webstation plus

couple_02

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東芝、ソニーといった巨大企業でさえリストラを断行している。

 とはいえ、「就活で選ばれるのは企業にとって使いやすい人間だけだ」とか、「短い時間の面接でいったい何がわかるんだ」とか、「そもそも企業に選ばれる必要なんてない」といった発言を聞くと首を傾げたくなる。なぜなら、私たちは企業だけでなく、いつも誰かに選ばれながら生きているからだ。

 たとえば、恋愛もそのひとつだろう。どれだけ相手に好意をもったとしても、相手から選ばれなければ恋愛は成立しない。

 だから、私たちが考えるべきことは、「就活や恋愛のあり方に文句をつける方法」ではなく、「どうすれば相手から選ばれる自分になれるのか」、すなわち「魅力的な自分になれるのか」だ。

 小説『大金星』の主人公・御手洗くんも魅力がない――学歴も、お金も、かっこよさも、これといった特技もない、どこにでもいそうな大学生だった。彼はこれまでの人生で女性とまともに話した経験さえなかった。もちろん、モテたことなどない。それなのに、彼は自ら行動を起こそうとはせず、ゲーム三昧の毎日を過ごしていた。なぜか。

 女性に声をかけて、笑われたり、バカにされたりして、プライドが傷つくことを怖れていたからだ。しかも残念なことに、彼はいつか美人の女性から声をかけられて付き合うことになると本気で信じていたのである。

 そんな御手洗くんの前に、西郷隆盛を彷彿させる男があらわれる。春男だ。春男は御手洗くんよりもさらに魅力がない人間だったが、なぜか「女性にだけは自信がある」と言い張る。実際、春男が女性たちに声をかけると、彼女たちは立ち止まって春男の話に耳を傾けた。さらに、彼女たちは春男と話すことで笑顔になったのだ。御手洗くんにとって、これは衝撃の事実だった。「自分よりもブサイクな春男がなぜ?」そんな疑問が沸きあがってきた。

 ではなぜ、春男は初対面の女性を立ち止まらせ、笑顔にさせることができたのだろうか。結論からいえば、「何があっても女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからだ。他人にバカにされようが、笑われようが、プライドを傷つけられようが、「女性と仲良くなりたい」という一心で行動していたからだ。

 実際、春男はプライドをかなぐり捨てて女性と接していた。誰がみても恥かしくなるような行為――Tシャツに手書きで漢字を書いてボケてみたり、しょうゆ挿しのコスプレをして笑わせようとしたりしていた。そうまでしても「女性と仲良くなりたい」という強い意志があったからこそ、何の後ろ盾もない春男に女性たちは心を動かされたのだろう。

 さて、この物語からわかることは、「強い意志」さえあれば、現状はいくらでも変えていけるということだ。もちろん、強い意志をもたなくても多くの人に選ばれる人もいるだろう。しかし、その人たちをどれだけ羨んでも現実は何も変わらない。だからこそ、私たちは自分で変えられるもの、すなわち「強い意志」をもって行動していく必要がある。

 就活でも、恋愛でも、ブログでも――私たちはいつも誰かに選ばれながら生きている。もし、それらで望んでいる結果を得たいのなら、テンパろうが、バカにされようが、プライドを傷つけられようが、強い意志をもって春男のように行動していこう。そうすれば、今よりもずっと素晴らしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …