webstation plus

 他人の不幸を望んでいませんか。

 もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。

 たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。

 人の不幸をみて安心したい

 私たちは誰もが他人の不幸をみて安心したいという心の闇を抱えています。

 たとえば、いつも姉と比べられて育てられた人は、姉が不幸にならなければ自分の存在価値がないと思い込んでいます。

 物語に登場するマナミもそのひとり。彼女は何をさせても自分よりも優れている姉と比べられて育ち、小説家として成功しそうな姉の邪魔をしようと考えていました。

 しかし、出版社で働く彼女は、担当する作家からこんな言葉をかけられるんですよね。

自分を傷つけられるのは自分だけよ。

 どれだけ酷い言葉を浴びせられようが、自分をしっかり持っていれば傷つかずにすむということです。

 とはいえ、そんなふうに生きるのは難しいですよね。だからこそ…。

 手触り感がないから悪事に手を染める

 他人を傷つけて優越感を得ようとするのです。

 小学生のチカダもそのひとり。彼は賢という同級生が気に入らず、何かにつけてイチャモンをつけていました。そして、ネコの足を切ったら許してやると言うのですが…。

 賢は実際に切ります。さらに、その足をチカダの筆箱に入れ、写真を撮り、SNSにアップしたことで、チカダが変出者として扱われるようになりました。

 このとき、チカダは実感がありませんでした。イジメをしていたことも、変出者として扱われていることも、そしてこの後、同級生の足を切りつけることも全て手触り感がなかったんですよね。

 だからこそ、簡単に他人を傷つけることができたのです。

 では、どうすれば実際に生きているという実感が得られるのでしょうか。

 見守ってくれる人の存在が不幸から救ってくれる

 それは、自分のことを見守ってくれる人の存在です。

 もちろん、自分の思い通りにコントロールしようとする人ではなく、自分のために心を砕いて行動してくれる人がいるかどうかです。

 そんな人がいれば、他人の不幸を望まなくても、「自分は存在していいんだ」と思えますよね。安心して生きていけます。

 そんな優しさがたくさん詰まった小説が木皿泉さんの『カゲロボ』。他人の不幸を望むのはやめ、自分も誰かの役に立てる存在でありたいと思える物語です。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

有川浩『図書館革命』/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …