どの殺し屋がお好みですか?伊坂幸太郎『殺し屋シリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介

エンタメまとめ

伊坂幸太郎さんといえば超人気作家ですが、出版されている冊数のわりにシリーズものがあまり多くありません。

そのため、今回紹介する『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX アックス』と続く殺し屋シリーズは、伊坂さんにしては珍しいシリーズものなのですが…。

実は、殺し屋が登場するという共通点はあるものの、主人公も違えば、登場人物も違っているので、直接的なつながりはあまりないんですよね。

とはいえ、前作に登場していた殺し屋たちが再び登場したりするので、ゆるいつながりはありますが。

さて、物語としては殺し屋が多く登場するとあって次々と人が死んでいきます。ところが、悲壮感はまったく感じませんでした。

それどころか、疾走感あふれるストーリー展開と登場人物たちの軽快なセリフにくぎ付けになるんですよね。

しかも、なぜか殺し屋に共感できるところが、このシリーズのおすすめポイントです。

スポンサーリンク

殺し屋シリーズの順番

現在、殺し屋シリーズは3作品発売されています。

  1. グラスホッパー
  2. マリアビートル
  3. AX アックス
スポンサーリンク

殺し屋シリーズのおすすめランキング

では早速、殺し屋シリーズの私的おすすめランキングを紹介していきます。それぞれのあらすじと感想はリンク先を参照してください。

第3位 グラスホッパー

おすすめ度:3.5

ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか?

私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが…。

伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、流れに身を任せてみるのもありかもしれないと思うようになりました。

想像を絶するような状況に追い込まれた主人公が、流れに身を任せながらも強くなっていく姿に惹きつけられる物語なんですよね。

伊坂幸太郎『グラスホッパー』は理不尽な目に遭ったときは流れに身を任せようと思える物語
ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか? 私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが…。 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、流れに身...

第2位 マリアビートル

おすすめ度:3.5

ムカつく中学生っていますよね。

大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。

そんな生意気な中学生は、どのように対処すればいいのでしょうか。

もちろん、痛い目に合わせるしかありませんよね。

伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』は、そんな生意気な中学生と大人たちとの戦いを描いた物語です。

伊坂幸太郎『マリアビートル』感想/大人をバカにする中学生への正しい対処法
ムカつく中学生っていますよね。 大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。 そんな生意気な中学生は、どのように対処すればいいのでしょうか。 もちろん、痛い目に合わせるしかありませんよね。...

第1位 AX アックス

おすすめ度:5.0

家族のことを大切に思っていますか?

私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。

主人公の殺し屋が、自分のことよりも家族のことを優先して行動していたからです。

殺し屋なのに家族のことを何よりも大切に思う主人公に、涙なしでは読めない物語なんですよね。

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?
家族のことを大切に思っていますか? 私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。 主人公の殺し屋が、自分のことよりも家族のことを優先して行動していたからです...
スポンサーリンク

最後に

私はどちらかといえば、殺し合いの物語よりも、爽やかでスッキリできる物語を好む傾向があるので、今回紹介したランキングになりました。

実は『マリアビートル』は、伊坂幸太郎さんにとっては傑作に値する作品だそうで、申し訳ない気持ちになりながらも、自分の気持ちに正直に決めました。

私はこのような順位になりましたが、あなたはどの殺し屋がお好みですか?

もし、未読の殺し屋シリーズがあれば、この機会にぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

伊坂幸太郎さん全小説の発売順とおすすめランキングを紹介
 伊坂幸太郎さんの小説は複数の異なる物語が繋がっていき、最後に驚きが用意されているものが多数あります。  それだけでなく、登場人物のセリフがユーモアに溢れ、知的なので心に残るんですよね。   私はこういった物語が大好きな...
伊坂幸太郎さんのシリーズ作品とおすすめランキングを紹介
 伊坂幸太郎さんの小説は数多く出版されていますが、出版されている冊数のわりにシリーズものがそれほど多くありません。  このエントリを書いている時点では40冊近く出版されていますが、『陽気なギャングシリーズ』『殺し屋シリーズ』『...
泥棒なのに魅力的なキャラクター「黒澤」が登場する伊坂幸太郎作品とおすすめランキングを紹介
 伊坂幸太郎作品の特徴といえば、ある人物が複数の作品にまたがって登場するところですよね。今回紹介する泥棒の黒澤もそのひとりです。  黒澤は、泥棒という罪を犯し続ける悪い人間なのですが、なぜか盗んだ相手のことを気にかけて「10万円盗みま...
ロマンはどこだ!?伊坂幸太郎『陽気なギャングシリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
 伊坂幸太郎さんと聞くと少し重苦しいイメージがありませんか?  実際、『重力ピエロ』や『アヒルと鴨のコインロッカー』、『グラスホッパー』など、初期の作品には重苦しいテーマを扱っている物語が多くあります。  しかし、初期の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました