webstation plus

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)


 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。

 研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミステリー小説です。

 読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 今回は、『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじ

 研修医の碓氷は、大金を稼ぐために脳外科医を目指していました。幼い頃に借金を作って愛人と逃げた父親を今でも恨んでおり、大金を稼いで恨みを晴らそうと必死になっていたのです。

 しかし、ただでさえきつい初期臨床研修の最中に睡眠時間を削って勉強したせいで、心身ともに限界に達します。そこで、自然に囲まれた富裕層向け療養型病院「岬病院」で研修をすることに。

 岬病院の患者は残された時間が少ない人たちばかりでした。ユカリさんもそのひとり。彼女の脳には、グリオブラストーマと呼ばれる最悪の腫瘍があり、いつ死んでもおかしくない状況でした。

 そんな彼女に碓氷は惹かれていきます。しかし――。

 最後に驚きと感動が待っている物語です。

 『崩れる脳を抱きしめて』のおすすめポイント

1. 本当の恋とは何か考えさせられる物語

 碓氷は見た目が可愛いので、多くの女性にモテてきました。しかし、彼は恋ではなく、性欲を満たすために女性と付き合ってきました。

 そんな碓氷をユカリさんは「爛れている」と指摘します。本当の恋愛とは、「この人と一生過ごしたい」と思える運命の相手とするものだと言うのです。

 はじめはバカにしていた碓氷でしたが、あることがきっかけでユカリさんの言葉が心からわかるようになりました。これまで見ていた世界ががらりと変わり、ユカリさんに対する向き合い方が大きく変わったからです。

 しかし、ユカリさんは碓氷の気持ちを受け止めようとはしませんでした。なぜなら――。

 本当の恋とは、世界観が大きく変わるような人と一緒に、新しい世界を築いていくことなのかもしれませんね。

2. 何のために生きているのか考えたくなる物語

 父親に縛られていた碓氷は、脳外科医になって大金を稼ごうと必死になっていました。

 一方のユカリさんは、碓氷の借金を簡単に支払えるほどの大金持ち。むしろ、お金があることで、遠い親戚から命を狙われ、外出できなくなっていました。

 さらに、脳にはいつ破裂してもおかしくない悪性の腫瘍が。どれだけお金があっても限られた時間を楽しく過ごせない自分に嫌気がさしていました。

 お金のために命を削って働こうとする碓氷と、お金はあるけれど限られた時間を有意義に過ごせないユカリさん。

 そんな二人が交わることで、彼らは何のために生きるのかを考えるようになります。そして最後は――。

 「何のために生きているの?」と自分に問いかけたくなる物語です。

3. 最後に驚きと感動が!?

 ユカリさんは、碓氷の気持ちを受け止めないまま帰らぬ人になりました。しかし、彼女の死にいくつかの疑問が浮かび上がってきます。

・なぜ、ユカリさんは岬病院から車で1時間以上かかる横浜で亡くなったのか
・なぜ、岬病院の人たちは、ユカリさんがはじめから居なかったように振る舞うのか

 などなど。これらの謎が解けたとき、驚きと感動が沸き上がってくること間違いなし!?

 最後に

 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

人間の最大の武器は信頼と習慣/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …