webstation plus

 読書していますか?

 私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。

 そんな当たり前のことに気づかせてくれた小説が有川浩さんの『図書館戦争』。好きなタイミングで好きな本が読める幸せを噛み締めながら楽しめる物語です。

 表現の自由が奪われた世界が描かれている

 物語の舞台は武装した図書館。

 公共秩序を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行されました。

 その結果、多くの本が検閲され、表現が取り締まられるようになったんですよね。

 物語の主人公・笠原郁も高校生の頃、大好きだった童話の完結話を買おうとしたところ、検閲に引っかかり、目の前で本を取り上げられました。「こじきのおじいさん」という表現が引っかかったのです。

 そんな彼女の本を救ってくれたのが、図書隊員の青年です。彼は良化特務機関から本を取り返してくれました。

 郁は助けてもらった彼に恋をします。そして行動派の彼女は、顔も名前も覚えていない彼を追いかけて図書隊員を目指しました。

 そして無事に図書隊員になった郁でしたが…。

 推薦図書なんて面白くない

 図書隊員の訓練は想像以上に厳しいものでした。それだけでなく、上官の堂上はなぜか必要以上に郁に厳しく当たります。同僚の手塚も何かにつけて郁に突っかかってきました。

 それでも郁が負けなかったのは、顔も名前も覚えていない例の彼に恋していたからですが、それだけでなく表現の自由を守りたいという想いがあったからです。

 たとえば、犯罪が起きたりすると本や映画のせいにする人がいますが、まったく関係ありませんよね。そんな大人たちに限ってつまらない推薦図書を勧めてきますが、そんなことをすれば子供たちは本から離れていきます。

 本が面白いから読むのであって、ためになるから読むわけではないからです。ゲームやネット、漫画などに流れていくだけです。

 だからこそ、郁たち図書館隊員は表現の自由を命がけで守ろうとするんですよね。もちろん、この物語はフィクションですが…。

 現実でもツマラナイ主張をする人たちがいる

 最近、アンパンチが暴力的だとネットで話題になりました。

 もちろん、本気でこんな主張するバカはいないと思いますが、そうでなくても本から暴力的な表現が消されています。

 たとえば、桃太郎のラストシーン。本来は鬼を退治して終わりの物語が、鬼たちが自分たちから桃太郎に仲間にしてくれというシーンに書き換えられているそうです。

 こういった表現の自由を制限するような動きが加速すれば、図書館戦争のような世界になりかねません。

 著書の有川浩さんがあとがきで書かれているように、「図書館戦争なんてありえない設定だよね」と笑って言える世の中であり続けることを願っています。

 関連記事

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …