webstation plus

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。

 実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリストラを断行しています。

 一方で、大企業の落ち目をみた一部の人たちが、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」などと発言していますが…。

 果たして本当にそうなのでしょうか。

 誰からも選ばれない魅力のない主人公

 物語の主人公は、学歴も、お金も、見たもの良さも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生・御手洗くん。

 彼はこれまでの人生で、女性とまともに話した経験がありませんでした。女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたり、嫌われたりして、プライドが傷つくことを恐れていたからです。

 それにも関わらず、彼はいつか美人な女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたんですよね。

 もちろん、そんな夢物語が実現することなどありません。自ら行動を起こそうとせず、ゲーム三昧の日々を過ごす御手洗くんに魅力を感じる女性などいないからです。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男性があらわれます。春男です。

 春男は御手洗くんよりもブサイクでダサい恰好をしていましたが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張りました。実際、彼が声をかけると多くの女性が立ち止まります。

 それだけでなく、春男と話すと誰もが笑顔になるんですよね。なぜなら…。

 ブサイクでもダサくても「強い意志」があれば人を引き寄せられる

 「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志をもっていたからです。

 さらに、彼は「テンパった数だけ人は成長する」という信念をもっていました。自分を着飾ろうとする気持ちは、前に進む力を萎えさせるからです。

 だからこそ、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していました。見ているだけで恥ずかしくなるような行動も躊躇なくとっていきます。

 白地のTシャツにマジックで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ刺しの着ぐるみをきたり、男性たちからの悪意ある攻撃に乗っかったりと、笑われることを気にせず、相手を喜ばせることに集中します。

 そんな春男の姿をみた御手洗くんは、あることに気づきました。

 自分はこれまで命がけで何かをしたことがあっただろうか、もし全力で何かにぶつかっていたら、これまでとは違う結果を生み出すことができたのではないだろうか…と。

 また、どれだけ女性に好意をもったとしても、「相手から選ばれなければ恋愛は成立しない」という当たり前のことに気づくんですよね。

 相手から選ばれないと何もはじまらない

 就活でも、恋愛でも、ブログでも、私たちはいつも誰かに選ばれながら生きています。就活の面接時間に限らず、判断される時間はほんの一瞬です。

 だからこそ、「強い意志」をもって少しでも選ばれる行動をとっていくべきなんですよね。

 もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるでしょう。

 しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わりません。春男のようにどれだけ不利な条件でも、未来につながるような行動をとっていきたいですね。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

秋吉理香子『ジゼル』感想/バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?  私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか?

 この前のエントリにも書きましたが、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』に登場する主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供には明るい未来はないのか?と叫びたくなるほど、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …