webstation plus

 人間関係って難しいですよね。

 親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。

 それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ちを勝手に決めてしまうんですよね。

 たとえば親子関係

 物語の主人公・郁は、男勝りな性格でしたが、彼女の両親は絵に描いたようなバカ親でした。

 母は郁のことを自分基準で勝手に決めつけて心配し、行動を制限します。そのことで郁が嫌がるそぶりを見せると、「愛しているから心配だ」という美しい理由を付けて反抗させないようにします。

 それでも郁が反抗すると、今度は泣き始め、罪悪感を覚えさせます。さらに父が「お母さんが心配してるのに何で分かってやらないんだ」と余計な口出しをしてトドメを刺す始末。

 郁はそんな両親に嫌気がさしていましたが、同僚の柴崎の評価も「典型的に子離れ出来ていないお母さんって感じよね。しかも人当たりいいけど頑なタイプ」と、郁が両親と距離を取っていることに納得します。

 つまり、必要以上に距離を縮めてくるバカ親とは距離を取らないと自分らしく生きられないんですよね。

 たとえば恋愛関係

 一方で、郁の先輩・小牧は近所に住む年下の女性・毬江に好意を持っていましたが、歳が離れているという理由でその気持ちを封印していました。

 しかし、そのことが原因で他の女性と付き合っても、聴覚障害のある毬江のことを優先してしまい、フラれてばかりいたのです。

 そんな小牧に郁は「うわ、オジサン!頭かたーい!」と言います。どれだけ歳が離れていても関係ないと考えていたからです。

 さらに、毬江がキッカケで小牧に災難が押し寄せたときも、毬江に心配をかけたくないと言う理由で知らせるなと言った小牧に対して、

好きな男が自分を理由にされて窮地に陥っているのに黙ってられる女なんているわけない、助けに行きたいに決まってる

 と反論します。郁の親とは反対に、勝手に相手のことを決めつけて必要以上に距離を取るのも問題なんですね。

 兄弟関係も職場関係も距離感が大切

 他にも、郁の同僚である柴崎も手塚も身近な人との距離感で悩んでいました。

 柴崎は、好きな男性を取られたくない同僚の女性から別の男とくっつけられそうになり、手塚は尊敬する兄が父を利用して苦しめている姿に胸を痛めていました。

 誰もが身近な人間関係に悩んでいたんですよね。

 そんな人間関係の悩みを解決する方法は、適度な距離を取ること。相手の想いを決めつけずに、また自分にとって望ましい距離感を取るように行動していくことが大切です。

 そんな当たり前のことに改めて気づかせてくれる小説が有川浩さんの『図書館内乱』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

前作『図書館戦争』を読まれてない方はこちらから

 関連記事

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人たちの末路を描いた物語

 何かに依存して生きていませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになりかねません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない!?

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …