webstation plus

 何か問題が起きたとき、反省していますか?

 私は真面目な性格なので反省しすぎるところがありますが、東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』を読んで、反省しないと同じ過ちを繰り返すことに気づきました。

 それだけでなく、いつか取り返しのつかない過ちを犯すことがわかる物語なんですよね。

 工場の責任者が派遣切りが原因で殺される!?

 では、あらすじから。

 物語はカネセキ金属の製造本部長である青柳武明が刺殺されたところから始まります。

 しかし、武明は、なぜかナイフで刺されてから、麒麟の翼像がある日本橋まで歩いてから亡くなりました。

 近くに交番があるにも関わらず、武明は脇目も触れずに麒麟の翼像を目指したことから、何かメッセージがあるのではと警察は考えますが、何かはわかりません。

 そんなとき、武明の財布を所持していた不審者が見つかります。しかし、彼は警察に声をかけられ、逃げようとして交通事故に遭い、生死をさまよっていました。

 その不審者は八島冬樹と言い、派遣切りにあっていたことがわかります。さらに、派遣切りにあった工場は、武明が勤めていたカネセキ金属だったのです。

 八島は工場で怪我をしており、労災認定される前に派遣切りにあっていました。

 そこで警察は、八島が再雇用を武明に頼むも、断られたので刺殺したと考えますが…。

 松宮と組んで真相を明らかにしようとする加賀恭一郎

 加賀恭一郎は、この事件の裏には何かあると考えていました。

 そこで加賀は松宮と一緒に八島がどこで何をしていたのかを徹底的に調査するんですよね。

 前作『新参者』と同様に、日本橋署の刑事として事件の周辺から本質に迫っていきます。

 武明の遺品である眼鏡ケースを買った店を探したり、彼が食べ歩きをしていた蕎麦屋を訪れたり、神社を訪れたりするんですよね。

 その結果、青柳武明が七福神巡りをしていたことがわかります。なかでも水天宮に百羽鶴を折って何度も訪れていたことがわかりました。

 武明が水天宮を訪れていた理由は…。

 人は反省しないと同じ過ちを繰り返す!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』は、人は反省しないと同じ過ちを繰り返すことがわかる物語ですが、

 それだけでなく、加賀恭一郎シリーズの続編としても、最後に驚きが待っているミステリーとしても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

米澤穂信『いまさら翼と言われても』感想/良い人との出会いがその後の人生を大きく変える

 人に恵まれていますか?  私は人に恵まれてきたおかげで今の自分がありますが、米澤穂信さんの小説『いまさら翼と言われても』を読んで、良い人に巡り合えるかどうかでその後の人生が大きく変わることに気づきました。  どれだけ善 …

塩田武士『騙し絵の牙』は情熱と信念、そして野望を持たない人間に望ましい未来は訪れないことがわかる物語

 情熱と信念、そして野望を持って生きていますか?  私はあまり表には出しませんが、それらを持って毎日を過ごしているつもりです。しかし…。  塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』を読んで、それらを持たない人間に望ましい未来は訪 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

東野圭吾『新参者』感想/仕事ができる人ほど自慢をしない!?

 仕事ができると自慢していませんか?  私はそれほど仕事ができると思っていないので自慢しませんが、私のまわりにも仕事ができると自慢してくる人がいます。  しかし、東野圭吾さんの小説『新参者』を読んで、仕事ができないからこ …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

東野圭吾『真夏の方程式』感想/たとえ解決できなくても人生をかけて悩むことに価値がある!?

 解決できない問題で悩むのは時間のムダだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』を読んで考えが変わりました。  たとえ解決できない問題だとしても、問題によっては人生をかけて悩み …

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?

 家族と上手くいってますか?  私は家族とはいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。  しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に自分勝手な人がいると、そのせいで一生ツライ思いをすることに …