泥棒なのに魅力的なキャラクター「黒澤」が登場する伊坂幸太郎さんの小説とおすすめランキングをご紹介

エンタメまとめ

伊坂幸太郎さんの小説といえば、ある人物が複数の小説にまたがって登場するところが特徴のひとつですよね。

今回紹介する泥棒の黒澤もそのひとりです。

黒澤は、泥棒という罪を犯し続ける悪い人間なのですが、なぜか盗んだ相手のことを気にかけて「10万円盗みました」というメモを残すなど、どこか憎めない人物です。

それだけでなく、探偵としての能力も高いので、黒澤が登場すると「何か面白いことが起きるのでは?」と期待に胸が膨らむんですよね。

今回は、そんな黒澤が登場する小説と、そのおすすめランキングを紹介していきます。

ちなみに、『砂漠』にもほんの少し登場しますが、まったく活躍していないので除外しています。

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語
学生時代は勉強やクラブ活動など、何かに必死になって取り組んできましたか? 私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、何かに必死に取り組んできたとは口が裂けても言えませんが、 そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さん...
スポンサーリンク

黒澤が登場する小説のご紹介

現在、黒澤が登場する小説は5冊発売されています。発売順に並べると次のようになります。

  1. ラッシュライフ
  2. 重力ピエロ
  3. フィッシュストーリー
  4. 首折り男のための協奏曲
  5. ホワイトラビット
スポンサーリンク

黒澤が登場する小説のおすすめランキング

では早速、黒澤が登場する小説のおすすめランキングを紹介していきます。それぞれのあらすじと感想はリンク先を参照してください。

第5位 ラッシュライフ

おすすめ度:3.5

物語は、新進の女性画家である志奈子が、大切に育ててもらった恩人を裏切り、戸田という裕福な画商から「俺の女にならないか?」と誘われるところから始まります。

その後、場面が変わって、泥棒の黒澤が老夫婦に銃で脅されたり、父親を自殺で失った青年が神と崇める高橋を解体しようとしたり、

不倫相手との再婚を企むカウンセラーが不倫相手のパートナーを殺そうとしたり、

職を失って途方に暮れている男性が犬と拳銃を手に入れたりと、5つの異なる物語が語られます。

これら5つの異なる物語が少しずつ繋がっていき、最後にはすべてが繋がっていたことに気づけるように構成されているのが面白い小説なんですよね。

まるでパズルのピースをはめているかのような快感が味わえます。
伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語
パズルはお好きですか? 私は子供の頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていましたが、最近は仕事が忙しくて、なかなかできなくなりました。 しかし、まるでパズルのピースをはめているかのような快感が...

第4位 重力ピエロ

おすすめ度:4.0

他人の考えに縛られていませんか?

私も以前は他人の考えに縛られていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。

伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は自分らしく生きようと思える物語。他人に縛られている人に、ぜひ読んで欲しい物語です。

伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語
他人の考えに縛られていませんか? 私も以前は他人の考えに縛られていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。 伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は自分らしく生きようと思える物語。他人...

第3位 フィッシュストーリー

おすすめ度:4.0

すぐに結果が出ない努力をやめていませんか?

私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る努力ばかりしてきましたが、

伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に立つこともあるかもしれないと思えるようになりました。

そのため、やりたいことは簡単にあきらめずに努力し続けようと思えたんですよね。

今の行動が誰かの役に立つかもしれないと思うと俄然やる気が湧いてきます。

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』は努力すれば巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語
すぐに結果が出ない努力をやめていませんか? 私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る努力ばかりしてきましたが、 伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に立つこともあるかも...

第2位 首折り男のための協奏曲

おすすめ度:4.5

理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。

そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、

伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』を読んで、しばらく耐えれば救われるかも!?と思えるようになりました。

タイトルの恐ろしさとは裏腹に前向きな気持ちになれる物語なんですよね。

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』は理不尽な目に遭ってもいつかは救われるかもと思える物語
理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。 そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、 伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』を読んで、しばらく耐えれば救われるかも!?と思えるようになりました。...

第1位 ホワイトラビット

おすすめ度:5.0

最近、ワクワクしていますか?

私はワクワクしていないなぁ…と思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。

想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

もしかすると、伊坂作品の中で一番好きな物語かもしれません。

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語
最近、ワクワクしていますか? 私はワクワクしていないなぁ…と思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。 想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、泥棒の黒澤が登場する伊坂幸太郎さんの小説を紹介してきましたが、黒澤の他にも「田中」や「伊藤」など多くの小説に登場する人物がいます。

こういった登場人物たちを探すのも、伊坂さんの小説の魅力だと思うので、気になった方は、ぜひ探してみてください。

もちろん、今回紹介した小説もおすすめのものばかりなので、未読のものがあれば、ぜひこの機会に読んでみてください。

あわせて読みたい

伊坂幸太郎さんの小説【全38作品】の発売順とおすすめランキングをご紹介
伊坂幸太郎さんの小説といえば、複数の異なる物語が繋がっていき、最後に驚きが味わえる小説が多数あります。 それだけでなく、登場人物のセリフがユーモアに溢れ、知的なので心に残るんですよね。 私はこういった物語が大好きなので、伊坂幸太...
伊坂幸太郎さんのシリーズ作品とおすすめランキングを紹介
伊坂幸太郎さんの小説は数多く出版されていますが、出版されている冊数のわりにシリーズものがそれほど多くありません。 このエントリを書いている時点では40冊近く出版されていますが、『陽気なギャングシリーズ』『殺し屋シリーズ』『死神シリーズ...
どの殺し屋がお好み?伊坂幸太郎『殺し屋シリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
伊坂幸太郎さんといえば超人気作家ですが、出版されている冊数のわりにシリーズものがあまり多くありません。 そのため、今回紹介する『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX アックス』と続く殺し屋シリーズは、伊坂さんにしては珍しいシリーズ...
ロマンはどこだ!?伊坂幸太郎『陽気なギャングシリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
伊坂幸太郎さんと聞くと少し重苦しいテーマを扱っている物語が多いイメージがありませんか? 実際、『重力ピエロ』や『アヒルと鴨のコインロッカー』、『グラスホッパー』など、初期の作品には重苦しいテーマを扱っている物語が多くあります。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました