webstation plus

 英語でプレゼンできますか?

 私はできません。先日も、仕事で英語のプレゼンをする機会があったのですが、「英語が話せない」という理由で断り、先輩に代わっていただくことになりました。はぁ、情けない。

 もちろん、このままではダメですよね。先輩に迷惑がかかるし、私自身も仕事の幅が広がりません。だからこそ、英語の勉強を再スタートする必要があるのですが、これまでの挫折経験が邪魔をしてモチベーションがあがらないんですよね。勉強したところで話せないだろう…と心のどこかで思っています。

 そこで、勝間和代さんの著書『最後の英語やり直し!』を読んでモチベーションを上げることにしました。本のタイトルからして今の私にピッタリ!?

 ちなみに、Amazonのカスタマーレビューで「勝間さんの英会話力はビジネスでは役に立たない。そんな人が書いた本を読む必要なんてない」と酷評している方もいますが、私のような勝間さんレベルに達していない人にはオススメの本だと思います。

 この本を読んで、わかったことは次の2点。

  1. 英語はコツではなく蓄積で上達するかどうか決まる
  2. 英語を勉強したつもりになって満足してはいけない

 英語はコツではなく蓄積で上達するかどうか決まる

 英語の勉強をするとき、家族の名前や誕生日、言葉の意味を覚えるように記憶しようとしていませんか。

 私はそうしてきました。『DUO 3.0』を買って単語を覚えようとしたり、『総合英語Forest』を買って文法を覚えようとしたり。しかし、どれも長続きしないんですよね。面白くないから。

 それでも英語を話せるようになりたいので、今度こそは!と気合を入れて「簡単――」「――だけ」といったタイトルの本を買って読んできましたが、すべて挫折しました。その理由を勝間さんは次のように述べられています。

 結局、学習の正体は「試行錯誤」だと思っています。さまざまなやり方を試して、自分なりに取捨選択して、その中で自分に合ったもの、役立ったものを残すしかないわけです。だからこそ、――だけ、では役に立たないし、また、やり方自体を自分で開発できなければ、英語学習そのものの深みも薄れてしまいます。自転車も、スキーも、うまくいかない方法を知って、初めてバランスが上手にとれるようになるのと同じです。

 つまり、自転車の乗り方を覚えたときのように、スポーツや音楽(ピアノやギター)が上達したときのように、英語も繰り返し練習して身体で覚えるしかないのです。

 しかし、どれだけ時間をかけて英語を勉強しても上達しない人もいます。なぜでしょうか。

 英語を勉強したつもりになって満足してはいけない

 それは英語を勉強したつもりになっているからです。

 たとえば、私たちは中学生になってから学生時代が終わるまでの膨大な時間を英語に捧げてきましたが、それでも英語が話せるようになれませんでした。なぜなら:

 「英語の授業の大半は、実際には日本語だけに触れており、実質的に英語に触れている時間はその1時間の10%くらいしかない。日本語で英語を教わるのは効果が薄い」

 からです。日本語の解説が多いテレビの英語教育番組や英語教材、あるいは英文和訳など英語よりも日本語に触れている時間が多ければ、どれだけ長時間英語を勉強したつもりになっても蓄積されていかないんですね。

 では、どうすれば長時間英語に触れていられるのでしょうか。

 長時間英語に接する方法

 結論からいえば、自分がわかるものや興味があるものを英語で読んだり、聞いたりすることです。たとえば、ゲームが好きな人は、海外でも人気のゲームを購入して、英語の攻略サイトを読んでみるのもひとつ。

 つまり、英語そのものを勉強するのではなく、英語で情報を得る、英語と別の活動を結びつけるなど、英語を活用することが大切なんですね。そうすれば、英語を勉強しようとするよりもモチベーションが保てるはず。

 まとめ

 というわけで、私は楽しみながら英語と接することにしました。具体的には:

  • NHKで放送中のリトルチャロを見る
  • ハリーポッターの原書を読む
  • 仕事で必要なコンピュータビジョンの本を読む

 ということをやろうと思います。そうすれば、少なくとも英語に触れている時間が今よりも増えるはず。この挑戦がある程度続いたら、スピーキングの練習にも挑戦していきます。

 関連記事

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …