東野圭吾『麒麟の翼』感想/人は反省しないと同じ過ちを繰り返す

おすすめ小説

 何か問題が起きたとき、反省していますか?

 私は真面目な性格なので反省しすぎるところがありますが、東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』を読んで、反省しないと同じ過ちを繰り返すことに気づきました。

 それだけでなく、いつか取り返しのつかない過ちを犯すことがわかる物語なんですよね。




スポンサーリンク

 工場の責任者が派遣切りが原因で殺される!?

 では、あらすじから。

 物語はカネセキ金属の製造本部長である青柳武明が刺殺されたところから始まります。

 しかし、武明は、なぜかナイフで刺されてから、麒麟の翼像がある日本橋まで歩いてから亡くなりました。

 近くに交番があるにも関わらず、武明は脇目も触れずに麒麟の翼像を目指したことから、何かメッセージがあるのではと警察は考えますが、何かはわかりません。

 そんなとき、武明の財布を所持していた不審者が見つかります。しかし、彼は警察に声をかけられ、逃げようとして交通事故に遭い、生死をさまよっていました。

 その不審者は八島冬樹と言い、派遣切りにあっていたことがわかります。さらに、派遣切りにあった工場は、武明が勤めていたカネセキ金属だったのです。

 八島は工場で怪我をしており、労災認定される前に派遣切りにあっていました。

 そこで警察は、八島が再雇用を武明に頼むも、断られたので刺殺したと考えますが…。

スポンサーリンク

 松宮と組んで真相を明らかにしようとする加賀恭一郎

 加賀恭一郎は、この事件の裏には何かあると考えていました。

 そこで加賀は松宮と一緒に八島がどこで何をしていたのかを徹底的に調査するんですよね。

 前作『新参者』と同様に、日本橋署の刑事として事件の周辺から本質に迫っていきます。

 武明の遺品である眼鏡ケースを買った店を探したり、彼が食べ歩きをしていた蕎麦屋を訪れたり、神社を訪れたりするんですよね。

 その結果、青柳武明が七福神巡りをしていたことがわかります。なかでも水天宮に百羽鶴を折って何度も訪れていたことがわかりました。

 武明が水天宮を訪れていた理由は…。

スポンサーリンク

 人は反省しないと同じ過ちを繰り返す!?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』は、人は反省しないと同じ過ちを繰り返すことがわかる物語ですが、

 それだけでなく、加賀恭一郎シリーズの続編としても、最後に驚きが待っているミステリーとしても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました