webstation plus

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)


 性格の悪さを隠していませんか?

 誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪くなってしまいます。

 そのことに気づけたのは、スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』を読んだからです。

 そこで今回は『ジーキル博士とハイド氏』を参考に、性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由について考えてみたいと思います。

 『ジーキル博士とハイド氏』ってどんな小説?

 「ジキルとハイド」をご存知でしょうか。

 二重人格者の比喩として警察や探偵物のドラマ、映画、漫画などによく登場してくるアレです。

 ジーキル博士は、善良で誰にでも優しく接する尊敬すべき人物でしたが、彼の遺言状には全財産をハイドという人物に委ねると書かれていました。

 そのハイドという人物。ぶつかった少女が倒れても助けることなく、むしろ踏みつけて置き去りにするような人間。顔を見るだけで嫌悪感でいっぱいになるような人物でした。

 そんな対照的な二人がある殺人事件をキッカケに関係を疑われます。ジーキル博士は関係を否定しますが――。

 結末が予想できても、最後まで夢中で読んでしまう物語です。

 性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

 それは、悪い性格を否定すればするほど、性格の悪さに焦点があってしまうからです。

 よく心理学の本で、「シロクマのことだけは考えるな!」と言われると、シロクマをイメージしてしまうと書かれていますよね。あれと同じです。

 つまり、悪い性格に目を向ければ向けるほど、そのイメージが膨らみ、どんどん性格が悪くなっていくのです。

 ジーキル博士は完璧主義で、妥協を許せない性格でした。善良で向上心あふれる人生を歩もうと努力していましたが、どうしても攻撃的で快楽主義的な一面が出てきます。

 そこで彼は、善良な面と攻撃的で快楽主義的な悪の面を分離しようと考えました。彼は医学博士でもあったので、その薬を開発。こうして彼は善良なジーキル博士と邪な考えを持つハイド氏に性格を分離することに成功したのです。

 ところが、彼の予想は外れます。善と悪を分離すれば、悪の方は向上心や自責の念から解放されて自由を謳歌することができ、善の方も悪心に惑わされることなく、善行に喜びを見出して向上の道を進んでいけると考えていましたが、実際にはそうなりませんでした。悪心の解放ばかりを望むようになったのです。

 なぜなら、長い間、押さえつけてきた悪心が爆発したからです。その気持ち良さは計り知れません。

 だからこそ、ジーキル博士はハイド氏になって悪事を積み重ねます。人殺しに手を染めてはじめてハイド氏になるのをやめようと決意しますが、それでも彼はハイド氏になることを望んでいました。その結果――。

 誰もが性格の悪さを抱えて生きています。それを隠したり、否定したりするのではなく、受け入れることが大切です。その上で、どうすればより良い人生が歩めるのかを考えるべきだと思わせてくれる物語です。

 最後に

 スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』。読めば、良い面も悪い面もともに自分であることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …