webstation plus

church_01

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。

 別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。

 他にも、「もって一年」と告知された癌患者が、「絶対に治してみせる」と決意し、科学的には効用が認められていない薬品を飲むなど、自らが治ると信じた行動を続けることで癌を克服したケースがあるなど、「プラシーボ効果」には底知れないパワーが秘められています。

 このように「プラシーボ効果(信じる力)」には良い面もありますが、一歩間違えると怖ろしいことにもなりかねません。シェイクスピアの小説『リア王』がそれを物語っています。

 小説『リア王』のあらすじ

 ブリテン国の国王であるリア王は、老いてきたので三人の娘に王国を譲り、政の煩わしさから解放されたいと考えていました。そこで、領地を三分割し、娘たちに平等に分け与えようとしますが…。

 突如、リア王はこんなことを思いつきます。娘たちがどれだけ自分のことを愛しているかで分け与える領地の大きさを決めようとしたのです。

 そのことを知った娘たちの対応は極端に分かれました。長女ゴネリルと次女リーガンは、言葉の限りを尽くしてリア王に「愛している」ことを伝えましたが、三女コーディリアは姉たちのような見え透いた嘘が言えませんでした。父のことを心から大切に想っていたからです。

 お父様。お父様は私を生み、育て、かわいがってくださいました。その御恩にたいしては、私も当然の義務として、お父様に従い、愛し、敬います。お姉様たち、もしすべての愛をお父様に捧げるとおっしゃるのなら、なぜ夫など持たれたのか。私なら、もしいったん嫁いだ上は、愛情も心遣いも日々の務めも、その半分は、夫に捧げるのが当然と考えましょうに。

 しかし、この言葉を聞いたリア王はコーディリアを勘当します。長女や次女が言うように、「父というのは、娘たちから誰よりも愛される存在でなければいけない」と信じていたからでしょう。

 こうしてリア王は長女と次女に王国を譲りましたが、これが悲劇の始まりでした。王国を譲り受けた途端、長女と次女がリア王を邪魔者扱いするようになったからです。

 その後、リア王は長女と次女から追い出され、彼女たちの裏切りに対する怒りと、末娘コーディリアに対する仕打ちへの後悔から、次第に狂い始めていきます。そして、ついに狂人へと様変わりしてしまうのです。信じるもの、信じる相手を間違えた結果だと言えるでしょう。

 小説『リア王』のもう一つのあらすじ

 リア王の家臣であるグロスター伯も信じるもの、信じる相手を間違えたひとり。

 彼には二人の息子がいました。長男エドガーと次男エドマンドです。しかし、グロスター伯は二人の息子を平等に扱いませんでした。次男エドマンドが浮気相手との間に出来た子供だったからです。エドマンドは跡継ぎの候補から外されていました。

 しかし、エドマンドはグロスター伯の跡継ぎになりたいという野望を秘めていたので策を立てます。長男エドガーが財産を狙っているとグロスター伯にほのめかしたのです。最初は信じられない様子のグロスター伯でしたが、度重なるエドガーの策に嵌り、ついにはエドガーを追放してしまいました。

 では、その後、どうなったのか。グロスター伯は、リア王と同じようにエドマンドによって追放されることになりました。しかも両目を奪われて――。

 まとめ

 この物語からわかることは、信じるもの、信じる相手を間違えれば、どれだけ全うに生きたとしてもリア王やグロスター伯のように、その末路は悲惨なものになるということです。

 では、現代に生きる私たちはどうでしょうか。「お金さえあれば幸せになれる」「学歴や権力さえあれば幸せになれる」といった幻想を追い求めていないでしょうか。そういった言葉を吹き込む人を信じていないでしょうか。もし、そうだとしたら、リア王やグロスター伯のように悲しい結末を迎えることになるかもしれません。

 関連記事

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …