東野圭吾『加賀恭一郎シリーズ』の順番とおすすめランキングをご紹介

エンタメまとめ

加賀恭一郎シリーズと聞くと、阿部寛さん演じる『新参者』シリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、私はドラマや映画で加賀恭一郎シリーズを観たことがありませんが、原作を読めば、より一層楽しめると思います。

そこで今回は、東野圭吾さんの小説『加賀恭一郎シリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介していきます。

加賀恭一郎の従弟である松宮脩平が主人公の物語『希望の糸』もあわせて紹介しますね。

シリーズのおすすめ度:5.0

スポンサーリンク

加賀恭一郎シリーズの順番とおすすめランキング

では早速、加賀恭一郎シリーズの発売順におすすめランキングを紹介していきます。それぞれのあらすじと感想はリンク先を参照してください。

第11位 卒業

おすすめ度:3.5

加賀恭一郎シリーズ幕開けの物語です。

大学生の加賀恭一郎は、仲の良い同級生たちと喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい学生生活を過ごしていましたが、

ある日、同級生の祥子が寮で手首を切って死にます。

さらに、もう一人の友人・波香が茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに殺されたことから、加賀は本格的に捜査に乗り出しました。

犯人は、友人の中の誰かです。加賀は友情を乗り越えて犯人を特定できるのか!?

馴れ合いの学生気分から抜け出し、大人への一歩を踏み出す加賀恭一郎にグッとくる物語です。
東野圭吾『卒業』は今すぐモラトリアムから抜け出したくなるミステリー小説
モラトリアムから抜け出せていますか? 私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、 子どもから大人へと移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。 今...

第6位 眠りの森

おすすめ度:4.5

刑事になったばかりの加賀恭一郎が登場します。

彼が担当することになったのは、バレエ団で起こった殺人事件でした。

バレエ団は不法侵入してきた男性とダンサーが鉢合わせになったので、驚いて殴り殺したと正当防衛を主張しますが、

どうしても殺された男性が不法侵入してきた理由が見つかりません。

そんなとき、同じバレエ団で第二の殺人事件が起こり…。

バレエダンサーが起こした悲しい事件と、加賀恭一郎の切ない恋物語が楽しめます。
東野圭吾『眠りの森』はバレエダンサーのストイックさに心が痛むミステリー小説
好きなことを仕事にしていますか? 私はどちらかと言えば好きなことを仕事にしていますが、 東野圭吾さんの小説『眠りの森』を読んで、バレーダンサーたちのストイックさに衝撃を受けました。 彼女たちは、収入やプライベートな時間がな...

第9位 どちらかが彼女を殺した

おすすめ度:3.5

和泉園子は、佃潤一という売れない画家と出会い、付き合うようになりましたが、彼が園子の親友である弓馬佳代子と出会ったことで悲劇が起こります。

佃が園子を捨てて、佳代子と付き合うようになったからです。

園子は自分を裏切った彼らのことが許せず、ある行動に出ようとしますが、そのことがきっかけで殺されてしまいました。

さらに、この事実を知った兄の康正が、自分の手で犯人を捕まえ、殺そうと考えて偽装工作をしたことで、事件が複雑になります。

この難事件に立ち向かうことになった加賀恭一郎は…。

最後まで犯人の名前が明かされないので、推理する楽しみが味わえるミステリーです。
東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』感想/あなたは犯人を特定できますか?
ミステリーを読むとき、犯人やトリックを推理して読んでいますか? 私はミステリーが大好きなのでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。 しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では、推理せざるを...

第8位 悪意

おすすめ度:4.0

人気作家の日高邦彦が何者かによって殺害されます。

容疑者は、日高が描いた小説にクレームをつけてきた藤尾美代子か、日高の友人である売れない作家・野々口修に絞られましたが、

彼らにはアリバイがありました。

加賀恭一郎は、野々口修の手記からアリバイを崩し、野々口が犯人だと特定しますが、なぜか彼は動機を語りませんでした。

しかし、加賀恭一郎の推理によって動機が解き明かされていきますが、そこには野々口の大きな悪意が潜んでおり…。

二重、三重に用意された野々口の悪意に驚愕する物語です。
東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても真相は隠しきれないことがわかる物語
何も行動を起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか? 私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、 知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人たちがいます。 それだけでなく、自分を正当化する...

第7位 私が彼を殺した

おすすめ度:4.0

小説家で、脚本家でもある穂高誠は、神林美和子と婚約しましたが、彼女のことを愛していたわけではありませんでした。

美和子が書いた詩がベストセラーになっていたので、話題作りのために彼女と結婚しようとしていたのです。

ところが、結婚式の当時。穂高は何者かに毒を飲まされ、口から泡を拭いて死にます。

容疑者は、美和子の兄である神林貴弘と穂高のエージェントとして働いていた駿河直之、そして美和子の編集者である雪笹香織の3人に絞られましたが、

彼らには毒を飲ませるチャンスがありませんでした。この難問に挑むことになった加賀恭一郎は…。

『どちらかが彼女を殺した』に続いて、最後まで犯人の名前が明かされないので、推理する楽しみが味わえるミステリーです。
東野圭吾『私が彼を殺した』感想/推理力が試されるミステリーはお好きですか?
推理していますか? 私は『どちらかが彼女を殺した』を読み終えてから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけてきたので、 東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』ではヒントに頼らずに犯人を特定することができました。 前作...

第10位 嘘をもうひとつだけ

おすすめ度:3.5

物語の主人公は、15年前までプリマドンナとして第一線で活躍していた寺西美代子。

彼女は、今でも弓削バレエ団の事務局長としてバレエに関わっていましたが、

彼女の同僚である早川弘子が、自宅マンションの敷地内にある植え込みの中で亡くなった姿で発見されました。

現場をみた加賀はすぐに自殺ではなく他殺だと見抜き、状況証拠から美代子が犯人だと確信しますが、彼女を追い詰めることができませんでした。

決定的な証拠がなかったからです。そこで加賀がとった作戦は…。

加賀恭一郎シリーズ初の短編集です。嘘を重ねていく人たちの悲しい末路が描かれています。
東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』感想/嘘をついてまで守りたいものはありますか?
嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか? 残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。 大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 おすすめ度:...

第5位 赤い指

おすすめ度:4.5

照明器具メーカーに勤める前原昭夫は、年老いた母の政恵と妻の八重子、息子の直巳と4人で暮していましたが、

八重子は義母である政恵の世話を何一つせずに冷徹に接する一方で、息子の直巳を徹底的に甘やかせて育てました。

そんな家族の姿を見て見ぬ振りをしていた昭夫に悲劇が訪れます。息子の直巳が些細な理由で少女を殺したのです。

それでも、八重子は息子を守ると言い出し、さらに家族の問題から目を背け続けてきた昭夫を責めはじめました。

そこで、昭夫はこれらの問題をすべて解決する悪魔のような方法を実行しようと言い出します。その方法とは…。

悲しい結末に心が握り潰されそうになります。
東野圭吾『赤い指』感想/家族の問題と向き合っていますか?
家族の問題と向き合っていますか? 私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツラい日々が続きましたが、 その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日が過ごせています。 しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』で描か...

第2位 新参者

おすすめ度:5.0

ある出来事がきっかけで警視庁から日本橋署への異動を命じられた加賀恭一郎は、警視庁の人間と組んで殺人事件の捜査をすることになりました。

ところが、加賀は所轄の刑事ということもあり、殺人事件そのものではなく、そのまわりで起きた不可解な内容を調査することになります。

「夫の浮気に悩む女将」や「嫁姑問題に悩む瀬戸物屋」、「娘を勘当した時計屋の親父」など、どれも殺人事件とは関係なさそうな問題ばかりでしたが、

事件によって傷つけられた人たちも被害者だと考えて、彼らの傷を癒すために真実を明らかにしていきます。

そんな加賀恭一郎が、殺人事件の真実だけでなく、警視庁の刑事が抱えていた問題まで解決していく物語です。

加賀恭一郎の優しさとカッコよさに心を鷲掴みにされます。
東野圭吾『新参者』感想/仕事ができる人ほど自慢をしない!?
仕事ができると自慢していませんか? 私はそれほど仕事ができるわけではないので自慢していませんが、 私のまわりには仕事ができると自慢してくる人が結構います。 しかし、東野圭吾さんの小説『新参者』を読んで、仕事ができないからこ...

第1位 麒麟の翼

おすすめ度:5.0

物語は、カネセキ金属の製造本部長である青柳武明が、刺殺されるところから始まります。

ところが、武明は、なぜかナイフで刺されてから、麒麟の翼像がある日本橋までかなりの距離を歩いてから亡くなりました。

近くに交番があったにも関わらず、武明は脇目もふらずに麒麟の翼像を目指したことから、警察では何かメッセージがあるのではと考えられていましたが、何かはわかりませんでした。

そんなとき、武明の財布を所持していた不審者が見つかり、武明が勤めていたカネセキ金属から派遣切りにあっていたことがわかります。

そのため、警察は不審者が再雇用を武明に頼んだけれど、断られたので刺殺したのではと考えましたが、加賀恭一郎は、この事件の裏には別の何かがあると考えていました。その何かとは…。

「自分が犯した過ちは自分で責任を取る」という当たり前の行動がとれるかどうかで未来が大きく変わることを教えてくれる物語です。
東野圭吾『麒麟の翼』感想/人は反省しないと同じ過ちを繰り返す
何か問題が起きたとき、反省していますか? 私は真面目な性格なので反省しすぎるところがありますが、 東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』を読んで、反省しないと同じ過ちを繰り返すことに気づきました。 それだけでなく、いつか取り返しの...

第4位 祈りの幕が下りる時

おすすめ度:5.0

加賀恭一郎の母・田島百合子は、彼が小さい頃に家を飛び出し、仙台で長年暮らしていましたが、働いていたスナックの客としてやってきた綿部俊一にしか心を開いていませんでした。

しかし、綿部は電力関係の仕事をしているためか、遠方に行ったっきり連絡が途絶えてしまいます。

一方、加賀の従弟で、刑事でもある松宮脩平は、明治座で講演中の芝居『異聞・曽根崎心中』の演出家である浅居博美を調べていました。

彼女の同級生である押谷道子が、彼女と出会った直後に殺されていたからです。さらに、彼女が発見されたアパートの近くでホームレスが殺されていることがわかります。

これら関係のなさそうな事件が、加賀恭一郎の推理でひとつに繋がっていくミステリーです。

子供の幸せを願う母と、自分の幸せしか考えない母の対比に胸が苦しくなる物語です。
東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/家族とは何か、母親とは何か?
家族と上手くいっていますか? 私は過去にいろいろありましたが、今では楽しく過ごせています。 しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、 家族に他人の迷惑を顧みない自分勝手な人がいると、その人のせいで一生つら...

第3位 希望の糸

汐見行伸は、妻と二人の子供と楽しく過ごしていましたが、新潟で地震が起こり、二人の子供が帰らぬ人となりました。

その日から彼ら夫婦は何のために生きているのかわからなくなりますが、不妊治療に励んだ結果、萌奈という子供が生まれます。

一方、料亭旅館「たつ芳」の女将・芳原亜矢子は、医師から父の命が残り少ないことを告げられました。

そんな亜矢子に、祖父母の代から付き合いのある弁護士が父の遺言状をみせますが、そこには松宮脩平というまったく知らない人物の名前が書かれていたのです。

ちょうどその頃、松宮脩平は、加賀恭一郎のもとで殺人事件の捜査にあたっていました。これら3つの物語がある結末へと繋がっていくミステリーです。

子供のことを想う親たちの物語に涙するミステリーです。
東野圭吾『希望の糸』は子供という存在の大きさに衝撃を受ける物語
子供を大切にしていますか? もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、 東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。 私にも二人の子供がい...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、加賀恭一郎シリーズの順番とおすすめランキングを紹介してきました。

このシリーズは回を重ねる毎に加賀恭一郎の優しさとカッコよさが増していくので、続きが気になって仕方ありません。

もし、未読の作品があれば、この機会にぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

実に面白い!?東野圭吾『ガリレオシリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
 ガリレオシリーズと聞くと、科学的なトリックを湯川准教授(最新作では教授)が論理的に解き明かすイメージがありますよね。  もちろん、初期の作品ではその傾向が強かったのですが、シリーズを重ねるにつれて、湯川の人間としての魅力に物語のフォ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました