webstation plus

 他人の不幸を望んでいませんか。

 もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。

 たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。

 人の不幸をみて安心したい

 私たちは誰もが他人の不幸をみて安心したいという心の闇を抱えています。

 たとえば、いつも姉と比べられて育てられた人は、姉が不幸にならなければ自分の存在価値がないと思い込んでいます。

 物語に登場するマナミもそのひとり。彼女は何をさせても自分よりも優れている姉と比べられて育ち、小説家として成功しそうな姉の邪魔をしようと考えていました。

 しかし、出版社で働く彼女は、担当する作家からこんな言葉をかけられるんですよね。

自分を傷つけられるのは自分だけよ。

 どれだけ酷い言葉を浴びせられようが、自分をしっかり持っていれば傷つかずにすむということです。

 とはいえ、そんなふうに生きるのは難しいですよね。だからこそ…。

 手触り感がないから悪事に手を染める

 他人を傷つけて優越感を得ようとするのです。

 小学生のチカダもそのひとり。彼は賢という同級生が気に入らず、何かにつけてイチャモンをつけていました。そして、ネコの足を切ったら許してやると言うのですが…。

 賢は実際に切ります。さらに、その足をチカダの筆箱に入れ、写真を撮り、SNSにアップしたことで、チカダが変出者として扱われるようになりました。

 このとき、チカダは実感がありませんでした。イジメをしていたことも、変出者として扱われていることも、そしてこの後、同級生の足を切りつけることも全て手触り感がなかったんですよね。

 だからこそ、簡単に他人を傷つけることができたのです。

 では、どうすれば実際に生きているという実感が得られるのでしょうか。

 見守ってくれる人の存在が不幸から救ってくれる

 それは、自分のことを見守ってくれる人の存在です。

 もちろん、自分の思い通りにコントロールしようとする人ではなく、自分のために心を砕いて行動してくれる人がいるかどうかです。

 そんな人がいれば、他人の不幸を望まなくても、「自分は存在していいんだ」と思えますよね。安心して生きていけます。

 そんな優しさがたくさん詰まった小説が木皿泉さんの『カゲロボ』。他人の不幸を望むのはやめ、自分も誰かの役に立てる存在でありたいと思える物語です。

 関連記事

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。  あ …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …