webstation plus

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。

 司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。

 もちろん、私たちの生活が豊かになるための改正ならいいのですが、そうでなければ阻止したいですよね。

 一体、どうすればいいのでしょうか。

 有事も利用しようとする人たちがいる

 物語は、福井県の敦賀原子力発電所が襲撃を受けるところから始まります。

 このテロリストの手口が『原発危機』という小説に描かれていた内容と酷似していたことから、著者・当麻蔵人に自由な著作を許してはならないと政府関係者が思い始めました。

 その結果、報道を規制しようとする良化委員の権限が拡大されるんですよね。

 もちろん、物語の主人公である笠原郁たち図書隊は、この動きを阻止しようと戦いを繰り広げますが、なぜか先手をうたれ続けます。

 そこで、郁たち図書隊は…。

 多くの人たちを巻き込んで権力に戦いを挑む

 多くの人たちを巻き込んで権力に戦いを挑むことにしました。

 そもそも、なぜ報道の自由を奪う良化法が成立したのかといえば、政府側に利権を持ちたい人間がいたのはもちろんのこと、メディアの報道姿勢が偏っていたこと、および国民の政治への無関心が原因です。

 派手な事件を次から次へと乗り換えて、その後のフォローもしないメディアに、司法は懐疑的になっていました。また、国民もその流れを断ち切ろうとしませんでした。だからこそ良化法が成立してしまったのです。

 そこで図書隊は、「今度こそは!」と、メディアと国民を巻き込んで、一致団結して権力に戦いを挑む戦略を立てるんですよね。

 つまり…。

 私たち一人ひとりの自覚が革命の第一歩

 私たち一人ひとりの自覚が革命の第一歩ということです。どれだけ権力が強い力を持っていたとしても、私たち国民がどうしたいのかを意思表示すれば流れは変わります。

 もちろん、「民主主義とはそのようなものではない!」と怒り出す人もいるでしょう。しかし、そのような教科書的な話をどれだけ並べたところで現実は何も変わりません。革命は起きません。

 一方的に主張を押し付けようとした香港政府に立ち向かったデモ隊のように、私たち一人ひとりが自覚を持つことが現実を変える第一歩です。

 有川浩さんの小説『図書館革命』は、一人ひとりの力の偉大さを教えてくれる物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

三浦しをん『愛なき世界』感想/何よりも知識欲が強い研究者に愛はあるのか!?

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。  三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひと …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …