webstation plus

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。

 中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。

 有川浩さんの『図書館危機』を読んで強くそう思うようになりました。

 「床屋」は禁止用語

 「床屋」という言葉には、もともと性的な快楽を提供する場所という意味合いがあることから、放送業界や出版業界では、禁止用語になっているそうです。

 とはいえ、床屋として誇りを持って働いている人たちにとっては、言葉の由来なんて関係ありませんよね。

「そもそもその造反語って決めたの誰だよ、うちのジジイに一言の断りもなく『床屋』は造反語なんですなんて決めくさった奴をここに連れて来いよ!」

 とは、物語に登場する人気俳優の言葉ですが、むしろ勝手に差別用語と決めつけて安心している人間を連れてこいと罵りたくなります。

 もちろん、これはフィクションではありません。この物語は、著者である有川浩さんの友人が、「失礼やな、何でうちの実家の職業が勝手に差別用語にされてんねん」と呟いたことに着想を得ています。

 これだけでも、誰のために、何のために規制しているの?と疑問に思うのですが、それだけでなく…。

 障害をもった登場人物も規制対象

 『図書館戦争』シリーズで重要な役割を果たす人物・毬江は、地上波には登場できなかったそうです。理由は聴覚障害者だったから。

 表向きは誰もが「差別をなくそう」なんて言っていますが、裏では明らかな差別が行われているんですよね。なんだか悲しくなります。

 しかし、著者の有川浩さんは、

「毬江の地上波登場NG」をアニメ化の条件として提示されて、アニメ化を断ろうとは思いませんでした。ますますアニメ化を承諾する思いが強まりました。

 と言われています。なぜなら、毬江が登場できなかったという事実が、明確な自主規制の実例として残るからです。

 こんな話を聞かされたら…。

 図書館戦争シリーズを読んで応援しよう

 と思います。私には何の力もありませんが、こうしてブログに書くことで、少しでも不必要な自主規制がなくなればと考えています。

 『図書館戦争シリーズ』も今回で3作目。次でこのシリーズも終わりを迎えますが、表現の自由とは何か?どうあるべきか?を考えながら、読み進めていきたいと思います。

 関連記事

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …