webstation plus

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。

 タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで気軽に読めること間違いなし!?

 今回は『火星に住むつもりかい?』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『火星に住むつもりかい?』のあらすじ

 中世の魔女狩りが現代で再現!?

 ある人物の死をきっかけに、平和警察という名の怖ろしい組織が誕生します。彼らは、無実の人たちを次々と犯罪者に仕立て上げ、拷問し、公開処刑に。

 さらに、一般市民も平和警察に加担。互いに監視し合い密告する。そんな怖ろしい社会が出来上がります。

 そんな中、平和警察にひとりで立ち向かう男性が現れます。彼は一体何者なのか!?

 怖ろしすぎる平和警察

 趣味は拷問――そんな人間ばかりを集めたのが平和警察です。そのため、善良な人でも「悪いことを企んでいました」と答えざるを得ない拷問メニューが多数用意されています。

 たとえば、ターゲットとなる人物を小さな部屋に閉じ込め、エアコンの温度を極端に下げて放置、子どもに硫酸をかけるぞと脅迫、3分以上鉄棒にぶら下がることができれば解放するといって必死になっている老人の姿を楽しむ…など、本当に極悪。

 こうして多くの善良な人たちが自白を強要され、無実の罪で公開処刑されます。読めば怒りが湧き上がってきますが、中世の魔女狩りでは現実としてこのような理不尽がまかり通っていたのだとか。

 人間の残酷な部分を目の当たりにさせられる物語です。

 登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで和やかに!?

 このような怖ろしい物語でもありますが、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで和やかな雰囲気に。

 たとえば、タイトルもそのひとつ。

田原さんがどう考えようと、今のこの社会を生きていくしかないよね。ルールを守って、正しく。気に入らないなら、国を出ればいい。ただ、どの国もこの社会の延長線上にある。日本より医療が発達していない国もある。薬もなければ、エアコンもない。マラリアに怯えてばかりの国だってある。この国より幸せだと言えるのかな。それとも、いっそうのこと火星にでも住むつもり?

 他にも、

「出し忘れたゴミは、別のゴミの日にどさくさに紛れて捨ててしまえばいいんです。平和警察のよくやる手じゃないですか。拷問で誤まって殺してしまった人物は、それらしい事故や災害の死体に紛れ込ませる。死体を保管しておくための、大型の冷凍室があるとかないとか」

 さらに、もうひとつ。

「『ヒーローは、目につく不幸な人間を、全員、救わなくちゃいけないのか』って問題です」
(中略)
「あっちの人は助けるけれど、こっちの人は見捨てる、とはなかなか割り切れないものですから。いや、もちろん割り切れる人間も多いですが、そういった人間はそもそも、人を助けようとはしないタイプです。とにかく、人を無償で助けようなんて人間はお人好しですから、悩むわけで。Aさんは助けて、Bさんは助けなくていいのか? かといって、みなを助けることはできないぞ、と。僕からすると無意味な悩み事にしか思えませんが、悩む人は悩むんですよ。いい人ほど苦労する世の中ですからね。そういう意味では、薬師寺さんや僕らは苦労知らずですね」

 読みながらにやけてしまうこと間違いなし!?

 平和警察にひとりで立ち向かう謎だらけのヒーロー!?

 この物語の最大の謎は、平和警察にひとりで立ち向かうヒーローの存在です。

 「平和警察に立ち向かうヒーローは誰なのか?」「何のために闘っているのか?」「なぜ、ひとりで平和警察と互角に闘えるのか?」など、謎だらけ。

 最後には謎が全て回収されるのでスッキリする小説です。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語ですが、登場人物たちのユーモア溢れるセリフのおかげで気軽に読めること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …