webstation plus

 何かに依存していませんか?

 ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。

 そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小説『レフトハンド・ブラザーフッド』。自分が自分であることのありがたさがよくわかる物語です。

 左手に兄が宿った主人公の物語

 物語の主人公は風間岳士。彼は自分が起こしたバイク事故で、兄の海斗を亡くしていました。

 だからこそ、岳士は「自分のせいで兄が死んでしまった…」と悔やんでいたのですが、それからしばらくすると、左手が勝手に動き出し、脳内で海斗が話しかけてくるようになります。

 なぜか左手に兄の海斗が宿ったんですよね。

 そのことを知った両親は、心配して彼を病院に連れていったところ、エイリアンハンドシンドロームという脳障害や精神疾患が引き金となって、片腕が自分の意思とは関係なく動く病気だと診断されます。

 そして病院の先生は、海斗の声が聞こえるという幻覚は投薬で消してあげると言ってくれましたが…。

 岳士は先生を殴って逃げ出しました。海斗と共に生きようと考えていたからです。ところが…。

 女とクスリに溺れてしまう

 東京に出てきた岳士は、橋の下で一夜を過ごそうと寝ていたところ、誰かの呻き声が聞こえ、男性が倒れていることに気づきます。

 その男性はすでに死んでいましたが、気が動転していた岳士は、顔や身体を触ってしまい、血だらけになりました。

 このままでは間違いなく容疑者になります。そこで岳士は、海斗の指示に従って逃走しようとしますが、ある女性と出会い、その女性の虜になってしまいました。

 しかも、その女性が使っていたサファイアと呼ばれるクスリに手を出し、セックスの快楽を極限まで高めることを覚えてしまうんですよね。

 サファイアには副作用があまりないため、何度も使いたくなり、手に入れる為に人殺しに手を染める人間までいました。

 とはいえ、もちろん副作用もあります。使いすぎると依存症になり、自殺する人もいました。もちろん岳士もそのことは知っています。

 ところが、岳士は、兄を殺してしまったという後悔と、殺人犯として追われる恐怖と、そして虜になった女性との快楽を求める一心でサファイアに手を出し続けるんですよね。

 その結果…。

 何かに依存しないと生きていけない人の末路

 物語の結末は本書に譲るとして、物語の主人公である岳士は、兄と女性、そしてクスリに依存して生きていました。

 なかでもクスリの副作用は酷く、自分ではどうすることも出来ません。頭では破滅することはわかっているのにクスリに手を出してしまうんですよね。

 このような物語を読むと、何かに依存せずに、自分が自分であることのありがたさがよくわかります。

 知念実希人さんの小説『レフトハンド・ブラザーフッド』は、依存症の恐ろしさがわかるだけでなく、ミステリーとしても面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …