webstation plus

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。

 司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。

 もちろん、私たちの生活が豊かになるための改正ならいいのですが、そうでなければ阻止したいですよね。

 一体、どうすればいいのでしょうか。

 有事も利用しようとする人たちがいる

 物語は、福井県の敦賀原子力発電所が襲撃を受けるところから始まります。

 このテロリストの手口が『原発危機』という小説に描かれた内容と似ていることから、この小説を書いた著者・当麻蔵人に自由な著作を許してはならないと政府関係者が思い始めました。

 その結果、報道を規制しようとする良化委員の権限が拡大されるんですよね。

 もちろん、物語の主人公である笠原郁たち図書館隊は、この動きを阻止しようと戦いを繰り広げますが、なぜか先手をうたれ続けます。

 そこで、郁たち図書館隊は…。

 多くの人たちを巻き込んで権力に戦いをいどむ

 ことにしました。

 そもそも、なぜ報道の自由を奪う良化法が成立したのかといえば、政府側に利権を持とうとする人間がいたのはもちろんのこと、メディアの報道姿勢が偏っていたこと、および国民の政治への無関心が原因です。

 派手な事件を次から次へと乗り換えて、その後のフォローもしないメディアに、司法は懐疑的になっていました。また、国民もその流れを断ち切ろうとしませんでした。だからこそ良化法が成立してしまったのです。

 そこで図書館隊たちは、「今度こそは!」と、メディアと国民を巻き込んで、一致団結して権力に戦いを挑む戦略を立てるんですよね。

 つまり…。

 私たち一人ひとりの自覚が革命の第一歩

 ということです。どれだけ権力が強い力を持っていても、私たち国民がどうしたいのかを意思表示すれば流れは変わります。

 もちろん、「民主主義とはそのようなものではない!」と怒り出す人もいるでしょう。しかし、そのような教科書的な話をどれだけ並べても現実は変わりません。革命は起きません。

 一方的に主張を押し付けようとした香港政府に立ち向かった人たちのように、私たち一人ひとりが自覚を持つことが現実を変える第一歩です。

 有川浩さんの小説『図書館革命』は、そんな想いにさせてくれる物語。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

小野寺史宜『ひと』/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …