webstation plus

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)


 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。

 研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミステリー小説です。

 読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 今回は、『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじ

 研修医の碓氷は、大金を稼ぐために脳外科医を目指していました。幼い頃に借金を作って愛人と逃げた父親を今でも恨んでおり、大金を稼いで恨みを晴らそうと必死になっていたのです。

 しかし、ただでさえきつい初期臨床研修の最中に睡眠時間を削って勉強したせいで、心身ともに限界に達します。そこで、自然に囲まれた富裕層向け療養型病院「岬病院」で研修をすることに。

 岬病院の患者は残された時間が少ない人たちばかりでした。ユカリさんもそのひとり。彼女の脳には、グリオブラストーマと呼ばれる最悪の腫瘍があり、いつ死んでもおかしくない状況でした。

 そんな彼女に碓氷は惹かれていきます。しかし――。

 最後に驚きと感動が待っている物語です。

 『崩れる脳を抱きしめて』のおすすめポイント

1. 本当の恋とは何か考えさせられる物語

 碓氷は見た目が可愛いので、多くの女性にモテてきました。しかし、彼は恋ではなく、性欲を満たすために女性と付き合ってきました。

 そんな碓氷をユカリさんは「爛れている」と指摘します。本当の恋愛とは、「この人と一生過ごしたい」と思える運命の相手とするものだと言うのです。

 はじめはバカにしていた碓氷でしたが、あることがきっかけでユカリさんの言葉が心からわかるようになりました。これまで見ていた世界ががらりと変わり、ユカリさんに対する向き合い方が大きく変わったからです。

 しかし、ユカリさんは碓氷の気持ちを受け止めようとはしませんでした。なぜなら――。

 本当の恋とは、世界観が大きく変わるような人と一緒に、新しい世界を築いていくことなのかもしれませんね。

2. 何のために生きているのか考えたくなる物語

 父親に縛られていた碓氷は、脳外科医になって大金を稼ごうと必死になっていました。

 一方のユカリさんは、碓氷の借金を簡単に支払えるほどの大金持ち。むしろ、お金があることで、遠い親戚から命を狙われ、外出できなくなっていました。

 さらに、脳にはいつ破裂してもおかしくない悪性の腫瘍が。どれだけお金があっても限られた時間を楽しく過ごせない自分に嫌気がさしていました。

 お金のために命を削って働こうとする碓氷と、お金はあるけれど限られた時間を有意義に過ごせないユカリさん。

 そんな二人が交わることで、彼らは何のために生きるのかを考えるようになります。そして最後は――。

 「何のために生きているの?」と自分に問いかけたくなる物語です。

3. 最後に驚きと感動が!?

 ユカリさんは、碓氷の気持ちを受け止めないまま帰らぬ人になりました。しかし、彼女の死にいくつかの疑問が浮かび上がってきます。

・なぜ、ユカリさんは岬病院から車で1時間以上かかる横浜で亡くなったのか
・なぜ、岬病院の人たちは、ユカリさんがはじめから居なかったように振る舞うのか

 などなど。これらの謎が解けたとき、驚きと感動が沸き上がってくること間違いなし!?

 最後に

 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は切なくて悲しくて爽やかな小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロする …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

本当に悪いのは誰?伊坂幸太郎『SOSの猿』は孫悟空をモチーフにした小説

(※『SOSの猿』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』。  三百億円の損害を出した株の誤発注事件の原因を突き止めようとする五十嵐と、悪魔払いでひきこもりを治そうとする二郎、この二つの事件を描いた物語です。   …

殺人よりも怖ろしいのは妻!?伊坂幸太郎『AX』は家族想いの殺し屋に感動する物語

(※『AX』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『AX』。  殺し屋シリーズ第三弾の本作は、これまでのシリーズとは異なり、怒りが湧くことなく楽しめる物語です。読めば、家族想いの殺し屋に泣いたり笑ったりすること間違いなし!? …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …