webstation plus

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)


 性格の悪さを隠していませんか?

 誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪くなってしまいます。

 そのことに気づけたのは、スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』を読んだからです。

 そこで今回は『ジーキル博士とハイド氏』を参考に、性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由について考えてみたいと思います。

 『ジーキル博士とハイド氏』ってどんな小説?

 「ジキルとハイド」をご存知でしょうか。

 二重人格者の比喩として警察や探偵物のドラマ、映画、漫画などによく登場してくるアレです。

 ジーキル博士は、善良で誰にでも優しく接する尊敬すべき人物でしたが、彼の遺言状には全財産をハイドという人物に委ねると書かれていました。

 そのハイドという人物。ぶつかった少女が倒れても助けることなく、むしろ踏みつけて置き去りにするような人間。顔を見るだけで嫌悪感でいっぱいになるような人物でした。

 そんな対照的な二人がある殺人事件をキッカケに関係を疑われます。ジーキル博士は関係を否定しますが――。

 結末が予想できても、最後まで夢中で読んでしまう物語です。

 性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

 それは、悪い性格を否定すればするほど、性格の悪さに焦点があってしまうからです。

 よく心理学の本で、「シロクマのことだけは考えるな!」と言われると、シロクマをイメージしてしまうと書かれていますよね。あれと同じです。

 つまり、悪い性格に目を向ければ向けるほど、そのイメージが膨らみ、どんどん性格が悪くなっていくのです。

 ジーキル博士は完璧主義で、妥協を許せない性格でした。善良で向上心あふれる人生を歩もうと努力していましたが、どうしても攻撃的で快楽主義的な一面が出てきます。

 そこで彼は、善良な面と攻撃的で快楽主義的な悪の面を分離しようと考えました。彼は医学博士でもあったので、その薬を開発。こうして彼は善良なジーキル博士と邪な考えを持つハイド氏に性格を分離することに成功したのです。

 ところが、彼の予想は外れます。善と悪を分離すれば、悪の方は向上心や自責の念から解放されて自由を謳歌することができ、善の方も悪心に惑わされることなく、善行に喜びを見出して向上の道を進んでいけると考えていましたが、実際にはそうなりませんでした。悪心の解放ばかりを望むようになったのです。

 なぜなら、長い間、押さえつけてきた悪心が爆発したからです。その気持ち良さは計り知れません。

 だからこそ、ジーキル博士はハイド氏になって悪事を積み重ねます。人殺しに手を染めてはじめてハイド氏になるのをやめようと決意しますが、それでも彼はハイド氏になることを望んでいました。その結果――。

 誰もが性格の悪さを抱えて生きています。それを隠したり、否定したりするのではなく、受け入れることが大切です。その上で、どうすればより良い人生が歩めるのかを考えるべきだと思わせてくれる物語です。

 最後に

 スティーヴンスンの小説『ジーキル博士とハイド氏』。読めば、良い面も悪い面もともに自分であることがわかる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …