webstation plus

 今を一生懸命に生きていますか?

 私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。

 しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんですよね。今をどうにか出来るのは今の自分だけだと気づいたからです。

 物語の始まりはマシュマロへのクレーム

 物語の主人公はお菓子メーカで働く岸君。彼は広報部で働いており、新商品のマシュマロが売れるように願っていましたが、売れ行きはよくありませんでした。

 ところが、人気ダンスグループの小沢ヒジリがテレビでコメントしたことで爆発的に売れるようになります。しかし…。

 これがきっかけで、岸君は少し前まで働いていたお客様サポートセンターへの異動を命じられました。岸君の代わりに入った先輩が仕事を投げ出したからです。

 では、なぜ先輩が仕事を投げ出したかと言うと、「マシュマロに画鋲が入っている」というお客様からのクレームへの対応が悪く、SNSで拡散され、どうしようもなくなったからです。

 そこで岸君が登場するわけですが、なぜか彼の行動がプラスに働いて、すべてが上手く解決していくんですよね。

 その理由は…。

 夢の世界で凶暴な動物を退治すれば現実は上手くいく

 都議会議員である池野内征爾によると、「夢の世界で凶暴な動物を退治すれば、それと連動して現実が上手くいく」からだそうです。

 岸君は夢の内容をまったく覚えていませんでしたが、池野内と小沢ヒジリと協力して、これまで何度か凶暴な動物を倒してきたと言われます。

 とても信じられない話ですが、3人は共通して火事現場から命からがら逃げることができた経験がありました。

 池野内は火事現場で助かったのは、3人で協力して火を吐くオオトカゲを倒したからだと言うのですが…、どうしても信じられません。

 しかし、池野内と小沢ヒジリと接していくうちに、驚くような体験を積み重ねて、岸君も信じるようになるんですよね。

 ところが…。

 未来を切り拓くのは誰だ!?

 岸君は絶体絶命のピンチになって、あることに気づきました。

 夢の世界がどうとか関係なく、どうにかしないといけないのは、今目の前にある事態だということに。

 さらに、これまで上手くいったのも、誰が何と言おうと自分自身の行動による結果だと気づきます。

 つまり、未来を切り拓くのは、他の誰でもない自分自身だと言うことです。そんな伊坂さんの想いがヒシヒシと伝わってくる物語でした。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』。伊坂幸太郎さんらしい物語に惹きつけられるだけでなく、「自分が未来を切り拓いていくんだ」と強く想える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …