webstation plus

 最近、恋していますか?

 私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。

 私のように恋愛小説が苦手な方にも、おすすめの恋愛ミステリー小説です。

 純粋な恋をしたことがない主人公の物語

 物語の主人公は研修医の碓氷蒼馬(うすいそうま)。彼は幼い頃に借金をつくって愛人と逃げた父親を今でも恨んでおり、大金を稼いで恨みを晴らそうと必死になって勉強していました。

 ところが、ただでさえキツイ初期臨床研修の最中に、睡眠時間を削って勉強したせいで、心身共に限界に達します。そこで、自然に囲まれた富裕層向けの療養型病院「岬病院」で研修を受けることになりました。

 岬病院には残された時間が少ない患者が大勢いました。弓狩環(ゆがりたまき)ことユカリさんもそのひとりです。

 彼女の脳にはグリオブラストーマと呼ばれる最悪の腫瘍があり、いつ亡くなってもおかしくない状態でした。

 そんなユカリさんは、蒼馬のことを「爛れている」と指摘します。蒼馬は、見た目が可愛いので多くの女性と性欲目的で付き合ってきました。そのことを知ったユカリさんが「爛れている」と指摘したのです。

 さらに、本当の恋とは、「この人と一生を共にしたい」と思える運命の相手とするものだと言うんですよね。

 蒼馬は、そんな幼い発言をするユカリさんのことをバカにしていましたが、ユカリさんと接するようになって徐々に考え方が変わっていきました。なぜなら…。

 恋とはこれまでの世界観が一変するもの

 恋とはこれまで思い込んでいた価値観や世界観が一変するものだからです。

 蒼馬は、父親に縛られて生きていました。脳外科医になろうとしていたのも、大金を手に入れるためです。

 ところが、ユカリさんは、蒼馬の借金を簡単に支払えるほどの大金持ちでした。むしろお金があることで、遠い親戚から命を狙われ、ひとりで外出できないほどでした。

 また、どれだけお金があっても、いつ破裂するかわからない脳の腫瘍が消えてなくなるわけではありません。限られた時間を楽しく過ごすには、お金は何の価値もありませんでした。

 しかし、蒼馬はお金のために命を削って働こうとしています。そこで、ユカリさんは、彼を父親の呪縛から解き放つために、ある推理をするんですよね。

 その結果、蒼馬はしがらみから解き放たれ、ユカリさんに恋心を抱くようになりました。蒼馬にとって心から好きになった女性は彼女が初めてです。

 そこで勇気を振り絞ってユカリさんに気持ちを伝えようとしますが…。

 無性に恋したくなる恋愛ミステリー小説

 ユカリさんは、蒼馬の想いを受け止めることなく帰らぬ人になりました。しかし、ユカリさんの死には、いくつかの疑問が残ります。

・なぜユカリさんは蒼馬の想いを受け止めなかったのか?
・なぜユカリさんは岬病院から車で1時間以上かかる横浜で亡くなったのか?
・なぜ岬病院の人たちは、ユカリさんがはじめから存在しなかったように振る舞うのか?

 などなど。これらの謎の答えは実際に本書を読んでもらうとして、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』は、恋愛小説が苦手な方にもおすすめの恋愛ミステリーです。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

小川糸『キラキラ共和国』は嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語

 嫌な過去はありませんか?  私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。  子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。  小川糸さん …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

村山早紀『百貨の魔法』は童話が好きな方におすすめの物語

 童話はお好きですか?  私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語でした。  日常にほんの少しの魔法 …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …