webstation plus

 今を一生懸命に生きていますか?

 私は一生懸命に生きているつもりですが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。

 しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんですよね。今をどうにか出来るのは今の自分だけだと気づいたからです。

 物語の始まりはマシュマロへのクレーム

 では、あらすじから。

 物語の主人公はお菓子メーカで働く岸君。彼は広報部に所属していたので、新商品のマシュマロが売れるように願っていましたが、売れ行きはよくありませんでした。

 ところが、人気ダンスグループの小沢ヒジリがテレビでコメントしたことをキッカケに爆発的に売れるようになります。しかし…。

 岸君は少し前まで働いていたお客様サポートセンターへの異動を命じらるんですよね。彼の代わりに入った先輩が仕事を投げ出したからです。

 では、なぜ先輩が仕事を投げ出したかと言うと、「マシュマロに画鋲が入っている」というお客様からのクレームにまともな対応をしなかったからです。対応が悪いとSNSで拡散され、どうしようもなくなったのです。

 そこで岸君が登場するわけですが、なぜか彼の行動がプラスに働いて、すべてが上手く解決していくんですよね。

 その理由は…。

 夢の世界で凶暴な動物を退治すれば現実は上手くいく

 都議会議員である池野内征爾によると、「夢の世界で凶暴な動物を退治すれば、それと連動して現実が上手くいく」からだそうです。

 岸君は夢の内容をまったく覚えていませんでしたが、池野内議員と小沢ヒジリと協力して、これまで何度か凶暴な動物を倒してきたと言われます。

 とても信じられない話ですが、3人は共通して火事現場から命からがら逃げ出した経験がありました。

 池野内議員は火事現場で助かったのは、3人で協力して夢の世界で火を吐くオオトカゲを倒したからだと言いますが…、どうしても信じられません。

 しかし、池野内議員と小沢ヒジリと接していくうちに、驚くような体験を積み重ねて、岸君も信じるようになるんですよね。

 ところが…。

 未来を切り拓くのは誰だ!?

 岸君は絶体絶命のピンチになって、あることに気づきました。

 夢の世界がどうとか関係なく、どうにかしないといけないのは、今目の前にある事態だということに気づいたのです。

 さらに、これまで上手くいっていたのも、誰が何と言おうと自分自身の行動による結果だと気づきます。

 つまり、未来を切り拓くのは、他の誰でもない自分自身だと言うことです。そんな伊坂さんの想いがヒシヒシと伝わってくる物語でした。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』は、伊坂幸太郎さんらしい物語に惹きつけられるだけでなく、「自分が未来を切り拓いていくんだ」と強く想える物語です。

 もちろん、サスペンスとしても、最後に驚きが待っている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …

小野寺史宜『縁』感想/魔が差しても止めてくれる人はいますか?

 生きていると魔が差すような出来事ってありますよね。  そんなとき、その誘惑に負けずにいられるかどうかは、周りにいる人たちの影響も大きいように思います。  小野寺史宜さんの小説『縁』を読んで、魔が差しても止めてくれる人が …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラーものが好きな方におすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほど、ホラーが好きですが、もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。   …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …