webstation plus

facebook_01

 成功している人たちに共通していること。それは、「常に相手を勝たせている」ということだ。

 たとえば、メルカリ。メルカリはYahooオークションに比べて簡単に使えるので、多くのユーザーがメルカリで商品を売買しているが、ここでも「相手を勝たせている人」ほど、多くの商品を売っている。他では絶対買えないような安い値段設定をしていたり、値引きを要求してくる人には気持ちだけ(~100円)でも値下げに応じるなど、いつも相手を勝たせようとしている。だから、多くの人がその人から商品を買うのだろう。

 とはいえ、大半の人たちは「受け取ること」にしか興味がない。自分が儲けることや、どれだけ安く買えるかにしか興味をもっていない。もちろん、メルカリ以外でもそうだ。少しでも収入を増やしたい、自由な時間を増やしたい、気のあう友人と出会いたい――そんな自分の欲望を実現することばかりを願っている。だから、フォロワーが増えないのだ。

 では、どうすればフォロワーが増やせるのだろうか。

 今すぐフォロワーを増やす方法とは

 結論からいえば、「受け取る人」から「与える人」へシフトしていくことだ。自分には「何を与えることができるのか」にフォーカスしていくのである。より具体的には、次の5つを実践していこう。

  1. 原理原則に従う
  2. よい結果だけでなく、よいプロセスをもたらす
  3. フォロワーにも役割を見出すことができる
  4. 概念的であると同時に具体的である
  5. 現状の枠組みを突破するものである

 人を動かすエネルギーには「愛」と「怖れ」の2種類がある。愛はプラスのエネルギーで、「与えたい」「守りたい」「恩返しをしたい」「もっとよくなりたい」といった拡大、統合、肯定の力である。対する怖れは、「こんな毎日はもうイヤだ」「逃げ出したい」「憎い」「許せない」といったマイナスのエネルギーで、収縮、分離、否定の力を持っている。そして、人間は怖れを元に行動すると不幸が強くなっていき、逆に愛を元に行動すると幸福感が強くなっていく。

 では、あなたのビジョンや行動の中心にあるのは、どちらのエネルギーだろうか。怖れだろうか。愛だろうか。もし、怖れが中心になっているようなら、そのビジョンは実現せず、行動は空回りするだろう。成功するための原理原則は、多くの人の人生に貢献するような、中心に愛のあるものでなければいけないからだ。

 さらに、結果だけでなく、心からワクワクするようなプロセスや、参加する人が成長できるような魅力的なプロセスを描いていきたい。デザインサイトを運営しているのなら、参加者も楽しくデザインができ、成長していく過程が実感できるようにしていくべきだ。そうすれば、大勢の人が集まり、ビジョン実現へのスピードも飛躍的に早まるだろう。

 だから、すべてを一人でやろうとしてはいけない。素晴らしいビジョンには、誰もが自分の役割を見つけることができる空白がある。デザインサイトの運営であれば、コメントやTwitterなどで意見のやり取りができたり、参加者の意見が記事に反映されるといった仕組みが必要。どれだけビジョンに魅力があろうとも、そこに参加できる空白がなければ、共感した人たちがどうすることもできないからだ。

 あとは、描いているビジョンが「概念的であると同時に具体的である」こと。そして、「現状の枠組みを突破するもの」であれば、多くのフォロワーが集まるだろう。すなわち、「口だけでなく行動せよ。そして誰の真似もするな」ということだ。

 まとめ

 私たちはどうしても「受け取る」ことばかりを考えてしまう。しかし、それだけでは誰からも応援してもらえない。どれだけ頑張っても相手にしてもらえない。だから、考えをシフトしていく必要がある。すなわち、「受け取った以上に与える」のだ。

 残念ながら私も「受け取った以上に与える」ことができていない。だから――心を入れ替えてブログを運営していきたいと思う。

 関連記事

「読点の打ち方」に迷ったときに知っておきたい3つの原則

 文章を書くときに、いちばん頭を悩ませるもの。それは、読点(「、」)ですよね。私は一時期ノイローゼになるくらい読点に悩まされていました。 「とにかく、区切りに読点を打てばいいんだよね」 「でも、なんだか読みにくいなぁ。も …

初心者でもわかりやすい文章に仕上がる!推敲すべき2つのポイント

 文章を書いている人なら誰もが感じていることだと思いますが、文章を書くという作業は全体の半分でしかありません。残り半分は「推敲する」こと。  それなのに、なんとなく推敲していては、どれだけ時間があっても足りませんよね。む …

名文に必要なのは「文法」ではなく「感覚」

 メールやSNS、ブログなどの登場によって文章を書く機会が劇的に増えていますが、そのほとんどは誰の記憶にも残らず忘れ去られてしまう運命にあります。未来にまで語り継がれる文章はほんの一握り。0.00001%もないかもしれま …

完璧主義者を辞めなければ「面白い文章」は書けない

 私たち日本人には、完璧主義者が多いといわれている。  たとえば、外国人旅行者が読む「日本」のガイドブックには、「日本人は完璧主義者なので、英語をマスターしていない限り英語を話してはいけないと考えている。だから、いきなり …

最後まで読みたくなる文章の書き方

 同じテーマについて書かれた文章でも、「最後まで読みたい!」と思える文章もあれば、途中で寝てしまいそうになる文章もありますよね。この差はいったいどこにあるのでしょうか。  結論から言えば、「独自の視点」があるかどうか。 …

ウソのキャラクターを演じるのはやめよう/『自分の言葉で語る技術』

 以前、テレビ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!』に小倉優子さんが出演されていた。ウソのキャラクターを演じ、しくじった先生として登場したのである。番組中、小倉さんはありのままの自分をさらけ出し、「ウソのキャラクターを …

まずは5行にまとめる/面白くて伝わるエッセイの書き方

 「どうすれば面白いエッセイが書けるようになるかな?」と知り合いのブロガーに尋ねたところ、「方法は二つしかないよ」という返事がかえってきた。その方法とは: 他人がしていないような体験を多く積む 他人とは違うところに目をつ …

もう少し「頭のいい文章が書きたい」と思っている方へ

 「スマートなブログを運営しているにも関わらず、なぜ人気が出ないんだろう…」という悩みを抱えていました。  人気ブロガーのブログ論を読むと、読者を惹きつける記事を100記事ほど書けば、PVは劇的に増えていくと書かれていま …

読者に選ばれる文章を書こう/『文章は書く前に8割決まる』

 多くの人たちに支持されている文章にはいくつかの共通点がある。なかでも本書に紹介されている次の三つを意識すれば、読者に支持されやすい文章が書けるようになるだろう。  まずひとつ目。それは「読者を意識している」ということ。 …

プロのライターとアマチュアライターの決定的な違い

 プロのライターとアマチュアライターの違いとは何か。これからプロのライターを目指す人たちにとって、この違いは何がなんでも知りたいはず。  そのひとつの答えとして、フリーライターである永江朗さんは、「アマチュアの文書が『書 …