webstation plus

couple_02

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東芝、ソニーといった巨大企業でさえリストラを断行している。

 とはいえ、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だけだ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」といった発言を聞くと首を傾げたくなる。なぜなら、私たちは企業だけでなく、いつも誰かに選ばれながら生きているからだ。

 たとえば、恋愛もそのひとつだろう。どれだけ相手に好意をもったとしても、相手から選ばれなければ恋愛は成立しない。

 だから、私たちが考えるべきことは、「就活や恋愛のあり方に文句をつける方法」ではなく、「どうすれば相手から選ばれる自分になれるのか」、すなわち「魅力的な自分になれるのか」だ。

 小説『大金星』の主人公・御手洗くんも魅力がない――学歴も、お金も、かっこよさも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生だった。彼はこれまでの人生で女性とまともに話した経験さえなかった。もちろん、モテたことなどない。それなのに、彼は自ら行動を起こそうとはせず、ゲーム三昧の毎日を過ごしていた。なぜか。

 女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたりして、プライドが傷つくことを怖れていたからだ。しかも残念なことに、彼はいつか美人の女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたのである。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男があらわれる。春男だ。春男は御手洗くんよりもさらに魅力がない人間だったが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張る。実際、春男が女性たちに声をかけると、彼女たちは立ち止まって春男の話に耳を傾けた。さらに、彼女たちは春男と話すことで笑顔になったのだ。御手洗くんにとって、これは衝撃の事実だった。「自分よりもブサイクな春男がなぜ?」そんな疑問が沸きあがってきた。

 ではなぜ、春男は初対面の女性を立ち止まらせ、笑顔にさせることができたのだろうか。結論からいえば、「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからだ。他人にバカにされようが、笑われようが、プライドを傷つけられようが、「女性と仲良くなりたい」という一心で行動していたからだ。

 実際、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していた。誰がみても恥かしくなるような行為――Tシャツに手書きで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ挿しのコスプレをして笑わせようとしたりしていた。そうまでしても「女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからこそ、何の後ろ盾もない春男に女性たちは心を動かされたのだろう。

 さて、この物語からわかることは、「強い意志」さえあれば、現状はいくらでも変えていけるということだ。もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるだろう。しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わらない。だからこそ、私たちは自分で変えられるもの、すなわち「強い意志」をもって行動していく必要がある。

 就活でも、恋愛でも、ブログでも――私たちはいつも誰かに選ばれながら生きている。もし、それらで望んでいる結果を得たいのなら、テンパろうが、バカにされようが、プライドを傷つけられようが、強い意志をもって春男のように行動していこう。そうすれば、今よりもずっと素晴らしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …