webstation plus

war_01

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内容が含まれていた小説『海国兵談』は、出版停止に追い込まれている。

 その後も、国家による「取締り」は続く。第一次世界大戦が勃発し、ロシアで2月革命が起こると、天皇制に影響を与えるすべての思想――共産主義思想や社会主義思想、自由主義思想などが抑圧の対象になった。ロシアの帝政が社会主義革命によって崩壊したことを受け、それらの思想によって天皇制国家が覆ることを怖れたからである。

 昭和に入るとこの抑圧がさらに加速していく。「治安維持法」が改定され、天皇制を批判したり、国体の変革に言及したりすると、出版停止や没収だけでなく、場合によっては逮捕されることになった。

 日本軍への批判も同様だ。軍部に対する批判・反論は許されず、軍の与えた情報を鵜呑みにすることが求められた。そのため、石川達三氏が小説『生きている兵隊』を発表すると、即日販売禁止処分となり、禁固4年、執行猶予3年の判決を受けている。石川氏が中国大陸でみた日本軍の実態を描いたことが、「反軍的内容をもった時局柄不当な作品」と判断されたからだ。

 さらに、公衆トイレの落書きから井戸端会議にいたるまで、すべての表現が取締りの対象になった。宗教や町内の集まりにも警察官が顔を出し、言論を取り締まるようになったのである。いわゆる「警察国家」の仕組みが出来上がったのだ。これでは、「表現の自由」など、あろうはずがない。

 しかし、この「取締り」は意外な形で終わりを迎える。終戦後、GHQによって「治安維持法」が廃止されたからだ。ところが、それと同時に新たな「取締り」が始まる。「連合国」や「極東軍事裁判」に対する批判、「原子爆弾の投下」や「それによる被害状況」の報道をGHQが禁止したのである。

 こうして江戸時代から戦後にいたるまで、私たち日本人は「表現の自由」を奪われてきたわけだが、この抑圧が本当に終わりを迎えたのは1947年(昭和22年)5月3日。「日本国憲法」が施行された日だ。

 ここまで長々と日本の歴史を振り返ってきたのには理由がある。今を生きる私たちも、ひとつ間違えれば「表現の自由」を奪われる可能性があるからだ。古代ローマの歴史家クルティウス・ルフスがいったように「歴史は繰り返す」――かもしれない。

 実際、2013年8月には、松江市立小中学校の図書館で漫画『はだしのゲン』が「閉架」状態にあることが報じられた。「首をはねたり、女性に乱暴したりするシーンが、発達段階の子どもには適切ではない」と市の教育委員が判断し、子どもが自由に閲覧できないようにすることを求めたからだ。すなわち、市の権力者たちが子どもたちに対する「表現の自由」を奪ったと言える。

 では、このような考えが加速していけばどうなるのか。間違いなく「表現の自由」が奪われていくことになるだろう。たとえば、犯罪が起きた場合、「犯人はあの本のせいで歪んだ」などと理由づけをして、その原因を取り除こうとする人たちがあらわれる。そうなれば、表現できる内容がどんどん狭まっていく。正論しか書けなくなり、どれも似たような表現ばかりになってしまう。

 そんな近未来を描いたのが小説『図書館戦争』だ。表現を取り締まろうとする人たちと、表現の自由を守ろうとする人たちの闘いを描いた小説である。

 さて、ここまで「表現の自由」を守ることの大切さを語ってきたわけだが、もちろん「表現の自由」を守る上での痛みもある。それは、どこまでが「表現の自由」と言えるかだ。たとえば、2015年。ある殺人犯が本を出版してベストセラー作家になった。被害者遺族の感情を逆なでするような内容で――だ。そうして、その殺人犯は大金を手に入れた。

 あなたは、この事実を知った上でも「表現の自由」を守るべきだといえるだろうか。『図書館戦争』を読んで、ぜひその答えを考えてほしい。

 関連記事

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …