webstation plus

 睡眠不足に悩まされていませんか。

・朝の目覚めが悪い
・どれだけ寝ても眠い
・昼食後は眠たくて仕方がない

 などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありません。いったいどうすればいいのでしょうか。

 今回は本『スタンフォード式 最高の睡眠』を参考に考えてみたいと思います。

 睡眠不足がもたらすリスクとは?

 睡眠不足に陥ると様々なリスクがあります。たとえば、

  • 「インスリン」の分泌が悪くなって血糖値が高くなり、糖尿病を招く
  • 食べ過ぎを抑制する「レプチン」というホルモンが出ず、太る
  • 食欲を増す「グレリン」というホルモンが出るため、太る
  • 交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる
  • 精神が不安定になり、うつ病、不安障害、アルコール依存、薬物依存の発症率が高くなる

 などなど。どれも怖ろしいリスクですよね。今すぐ睡眠不足は解消すべきです。

 眠り始めの90分が睡眠の質を決める!?

 では、どうすれば睡眠不足は解消できるのでしょうか。それは、眠り始めの90分の質を高めることです。

 実は眠り始めの90分が、睡眠の質を決めています。具体的には、次のような効果があるそうです。

①自律神経が整う
②グリースホルモン(成長ホルモン)が多く分泌される
③脳のコンディションが良くなる
④眠りたいという欲求の多くが解放される

 もちろん、ショートスリーパーでなければ、6時間以上眠る必要はありますが、眠り始めの90分の質でその日の睡眠の質が決まります。

 黄金の90分を確保する2つのスイッチ

 では、どうすれば眠り始めの90分の質が高められるのでしょうか。

 それは、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きること。少なくとも日付が変わる前、できれば23時にはベッドに入ることです。

 とはいえ、「そんな時間になんて寝られない!」という人も多いでしょう。それでも出来るだけ早く寝ることが大切。夜の用事を朝にシフトするなどして、早寝するようにしましょう。

 その上で、次の2つのスイッチを押せば、さらに睡眠の質が高まります。

①体温のスイッチを押す

 質の良い睡眠を得るには、身体内部の温度(深部温度)と皮膚温度の差を縮める必要があるそうです。臓器や筋肉、脳を休ませるために体内の温度を下げる必要があるのですね。

 そのために効果的なのがお風呂。就寝の90分ほど前に入浴すれば、ベッドに入る頃には深部温度が下がり、スムーズに入眠できます。

 就寝直前にお風呂に入るなら、40度未満のぬるいお風呂に15分より短い時間入ること。あるいはシャワーで済ませるようにしましょう。

②脳のスイッチを押す

 眠りにつく前は、脳を興奮させないことが大切です。興奮すると深部温度が下がらなくなるからです。

 寝る直前は出来るだけ退屈な状態をつくるようにしましょう。スマホやパソコン、テレビなどで脳を活性化させないように。

 最後に

 今回は、『スタンフォード式 最高の睡眠』を参考に睡眠不足を解消する方法について紹介しました。

 他にも、「起きている時の過ごし方で睡眠の質が決まる」「1日1時間以上の昼寝は認知症や糖尿病のリスクを高める」など、今すぐ知っておきたい内容が多数紹介されている本書。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …