webstation plus

 英語でプレゼンできますか?

 私はできません。先日も英語でプレゼンをする機会があったのですが、「英語が話せない」という理由で断り、先輩に代わっていただきました。はぁ、情けない…。

 もちろん、このままではダメですよね。先輩にも迷惑がかかるし、私自身も仕事の幅が広がりません。だからこそ、英語の勉強を再スタートする必要があるのですが、これまでの挫折経験が邪魔をしてモチベーションがあがらないんですよね。勉強したところでどうせ話せないだろう…と思っています。

 そこで、勝間和代さんの著書『最後の英語やり直し!』を読んでモチベーションを上げることにしました。本のタイトルからして今の私にピッタリ!?

 ちなみに、Amazonのカスタマーレビューで「勝間さんの英会話力ではビジネスシーンで役に立たない。そんな人が書いた本なんて読む必要がない」と酷評している方もいますが、私のような英語がまったく話せない人にはオススメの本だと思います。

 この本を読んで、わかったことは次の2つ。

  1. 英語の上達に必要なのは「コツ」よりも「蓄積」
  2. 英語を勉強するよりも英語を活用した方が上達できる

 それぞれ簡単に説明していきますね。

 英語の上達に必要なのは「コツ」よりも「蓄積」

 英語を勉強しようと思ったとき、「~だけ」「簡単~」という言葉に惑わされていませんか?

 私は惑わされていました。ほんの少しの単語だけ覚えれば英語が話せるようになるとか、聞き流しているだけで英語が話せるようになるとか。

 しかし、こういった情報どおりに行動しても、なかなか思うようにはいかないんですよね。なぜなら、英語が上達するかどうかは、コツではなく蓄積で決まるからです。

 私たちは中学生になってから学生時代が終わるまでの膨大な時間を英語に捧げてきましたが、それでも英語が話せるようになれませんでした。それは、テストで良い点数を取るコツを学んできたからであって、英語そのものが蓄積されなかったからです。

 実際、授業の大半は、日本語で行われており、英語に触れている時間は10%程度。受験勉強でも、英文和訳が中心で英語が蓄積できません。

 さらに、大人になってからも、「~だけ」「簡単~」という言葉に惑わされて、すぐに英語が話せるようになると勘違いし、地道な努力ができないんですよね。なので、いつまで経っても英語が話せるようになれないのです。

 そこで、まずは質なんて気にしないで英語に触れる時間を増やすこと。英語は、家族の名前や誕生日、言葉の意味を覚えるように記憶しようとしても身につきません。自転車の乗り方やスポーツ、楽器の演奏方法を覚えたときのように、繰り返し練習して身体で覚えるしかないのです。

 ぜひ、英語に触れる時間を増やし、身体に叩き込みましょう。

 英語を勉強するよりも英語を活用した方が上達できる

 では、どれくらいの時間、英語に触れる必要があるのでしょうか。

 勝間さんは、1週間に2時間程度ではまったく足りない、毎日、できるかぎり触れる必要があると言われています。

 そうはいっても、「そんな時間なんてない!」という方も多いでしょう。

 そんな方にオススメなのが、英語を活用するという方法。英語そのものを勉強するのではなく、英語で情報を得る、趣味や仕事を英語に結びつけて勉強するなど、実生活で英語を活かす方法を考えるのです。

 たとえば、新しい技術を習得するには論文を読まなければいけませんが、このとき、あえて英語の論文を読んでみる。海外のテレビゲームで遊んだり、小説の原書を読むのもいいでしょう。このように、他の活動と英語を結びつけて、英語に触れる時間を増やすわけですね。

 一般的に、英語が苦手な人は、文法でも、発音でも、単純に語彙が不足しているからだと言われています。知らない単語は聞いても分かりませんし、話せません。

 そこで、趣味や仕事の時間に英語を活用することで語彙の獲得に費やす時間を増やすわけです。そうすれば、苦手意識が克服でき、一定時間(10000時間程度)を超えれば必ず話せるようになれるのだとか。

 最後に

 というわけで、私も今日から英語を活用することにしました。具体的には:

  1. NHKで放送中のリトルチャロを見る
  2. ハリーポッターの原書を読む
  3. コンピュータビジョンの論文(英語)を読む

 これらを実践すれば、英語に触れる時間が今よりも劇的に増えるので、近々英語が話せるようになれるはず。早く先輩に迷惑がかからないようになりたいと思います。私のように英語が話せない方はぜひお試しください。

 関連記事

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

良いアイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「何もアイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立 …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

吉本芸人に学ぶ「プロとして成功するための秘訣」

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢の実現に向けて挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功を収めることができるのは、ほんの一握りの人たち。  では、プ …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …