webstation plus

 読書していますか?

 私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。

 そんな当たり前のことに気づかせてくれた小説が有川浩さんの『図書館戦争』。好きなタイミングで好きな本が読める幸せを噛み締めながら楽しめる物語です。

 表現の自由が奪われた世界が描かれている

 物語の舞台は武装した図書館。

 公共秩序を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行されました。

 その結果、多くの本が検閲され、表現が取り締まられるようになったんですよね。

 物語の主人公・笠原郁も高校生の頃、大好きだった童話の完結話を買おうとしたところ、検閲に引っかかり、目の前で本を取り上げられました。「こじきのおじいさん」という表現が引っかかったのです。

 そんな彼女の本を救ってくれたのが、図書隊員の青年です。彼は良化特務機関から本を取り返してくれました。

 郁は助けてもらった彼に恋をします。そして行動派の彼女は、顔も名前も覚えていない彼を追いかけて図書隊員を目指しました。

 そして無事に図書隊員になった郁でしたが…。

 推薦図書なんて面白くない

 図書隊員の訓練は想像以上に厳しいものでした。それだけでなく、上官の堂上はなぜか必要以上に郁に厳しく当たります。同僚の手塚も何かにつけて郁に突っかかってきました。

 それでも郁が負けなかったのは、顔も名前も覚えていない例の彼に恋していたからですが、それだけでなく表現の自由を守りたいという想いがあったからです。

 たとえば、犯罪が起きたりすると本や映画のせいにする人がいますが、まったく関係ありませんよね。そんな大人たちに限ってつまらない推薦図書を勧めてきますが、そんなことをすれば子供たちは本から離れていきます。

 本が面白いから読むのであって、ためになるから読むわけではないからです。ゲームやネット、漫画などに流れていくだけです。

 だからこそ、郁たち図書館隊員は表現の自由を命がけで守ろうとするんですよね。もちろん、この物語はフィクションですが…。

 現実でもツマラナイ主張をする人たちがいる

 最近、アンパンチが暴力的だとネットで話題になりました。

 もちろん、本気でこんな主張するバカはいないと思いますが、そうでなくても本から暴力的な表現が消されています。

 たとえば、桃太郎のラストシーン。本来は鬼を退治して終わりの物語が、鬼たちが自分たちから桃太郎に仲間にしてくれというシーンに書き換えられているそうです。

 こういった表現の自由を制限するような動きが加速すれば、図書館戦争のような世界になりかねません。

 著書の有川浩さんがあとがきで書かれているように、「図書館戦争なんてありえない設定だよね」と笑って言える世の中であり続けることを願っています。

 関連記事

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人たちの末路を描いた物語

 何かに依存して生きていませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになりかねません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4』感想/人は誰でも二面性を持っている!?

 二面性を持っていますか?  私は間違いなく二面性を持っていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』を読んで、ある一面だけで人を判断してはいけないことに気づきました。  ある一面だけで人を判断していると、そ …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

西加奈子『ふくわらい』は幼い頃に失った感情を取り戻していく女性の物語

 自分の感情を大切にしていますか?  私はどちらかと言えば感情が豊かな方なので、「いつも楽しそうだね」と言われることが多いのですが、西加奈子さんの小説『ふくわらい』の主人公は違いました。  幼い頃に育った家庭環境の影響で …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …