webstation plus

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)


 性格の悪さを隠していませんか?

 誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪くなってしまいます。

 そのことに気づけたのは、スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』を読んだからです。

 そこで今回は『ジーキル博士とハイド氏』を参考に、性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由について考えてみたいと思います。

 『ジーキル博士とハイド氏』ってどんな小説?

 「ジキルとハイド」をご存知でしょうか。

 二重人格者の比喩として警察や探偵物のドラマ、映画、漫画などによく登場してくるアレです。

 ジーキル博士は、善良で誰にでも優しく接する尊敬すべき人物でしたが、彼の遺言状には全財産をハイドという人物に委ねると書かれていました。

 そのハイドという人物。ぶつかった少女が倒れても助けることなく、むしろ踏みつけて置き去りにするような人間。顔を見るだけで嫌悪感でいっぱいになるような人物でした。

 そんな対照的な二人がある殺人事件をキッカケに関係を疑われます。ジーキル博士は関係を否定しますが――。

 結末が予想できても、最後まで夢中で読んでしまう物語です。

 性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

 それは、悪い性格を否定すればするほど、性格の悪さに焦点があってしまうからです。

 よく心理学の本で、「シロクマのことだけは考えるな!」と言われると、シロクマをイメージしてしまうと書かれていますよね。あれと同じです。

 つまり、悪い性格に目を向ければ向けるほど、そのイメージが膨らみ、どんどん性格が悪くなっていくのです。

 ジーキル博士は完璧主義で、妥協を許せない性格でした。善良で向上心あふれる人生を歩もうと努力していましたが、どうしても攻撃的で快楽主義的な一面が出てきます。

 そこで彼は、善良な面と攻撃的で快楽主義的な悪の面を分離しようと考えました。彼は医学博士でもあったので、その薬を開発。こうして彼は善良なジーキル博士と邪な考えを持つハイド氏に性格を分離することに成功したのです。

 ところが、彼の予想は外れます。善と悪を分離すれば、悪の方は向上心や自責の念から解放されて自由を謳歌することができ、善の方も悪心に惑わされることなく、善行に喜びを見出して向上の道を進んでいけると考えていましたが、実際にはそうなりませんでした。悪心の解放ばかりを望むようになったのです。

 なぜなら、長い間、押さえつけてきた悪心が爆発したからです。その気持ち良さは計り知れません。

 だからこそ、ジーキル博士はハイド氏になって悪事を積み重ねます。人殺しに手を染めてはじめてハイド氏になるのをやめようと決意しますが、それでも彼はハイド氏になることを望んでいました。その結果――。

 誰もが性格の悪さを抱えて生きています。それを隠したり、否定したりするのではなく、受け入れることが大切です。その上で、どうすればより良い人生が歩めるのかを考えるべきだと思わせてくれる物語です。

 最後に

 スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』。読めば、良い面も悪い面もともに自分であることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

小野寺史宜『縁』感想/魔が差しても止めてくれる人はいますか?

 生きていると魔が差すような出来事ってありますよね。  そんなとき、その誘惑に負けずにいられるかどうかは、周りにいる人たちの影響も大きいように思います。  小野寺史宜さんの小説『縁』を読んで、魔が差しても止めてくれる人が …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』感想/リスクをとれば道は開ける!?

 リスクをとっていますか?  私は安定を好む性格なので、あまりリスクをとっていませんが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖7』を読んで、リスクをとれば道が開けることがわかりました。  逆に言えば、リスクをとらない …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に!?

 好きでもない仕事に追われていませんか?  あるいは、仕事終わりに居酒屋で会社の愚痴をこぼしたり、家に帰ってからテレビやスマホをぼーっと眺めているような無駄な時間の過ごし方をしていませんか?  もし、そんな生活をしている …

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?  残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。  大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 &n …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …