webstation plus

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。

 実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリストラを断行しています。

 一方で、大企業の落ち目をみた一部の人たちが、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」などと発言していますが…。

 果たして本当にそうなのでしょうか。

 誰からも選ばれない魅力のない主人公

 物語の主人公は、学歴も、お金も、見たもの良さも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生・御手洗くん。

 彼はこれまでの人生で、女性とまともに話した経験がありませんでした。女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたり、嫌われたりして、プライドが傷つくことを恐れていたからです。

 それにも関わらず、彼はいつか美人な女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたんですよね。

 もちろん、そんな夢物語が実現することなどありません。自ら行動を起こそうとせず、ゲーム三昧の日々を過ごす御手洗くんに魅力を感じる女性などいないからです。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男性があらわれます。春男です。

 春男は御手洗くんよりもブサイクでダサい恰好をしていましたが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張りました。実際、彼が声をかけると多くの女性が立ち止まります。

 それだけでなく、春男と話すと誰もが笑顔になるんですよね。なぜなら…。

 ブサイクでもダサくても「強い意志」があれば人を引き寄せられる

 「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志をもっていたからです。

 さらに、彼は「テンパった数だけ人は成長する」という信念をもっていました。自分を着飾ろうとする気持ちは、前に進む力を萎えさせるからです。

 だからこそ、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していました。見ているだけで恥ずかしくなるような行動も躊躇なくとっていきます。

 白地のTシャツにマジックで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ刺しの着ぐるみをきたり、男性たちからの悪意ある攻撃に乗っかったりと、笑われることを気にせず、相手を喜ばせることに集中します。

 そんな春男の姿をみた御手洗くんは、あることに気づきました。

 自分はこれまで命がけで何かをしたことがあっただろうか、もし全力で何かにぶつかっていたら、これまでとは違う結果を生み出すことができたのではないだろうか…と。

 また、どれだけ女性に好意をもったとしても、「相手から選ばれなければ恋愛は成立しない」という当たり前のことに気づくんですよね。

 相手から選ばれないと何もはじまらない

 就活でも、恋愛でも、ブログでも、私たちはいつも誰かに選ばれながら生きています。就活の面接時間に限らず、判断される時間はほんの一瞬です。

 だからこそ、「強い意志」をもって少しでも選ばれる行動をとっていくべきなんですよね。

 もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるでしょう。

 しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わりません。春男のようにどれだけ不利な条件でも、未来につながるような行動をとっていきたいですね。

 関連記事

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

 家族と上手くいってますか?  私は家族とはいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。  しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に自分勝手な人がいると、そのせいで一生ツライ思いをすることに …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …