シェイクスピア『リア王』感想/信じる相手を間違えると恐ろしい結末に!?

おすすめ小説

私たちは何かを信じて生きていますよね。お金だったり、学歴だったり、家族だったり、恋人だったり…。

しかし、その信じているものが間違っているとしたら、どのような結末を迎えることになるのでしょうか。

シェイクスピアの小説『リア王』は、間違った相手を信じた登場人物たちが恐ろしい末路を迎える物語。その恐ろしさに衝撃を受けますよ。

スポンサーリンク

甘い言葉に惑わされた主人公・リア王の物語

では、あらすじから。

物語の主人公は、ブリテン国の国王であるリア王。彼は、年老いてきたので三人の娘に王国を譲り、政の煩わしさから解放されたいと考えていました。

そこで、領地を三分割し、娘たちに平等に分け与えようとしますが…。

突然、リア王はある思いつきを実行します。娘たちがどれだけ自分のことを愛しているかで、分け与える領地の大きさを決めることにしたのです。

このことを知った娘たちの対応は、大きく2つに分かれました。

長女ゴネリルと次女リーガンは、言葉の限りを尽くしてリア王に「愛している」ことを伝えます。

しかし、三女コーディリアは姉たちのような「見え透いた嘘」を言いませんでした。心から父のことを大切に思っていたからです。

だからこそ、コーディリアは、

お父様。お父様は私を生み、育て、かわいがってくださいました。その御恩にたいしては、私も当然の義務として、お父様に従い、愛し、敬います。お姉様たち、もしすべての愛をお父様に捧げるとおっしゃるのなら、なぜ夫など持たれたのか。私なら、もしいったん嫁いだ上は、愛情も心遣いも日々の務めも、その半分は、夫に捧げるのが当然と考えましょうに。

と、自分の思いを伝えますが…。

この言葉を聞いたリア王は、コーディリアを勘当します。「父は、娘から誰よりも愛される存在でなければいけない」という傲慢な考えを持っていたからです。

こうしてリア王は、長女と次女に王国を譲ることにしましたが、これが悲劇の始まりでした。王国を譲り受けた途端、長女たちがリア王を邪魔者扱いするようになったからです。

それだけでなく、長女たちはリア王を王国から追放しました。

リア王は、長女たちの裏切りに対する怒りと、コーディリアに対する酷い仕打ちへの後悔から、次第に狂い始めていきます。そして、ついに狂人へと様変わりしたのです。

信じるもの、信じる相手を間違えた結果だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

リア王の家臣・グロスター伯もリア王と同じ過ちを犯す

リア王の家臣であるグロスター伯も、信じるもの、信じる相手を間違えたひとり。

彼には二人の息子がいました。長男エドガーと次男エドマンドです。

しかし、グロスター伯は二人の息子を平等に扱いませんでした。次男エドマンドが浮気相手との間に出来た子供だったからです。エドマンドは跡継ぎの候補から外されていました。

ところが、エドマンドは自分の野望を実現するためには手段を選ばない人間でした。彼は、長男エドガーが財産を狙っているとグロスター伯にほのめかします。

もちろん、最初は信じられない様子のグロスター伯でしたが、度重なるエドガーの策にのせられ、ついにはエドガーを追放してしまいました。

ではその後、グロスター伯はどうなったかと言うと…。

リア王と同じように、信じた相手・エドマンドによって追放されました。しかも両目を奪われて…。

スポンサーリンク

信じる相手を間違えると恐ろしい結末が待っている!?

さて、この物語からわかることは、信じるもの、信じる相手を間違えれば、どれだけ善意をもって生きたとしても、リア王やグロスター伯のように、その結末は悲惨なものになるということです。

もちろん、今を生きる私たちも同じです。

  • 「お金があれば幸せになれる」
  • 「学歴や権力があれば幸せになれる」
  • 「あの人が政権を取れば幸せになれる」

といった幻想を追い求めているようなら、その末路は悲惨なものになるかもしれませんよ。

おすすめ度:4.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました