webstation plus

 他人の不幸を望んでいませんか。

 もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。

 たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。

 人の不幸をみて安心したい

 私たちは誰もが他人の不幸をみて安心したいという心の闇を抱えています。

 たとえば、いつも姉と比べられて育てられた人は、姉が不幸にならなければ自分の存在価値がないと思い込んでいます。

 物語に登場するマナミもそのひとり。彼女は何をさせても自分よりも優れている姉と比べられて育ち、小説家として成功しそうな姉の邪魔をしようと考えていました。

 しかし、出版社で働く彼女は、担当する作家からこんな言葉をかけられるんですよね。

自分を傷つけられるのは自分だけよ。

 どれだけ酷い言葉を浴びせられようが、自分をしっかり持っていれば傷つかずにすむということです。

 とはいえ、そんなふうに生きるのは難しいですよね。だからこそ…。

 手触り感がないから悪事に手を染める

 他人を傷つけて優越感を得ようとするのです。

 小学生のチカダもそのひとり。彼は賢という同級生が気に入らず、何かにつけてイチャモンをつけていました。そして、ネコの足を切ったら許してやると言うのですが…。

 賢は実際に切ります。さらに、その足をチカダの筆箱に入れ、写真を撮り、SNSにアップしたことで、チカダが変出者として扱われるようになりました。

 このとき、チカダは実感がありませんでした。イジメをしていたことも、変出者として扱われていることも、そしてこの後、同級生の足を切りつけることも全て手触り感がなかったんですよね。

 だからこそ、簡単に他人を傷つけることができたのです。

 では、どうすれば実際に生きているという実感が得られるのでしょうか。

 見守ってくれる人の存在が不幸から救ってくれる

 それは、自分のことを見守ってくれる人の存在です。

 もちろん、自分の思い通りにコントロールしようとする人ではなく、自分のために心を砕いて行動してくれる人がいるかどうかです。

 そんな人がいれば、他人の不幸を望まなくても、「自分は存在していいんだ」と思えますよね。安心して生きていけます。

 そんな優しさがたくさん詰まった小説が木皿泉さんの『カゲロボ』。他人の不幸を望むのはやめ、自分も誰かの役に立てる存在でありたいと思える物語です。

 関連記事

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

学生のバカなノリはお好きですか?/伊坂幸太郎『砂漠』感想

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …