webstation plus

 私たちは何かを信じて生きていますよね。

 しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。

 シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を受けますよ。

 甘い言葉に惑わされた主人公・リア王の物語

 物語の主人公はブリテン国の国王・リア王。彼は、年老いてきたので三人の娘に王国を譲り、政の煩わしさから解放されたいと考えていました。

 そこで、領地を三分割し、娘たちに平等に分け与えようとしますが…。

 突如、リア王はこんなことを思いつきました。娘たちがどれだけ自分のことを愛しているかで、分け与える領地の大きさを決めることにしたのです。

 そのことを知った娘たちの対応は、大きく分かれました。

 長女ゴネリルと次女リーガンは、言葉の限りを尽くしてリア王に「愛している」ことを伝えます。

 しかし、三女コーディリアは姉たちのような見え透いた嘘を言いませんでした。心から父のことを大切に想っていたからです。

 だからこそ、コーディリアは、

お父様。お父様は私を生み、育て、かわいがってくださいました。その御恩にたいしては、私も当然の義務として、お父様に従い、愛し、敬います。お姉様たち、もしすべての愛をお父様に捧げるとおっしゃるのなら、なぜ夫など持たれたのか。私なら、もしいったん嫁いだ上は、愛情も心遣いも日々の務めも、その半分は、夫に捧げるのが当然と考えましょうに。

 と自分の思いを伝えますが、この言葉を聞いたリア王はコーディリアを勘当しました。「父は、娘から誰よりも愛される存在でなければいけない」という傲慢な思いを持っていたからです。

 こうしてリア王は長女と次女に王国を譲ることにしますが、これが悲劇の始まりでした。王国を譲り受けた途端、長女と次女がリア王を邪魔者扱いするようになったからです。

 さらに、長女と次女はリア王を王国からから追い出します。

 リア王は、彼女たちの裏切りに対する怒りと、コーディリアに対する仕打ちへの後悔から、次第に狂い始めていきました。

 そして、ついに狂人へと様変わりしてしまうのです。信じるもの、信じる相手を間違えた結果だと言えるでしょう。

 リア王の家臣もリア王と同じ過ちを犯す

 リア王の家臣であるグロスター伯も信じるもの、信じる相手を間違えたひとり。

 彼には二人の息子がいました。長男エドガーと次男エドマンドです。

 しかし、グロスター伯は二人の息子を平等に扱いませんでした。次男エドマンドが浮気相手との間に出来た子供だったからです。エドマンドは跡継ぎの候補から外されていました。

 ところが、エドマンドは自分の野望を実現するためには手段を選ばない人間だったのです。

 彼は、長男エドガーが財産を狙っているとグロスター伯にほのめかします。

 もちろん最初は信じられない様子のグロスター伯でしたが、度重なるエドガーの策にのせられ、ついにはエドガーを追放してしまいました。

 では、その後どうなったのかというと、グロスター伯は、リア王と同じようにエドマンドによって追放されました。しかも両目を奪われて…。

 信じるものを間違えると恐ろしい結末が待っている

 この物語からわかることは、信じるもの、信じる相手を間違えれば、どれだけ全うに生きたとしても、リア王やグロスター伯のように、その末路は悲惨なものになるということです。

 では、現代に生きる私たちはどうでしょうか。

 「お金があれば幸せになれる」「学歴や権力があれば幸せになれる」といった幻想を追い求めていないでしょうか。

 もしくは、このような甘い言葉を吹き込む人間を信じていないでしょうか。

 もし、そうだとしたら、リア王やグロスター伯のように悲しい結末を迎えることになるかもしれませんよ。

 関連記事

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

米澤穂信『遠回りする雛』感想/一年で人は大きく成長する!?

 一年前の自分と比べて成長していますか?  私は一年前と比べてブログを書くスピードが劇的に速くなりましたが、米澤穂信さんの小説『遠回りする雛』の主人公も大きく成長していました。  省エネ主義の奉太郎が千反田えるのために自 …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …