有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

おすすめ小説

 人間関係って難しいですよね。

 親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。

 それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ちを勝手に決めてしまうんですよね。




スポンサーリンク

 たとえば親子関係

 物語の主人公・郁は、男勝りな性格でしたが、彼女の両親は絵に描いたようなバカ親でした。

 母は郁のことを自分基準で勝手に決めつけて心配し、行動を制限します。そのことで郁が嫌がるそぶりを見せると、「愛しているから心配だ」という美しい理由を付けて反抗させないようにします。

 それでも郁が反抗すると、今度は泣き始め、罪悪感を覚えさせます。さらに父が「お母さんが心配してるのに何で分かってやらないんだ」と余計な口出しをしてトドメを刺す始末。

 郁はそんな両親に嫌気がさしていましたが、同僚の柴崎の評価も「典型的に子離れ出来ていないお母さんって感じよね。しかも人当たりいいけど頑なタイプ」と、郁が両親と距離を取っていることに納得します。

 つまり、必要以上に距離を縮めてくるバカ親とは距離を取らないと自分らしく生きられないんですよね。

スポンサーリンク

 たとえば恋愛関係

 一方で、郁の先輩・小牧は近所に住む年下の女性・毬江に好意を持っていましたが、歳が離れているという理由でその気持ちを封印していました。

 しかし、そのことが原因で他の女性と付き合っても、聴覚障害のある毬江のことを優先してしまい、フラれてばかりいたのです。

 そんな小牧に郁は「うわ、オジサン!頭かたーい!」と言います。どれだけ歳が離れていても関係ないと考えていたからです。

 さらに、毬江がキッカケで小牧に災難が押し寄せたときも、毬江に心配をかけたくないと言う理由で知らせるなと言った小牧に対して、

好きな男が自分を理由にされて窮地に陥っているのに黙ってられる女なんているわけない、助けに行きたいに決まってる

 と反論します。郁の親とは反対に、勝手に相手のことを決めつけて必要以上に距離を取るのも問題なんですね。

スポンサーリンク

 兄弟関係も職場関係も距離感が大切

 他にも、郁の同僚である柴崎も手塚も身近な人との距離感で悩んでいました。

 柴崎は、好きな男性を取られたくない同僚の女性から別の男とくっつけられそうになり、手塚は尊敬する兄が父を利用して苦しめている姿に胸を痛めていました。

 誰もが身近な人間関係に悩んでいたんですよね。

 そんな人間関係の悩みを解決する方法は、適度な距離を取ること。相手の想いを決めつけずに、また自分にとって望ましい距離感を取るように行動していくことが大切です。

 そんな当たり前のことに改めて気づかせてくれる小説が有川浩さんの『図書館内乱』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

前作『図書館戦争』を読まれてない方はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました