webstation plus

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)


 性格の悪さを隠していませんか?

 誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪くなってしまいます。

 そのことに気づけたのは、スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』を読んだからです。

 そこで今回は『ジーキル博士とハイド氏』を参考に、性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由について考えてみたいと思います。

 『ジーキル博士とハイド氏』ってどんな小説?

 「ジキルとハイド」をご存知でしょうか。

 二重人格者の比喩として警察や探偵物のドラマ、映画、漫画などによく登場してくるアレです。

 ジーキル博士は、善良で誰にでも優しく接する尊敬すべき人物でしたが、彼の遺言状には全財産をハイドという人物に委ねると書かれていました。

 そのハイドという人物。ぶつかった少女が倒れても助けることなく、むしろ踏みつけて置き去りにするような人間。顔を見るだけで嫌悪感でいっぱいになるような人物でした。

 そんな対照的な二人がある殺人事件をキッカケに関係を疑われます。ジーキル博士は関係を否定しますが――。

 結末が予想できても、最後まで夢中で読んでしまう物語です。

 性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

 それは、悪い性格を否定すればするほど、性格の悪さに焦点があってしまうからです。

 よく心理学の本で、「シロクマのことだけは考えるな!」と言われると、シロクマをイメージしてしまうと書かれていますよね。あれと同じです。

 つまり、悪い性格に目を向ければ向けるほど、そのイメージが膨らみ、どんどん性格が悪くなっていくのです。

 ジーキル博士は完璧主義で、妥協を許せない性格でした。善良で向上心あふれる人生を歩もうと努力していましたが、どうしても攻撃的で快楽主義的な一面が出てきます。

 そこで彼は、善良な面と攻撃的で快楽主義的な悪の面を分離しようと考えました。彼は医学博士でもあったので、その薬を開発。こうして彼は善良なジーキル博士と邪な考えを持つハイド氏に性格を分離することに成功したのです。

 ところが、彼の予想は外れます。善と悪を分離すれば、悪の方は向上心や自責の念から解放されて自由を謳歌することができ、善の方も悪心に惑わされることなく、善行に喜びを見出して向上の道を進んでいけると考えていましたが、実際にはそうなりませんでした。悪心の解放ばかりを望むようになったのです。

 なぜなら、長い間、押さえつけてきた悪心が爆発したからです。その気持ち良さは計り知れません。

 だからこそ、ジーキル博士はハイド氏になって悪事を積み重ねます。人殺しに手を染めてはじめてハイド氏になるのをやめようと決意しますが、それでも彼はハイド氏になることを望んでいました。その結果――。

 誰もが性格の悪さを抱えて生きています。それを隠したり、否定したりするのではなく、受け入れることが大切です。その上で、どうすればより良い人生が歩めるのかを考えるべきだと思わせてくれる物語です。

 最後に

 スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』。読めば、良い面も悪い面もともに自分であることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

楽しく英語が学びたいのなら「英語多読」がおすすめ

 英語を学んでますか?  私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。  とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」と …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

「努力が報われると思う人はダメですね」  とは、明石家さんまさんの言葉ですが、この言葉には、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら努力なんてしない方がいい…という意味が込められて …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

まずは基本に忠実に!考える練習をしよう

 この前のエントリで「考える力」は3つに分解できると書きました。しかし、何事も基本が大切ですよね。野球や剣道をする人にとって素振りが大切なように、考える力をつけるにも基本が大切です。まずは基本に忠実に。  基本 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …