webstation plus

strategise_01

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。

 では、成功できる人とできない人の違いはどこにあるのでしょうか。本『吉本芸人に学ぶ生き残る力』を参考に考えてみましょう。

 人気の吉本芸人が実践している3つのこと

 それは:

  1. 常識を知る
  2. 徹底的に取り組む
  3. 好きなことをする

 それぞれ簡単に説明していきますね。

1. 常識を知る

 人を笑わせるには「非常識」な行動を取る必要があります。そして、非常識な行動を取るには、「常識を知る必要がある」と、吉本総合芸術学院(NSC)の講師・本多正識さんは言います。

 たとえば、劇作家の世界では、人を悲しませたり、怒らせたり、感動させたり…といった人の感情に訴えかける物語を綴る必要がありますが、そのためには、セオリーを学ばなければいけません。

 画期的な技術を発見したり、新商品をつくったり、人とは違う斬新な発想を生み出すにも、やはりセオリーを知る必要があります。なぜなら、斬新な発想(=非常識)は、セオリー(=常識)を知ってはじめて成立するからです。

 南海キャンディーズの山里亮太さんも常識を身につけることで現在のポジションを確立したひとり。山里さんは、当時、池上彰さんが司会をしていた「週刊子どもニュース」を見たり、政治・経済のハードカバー本を楽屋にまで持ち込んで勉強していたそうです。なぜなら:

「紳助さんやさんまさんに、山里どうやねんて言われたときにすぐに返事ができないと僕のポジションはなくなりますから。だから一番勉強してます」

 山里さんは誰よりも常識を身につけることで面白い発言ができるようになりました。私たちも斬新な発想ができるように常識を身につけていきたいですね。

2. 徹底的に取り組む

 「プロとして成功したい」「売れたい」――このような想いを持ち、実際に成功している人たちは、一体どれくらいの時間、夢に向かって行動してきたのでしょうか。

 キングコングの西野さんは、売れない時代には、目が覚めたらすぐに相方の梶原さんと集合して、1日17~18時間程度、漫才の練習をしていたそうです。「やるだけのことはやってきたから、結果はどうあれ落ち込むことはない」といえるほど、準備段階でやりきってきたのだとか。

 ナインティナインの岡村隆さんも、あるインタビューで「技術的な部分以外で売れた理由は何?」と聞かれて次のように答えています。

一つだけあるとしたら、真面目に不真面目なことに取り組んできたっていうことでしょうか。ただただ僕が「テレビに出たい!」「いい車乗りたい」「いい女抱きたい」「お金ほしい」っていうのだけでやってたら、たぶんここまで来ることもなかったんやろうなっていう…。ホンマに一生懸命、「どうしたら笑い取れるんやろ」って、とにかく真面目にはやってきましたね。

 西野さんや岡村さんのように、売れ続けている人たちは、目の前のことに全力で取り組んでいます。私たちも口だけでなく、実際に行動していきたいですね。

3. 好きなことをする

 ウーマンラッシュアワーの村本さんは、自分の好きなネタをやり続けることで今のスタイルを確立したそうです。

 村本さんが芸人を始めて6~7年目の頃は、自分では納得できない仕上がりだったので、1年以上もオーディションに参加しなかったのだとか。何をやってもウケなかったし、ファンもできなかったので、ストレスで体重が100kg近くまで増えたそうです。

 そうしてどん底まで追い詰められたとき、「もう、お客さんを笑わすよりも、自分が楽しめるネタをやろう」と考え、ネタを変えた。するとそれがウケ、今のスタイルが確立できたそうです。

 私たちは「売れたい」という欲望を満たすために、誰かの真似をしたり、小手先の技術を身につけようとしがちですが、それよりも「楽しむ」ことが大切なんですね。

 最後に

 今回紹介してきたように、吉本の人気芸人たちは、常識を知り、好きなことに徹底的に取り組むことで、多くの人たちを惹きつけています。ごく当たり前のことばかりですが、基本に忠実に取り組むことが売れる近道なのかもしれません。

 何かで「成功したい!」と考えている方は、今回紹介した方法を実践してみてはどうでしょうか。

 関連記事

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

仕事ができない人に決定的に足りない能力

(※『考える練習をしよう』表紙より)  今、一緒に仕事をしている派遣の方は、まったく仕事ができません。  締め切りに遅れるのは当たり前で、問題が起きても放ったらかし。「どうするんですか?」と聞いても何も答えられません。挙 …

中途半端な努力はムダ!?勝利を手に入れるための法則

(※『ハードワーク』表紙より)  2015年のラグビーワールドカップ。日本は、優勝候補の南アフリカに勝利しました。  しかし、前評判は日本が負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で過去2回も …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

「3ヶ月」あれば仕事の成果は劇的に変えられる

(※『「3か月」の使い方で人生は変わる』表紙より)  仕事で思うようなアウトプットが出せない…と悩んでいませんか?  私はよく悩んでいました。そして、その原因を「時間が足りない」「リソースが足りない」からだと言い訳をして …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

「何のために働くの?」会社のため?自分のため?

(※『言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』表紙より)  「何のために働くの?」と聞かれてすぐに答えられますか。  もし答えられないようなら、少し考えてみたほうがいいかもしれません。なぜなら、私たちは理由が …