webstation plus

forest_01

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があっても足りないからだ。そこで、頼りになるのが「直感」である。

 実は、将棋の世界でもそうらしい。将棋は、ひとつの場面で約80通りの可能性があるといわれているが、史上初となる7つの永世称号保持者・羽生善治氏は、最初に直感によって2つあるいは3つの可能性に絞り込んでいるという。残りの77とか78の可能性については瞬時に捨てているのだ。なぜか。

 それは、羽生氏のいう「直感」が、「今まで習得してきたこと、学んできたこと、知識、類似したケースなどを統合した選択」を指しているからだ。ほんの一瞬、一秒にも満たないような時間のなかで取捨選択したものであっても、適当、やみくもに選んだものではなく、自分自身がこれまで築いてきたものから生まれてきたもの――すなわち、「なぜ、それを選択したのか説明できること」を直感といっているからである。

 では、私たちはどうだろうか。「なんとなく」や「選択した理由を説明できないこと」を直感と言っていないだろうか。もし、そうだとしたら、私たちはとても「危うい」ものに人生を託していることになる。自分で選択しているつもりでも、まわりの人たちや環境に流されて人生の決断を下していることになる。

 では、どうすれば羽生氏のいう「直感」が身につけられるのだろうか。それには、次の三つの方法が効果的だ。

  1. 何かに集中する時間をつくる
  2. 結果だけを意識しない
  3. 常に新しい「何か」を探し求める

 「直感」は、本当に何もないところから湧き出てくるものではない。考えて考えて、あれこれ模索した経験を蓄積した結果、湧き出てくるものである。だから、「何かに集中する時間」をつくることが始めの一歩。何かに集中しているときには、頭のなかであれこれ考えをめぐらせるからだ。

 とはいえ、目の前の仕事ではどうしても集中できないこともあるだろう。そんなときには、時間と手間がかかる作業に取り組んでみてはどうだろうか。たとえば、長編の小説。登場人物が多くてストーリーが複雑なものや何世代にもわたる大河ドラマのような時代ものを読んでみる。ピースの多いジグソーパズルや大作のプラモデルに取り組んでみるのもひとつだろう。とにかく、自分の趣味にあったものからはじめ、集中力を高める癖をつけていこう。そうすれば、仕事でも集中力が発揮できるようになっていく。

 ただし、どれだけ集中力を高めても「結果ばかりを意識」していては行動できなくなってしまう。失敗を怖れるからだ。

 たとえば、最近では統計情報といった目に見える原因、目に見える根拠、目に見える成果が溢れている。しかし、これらはあくまでも過去のデータ、他人のデータ。どれだけ失敗する根拠で溢れていても、今、自分が向き合っている局面のものではない。

 そのため、こういった情報にできるだけ振り回されずに、自分の頭で考えることが大切になる。つまり、集中力を高め、自分の頭で考え、行動することで「直観力」は磨かれていくのである。

 あとは、考えるパターンを増やしていけばいい。そのためには、いつもとは「違う何か」を見つけるようにしていく。具体的には、いろいろな可能性があることを信じて考える。常識にとらわれずに、先入観を持たずに考えるようにしていく。そして、その考えに基づいて行動していく。そうすることができれば、どのような局面にでも適応できる直観力が磨かれていくだろう。

 さて、私たちはあらゆることについて最終的には「直感」に従って選択している。それなのに、「なんとなく」や「理由が説明できない直感」に従っていては、自分らしく生きることなどできない。本来の自分らしさとは、これまでの経験や考えに基づいて選択し、行動することだ。

 だから、「自分らしく生きたい」と思っているのなら、羽生氏のいう直観力を磨いていこう。集中力をつけ、自分の頭で考え、行動していこう。そして、そのパターンを増やしていこう。そうすれば、今よりも自分らしい選択ができるはずだ。

 関連記事

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

失敗から成功を生み出すために偉人たちがやってきた3つのこと

(※『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』表紙より)  失敗していますか?  エジソンは失敗王と呼ばれるほど数多くの失敗をしてきたそうですが、彼に限らず多くの偉人たちは失敗を乗り越えて成功にたどり着いています。  つまり …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …