webstation plus

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。

 司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。

 もちろん、私たちの生活が豊かになるための改正ならいいのですが、そうでなければ阻止したいですよね。

 一体、どうすればいいのでしょうか。

 有事も利用しようとする人たちがいる

 物語は、福井県の敦賀原子力発電所が襲撃を受けるところから始まります。

 このテロリストの手口が『原発危機』という小説に描かれていた内容と酷似していたことから、著者・当麻蔵人に自由な著作を許してはならないと政府関係者が思い始めました。

 その結果、報道を規制しようとする良化委員の権限が拡大されるんですよね。

 もちろん、物語の主人公である笠原郁たち図書隊は、この動きを阻止しようと戦いを繰り広げますが、なぜか先手をうたれ続けます。

 そこで、郁たち図書隊は…。

 多くの人たちを巻き込んで権力に戦いを挑む

 多くの人たちを巻き込んで権力に戦いを挑むことにしました。

 そもそも、なぜ報道の自由を奪う良化法が成立したのかといえば、政府側に利権を持ちたい人間がいたのはもちろんのこと、メディアの報道姿勢が偏っていたこと、および国民の政治への無関心が原因です。

 派手な事件を次から次へと乗り換えて、その後のフォローもしないメディアに、司法は懐疑的になっていました。また、国民もその流れを断ち切ろうとしませんでした。だからこそ良化法が成立してしまったのです。

 そこで図書隊は、「今度こそは!」と、メディアと国民を巻き込んで、一致団結して権力に戦いを挑む戦略を立てるんですよね。

 つまり…。

 私たち一人ひとりの自覚が革命の第一歩

 私たち一人ひとりの自覚が革命の第一歩ということです。どれだけ権力が強い力を持っていたとしても、私たち国民がどうしたいのかを意思表示すれば流れは変わります。

 もちろん、「民主主義とはそのようなものではない!」と怒り出す人もいるでしょう。しかし、そのような教科書的な話をどれだけ並べたところで現実は何も変わりません。革命は起きません。

 一方的に主張を押し付けようとした香港政府に立ち向かったデモ隊のように、私たち一人ひとりが自覚を持つことが現実を変える第一歩です。

 有川浩さんの小説『図書館革命』は、一人ひとりの力の偉大さを教えてくれる物語です。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

伊坂幸太郎『砂漠』/学生のバカなノリはお好きですか?

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …