webstation plus

 時代の変化についていけてますか?

 私は出来るだけ時代の変化についていこうと、最新の本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。

 川端康成さんの小説『舞姫』は、時代の変化についていけなかったバレリーナを描いた物語。悲しい結末に驚かされます。

 夫にたかられる元バレリーナが主人公の物語

 物語の主人公はかつてのバレリーナである波子。彼女には娘の品子と息子の高男がいましたが、夫の生活費も含めて、すべて彼女が面倒をみていました。

 とはいえ、夫の矢木が働いていないわけではありません。矢木はある大学に籍を置いているだけでなく、二、三の学校も掛け持ちしており、地方の学校へ講義に行くこともありました。

 それらの給料に加えて、原稿料や著者の印税も入っていたので、結構なお金を持っているはずです。

 しかし、矢木は一円のお金も家に入れませんでした。

 そんな父の姿をみてきた高男は、学問ができる父を尊敬していたものの、人としては全く尊敬できずにいました。大学での学生生活を辞めて働きたいと思っています。

 一方の品子は、波子の勧めに従ってバレリーナとして舞台に立つことを夢見て練習に励んでいました。

 しかし、品子にはどこか冷めたところがあり、バレリーナとしての未来を諦めていました。それよりも香山という男性と一緒になりたいと願っています。

 そんな家族と暮らす波子も多くの稼ぎがあるわけではありませんでした。バレエの先生をしているものの、そのほとんどを実家の資産で賄っています。今では土地や物を売って生活費にしていました。

 それにも関わらず…。

 新たな世界に一歩を踏み出す勇気が持てない

 夫の矢木は波子が物を売らないように見張ったり、電気をつけっぱなしにしていると嫌味を言ったりします。

 波子はそんな矢木が家に帰ってくるだけで失神してしまうほど彼を愛していませんでしたが…。

 体の関係を求められると拒めずにいました。矢木に支配されていたんですよね。

 そんな矢木の支配から逃れたい波子は、元恋人の竹原と何度も会うようになります。竹原には妻がいましたが、彼は今でも波子を愛していました。

 とはいえ、波子は竹原と会うだけで、それ以上の関係にはなりません。時代の影響もあったのでしょうが、一歩先へ進めずにいました。

 一方の矢木は、そんな波子の行動を知っているのに黙っていました。しかし、物語のラストで…。

 時代の変化についていけなかったバレリーナの末路は!?

 矢木の驚くような計画が明らかになるんですよね。時代の流れを読んで、自分だけが助かる道を模索していたのです。

 そんなことを全く知らない波子は、竹原との関係に胸をときめかせていました。その結果…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、川端康成さんの小説『舞姫』は、時代の変化についていけないと、悲しい結末を迎えることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

バレエを舞台にした小説とおすすめランキングはこちら

 関連記事

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

村山早紀『百貨の魔法』は童話が好きな方におすすめの物語

 童話はお好きですか?  私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語でした。  日常にほんの少しの魔法 …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

小川糸『キラキラ共和国』は嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語

 嫌な過去はありませんか?  私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。  子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。  小川糸さん …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

伊坂幸太郎『終末のフール』感想/今の生き方でどれくらい生きるつもり?

 今の生き方でどれくらい生きるつもりですか?  私は今の生き方を死ぬまでするつもりはありませんが、伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』を読んで、今すぐ後悔しないように行動を変えていこうと思うようになりました。  数年後に …