webstation plus

 人間関係って難しいですよね。

 親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。

 それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ちを勝手に決めてしまうんですよね。

 たとえば親子関係

 物語の主人公・郁は、男勝りな性格でしたが、彼女の両親は絵に描いたようなバカ親でした。

 母は郁のことを自分基準で勝手に決めつけて心配し、行動を制限します。そのことで郁が嫌がるそぶりを見せると、「愛しているから心配だ」という美しい理由を付けて反抗させないようにします。

 それでも郁が反抗すると、今度は泣き始め、罪悪感を覚えさせます。さらに父が「お母さんが心配してるのに何で分かってやらないんだ」と余計な口出しをしてトドメを刺す始末。

 郁はそんな両親に嫌気がさしていましたが、同僚の柴崎の評価も「典型的に子離れ出来ていないお母さんって感じよね。しかも人当たりいいけど頑なタイプ」と、郁が両親と距離を取っていることに納得します。

 つまり、必要以上に距離を縮めてくるバカ親とは距離を取らないと自分らしく生きられないんですよね。

 たとえば恋愛関係

 一方で、郁の先輩・小牧は近所に住む年下の女性・毬江に好意を持っていましたが、歳が離れているという理由でその気持ちを封印していました。

 しかし、そのことが原因で他の女性と付き合っても、聴覚障害のある毬江のことを優先してしまい、フラれてばかりいたのです。

 そんな小牧に郁は「うわ、オジサン!頭かたーい!」と言います。どれだけ歳が離れていても関係ないと考えていたからです。

 さらに、毬江がキッカケで小牧に災難が押し寄せたときも、毬江に心配をかけたくないと言う理由で知らせるなと言った小牧に対して、

好きな男が自分を理由にされて窮地に陥っているのに黙ってられる女なんているわけない、助けに行きたいに決まってる

 と反論します。郁の親とは反対に、勝手に相手のことを決めつけて必要以上に距離を取るのも問題なんですね。

 兄弟関係も職場関係も距離感が大切

 他にも、郁の同僚である柴崎も手塚も身近な人との距離感で悩んでいました。

 柴崎は、好きな男性を取られたくない同僚の女性から別の男とくっつけられそうになり、手塚は尊敬する兄が父を利用して苦しめている姿に胸を痛めていました。

 誰もが身近な人間関係に悩んでいたんですよね。

 そんな人間関係の悩みを解決する方法は、適度な距離を取ること。相手の想いを決めつけずに、また自分にとって望ましい距離感を取るように行動していくことが大切です。

 そんな当たり前のことに改めて気づかせてくれる小説が有川浩さんの『図書館内乱』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

前作『図書館戦争』を読まれてない方はこちらから

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …