webstation plus

 私たちは何かを信じて生きていますよね。

 しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。

 シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を受けますよ。

 甘い言葉に惑わされた主人公・リア王の物語

 物語の主人公はブリテン国の国王・リア王。彼は、年老いてきたので三人の娘に王国を譲り、政の煩わしさから解放されたいと考えていました。

 そこで、領地を三分割し、娘たちに平等に分け与えようとしますが…。

 突如、リア王はこんなことを思いつきました。娘たちがどれだけ自分のことを愛しているかで、分け与える領地の大きさを決めることにしたのです。

 そのことを知った娘たちの対応は、大きく分かれました。

 長女ゴネリルと次女リーガンは、言葉の限りを尽くしてリア王に「愛している」ことを伝えます。

 しかし、三女コーディリアは姉たちのような見え透いた嘘を言いませんでした。心から父のことを大切に想っていたからです。

 だからこそ、コーディリアは、

お父様。お父様は私を生み、育て、かわいがってくださいました。その御恩にたいしては、私も当然の義務として、お父様に従い、愛し、敬います。お姉様たち、もしすべての愛をお父様に捧げるとおっしゃるのなら、なぜ夫など持たれたのか。私なら、もしいったん嫁いだ上は、愛情も心遣いも日々の務めも、その半分は、夫に捧げるのが当然と考えましょうに。

 と自分の思いを伝えますが、この言葉を聞いたリア王はコーディリアを勘当しました。「父は、娘から誰よりも愛される存在でなければいけない」という傲慢な思いを持っていたからです。

 こうしてリア王は長女と次女に王国を譲ることにしますが、これが悲劇の始まりでした。王国を譲り受けた途端、長女と次女がリア王を邪魔者扱いするようになったからです。

 さらに、長女と次女はリア王を王国からから追い出します。

 リア王は、彼女たちの裏切りに対する怒りと、コーディリアに対する仕打ちへの後悔から、次第に狂い始めていきました。

 そして、ついに狂人へと様変わりしてしまうのです。信じるもの、信じる相手を間違えた結果だと言えるでしょう。

 リア王の家臣もリア王と同じ過ちを犯す

 リア王の家臣であるグロスター伯も信じるもの、信じる相手を間違えたひとり。

 彼には二人の息子がいました。長男エドガーと次男エドマンドです。

 しかし、グロスター伯は二人の息子を平等に扱いませんでした。次男エドマンドが浮気相手との間に出来た子供だったからです。エドマンドは跡継ぎの候補から外されていました。

 ところが、エドマンドは自分の野望を実現するためには手段を選ばない人間だったのです。

 彼は、長男エドガーが財産を狙っているとグロスター伯にほのめかします。

 もちろん最初は信じられない様子のグロスター伯でしたが、度重なるエドガーの策にのせられ、ついにはエドガーを追放してしまいました。

 では、その後どうなったのかというと、グロスター伯は、リア王と同じようにエドマンドによって追放されました。しかも両目を奪われて…。

 信じるものを間違えると恐ろしい結末が待っている

 この物語からわかることは、信じるもの、信じる相手を間違えれば、どれだけ全うに生きたとしても、リア王やグロスター伯のように、その末路は悲惨なものになるということです。

 では、現代に生きる私たちはどうでしょうか。

 「お金があれば幸せになれる」「学歴や権力があれば幸せになれる」といった幻想を追い求めていないでしょうか。

 もしくは、このような甘い言葉を吹き込む人間を信じていないでしょうか。

 もし、そうだとしたら、リア王やグロスター伯のように悲しい結末を迎えることになるかもしれませんよ。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …