webstation plus

church_01

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。

 別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。

 他にも、「もって一年」と告知された癌患者が、「絶対に治してみせる」と決意し、科学的には効用が認められていない薬品を飲むなど、自らが治ると信じた行動を続けることで癌を克服したケースがあるなど、「プラシーボ効果」には底知れないパワーが秘められています。

 このように「プラシーボ効果(信じる力)」には良い面もありますが、一歩間違えると怖ろしいことにもなりかねません。シェイクスピアの小説『リア王』がそれを物語っています。

 小説『リア王』のあらすじ

 ブリテン国の国王であるリア王は、老いてきたので三人の娘に王国を譲り、政の煩わしさから解放されたいと考えていました。そこで、領地を三分割し、娘たちに平等に分け与えようとしますが…。

 突如、リア王はこんなことを思いつきます。娘たちがどれだけ自分のことを愛しているかで分け与える領地の大きさを決めようとしたのです。

 そのことを知った娘たちの対応は極端に分かれました。長女ゴネリルと次女リーガンは、言葉の限りを尽くしてリア王に「愛している」ことを伝えましたが、三女コーディリアは姉たちのような見え透いた嘘が言えませんでした。父のことを心から大切に想っていたからです。

 お父様。お父様は私を生み、育て、かわいがってくださいました。その御恩にたいしては、私も当然の義務として、お父様に従い、愛し、敬います。お姉様たち、もしすべての愛をお父様に捧げるとおっしゃるのなら、なぜ夫など持たれたのか。私なら、もしいったん嫁いだ上は、愛情も心遣いも日々の務めも、その半分は、夫に捧げるのが当然と考えましょうに。

 しかし、この言葉を聞いたリア王はコーディリアを勘当します。長女や次女が言うように、「父というのは、娘たちから誰よりも愛される存在でなければいけない」と信じていたからでしょう。

 こうしてリア王は長女と次女に王国を譲りましたが、これが悲劇の始まりでした。王国を譲り受けた途端、長女と次女がリア王を邪魔者扱いするようになったからです。

 その後、リア王は長女と次女から追い出され、彼女たちの裏切りに対する怒りと、末娘コーディリアに対する仕打ちへの後悔から、次第に狂い始めていきます。そして、ついに狂人へと様変わりしてしまうのです。信じるもの、信じる相手を間違えた結果だと言えるでしょう。

 小説『リア王』のもう一つのあらすじ

 リア王の家臣であるグロスター伯も信じるもの、信じる相手を間違えたひとり。

 彼には二人の息子がいました。長男エドガーと次男エドマンドです。しかし、グロスター伯は二人の息子を平等に扱いませんでした。次男エドマンドが浮気相手との間に出来た子供だったからです。エドマンドは跡継ぎの候補から外されていました。

 しかし、エドマンドはグロスター伯の跡継ぎになりたいという野望を秘めていたので策を立てます。長男エドガーが財産を狙っているとグロスター伯にほのめかしたのです。最初は信じられない様子のグロスター伯でしたが、度重なるエドガーの策に嵌り、ついにはエドガーを追放してしまいました。

 では、その後、どうなったのか。グロスター伯は、リア王と同じようにエドマンドによって追放されることになりました。しかも両目を奪われて――。

 まとめ

 この物語からわかることは、信じるもの、信じる相手を間違えれば、どれだけ全うに生きたとしてもリア王やグロスター伯のように、その末路は悲惨なものになるということです。

 では、現代に生きる私たちはどうでしょうか。「お金さえあれば幸せになれる」「学歴や権力さえあれば幸せになれる」といった幻想を追い求めていないでしょうか。そういった言葉を吹き込む人を信じていないでしょうか。もし、そうだとしたら、リア王やグロスター伯のように悲しい結末を迎えることになるかもしれません。

 関連記事

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『食堂のおばちゃん』は今すぐ食堂に通いたくなる心温まる小説

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  食堂に勤めた経験がある著者・山口恵以子さんが描いた本作品。読めば心が温まるだけでなく、今すぐ食堂で美味しいご飯が食べたくなること間違いなしの小説です。  今回は小説『食堂のおばちゃん …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …