webstation plus

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。

 このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?

 もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止まって「ぼんやり」したほうがいいかもしれません。脳には「ぼんやり」しているときにだけ活性化する部位があるからです。

 今回は頑張りすぎている方に向けて、「なぜ、ぼんやりが必要なのか?」を本『「ぼんやり」が脳を整理する』を参考に紹介していきます。

 脳には3種類のネットワークがある

 私たちの脳内には、大きく3種類のネットワークがあるそうです。それは:

  • 実行系ネットワーク:脳の外に働きかけるネットワーク
  • デフォルトモードネットワーク:脳内に働きかけるネットワーク
  • セイリアンスネットワーク:上記2つを切り替えるネットワーク

 本『「ぼんやり」が脳を整理する』によると、この3種類のネットワークをうまく使えば、集中力が長続きし、アイデアが次々と浮かんでくるのだとか。具体的には、3種類のネットワークを使って、以下のプロセスを踏む必要があるそうです。

  1. 気づきをつくる
  2. ぼんやりする
  3. 自分を外から見る

 それぞれのプロセスでやるべきことを簡単に説明していきますね。

1. 気づきをつくる

 「気づきをつくる」ために必要なのは、実行系ネットワークとデフォルトモードネットワークのバランスをとることです。

 なぜ、バランスを取る必要があるのかと言うと、実行系ネットワークが働きすぎると、手当たり次第チャレンジして空回りするから。反対にデフォルトモードネットワークが働きすぎると、自分からは行動できない、指示待ち状態になってしまうからです。

 そこで、半分は自分の力だけで解決できるけれど、もう半分は自分の力では解決できない課題を見つけることでバランスを取ります。大きな課題を切り分けてもいいでしょう。

 そうすることで、自分の力だけで解決できる部分に対しては、行動しようという意欲(=実行系ネットワーク)が湧き、解決できない部分に対しては、考えようという意欲(=デフォルトモードネットワーク)が湧きやすくなります。結果として、気づきが生まれやすくなるわけですね。

 このようにバランスをとりながら行動していくことが大切なのですが、もう一つ大切なことがあります。それは行動した結果がどうであれ、「できたこと」に目を向けること。「まだこれもできていない」「あれもやらなきゃ」と考えると、実行系ネットワークだけが働きやすくなり、バランスが崩れるからです。

 気づきを生みやすくするには、課題を適切なサイズに切り分け、できたことに目をむけること。ぜひ、実践してみてください。

2. ぼんやりする

 「気づき」が得られたら、次は「ぼんやり」します。そうすることで、気づきをアイデアまで昇華できるからです。ただし、ぼんやりにも「良いぼんやり」と「悪いぼんやり」があるので要注意。

 たとえば、集中しないといけない場面で、ぼんやりしてしまうことってありますよね。これは実行系ネットワークが働きすぎたせいで、不適切な場面でデフォルトモードネットワークが働いてしまった証拠。

 アイデアに行き詰まっているときに考え続けるのもいけません。「どうして上手くいかないんだろう」「いったい何が悪かったんだろう」と不安になっているときに、デフォルトモードネットワークが働いてしまうと、どんどんネガティブ思考が加速していくからです。

 このような「悪いぼんやり」を防ぐには、自分の意思で「ぼんやり」する必要があります。集中力が切れる前に、嫌な感情が湧き出る前に、意図的にぼんやりするんですね。そうすれば、気づきにひらめきが加わり、アイデアに昇華していけるはず。

 ちなみに、ここで言うぼんやりとは、焦点を合わさずにぼーっとすること。ぶらぶら散歩したり、音楽を聴くのもいいでしょう。とにかく、自分にあった方法で実行系ネットワークを休ませることが大切です。

3. 自分を外から見る

 自分の行動を客観的に見ているような感覚になることってありますよね。自分の中にもう一人の自分がいるような。

 この感覚になっているときは、実行系ネットワークとデフォルトモードネットワークが相互に働いています。セイリアンスネットワークがうまく機能しているんですね。

 こうなると、アイデアが次々と浮かんでくるそうです。脳はひらめく瞬間に、脳内の情報に焦点を当て(=デフォルトモードネットワークを働かせ)、それに他の情報を加えて(=実行系ネットワークを働かせて)新しいアイデアを生み出すからです。

 つまり、これまでに紹介してきた「1.気づきをつくる」と「2.ぼんやりする」を交互に繰り返せば、必ずいいアイデアが浮かぶということ。行き詰まったときにでもお試しください。

 最後に

 私たちは仕事や勉強、家事・育児など、忙しい毎日を過ごしています。すると、どうしても「ぼんやりすること」は悪いことだと考えてしまいがちですが、ぼんやりする時間も必要なんですね。

 むしろ、ぼんやりする時間が足りていないので、仕事でミスをしたり、集中力が続かなかったり、何もアイデアが浮かばなかったりするのかもしれません。

 そのため、余裕がないときほど、散歩にでかけたり、音楽を聴いたり、ぼーっとしたりして、脳を活性化させてみてはどうでしょうか。そうすれば、アイデアが浮かび、仕事や勉強、家事・育児の効率が上がるかもしれませんよ。

 関連記事

小さな鳥カゴに閉じこもっていない?自分らしく生きるための法則

「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい」  とは、スティーブ・ジョブズの言葉です。彼はこう続けます。 毎朝、私は鏡に映る自分に問いかけてきました。 「もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことは、 …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

仕事優先の生き方に限界を感じている人へ

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。  しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなるこ …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

学力だけでは足りない!?10年後に仕事がある人、ない人

 2020年には東京オリンピックが予定されていますよね。楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、2020年代に入ると求人が半減するかもしれません。  その理由は次の2つ。 ロボットとAIの活躍によって仕事が …