webstation plus

 睡眠不足に悩まされていませんか。

・朝の目覚めが悪い
・どれだけ寝ても眠い
・昼食後は眠たくて仕方がない

 などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありません。いったいどうすればいいのでしょうか。

 今回は本『スタンフォード式 最高の睡眠』を参考に考えてみたいと思います。

 睡眠不足がもたらすリスクとは?

 睡眠不足に陥ると様々なリスクがあります。たとえば、

  • 「インスリン」の分泌が悪くなって血糖値が高くなり、糖尿病を招く
  • 食べ過ぎを抑制する「レプチン」というホルモンが出ず、太る
  • 食欲を増す「グレリン」というホルモンが出るため、太る
  • 交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる
  • 精神が不安定になり、うつ病、不安障害、アルコール依存、薬物依存の発症率が高くなる

 などなど。どれも怖ろしいリスクですよね。今すぐ睡眠不足は解消すべきです。

 眠り始めの90分が睡眠の質を決める!?

 では、どうすれば睡眠不足は解消できるのでしょうか。それは、眠り始めの90分の質を高めることです。

 実は眠り始めの90分が、睡眠の質を決めています。具体的には、次のような効果があるそうです。

①自律神経が整う
②グリースホルモン(成長ホルモン)が多く分泌される
③脳のコンディションが良くなる
④眠りたいという欲求の多くが解放される

 もちろん、ショートスリーパーでなければ、6時間以上眠る必要はありますが、眠り始めの90分の質でその日の睡眠の質が決まります。

 黄金の90分を確保する2つのスイッチ

 では、どうすれば眠り始めの90分の質が高められるのでしょうか。

 それは、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きること。少なくとも日付が変わる前、できれば23時にはベッドに入ることです。

 とはいえ、「そんな時間になんて寝られない!」という人も多いでしょう。それでも出来るだけ早く寝ることが大切。夜の用事を朝にシフトするなどして、早寝するようにしましょう。

 その上で、次の2つのスイッチを押せば、さらに睡眠の質が高まります。

①体温のスイッチを押す

 質の良い睡眠を得るには、身体内部の温度(深部温度)と皮膚温度の差を縮める必要があるそうです。臓器や筋肉、脳を休ませるために体内の温度を下げる必要があるのですね。

 そのために効果的なのがお風呂。就寝の90分ほど前に入浴すれば、ベッドに入る頃には深部温度が下がり、スムーズに入眠できます。

 就寝直前にお風呂に入るなら、40度未満のぬるいお風呂に15分より短い時間入ること。あるいはシャワーで済ませるようにしましょう。

②脳のスイッチを押す

 眠りにつく前は、脳を興奮させないことが大切です。興奮すると深部温度が下がらなくなるからです。

 寝る直前は出来るだけ退屈な状態をつくるようにしましょう。スマホやパソコン、テレビなどで脳を活性化させないように。

 最後に

 今回は、『スタンフォード式 最高の睡眠』を参考に睡眠不足を解消する方法について紹介しました。

 他にも、「起きている時の過ごし方で睡眠の質が決まる」「1日1時間以上の昼寝は認知症や糖尿病のリスクを高める」など、今すぐ知っておきたい内容が多数紹介されている本書。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …