webstation plus

(※『小太郎の左腕』表紙より)


 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。

 山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 今回は『小太郎の左腕』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『小太郎の左腕』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。西国で勢力争いをしていた戸沢家と児玉家には、それぞれ名将がいました。

 それが「功名漁り」と呼ばれる林半右衛門と「功名餓鬼」と呼ばれる花房喜兵衛(はなぶさ きへい)。

 彼らは互角の戦いを繰り広げていましたが、戸沢家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門は窮地に追い込まれます。

 このとき、白羽の矢が立ったのが、山奥でひっそりと暮らす小太郎でした。彼のスナイパーとしての腕が買われ、戦場に連れ出されることになったのです。彼の活躍によって得たものとは!?

 圧倒的な強さを誇る林半右衛門

 林半右衛門が圧倒的な強さを誇ったのは、養育係である藤田三十郎の育て方によるものでした。

 三十郎が半右衛門を育成するに当たって立てた方針は、「卑怯な振る舞いはするな」という常識的なことだけ。

 その他は、どれだけ失敗しても叱りませんでした。むしろ、失敗の原因を探り出しては、それを褒め上げ、半右衛門が自らの才能に疑問を持たないようにしたのです。

 自信を持った者の働きには躊躇がありません。元服した半右衛門は臆することなく初陣で槍を振るい、目立つ武功を立てました。

 三十郎はそんな半右衛門を褒め上げ、さらに半右衛門は自信を強固にして武功を立て、それをさらに褒め極め、半右衛門は他国に響く名将に成長したのです。

 しかし、自信を持ちすぎた弊害もありました。半右衛門は、他の武将に従おうとはせず、気の向くままに強敵に立ち向かい、なぎ倒していきます。功名を他人に譲る優しさはありません。

 その結果、下級武士からの人気は高まりましたが、上級武士からは嫌われました。特に、戸塚家の跡継ぎである図書に嫌われ、大切な人を奪われることに。

 自分の利益ばかり追い求めることの怖ろしさがわかる物語です。

 阿呆にしか見えない小太郎

 半右衛門とは対照的に、功名にはまったく興味がなく、阿呆にしか見えない子どもがいました。それが小太郎。

 小太郎は近所に住む悪童たちからいじめられていました。頭の上に柿を乗せられ、遠くから鉄砲で撃たれる――鉄砲の的がわりにされていたのです。

 しかし、小太郎は何をされても怒りませんでした。むしろ、悪童たちと一緒にいられることに喜びを感じていたのです。なぜなら友だちが欲しかったから。

 とはいえ、友だちとして一緒に遊んでいるわけではありません。そこで、小太郎は人並み以上になりたいと願うようになります。そうすれば友だちが出来ると思ったんですね。

 そんな小太郎にチャンスが訪れます。鉄砲試合に出場することになったのです。そこで披露した彼の腕前は圧倒的でした。しかし――。

 何かを得るということは、同時に何かを失うことでもあるんですね。

 出世の代償は高くつく!?

 そんな半右衛門と小太郎の運命を変える出来事が起こります。戸塚家の跡継ぎである図書の失策により、半右衛門が窮地に陥ったのです。

 そこで半右衛門は、小太郎を戦場に連れ出すよう策を練りました。

 その結果、小太郎を戦場に引きずり出すことはできましたが、半右衛門の心は粉々に砕け散ることに。一方の小太郎も大切な人たちを失うことになりました。

 出世の代償の高さに驚かされる物語です。

 最後に

 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。読めば、出世の代償の高さに驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

嫉妬と愛憎が渦巻く世界!?秋吉理香子『ジゼル』はバレエダンサーの生き様を描いたミステリー小説

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を記念して、これまで封印してきた「ジゼル」を公演することにした東京グランド・バレエ団で次々と悲劇が起こる物語です。  読めば、嫉妬と愛憎が渦巻く …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …