webstation plus

mars_01

 私たちが住む世界には「理不尽」があふれている。たとえば、リストラがそう。どれだけ会社のために尽くして働いてきたとしても、対象に選ばれた社員は、結局、退職するしかない。何をどう訴えてもだ。もし仮に必死になって訴えた結果、会社に残ることができたとしても、嫌がらせを受けることになる。そうまでして会社に残る意味はあるのだろうか。

 15世紀頃からヨーロッパで広まった「魔女狩り」も、根本的にはリストラと同じ。中世では医学も未発達であったため、出産の際に赤ん坊が死亡するケースが少なくなかった。その際に、取り上げた人物、すなわち産婆や助産師たちに責任があると考えられることが多かったようだ。「産婆は魔女だ。だから、赤ん坊を食べてしまった!」といった「はちゃめちゃな理由」によって、非難され、結果、罰せられたのだという。

 魔女かどうかを見極めるためのガイドブック『魔女への鉄槌』も出版された。そのガイドブックによると、人間を水に沈めれば魔女かどうかがわかるという。沈めたあとに浮かんでくれば魔女だというのである。だから、魔女と疑われた人たちは水に沈められたのだが、魔女でないことを証明するには、浮かんではいけない。ようするに、死なない限り無実が証明できないわけだ。

 こうして、魔女と疑われた人たちは魔女であることを白状するまで拷問された。拷問に耐え切れずに「魔女です」といえば処刑されるし、最後まで認めなかったとしても、拷問で死ぬ。耐え切れずに自殺をしたところで、「魔女は自殺を選ぶものだ」といわれておしまい。そう、この世界は理不尽であふれているのである。

 小説『火星に住むつもりかい?』でも、魔女狩りよろしく理不尽な世界が描かれている。平和警察という名ばかりの公的機関が、町中にカメラを取り付けて人々を監視し、危険人物だと判断した人たちを見せしめのために拷問、そして公開処刑する。そんな世界だ。もちろん、処刑された人たちのなかに、罪を犯した人などほとんどいない。犯罪が起きないようにするために犯罪をでっちあげ、恐怖によって犯罪を減らそうとする矛盾した社会。まるで核抑止論のように――。

 もちろん、平和警察のやり方に憤りを感じ、世の中を正そうと考える人たちも大勢いる。しかし、実際に行動を起こす人は少ない。なぜなら、自分が巻き添えを食らうのはイヤだからだ。さらに残念なことに、行動を起こさない人たちの多くは自分を正当化するために、本気で世の中を正そうとしている人たちを批判する。「ヒーローといえども、目につく不幸な人間を全員救えるわけじゃない。結局、偽善者じゃないか」――と。

 ペットボトルのリサイクルをしている人たちを「偽善者」だと決めつけるのも同じ理由だろう。ペットボトルをリサイクルするには、あたらしく作るよりも4倍の石油が必要になる。資源の節約どころか浪費になってしまう。だから、ペットボトルのリサイクルをしている人たちを「偽善者だ」と批判するのである。

 ところが、こうした批判をする人に限って、何もしていない。たとえ、瓶のリサイクルには意味があることを知っていたとしても、ガラス瓶をリサイクルしようとは思わない。結局、「良さそうなこと」をしている人たちが鬱陶しいのだ。自分が行動したくない理由を正当化するために、他人を罵っているにすぎない。

 では、こうした他人を批判する人たちが世の中に溢れたらどうなってしまうのか。平和警察や魔女狩り、リストラがまかり通る世の中、つまり理不尽な世の中になってしまう。だからこそ、私たちは他人を批判するよりも、行動を起こさなければいけない。何が正しいか、間違っているかを自分のアタマで考え、判断し、その判断に基づき行動していく必要がある。

 もし、「他人を批判する」よりも「自分が正しいと信じる道を突き進んでいく人たち」が世の中に溢れるようになったら――ヒーローが偽善者と罵られることもなくなるだろう。小説『火星に住むつもりかい?』は、私たちにそんなことを教えてくれる。

 関連記事

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …