webstation plus

(※『のぼうの城 上』表紙より)


 和田竜さんの小説『のぼうの城』。

 約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか!」と驚くこと間違いなし!?

 今回は『のぼうの城』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『のぼうの城』のあらすじ

 物語の舞台は戦国時代の日本。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、未だに従おうとしない関東の王・北条氏を滅ぼすことに決めました。

 そこで秀吉はお気に入りの武将・石田三成に手柄を立てさせようと、二万の軍勢を与え、武州忍城(ぶしゅう おしじょう)を攻めるよう命じます。

 対する成田軍は五百。圧倒的な軍事力を前に成田家当主・氏長(うじなが)は北条氏を裏切って秀吉に降伏する手筈を整えましたが、”のぼう様”と呼ばれる長親によって戦に踏み切ることになりました。

 こうして二万対五百の歴史に残る戦が始まります。

 水攻めに憧れた武将・石田三成

 二万対五百の無謀とも思える戦が始まったのは、石田三成が戦になるよう仕向けたことがきっかけでした。

 三成は、戦わずして降伏してくる武将たちをみて、「人間とはこんなものなのか!?」と落胆していました。武力や金にものを言わせれば、歯向かうことなく従ってしまう情けない生き物なのかと悲しんでいたのです。

 そこで、自分より立場の弱い人間をいたぶるのが大好きな長束正家(なつか まさいえ)を使者として忍城に送り、反応を伺います。その結果、戦へと踏み切った成田勢を見て「まだまだ人間も捨てたものじゃない!」と大喜びしました。

 こうして成田勢を戦に踏み切らせた三成は、以前から憧れを抱いていた「水攻め」を試すチャンスを得ます。秀吉が得意とした戦法を自分でも試してみたいと思っていたんですね。

 つまり、三成は戦に勝つことを目的とせず、自分の願望を叶えるために多くの人の命を巻き込みました。こうした自己中心的な考え方が、後の関ヶ原の合戦の敗因へとつながっていったのかもしれませんね。

 魅力溢れる成田家の武将たち

 二万の石田軍を迎え撃つ成田軍は、総勢五百と圧倒的に数は少ないものの、個性的で魅力溢れる武将が揃っていました。

 代表的なのがこの三人。

 まず一人目は、成田家の家老・正木丹波守利英(まさきたんばのかみとしひで)。

 長親とは幼い頃からの友人で、成田家家中で最も優れた者だけが持つ「皆朱の槍」を許された男。信長の代理で攻め込んできた滝川一益(たきがわ かずます)に「漆黒の魔神をみた」と何度もつぶやかせるほどの腕の持ち主です。

 その丹波と互角に渡り合うのが柴崎和泉守(しばさきいずみのかみ)。

 身体全体を骨格筋で固めた鎧のような体躯をしており、戦場で睨みつけると、気の弱い敵であれば気を失うほど。

 三人目は家老になって一年足らずの酒巻靭負(さかまきゆきえ)。毘沙門天の生まれ変わりだと自称する戦略家。

 この自尊心の塊のような三人が従ったのが成田長親でした。しかし、長親は――。

 “のぼうさま”と呼ばれる名将・成田長親

 いわゆる名将と呼ばれる人物とは、かけ離れていました。信長のような統率力もなければ、秀吉のような知力、家康のような忍耐力もありません。

 そればかりか、乗馬もできず、刀術、槍術、体術などあらゆる運動もできない、ただ大きいだけの醜男でした。

 そんな長親が唯一持ち合わせていたのが、「人に対する度外れた甘さ」。家臣や領民からは「でくのぼう」を略して”のぼうさま”と呼ばれていましたが、それは蔑称ではなく、親しみを込めた呼び名でした。

 つまり、長親は誰もが助けずにはいられなくなる頭領だったのです。だから、一癖も二癖もある武将や領民たちから支持されていたのですね。

 さらに長親にはプライドがありました。二万対五百という圧倒的な差があろうとも、弱いものを小ばかにする石田軍に従うことを拒否します。「わしは許さん!」と立ち向かう決意をします。

 こうして、家臣や領民から支持される成田軍・五百と、自らの願望を成し遂げたい三成軍・二万が激突しました。その結果は――。

 最後に

 和田竜さんの小説『のぼうの城』。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか!」と驚くこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …