webstation plus

(※『小太郎の左腕』表紙より)


 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。

 山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 今回は『小太郎の左腕』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『小太郎の左腕』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。西国で勢力争いをしていた戸沢家と児玉家には、それぞれ名将がいました。

 それが「功名漁り」と呼ばれる林半右衛門と「功名餓鬼」と呼ばれる花房喜兵衛(はなぶさ きへい)。

 彼らは互角の戦いを繰り広げていましたが、戸沢家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門は窮地に追い込まれます。

 このとき、白羽の矢が立ったのが、山奥でひっそりと暮らす小太郎でした。彼のスナイパーとしての腕が買われ、戦場に連れ出されることになったのです。彼の活躍によって得たものとは!?

 圧倒的な強さを誇る林半右衛門

 林半右衛門が圧倒的な強さを誇ったのは、養育係である藤田三十郎の育て方によるものでした。

 三十郎が半右衛門を育成するに当たって立てた方針は、「卑怯な振る舞いはするな」という常識的なことだけ。

 その他は、どれだけ失敗しても叱りませんでした。むしろ、失敗の原因を探り出しては、それを褒め上げ、半右衛門が自らの才能に疑問を持たないようにしたのです。

 自信を持った者の働きには躊躇がありません。元服した半右衛門は臆することなく初陣で槍を振るい、目立つ武功を立てました。

 三十郎はそんな半右衛門を褒め上げ、さらに半右衛門は自信を強固にして武功を立て、それをさらに褒め極め、半右衛門は他国に響く名将に成長したのです。

 しかし、自信を持ちすぎた弊害もありました。半右衛門は、他の武将に従おうとはせず、気の向くままに強敵に立ち向かい、なぎ倒していきます。功名を他人に譲る優しさはありません。

 その結果、下級武士からの人気は高まりましたが、上級武士からは嫌われました。特に、戸塚家の跡継ぎである図書に嫌われ、大切な人を奪われることに。

 自分の利益ばかり追い求めることの怖ろしさがわかる物語です。

 阿呆にしか見えない小太郎

 半右衛門とは対照的に、功名にはまったく興味がなく、阿呆にしか見えない子どもがいました。それが小太郎。

 小太郎は近所に住む悪童たちからいじめられていました。頭の上に柿を乗せられ、遠くから鉄砲で撃たれる――鉄砲の的がわりにされていたのです。

 しかし、小太郎は何をされても怒りませんでした。むしろ、悪童たちと一緒にいられることに喜びを感じていたのです。なぜなら友だちが欲しかったから。

 とはいえ、友だちとして一緒に遊んでいるわけではありません。そこで、小太郎は人並み以上になりたいと願うようになります。そうすれば友だちが出来ると思ったんですね。

 そんな小太郎にチャンスが訪れます。鉄砲試合に出場することになったのです。そこで披露した彼の腕前は圧倒的でした。しかし――。

 何かを得るということは、同時に何かを失うことでもあるんですね。

 出世の代償は高くつく!?

 そんな半右衛門と小太郎の運命を変える出来事が起こります。戸塚家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門が窮地に陥ったのです。

 そこで半右衛門は、小太郎を戦場に連れ出すよう策を練りました。

 その結果、小太郎を戦場に引きずり出すことはできましたが、半右衛門の心は粉々に砕け散ることに。一方の小太郎も大切な人たちを失うことになりました。

 出世の代償の高さに驚かされる物語です。

 最後に

 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は今でも魔女狩りが続いていることに気づかせてくれる物語

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩りをご存じですか。  私は過去の出来事として知っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を読んで、今でも魔女狩りが続いていることに気づきました。  いつか自分もその対 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …