、最適だ。人間を統率する効果的なやり方は、誰かをこっぴどく痛めつけて、他の人間を萎縮させることだ。

 だからこそ、どこかの社長やいじめっ子たちは、リストラやいじめをしているんですね。そうすることで自分の身を守っているのです。もちろん、その流れに便乗して、弱者を攻撃している人たちも同じです。

 だからと言って、そんな人たちを追い詰めるのが正義かと言えば…。

 正義なんて存在しない?

「ほら、映画とかでね、主人公が敵を倒すだろう。倒すだけじゃなく、命を奪ってね」「で、最後、命からがら主人公は生き残って、めでたしめでたし、となるけれど、僕からすれば主人公もね、さんざん人を殺しているんだから、そんなに能天気に終わられても違和感があるんだ」
「敵にしても、ボスはまだしも手下たちは、ただ真面目に働いていただけかもしれない」ようするに、戦国武将がさんざん、ほかの軍の兵士を殺害して、高笑いするのと同じようなものだなってこと。

 と、単純に人間を正義と悪に二分するのは難しいと思います。リストラを推進する社長やいじめを始めた人間は叩き潰す必要があるのでしょうが、それに便乗した人たちを善悪で論じるのは難しいですよね。

 つまり、どんな人間でも正義にもなれば悪にもなるということ。もっと言えば、まるで自分が正義かのように極論を叫ぶ人には騙されてはいけないということです。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、いろいろ考えさせられる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

人間の最大の武器は信頼と習慣/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

身近な人ほど人間関係は難しい/有川浩『図書館内乱』感想

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …