webstation plus

 何かに依存していませんか?

 ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。

 そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小説『レフトハンド・ブラザーフッド』。自分が自分であることのありがたさがよくわかる物語です。

 左手に兄が宿った主人公の物語

 物語の主人公は風間岳士。彼は自分が起こしたバイク事故で、兄の海斗を亡くしていました。

 だからこそ、岳士は「自分のせいで兄が死んでしまった…」と悔やんでいたのですが、それからしばらくすると、左手が勝手に動き出し、脳内で海斗が話しかけてくるようになります。

 なぜか左手に兄の海斗が宿ったんですよね。

 そのことを知った両親は、心配して彼を病院に連れていったところ、エイリアンハンドシンドロームという脳障害や精神疾患が引き金となって、片腕が自分の意思とは関係なく動く病気だと診断されます。

 そして病院の先生は、海斗の声が聞こえるという幻覚は投薬で消してあげると言ってくれましたが…。

 岳士は先生を殴って逃げ出しました。海斗と共に生きようと考えていたからです。ところが…。

 女とクスリに溺れてしまう

 東京に出てきた岳士は、橋の下で一夜を過ごそうと寝ていたところ、誰かの呻き声が聞こえ、男性が倒れていることに気づきます。

 その男性はすでに死んでいましたが、気が動転していた岳士は、顔や身体を触ってしまい、血だらけになりました。

 このままでは間違いなく容疑者になります。そこで岳士は、海斗の指示に従って逃走しようとしますが、ある女性と出会い、その女性の虜になってしまいました。

 しかも、その女性が使っていたサファイアと呼ばれるクスリに手を出し、セックスの快楽を極限まで高めることを覚えてしまうんですよね。

 サファイアには副作用があまりないため、何度も使いたくなり、手に入れる為に人殺しに手を染める人間までいました。

 とはいえ、もちろん副作用もあります。使いすぎると依存症になり、自殺する人もいました。もちろん岳士もそのことは知っています。

 ところが、岳士は、兄を殺してしまったという後悔と、殺人犯として追われる恐怖と、そして虜になった女性との快楽を求める一心でサファイアに手を出し続けるんですよね。

 その結果…。

 何かに依存しないと生きていけない人の末路

 物語の結末は本書に譲るとして、物語の主人公である岳士は、兄と女性、そしてクスリに依存して生きていました。

 なかでもクスリの副作用は酷く、自分ではどうすることも出来ません。頭では破滅することはわかっているのにクスリに手を出してしまうんですよね。

 このような物語を読むと、何かに依存せずに、自分が自分であることのありがたさがよくわかります。

 知念実希人さんの小説『レフトハンド・ブラザーフッド』は、依存症の恐ろしさがわかるだけでなく、ミステリーとしても面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …