JUJUが愛した「読書」!?おすすめ漫画&小説6作品をご紹介

エンタメまとめ

2018年2月24日にCDTV(カウントダウンTV)で放送された『JUJUが愛した「読書」』。

新アルバム『I』の発売特集としてJUJUさんのおすすめ本が紹介されていました。私も読んでみたい本が多かったので、まとめとして残しておきます。

では早速、JUJUが愛した読書!?おすすめ漫画&小説6作品を紹介していきます。

スポンサーリンク

JUJUが愛した「読書」

島耕作シリーズ

おすすめ度:3.7

1983年からモーニングで連載がはじまった漫画『課長 島耕作』。部長、取締役、常務…と続いていく人気シリーズです。

ストーリーとしては、大企業に勤める主人公の島耕作が、多くの女性と関係を持ちながらも、さらに派閥争いに巻き込まれながらも、出世していく姿が描かれています。

しかし、それだけでなく、日本経済の動向も盛り込まれており、経済活動の末端で働くサラリーマンがリアルに描かれているので、私たちの心を捉えて離さない漫画でもあるんですよね。

漫画『課長 島耕作』のあらすじと感想を全17巻ネタバレありで紹介
1983年からモーニングで連載がはじまった漫画『課長 島耕作』。部長、取締役、常務…と続いていく人気シリーズの第一弾です。 ストーリーとしては、大企業に勤める主人公の島耕作が、多くの女性と関係を持ちながらも、さらに派閥争いに巻き込まれ...

おかゆねこ

祈りの幕が下りる時

おすすめ度:5.0

家族と上手くいってますか?

私は過去にいろいろありましたが、今では楽しく過ごしています。

しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に他人の迷惑を顧みない自分勝手な人がいると、その人のせいで一生つらい思いをすることを知り、衝撃を受けました。

今の家族と過ごせてきたことに感謝したくなる物語なんですよね。

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』感想/人生は家族に大きく左右される!?
家族と上手くいってますか? 私は過去にいろいろありましたが、今では楽しく過ごしています。 しかし、東野圭吾さんの小説『祈りの幕が下りる時』を読んで、家族に他人の迷惑を顧みない自分勝手な人がいると、その人のせいで一生つらい思いをす...

みをつくし料理帖シリーズ

最高のオバハン

沖で待つ

スポンサーリンク

最後

気になる本は見つかったでしょうか。

もし、気になる本があれば、この機会にぜひ読んでみてください。私は次に『みをつくし料理帖シリーズ』を読んでみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました