webstation plus

 今を一生懸命に生きていますか?

 私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。

 しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんですよね。今をどうにか出来るのは今の自分だけだと気づいたからです。

 物語の始まりはマシュマロへのクレーム

 物語の主人公はお菓子メーカで働く岸君。彼は広報部で働いており、新商品のマシュマロが売れるように願っていましたが、売れ行きはよくありませんでした。

 ところが、人気ダンスグループの小沢ヒジリがテレビでコメントしたことで爆発的に売れるようになります。しかし…。

 これがきっかけで、岸君は少し前まで働いていたお客様サポートセンターへの異動を命じられました。岸君の代わりに入った先輩が仕事を投げ出したからです。

 では、なぜ先輩が仕事を投げ出したかと言うと、「マシュマロに画鋲が入っている」というお客様からのクレームへの対応が悪く、SNSで拡散され、どうしようもなくなったからです。

 そこで岸君が登場するわけですが、なぜか彼の行動がプラスに働いて、すべてが上手く解決していくんですよね。

 その理由は…。

 夢の世界で凶暴な動物を退治すれば現実は上手くいく

 都議会議員である池野内征爾によると、「夢の世界で凶暴な動物を退治すれば、それと連動して現実が上手くいく」からだそうです。

 岸君は夢の内容をまったく覚えていませんでしたが、池野内と小沢ヒジリと協力して、これまで何度か凶暴な動物を倒してきたと言われます。

 とても信じられない話ですが、3人は共通して火事現場から命からがら逃げることができた経験がありました。

 池野内は火事現場で助かったのは、3人で協力して火を吐くオオトカゲを倒したからだと言うのですが…、どうしても信じられません。

 しかし、池野内と小沢ヒジリと接していくうちに、驚くような体験を積み重ねて、岸君も信じるようになるんですよね。

 ところが…。

 未来を切り拓くのは誰だ!?

 岸君は絶体絶命のピンチになって、あることに気づきました。

 夢の世界がどうとか関係なく、どうにかしないといけないのは、今目の前にある事態だということに。

 さらに、これまで上手くいったのも、誰が何と言おうと自分自身の行動による結果だと気づきます。

 つまり、未来を切り拓くのは、他の誰でもない自分自身だと言うことです。そんな伊坂さんの想いがヒシヒシと伝わってくる物語でした。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』。伊坂幸太郎さんらしい物語に惹きつけられるだけでなく、「自分が未来を切り拓いていくんだ」と強く想える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

東野圭吾『聖女の救済』は女性を子供を産む道具と考える男性に鉄槌が下される物語

 女性を子供を産む道具として見ていませんか?  私は妻を子供を産む道具としてではなく、ひとりの人間として尊重していますが、東野圭吾さんの小説『聖女の救済』に登場するある男性は、妻を子供を産む道具として見ていました。  そ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …