webstation plus

 読書していますか?

 私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。

 そんな当たり前のことに気づかせてくれた小説が有川浩さんの『図書館戦争』。好きなタイミングで好きな本が読める幸せを噛み締めながら楽しめる物語です。

 表現の自由が奪われた世界が描かれている

 物語の舞台は武装した図書館。

 公共秩序を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行されました。

 その結果、多くの本が検閲され、表現が取り締まられるようになったんですよね。

 物語の主人公・笠原郁も高校生の頃、大好きだった童話の完結話を買おうとしたところ、検閲に引っかかり、目の前で本を取り上げられました。「こじきのおじいさん」という表現が引っかかったのです。

 そんな彼女の本を救ってくれたのが、図書隊員の青年です。彼は良化特務機関から本を取り返してくれました。

 郁は助けてもらった彼に恋をします。そして行動派の彼女は、顔も名前も覚えていない彼を追いかけて図書隊員を目指しました。

 そして無事に図書隊員になった郁でしたが…。

 推薦図書なんて面白くない

 図書隊員の訓練は想像以上に厳しいものでした。それだけでなく、上官の堂上はなぜか必要以上に郁に厳しく当たります。同僚の手塚も何かにつけて郁に突っかかってきました。

 それでも郁が負けなかったのは、顔も名前も覚えていない例の彼に恋していたからですが、それだけでなく表現の自由を守りたいという想いがあったからです。

 たとえば、犯罪が起きたりすると本や映画のせいにする人がいますが、まったく関係ありませんよね。そんな大人たちに限ってつまらない推薦図書を勧めてきますが、そんなことをすれば子供たちは本から離れていきます。

 本が面白いから読むのであって、ためになるから読むわけではないからです。ゲームやネット、漫画などに流れていくだけです。

 だからこそ、郁たち図書館隊員は表現の自由を命がけで守ろうとするんですよね。もちろん、この物語はフィクションですが…。

 現実でもツマラナイ主張をする人たちがいる

 最近、アンパンチが暴力的だとネットで話題になりました。

 もちろん、本気でこんな主張するバカはいないと思いますが、そうでなくても本から暴力的な表現が消されています。

 たとえば、桃太郎のラストシーン。本来は鬼を退治して終わりの物語が、鬼たちが自分たちから桃太郎に仲間にしてくれというシーンに書き換えられているそうです。

 こういった表現の自由を制限するような動きが加速すれば、図書館戦争のような世界になりかねません。

 著書の有川浩さんがあとがきで書かれているように、「図書館戦争なんてありえない設定だよね」と笑って言える世の中であり続けることを願っています。

 関連記事

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は今すぐ誰かに恋したくなる物語

 恋していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日のように妻や子供たちに恋していますが、伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』を読んで、恋っていいなぁ…と素直に思えました。  気がつけば好きな人のことを …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

伊坂幸太郎『グラスホッパー』は理不尽な目に遭ったときは流れに身を任せようと思える物語

 ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか?  私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが、伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、 …