webstation plus

 時代の変化についていけてますか?

 私は出来るだけ時代の変化についていこうと、新しい本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。

 川端康成さんの小説『舞姫』は、時代の変化についていけなかったバレリーナを描いた物語。悲しい結末に驚かされます。

 夫にたかられる元バレリーナが主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公はかつてのバレリーナである波子。彼女には娘の品子と息子の高男がいましたが、夫の生活費も含めて、すべて彼女が面倒をみていました。

 とはいえ、夫の矢木が働いていなかったわけではありません。矢木はある大学に籍を置いているだけでなく、二、三の学校も掛け持ちしており、地方の学校へ講義に行くこともありました。

 それらの給料に加えて、原稿料や著者の印税も入っていたので、結構なお金を持っているはずです。

 しかし、矢木は一円のお金も家に入れませんでした。

 そんな父の姿をみてきた高男は、学問ができる父を尊敬していたものの、人としては全く尊敬できずにいました。学生生活を辞めて働きたいと思っています。

 一方、妹の品子は、波子の勧めに従ってバレリーナとして舞台に立つことを夢見て練習に励んでいました。

 しかし、品子にはどこか冷めたところがあり、バレリーナとしての未来を諦めていました。それよりも香山という男性と一緒になりたいと願っています。

 そんな家族と暮らす波子も多くの稼ぎがあるわけではありませんでした。バレエの先生をしているものの、そのほとんどを実家の資産で賄っています。今では土地や物を売って生活費に充てていました。

 それにも関わらず…。

 新たな世界に一歩を踏み出す勇気が持てない

 夫の矢木は波子が物を売らないように見張ったり、電気をつけっぱなしにしていると嫌味を言ったりします。

 波子はそんな矢木が家に帰ってくるだけで失神してしまうほど彼を愛していませんでしたが…。

 体の関係を求められると拒めずにいました。矢木に支配されていたんですよね。

 そんな矢木の支配から逃れたい波子は、元恋人の竹原と何度も会うようになります。竹原には妻がいましたが、彼は今でも波子を愛していました。

 とはいえ、波子は竹原と会うだけで、それ以上の関係にはなりません。時代の影響もあったのでしょうが、一歩先へ進めずにいました。

 一方の矢木は、波子と竹原の関係を知っているにも関わらず黙っていました。しかし、物語のラストで矢木の驚くような計画が明らかになるんですよね。

 その計画とは…。

 時代の変化についていけなかったバレリーナの末路は!?

 時代の流れを読んで、自分だけが助かる道を模索していたのです。

 そんなことを全く知らない波子は、竹原との関係に胸をときめかせていました。その結果…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、川端康成さんの小説『舞姫』は、時代の変化についていけないと、悲しい結末になることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想/いじめをする人間には決定的に足りない能力がある!?

 最近、いじめの話題が後を絶たないですよね。子供たちだけでなく、大人や学校の先生までいじめをするなど、いじめについて真剣に考えざるを得ない状況になっているように思います。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』を …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』は人のために生きるのも悪くないかもしれないと思える物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  私はできるだけまわりの人たちと一緒に良くなる行動をとっているつもりですが、自分だけ幸せになれれば、他人はどうなったって構わない…と考えている人も多いように思います。  そんな …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は今すぐ誰かに恋したくなる物語

 恋していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日のように妻や子供たちに恋していますが、伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』を読んで、恋っていいなぁ…と素直に思えました。  気がつけば好きな人のことを …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …