webstation plus

forest_01

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があっても足りないからだ。そこで、頼りになるのが「直感」である。

 実は、将棋の世界でもそうらしい。将棋は、ひとつの場面で約80通りの可能性があるといわれているが、史上初となる7つの永世称号保持者・羽生善治氏は、最初に直感によって2つあるいは3つの可能性に絞り込んでいるという。残りの77とか78の可能性については瞬時に捨てているのだ。なぜか。

 それは、羽生氏のいう「直感」が、「今まで習得してきたこと、学んできたこと、知識、類似したケースなどを統合した選択」を指しているからだ。ほんの一瞬、一秒にも満たないような時間のなかで取捨選択したものであっても、適当、やみくもに選んだものではなく、自分自身がこれまで築いてきたものから生まれてきたもの――すなわち、「なぜ、それを選択したのか説明できること」を直感といっているからである。

 では、私たちはどうだろうか。「なんとなく」や「選択した理由を説明できないこと」を直感と言っていないだろうか。もし、そうだとしたら、私たちはとても「危うい」ものに人生を託していることになる。自分で選択しているつもりでも、まわりの人たちや環境に流されて人生の決断を下していることになる。

 では、どうすれば羽生氏のいう「直感」が身につけられるのだろうか。それには、次の三つの方法が効果的だ。

  1. 何かに集中する時間をつくる
  2. 結果だけを意識しない
  3. 常に新しい「何か」を探し求める

 「直感」は、本当に何もないところから湧き出てくるものではない。考えて考えて、あれこれ模索した経験を蓄積した結果、湧き出てくるものである。だから、「何かに集中する時間」をつくることが始めの一歩。何かに集中しているときには、頭のなかであれこれ考えをめぐらせるからだ。

 とはいえ、目の前の仕事ではどうしても集中できないこともあるだろう。そんなときには、時間と手間がかかる作業に取り組んでみてはどうだろうか。たとえば、長編の小説。登場人物が多くてストーリーが複雑なものや何世代にもわたる大河ドラマのような時代ものを読んでみる。ピースの多いジグソーパズルや大作のプラモデルに取り組んでみるのもひとつだろう。とにかく、自分の趣味にあったものからはじめ、集中力を高める癖をつけていこう。そうすれば、仕事でも集中力が発揮できるようになっていく。

 ただし、どれだけ集中力を高めても「結果ばかりを意識」していては行動できなくなってしまう。失敗を怖れるからだ。

 たとえば、最近では統計情報といった目に見える原因、目に見える根拠、目に見える成果が溢れている。しかし、これらはあくまでも過去のデータ、他人のデータ。どれだけ失敗する根拠で溢れていても、今、自分が向き合っている局面のものではない。

 そのため、こういった情報にできるだけ振り回されずに、自分の頭で考えることが大切になる。つまり、集中力を高め、自分の頭で考え、行動することで「直観力」は磨かれていくのである。

 あとは、考えるパターンを増やしていけばいい。そのためには、いつもとは「違う何か」を見つけるようにしていく。具体的には、いろいろな可能性があることを信じて考える。常識にとらわれずに、先入観を持たずに考えるようにしていく。そして、その考えに基づいて行動していく。そうすることができれば、どのような局面にでも適応できる直観力が磨かれていくだろう。

 さて、私たちはあらゆることについて最終的には「直感」に従って選択している。それなのに、「なんとなく」や「理由が説明できない直感」に従っていては、自分らしく生きることなどできない。本来の自分らしさとは、これまでの経験や考えに基づいて選択し、行動することだ。

 だから、「自分らしく生きたい」と思っているのなら、羽生氏のいう直観力を磨いていこう。集中力をつけ、自分の頭で考え、行動していこう。そして、そのパターンを増やしていこう。そうすれば、今よりも自分らしい選択ができるはずだ。

 関連記事

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …