webstation plus

couple_02

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東芝、ソニーといった巨大企業でさえリストラを断行している。

 とはいえ、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だけだ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」といった発言を聞くと首を傾げたくなる。なぜなら、私たちは企業だけでなく、いつも誰かに選ばれながら生きているからだ。

 たとえば、恋愛もそのひとつだろう。どれだけ相手に好意をもったとしても、相手から選ばれなければ恋愛は成立しない。

 だから、私たちが考えるべきことは、「就活や恋愛のあり方に文句をつける方法」ではなく、「どうすれば相手から選ばれる自分になれるのか」、すなわち「魅力的な自分になれるのか」だ。

 小説『大金星』の主人公・御手洗くんも魅力がない――学歴も、お金も、かっこよさも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生だった。彼はこれまでの人生で女性とまともに話した経験さえなかった。もちろん、モテたことなどない。それなのに、彼は自ら行動を起こそうとはせず、ゲーム三昧の毎日を過ごしていた。なぜか。

 女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたりして、プライドが傷つくことを怖れていたからだ。しかも残念なことに、彼はいつか美人の女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたのである。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男があらわれる。春男だ。春男は御手洗くんよりもさらに魅力がない人間だったが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張る。実際、春男が女性たちに声をかけると、彼女たちは立ち止まって春男の話に耳を傾けた。さらに、彼女たちは春男と話すことで笑顔になったのだ。御手洗くんにとって、これは衝撃の事実だった。「自分よりもブサイクな春男がなぜ?」そんな疑問が沸きあがってきた。

 ではなぜ、春男は初対面の女性を立ち止まらせ、笑顔にさせることができたのだろうか。結論からいえば、「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからだ。他人にバカにされようが、笑われようが、プライドを傷つけられようが、「女性と仲良くなりたい」という一心で行動していたからだ。

 実際、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していた。誰がみても恥かしくなるような行為――Tシャツに手書きで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ挿しのコスプレをして笑わせようとしたりしていた。そうまでしても「女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからこそ、何の後ろ盾もない春男に女性たちは心を動かされたのだろう。

 さて、この物語からわかることは、「強い意志」さえあれば、現状はいくらでも変えていけるということだ。もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるだろう。しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わらない。だからこそ、私たちは自分で変えられるもの、すなわち「強い意志」をもって行動していく必要がある。

 就活でも、恋愛でも、ブログでも――私たちはいつも誰かに選ばれながら生きている。もし、それらで望んでいる結果を得たいのなら、テンパろうが、バカにされようが、プライドを傷つけられようが、強い意志をもって春男のように行動していこう。そうすれば、今よりもずっと素晴らしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …