webstation plus

forest_01

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があっても足りないからだ。そこで、頼りになるのが「直感」である。

 実は、将棋の世界でもそうらしい。将棋は、ひとつの場面で約80通りの可能性があるといわれているが、史上初となる7つの永世称号保持者・羽生善治氏は、最初に直感によって2つあるいは3つの可能性に絞り込んでいるという。残りの77とか78の可能性については瞬時に捨てているのだ。なぜか。

 それは、羽生氏のいう「直感」が、「今まで習得してきたこと、学んできたこと、知識、類似したケースなどを統合した選択」を指しているからだ。ほんの一瞬、一秒にも満たないような時間のなかで取捨選択したものであっても、適当、やみくもに選んだものではなく、自分自身がこれまで築いてきたものから生まれてきたもの――すなわち、「なぜ、それを選択したのか説明できること」を直感といっているからである。

 では、私たちはどうだろうか。「なんとなく」や「選択した理由を説明できないこと」を直感と言っていないだろうか。もし、そうだとしたら、私たちはとても「危うい」ものに人生を託していることになる。自分で選択しているつもりでも、まわりの人たちや環境に流されて人生の決断を下していることになる。

 では、どうすれば羽生氏のいう「直感」が身につけられるのだろうか。それには、次の三つの方法が効果的だ。

  1. 何かに集中する時間をつくる
  2. 結果だけを意識しない
  3. 常に新しい「何か」を探し求める

 「直感」は、本当に何もないところから湧き出てくるものではない。考えて考えて、あれこれ模索した経験を蓄積した結果、湧き出てくるものである。だから、「何かに集中する時間」をつくることが始めの一歩。何かに集中しているときには、頭のなかであれこれ考えをめぐらせるからだ。

 とはいえ、目の前の仕事ではどうしても集中できないこともあるだろう。そんなときには、時間と手間がかかる作業に取り組んでみてはどうだろうか。たとえば、長編の小説。登場人物が多くてストーリーが複雑なものや何世代にもわたる大河ドラマのような時代ものを読んでみる。ピースの多いジグソーパズルや大作のプラモデルに取り組んでみるのもひとつだろう。とにかく、自分の趣味にあったものからはじめ、集中力を高める癖をつけていこう。そうすれば、仕事でも集中力が発揮できるようになっていく。

 ただし、どれだけ集中力を高めても「結果ばかりを意識」していては行動できなくなってしまう。失敗を怖れるからだ。

 たとえば、最近では統計情報といった目に見える原因、目に見える根拠、目に見える成果が溢れている。しかし、これらはあくまでも過去のデータ、他人のデータ。どれだけ失敗する根拠で溢れていても、今、自分が向き合っている局面のものではない。

 そのため、こういった情報にできるだけ振り回されずに、自分の頭で考えることが大切になる。つまり、集中力を高め、自分の頭で考え、行動することで「直観力」は磨かれていくのである。

 あとは、考えるパターンを増やしていけばいい。そのためには、いつもとは「違う何か」を見つけるようにしていく。具体的には、いろいろな可能性があることを信じて考える。常識にとらわれずに、先入観を持たずに考えるようにしていく。そして、その考えに基づいて行動していく。そうすることができれば、どのような局面にでも適応できる直観力が磨かれていくだろう。

 さて、私たちはあらゆることについて最終的には「直感」に従って選択している。それなのに、「なんとなく」や「理由が説明できない直感」に従っていては、自分らしく生きることなどできない。本来の自分らしさとは、これまでの経験や考えに基づいて選択し、行動することだ。

 だから、「自分らしく生きたい」と思っているのなら、羽生氏のいう直観力を磨いていこう。集中力をつけ、自分の頭で考え、行動していこう。そして、そのパターンを増やしていこう。そうすれば、今よりも自分らしい選択ができるはずだ。

 関連記事

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

「運がいい人」は見向きもせず、「運が悪い人」が追い求めているもの

 それは他人が作った幻想です。憧れの誰かを目指したり、世間一般で言われているありきたりな幸せを追い求めると、どんどん運が悪くなっていくんですよね。なぜなら――。  私たちの脳は世界にひとつだけ  SMAPの名曲 …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

勉強のやる気がでないのは「努力が足りない」からではなく「仕組みがない」から

 この前のエントリで、今後、エンジニアとして活躍したいのなら自律するしかないと書きました。  では、どうすれば自律できるのでしょうか。もちろん、勉強して考える力をつけるしかありませんよね。新しい技術や世の中の流れを理解し …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …