和田竜『小太郎の左腕』は人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかる物語

おすすめ小説

誰かを騙して利益を得ようとしていませんか?

私はそれほど強欲ではないので人を騙してまで欲しいものはありませんが、

和田竜さんの小説『小太郎の左腕』を読んで人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかりました。

誰かを騙して何かを得ると、得たもの以上に恐ろしい報いが待っているんですよね。

おすすめ度:3.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 強い武将同士が対決する物語が好きな人
  • 圧倒的な能力をもつ主人公の物語が好きな人
  • 歴史ものが好きな人
  • 和田竜さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:圧倒的な強さを誇る武将の物語

物語の舞台は戦国時代の日本。

西国で勢力争いをしていた戸沢家と児玉家には、それぞれ名将がいました。

「功名漁り」と呼ばれる林半右衛門と、「功名餓鬼」と呼ばれる花房喜兵衛(はなぶさ きへい)です。

彼らは互角の戦いを繰り広げていましたが、林半右衛門がこれほどまでに強くなったのは、養育係である藤田三十郎の育て方によるものでした。

三十郎が半右衛門を育成するに当たって立てた方針は、「卑怯な振る舞いはするな」という常識的なことだけです。

それさえ守れば、どれだけ失敗しても叱りませんでした。

むしろ、失敗の原因を探り出しては、それを褒め上げ、半右衛門が自らの才能に疑問を持たないようにしたのです。

自信を持った者の働きには躊躇がありません。元服した半右衛門は臆することなく初陣で槍を振るい、目立つ武功を立てました。

三十郎はそんな半右衛門を褒め上げ、さらに半右衛門は自信を強固にして武功を立て、それをさらに褒め極め、半右衛門は他国に響く名将にまで成長したのです。

しかし、自信を持ちすぎた弊害もありました。

半右衛門は、他の武将に従おうとせず、気の向くままに強敵に立ち向かい、なぎ倒していきます。功名を同僚に譲る優しさなどありませんでした。

その結果、下級武士からの人気は高まりましたが、上級武士からは嫌われました。

特に、戸塚家の跡継ぎである図書に嫌われ、大切な人を奪われることになります。

それだけでなく、図書の失策により、半右衛門は窮地に追い込まれました。

このとき、白羽の矢が立ったのが…。

スポンサーリンク

阿呆にしか見えない小太郎が主人公

山奥でひっそりと暮らしていた小太郎です。

小太郎は、半右衛門とは対照的に、功名にはまったく興味がなく、阿呆にしか見えない子供でした。

それだけでなく、近所に住む悪童たちからいじめられていました。

頭の上に柿を乗せられ、遠くから鉄砲で撃たれる…鉄砲の的がわりにされるなど、ひどい仕打ちを受けていたのです。

それにも関わらず、小太郎は何ひとつ怒りませんでした。

むしろ、悪童たちと一緒にいられることに喜びを感じていたのです。なぜなら、小太郎は友達が欲しかったからです。

とはいえ、いじめられているだけでは本当の友達にはなれません。

そこで、小太郎は人並み以上になりたいと願うようになります。そうすれば友達が出来ると思ったんですよね。

そんな小太郎にチャンスが訪れます。鉄砲試合に出場することになったのです。

小太郎は、鉄砲試合で誰もが驚愕するほどの腕前を披露しましたが、これがキッカケで林半右衛門に目をつけられることになりました。

その結果…。

スポンサーリンク

人を騙して手に入れたものの代償は高くつく

小太郎は半右衛門に騙されて戦場に連れ出されることになります。

そのおかげで半右衛門は、児玉家の猛攻を抑えることができましたが、半右衛門の心は粉々に砕かれ、二度と武将として立ち上がることが出来なくなりました。

なぜなら…。

この続きは実際に本書を読んでもらうとして、人を騙して手に入れたものの代償は、想像している以上に高くつくことがわかる物語です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、人を騙して手に入れたものの代償は高くつくことがよくわかる和田竜さんの小説『小太郎の左腕』を紹介してきました。

歴史小説としても、武将同士のプライドをかけた戦いものとしても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました