webstation plus

(※『小太郎の左腕』表紙より)


 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。

 山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 今回は『小太郎の左腕』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『小太郎の左腕』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。西国で勢力争いをしていた戸沢家と児玉家には、それぞれ名将がいました。

 それが「功名漁り」と呼ばれる林半右衛門と「功名餓鬼」と呼ばれる花房喜兵衛(はなぶさ きへい)。

 彼らは互角の戦いを繰り広げていましたが、戸沢家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門は窮地に追い込まれます。

 このとき、白羽の矢が立ったのが、山奥でひっそりと暮らす小太郎でした。彼のスナイパーとしての腕が買われ、戦場に連れ出されることになったのです。彼の活躍によって得たものとは!?

 圧倒的な強さを誇る林半右衛門

 林半右衛門が圧倒的な強さを誇ったのは、養育係である藤田三十郎の育て方によるものでした。

 三十郎が半右衛門を育成するに当たって立てた方針は、「卑怯な振る舞いはするな」という常識的なことだけ。

 その他は、どれだけ失敗しても叱りませんでした。むしろ、失敗の原因を探り出しては、それを褒め上げ、半右衛門が自らの才能に疑問を持たないようにしたのです。

 自信を持った者の働きには躊躇がありません。元服した半右衛門は臆することなく初陣で槍を振るい、目立つ武功を立てました。

 三十郎はそんな半右衛門を褒め上げ、さらに半右衛門は自信を強固にして武功を立て、それをさらに褒め極め、半右衛門は他国に響く名将に成長したのです。

 しかし、自信を持ちすぎた弊害もありました。半右衛門は、他の武将に従おうとはせず、気の向くままに強敵に立ち向かい、なぎ倒していきます。功名を他人に譲る優しさはありません。

 その結果、下級武士からの人気は高まりましたが、上級武士からは嫌われました。特に、戸塚家の跡継ぎである図書に嫌われ、大切な人を奪われることに。

 自分の利益ばかり追い求めることの怖ろしさがわかる物語です。

 阿呆にしか見えない小太郎

 半右衛門とは対照的に、功名にはまったく興味がなく、阿呆にしか見えない子どもがいました。それが小太郎。

 小太郎は近所に住む悪童たちからいじめられていました。頭の上に柿を乗せられ、遠くから鉄砲で撃たれる――鉄砲の的がわりにされていたのです。

 しかし、小太郎は何をされても怒りませんでした。むしろ、悪童たちと一緒にいられることに喜びを感じていたのです。なぜなら友だちが欲しかったから。

 とはいえ、友だちとして一緒に遊んでいるわけではありません。そこで、小太郎は人並み以上になりたいと願うようになります。そうすれば友だちが出来ると思ったんですね。

 そんな小太郎にチャンスが訪れます。鉄砲試合に出場することになったのです。そこで披露した彼の腕前は圧倒的でした。しかし――。

 何かを得るということは、同時に何かを失うことでもあるんですね。

 出世の代償は高くつく!?

 そんな半右衛門と小太郎の運命を変える出来事が起こります。戸塚家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門が窮地に陥ったのです。

 そこで半右衛門は、小太郎を戦場に連れ出すよう策を練りました。

 その結果、小太郎を戦場に引きずり出すことはできましたが、半右衛門の心は粉々に砕け散ることに。一方の小太郎も大切な人たちを失うことになりました。

 出世の代償の高さに驚かされる物語です。

 最後に

 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …