webstation plus

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)


 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。

 研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミステリー小説です。

 読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられること間違いなし!?

 今回は、『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『崩れる脳を抱きしめて』のあらすじ

 研修医の碓氷は、大金を稼ぐために脳外科医を目指していました。幼い頃に借金を作って愛人と逃げた父親を今でも恨んでおり、大金を稼いで恨みを晴らそうと必死になっていたのです。

 しかし、ただでさえきつい初期臨床研修の最中に睡眠時間を削って勉強したせいで、心身ともに限界に達します。そこで、自然に囲まれた富裕層向け療養型病院「岬病院」で研修をすることに。

 岬病院の患者は残された時間が少ない人たちばかりでした。ユカリさんもそのひとり。彼女の脳には、グリオブラストーマと呼ばれる最悪の腫瘍があり、いつ死んでもおかしくない状況でした。

 そんな彼女に碓氷は惹かれていきます。しかし――。

 最後に驚きと感動が待っている物語です。

 『崩れる脳を抱きしめて』のおすすめポイント

1. 本当の恋とは何か考えさせられる物語

 碓氷は見た目が可愛いので、多くの女性にモテてきました。しかし、彼は恋ではなく、性欲を満たすために女性と付き合ってきました。

 そんな碓氷をユカリさんは「爛れている」と指摘します。本当の恋愛とは、「この人と一生過ごしたい」と思える運命の相手とするものだと言うのです。

 はじめはバカにしていた碓氷でしたが、あることがきっかけでユカリさんの言葉が心からわかるようになりました。これまで見ていた世界ががらりと変わり、ユカリさんに対する向き合い方が大きく変わったからです。

 しかし、ユカリさんは碓氷の気持ちを受け止めようとはしませんでした。なぜなら――。

 本当の恋とは、世界観が大きく変わるような人と一緒に、新しい世界を築いていくことなのかもしれませんね。

2. 何のために生きているのか考えたくなる物語

 父親に縛られていた碓氷は、脳外科医になって大金を稼ごうと必死になっていました。

 一方のユカリさんは、碓氷の借金を簡単に支払えるほどの大金持ち。むしろ、お金があることで、遠い親戚から命を狙われ、外出できなくなっていました。

 さらに、脳にはいつ破裂してもおかしくない悪性の腫瘍が。どれだけお金があっても限られた時間を楽しく過ごせない自分に嫌気がさしていました。

 お金のために命を削って働こうとする碓氷と、お金はあるけれど限られた時間を有意義に過ごせないユカリさん。

 そんな二人が交わることで、彼らは何のために生きるのかを考えるようになります。そして最後は――。

 「何のために生きているの?」と自分に問いかけたくなる物語です。

3. 最後に驚きと感動が!?

 ユカリさんは、碓氷の気持ちを受け止めないまま帰らぬ人になりました。しかし、彼女の死にいくつかの疑問が浮かび上がってきます。

・なぜ、ユカリさんは岬病院から車で1時間以上かかる横浜で亡くなったのか
・なぜ、岬病院の人たちは、ユカリさんがはじめから居なかったように振る舞うのか

 などなど。これらの謎が解けたとき、驚きと感動が沸き上がってくること間違いなし!?

 最後に

 知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。読めば、本当の恋とは何か、何のために生きるのかなど、いろいろ考えさせられる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …