webstation plus

chocolate_01

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発揮している。

 これが豊臣秀吉になると、「人たらし」タイプのリーダーシップとなる。彼は、お金をばら撒いたり、豪遊したり、脅しをかけたりすることで、他人をうまくのせた。そうやって天下を勝ち取ったのだ。

 徳川家康はどちらのタイプでもない。彼は「堅実的」なリーダーシップを発揮している。規律や常識を好み、それらからはみ出すような考えや行動を嫌う。現代でいうところの官僚的な考え方の持ち主だ。

 そして、小説『のぼうの城』の主人公である成田長親は、大人の甘さをもったリーダーシップを発揮する人物だった。ちなみに、「のぼう」とは「でくのぼう」の略。それに申し訳程度に「様」をつけて、「のぼう様」と呼ばれるような人物だった。

 彼は侍でありながら農作業が大好きで、よく領民の作業を手伝いたがったが、断固拒否された。不器用なため、手伝いになるどころか、かえって迷惑になるからだ。剣術はめっぽう苦手。馬にさえ乗れない。策略が立てられるわけでもないし、美男でもない。要するに、強くもなく、賢くもなく、美しくもない、ただ大きいだけの人物。それが成田長親である。

 しかし、長親は豊臣秀吉の小田原攻めに際して、わずか3000人の軍勢で石田三成を総大将とする2万3000人の大軍から居城の忍城(おしじょう)を守り抜く。なぜ、守れ抜けたのか。それは、優秀な成田家の家臣――漆黒の魔人との異名をもつ正木丹波守利英、筋骨隆々とした巨漢・柴崎和泉守、毘沙門天の化身と自称する酒巻靱負といった家臣たち、そして領民たちが決死の覚悟で戦ったからだ。

 では、なぜ、家臣や領民たちは、自らの命をなげうってまで石田軍と戦ったのだろう。素直に考えれば「のぼう様」と呼ばれる長親につくよりも、石田軍に降ったほうが得である。

 結論からいえば、長親を慕っていたからだ。命を投げ出してもかまわないと思えるほどの人物だったからだ。たしかに、長親には、武力も、知力も、外見的な魅力もない。しかし、彼には「あるもの」があった。それは「並外れた誇り」だ。

 強き者が強き者を呼んで果てしなく強さを増していく一方で、弱者は際限なく虐げられ、踏みつけられ、一片の誇りを持つことさえも許されない。小才がきく者だけがくるくると回る頭でうまく立ち回り、人がましい顔で幅をきかす。ならば無能で、人が好く、愚直なだけが取り柄の者は、踏み台となったまま死ねというのか。「それが世の習いと申すなら、わしは許さん」

――と、危機迫る状況で言い放てるほどの「並外れた誇り」を持っていたのである。

 おもえば名将とは、人に対する度外れた甘さを持ち、それに起因する巨大な人気を得、それでいながら人智の及ばぬ悪謀を秘めた者のことをいうのではなかったか。すなわち、長親は名将だったのだ。普段の生活でみせている甘さの底に、人知れない苦さ(誇り)をもつ名将だったのである。

 さて、私たちはこの物語から何を学べばいいのだろう。それは、次の二つ。ひとつは、人は見た目では判断できないということ。いくら「でくのぼう」のように見えたとしても、「いざ」というときにこれほど頼りになる人物はいない。そして、もうひとつが、人にはそれぞれ固有の才能があり、それを生かすことこそが「リーダーシップを発揮する」ということである。

 織田信長や豊臣秀吉、徳川家康、そして成田長親。彼らはそれぞれ自分にあったリーダーシップを発揮し、戦国時代を生き抜いてきた。私たちも「現代という戦国時代」を生き抜くには、自分らしいリーダーシップを発揮していくしかない。あなたは、どんなリーダーシップを発揮して現代を生き抜くつもりだろうか。

 関連記事

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。  「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …