webstation plus

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。

 中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。

 有川浩さんの『図書館危機』を読んで強くそう思うようになりました。

 「床屋」は禁止用語

 「床屋」という言葉には、もともと性的な快楽を提供する場所という意味合いがあることから、放送業界や出版業界では、禁止用語になっているそうです。

 とはいえ、床屋として誇りを持って働いている人たちにとっては、言葉の由来なんて関係ありませんよね。

「そもそもその造反語って決めたの誰だよ、うちのジジイに一言の断りもなく『床屋』は造反語なんですなんて決めくさった奴をここに連れて来いよ!」

 とは、物語に登場する人気俳優の言葉ですが、むしろ勝手に差別用語と決めつけて安心している人間を連れてこいと罵りたくなります。

 もちろん、これはフィクションではありません。この物語は、著者である有川浩さんの友人が、「失礼やな、何でうちの実家の職業が勝手に差別用語にされてんねん」と呟いたことに着想を得ています。

 これだけでも、誰のために、何のために規制しているの?と疑問に思うのですが、それだけでなく…。

 障害をもった登場人物も規制対象

 『図書館戦争』シリーズで重要な役割を果たす人物・毬江は、地上波には登場できなかったそうです。理由は聴覚障害者だったから。

 表向きは誰もが「差別をなくそう」なんて言っていますが、裏では明らかな差別が行われているんですよね。なんだか悲しくなります。

 しかし、著者の有川浩さんは、

「毬江の地上波登場NG」をアニメ化の条件として提示されて、アニメ化を断ろうとは思いませんでした。ますますアニメ化を承諾する思いが強まりました。

 と言われています。なぜなら、毬江が登場できなかったという事実が、明確な自主規制の実例として残るからです。

 こんな話を聞かされたら…。

 図書館戦争シリーズを読んで応援しよう

 と思います。私には何の力もありませんが、こうしてブログに書くことで、少しでも不必要な自主規制がなくなればと考えています。

 『図書館戦争シリーズ』も今回で3作目。次でこのシリーズも終わりを迎えますが、表現の自由とは何か?どうあるべきか?を考えながら、読み進めていきたいと思います。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …