水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

おすすめ小説

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。

 実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリストラを断行しています。

 一方で、大企業の落ち目をみた一部の人たちが、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」などと発言していますが…。

 果たして本当にそうなのでしょうか。




スポンサーリンク

 誰からも選ばれない魅力のない主人公

 物語の主人公は、学歴も、お金も、見たもの良さも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生・御手洗くん。

 彼はこれまでの人生で、女性とまともに話した経験がありませんでした。女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたり、嫌われたりして、プライドが傷つくことを恐れていたからです。

 それにも関わらず、彼はいつか美人な女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたんですよね。

 もちろん、そんな夢物語が実現することなどありません。自ら行動を起こそうとせず、ゲーム三昧の日々を過ごす御手洗くんに魅力を感じる女性などいないからです。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男性があらわれます。春男です。

 春男は御手洗くんよりもブサイクでダサい恰好をしていましたが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張りました。実際、彼が声をかけると多くの女性が立ち止まります。

 それだけでなく、春男と話すと誰もが笑顔になるんですよね。なぜなら…。

スポンサーリンク

 ブサイクでもダサくても「強い意志」があれば人を引き寄せられる

 「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志をもっていたからです。

 さらに、彼は「テンパった数だけ人は成長する」という信念をもっていました。自分を着飾ろうとする気持ちは、前に進む力を萎えさせるからです。

 だからこそ、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していました。見ているだけで恥ずかしくなるような行動も躊躇なくとっていきます。

 白地のTシャツにマジックで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ刺しの着ぐるみをきたり、男性たちからの悪意ある攻撃に乗っかったりと、笑われることを気にせず、相手を喜ばせることに集中します。

 そんな春男の姿をみた御手洗くんは、あることに気づきました。

 自分はこれまで命がけで何かをしたことがあっただろうか、もし全力で何かにぶつかっていたら、これまでとは違う結果を生み出すことができたのではないだろうか…と。

 また、どれだけ女性に好意をもったとしても、「相手から選ばれなければ恋愛は成立しない」という当たり前のことに気づくんですよね。

スポンサーリンク

 相手から選ばれないと何もはじまらない

 就活でも、恋愛でも、ブログでも、私たちはいつも誰かに選ばれながら生きています。就活の面接時間に限らず、判断される時間はほんの一瞬です。

 だからこそ、「強い意志」をもって少しでも選ばれる行動をとっていくべきなんですよね。

 もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるでしょう。

 しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わりません。春男のようにどれだけ不利な条件でも、未来につながるような行動をとっていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました