webstation plus

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。

 その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うことで、戦争、仕事、結婚や離婚、育児、老後といった彼らの人生を追跡調査し、「何が人を幸せにするのか?」を明らかにしたもの。

 この研究で、「老年における幸福感」と「健康」、そして「温かな人間関係」という三点が強い相関関係にあることがわかりました。なかでも、まわりの人たちと「温かな人間関係」が築けている人は、そうでない人よりも高い収入を得ていたのだとか。

 さらに、専門的な分野で成功を収め、高い収入を得ている人は、母親と温かい関係が築けていることがわかったそうです。

 もちろん、収入の多い少ないが子どもの幸せに直結するわけではありませんが、母親とのコミュニケーション次第で子どもの将来が大きく変わる可能性があることがわかりますよね。

 では、母親との温かい関係とは、どのような関係なのでしょうか。本:『伸び続ける子が育つ お母さんの習慣』を参考に考えてみましょう。

 子育てのゴールは「子どもの自立」

 私たち親が「なぜ子育てをしているのか?」といえば、子どもの自立をサポートするためです。

 自分の家族を養う基盤が作れること(経済的自立)、まわりの人たちと温かな人間関係が築けること(社会的自立)、人生観や価値観を持ち、自分らしく生きていけること(精神的自立)。この三つの自立ができるように、子どもをサポートしているわけですね。

 つまり、母親との温かい関係とは、子どもの自立をサポートするコミュニケーションのこと。具体的には次の三つです。

1. 自分で考えるクセをつけさせる

 子どもが勉強をしていて難しい問題に出会ったとき、すぐに答えを求めてきませんか?また、すぐに答えを教えていませんか?

 もし、そうだとしたら、子どもの考える力が育ちません。自分で手を動かして、試行錯誤して、ふとした瞬間に豆電球がパッとつくように「わかった!」とひらめく――この快感が子どもの考える力を育むからです。

 中学や高校、大学受験で難しい問題にあたったとき、最後にものを言うのは「絶対に自分で解きたい!」という執念やしつこさのようなもの。それは、幼児期からどれだけ「わかった体験」を積み重ねているかにかかっています。

 また、この執念は、将来、自分の夢を実現させたいと思ったとき、「自分で最後までやり遂げたい!」という強い意志力にもなるでしょう。

 そのため、すぐに答えを教えずに、自分で考えるクセをつけさせる。そうして自分で「わかった!」という快感を積み重ねた子どもは、多少の苦難も乗り越えていけるようになります。

2. 成功体験をたくさん積ませる

 小さな成功体験を積み重ねた子どもは、社会に出てからも頑張り抜く力があるそうです。それは、小さな成功体験が、やがては大きな目標を設定し、その目標を達成するための自信になるからです。

 クイーンズランド工科大学生物医学研究センターのAdrian Barnett博士の調査結果もそのことを示しています。博士の調査によると、オーストラリアン・フットボール・リーグ(AFL)の選手には、12月生まれよりも1月生まれの選手が圧倒的に多いことがわかりました。

 その理由は、オーストラリアの新学年が1月からスタートするところにありました。1月生まれの子どもは、12月生まれの同級生よりも1年近く成長していますよね。この体格差を活かした成功体験がプロスポーツ選手を目指すキッカケになったのではないか、と博士は考察しています。

 この調査結果からも、「認められた」「できた」という小さな成功体験が、やがて大きな目標達成につながることがわかりますよね。そのため、私たち親は「小さなこと」でも達成できたことは、どんどん認めるようにしていくべきです。元気にあいさつができた、お手伝いができた、キライなものが食べられた…などなど。

 そうすれば、その小さな成功体験が、いずれは大きな自信へとつながっていくはず。

3. 手出し・口出しを控える

 成功体験をたくさん積むには、子どもが積極的に行動するように見守る必要があります。そうした結果、成功よりも失敗することのほうが多くなるかもしれません。

 しかし、ここで「失敗させたくない!」と親が口出しすると、どうなるでしょうか。子どもは失敗を怖れ、行動しなくなります。それだけでなく、行動しないことを正当化するために、否定形を連発するようになります。

 逆に考えれば、口出しを控え、子どもの頑張りを認めれば、放っておいても自主的に行動するはず。

 実際、宿題をしなかった子どもに、「宿題ができたら褒める、できなかったら何も言わない」を2週間続けただけで、何も言わなくても自分から積極的に宿題をやるようになったケースもあります。

 もちろん、「口出し」だけでなく「手出し」もいけません。子どもの失敗をリカバリーしようと、ついつい「手出し」してしまいがちですが、子どもの失敗体験を奪うことになるからです。

 もまれ体験、失敗体験を乗り越える力をつけなければ、大人になってもすぐに心が折れてしまう、社会人として通用しない大人になってしまいます。大事なのは、どのような状況でも、「与えられた条件でベストを尽くす」「与えられた状況を楽しむ」強い精神力を持つこと。

 そのためには、思い通りにならないとき、ツライときでも、できる限り自らの力で乗り越える経験を積ませることが大切です。もちろん、限度はありますが、些細なことで親が手だしすると、逆境を乗り越える力がつきませんよ。

 最後に

 自立した子どもを育てるには、自分で考えるように、積極的に行動するように、成功体験を多く積み重ねるようにサポートすること。そして、失敗しても手出し・口出しをしすぎないこと――。つまり、子どもを信頼して育てることが大切です。

 特に、母親から信頼されて育った子どもは、自分の力を信じて行動できるようになるそうです。その結果として、将来の高い収入へとつながっていくのかもしれませんね。

 とにかく、子どもの自立をサポートするのが親の役割。もし、そうしたコミュニケーションができていないようなら、今回紹介した方法を参考に子どもとの関わり方を見直してみてはどうでしょうか。

 関連記事

キッカケがあれば子どもは伸びる!?おすすめの絵本&ゲーム

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると翔くんは言います。  では …

家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考えること」よりも「誰かが決めた答えに従うこと」が多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、どうやってその答えに辿り着くのかを教わり …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 絵本の読み聞かせをしていますか。  多くの子育て本にも書かれているように、絵本の読み聞かせには学力を高める効果があります。  そこで今回は、本『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』を参考に、読み聞かせの効果と …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …