webstation plus

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。

 中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。

 有川浩さんの『図書館危機』を読んで強くそう思うようになりました。

 「床屋」は禁止用語

 「床屋」という言葉には、もともと性的な快楽を提供する場所という意味合いがあることから、放送業界や出版業界では、禁止用語になっているそうです。

 とはいえ、床屋として誇りを持って働いている人たちにとっては、言葉の由来なんて関係ありませんよね。

「そもそもその造反語って決めたの誰だよ、うちのジジイに一言の断りもなく『床屋』は造反語なんですなんて決めくさった奴をここに連れて来いよ!」

 とは、物語に登場する人気俳優の言葉ですが、むしろ勝手に差別用語と決めつけて安心している人間を連れてこいと罵りたくなります。

 もちろん、これはフィクションではありません。この物語は、著者である有川浩さんの友人が、「失礼やな、何でうちの実家の職業が勝手に差別用語にされてんねん」と呟いたことに着想を得ています。

 これだけでも、誰のために、何のために規制しているの?と疑問に思うのですが、それだけでなく…。

 障害をもった登場人物も規制対象

 『図書館戦争』シリーズで重要な役割を果たす人物・毬江は、地上波には登場できなかったそうです。理由は聴覚障害者だったから。

 表向きは誰もが「差別をなくそう」なんて言っていますが、裏では明らかな差別が行われているんですよね。なんだか悲しくなります。

 しかし、著者の有川浩さんは、

「毬江の地上波登場NG」をアニメ化の条件として提示されて、アニメ化を断ろうとは思いませんでした。ますますアニメ化を承諾する思いが強まりました。

 と言われています。なぜなら、毬江が登場できなかったという事実が、明確な自主規制の実例として残るからです。

 こんな話を聞かされたら…。

 図書館戦争シリーズを読んで応援しよう

 と思います。私には何の力もありませんが、こうしてブログに書くことで、少しでも不必要な自主規制がなくなればと考えています。

 『図書館戦争シリーズ』も今回で3作目。次でこのシリーズも終わりを迎えますが、表現の自由とは何か?どうあるべきか?を考えながら、読み進めていきたいと思います。

 関連記事

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …