webstation plus

 金融庁の報告によると、65歳60歳以上の夫婦が年金収入だけに頼った生活を送ると、毎月5万円の赤字、30年で2000万円も不足するそうです。2019年6月時点の報告なので、私がこの年齢に達した頃には、もっと赤字が増えているでしょう。

 この話を聞いて、私が不安に思ったのは、「子供たちは大丈夫だろうか?」でした。もちろん、私自身もどうにかする必要がありますが、それ以上に子供たちの将来が心配になったんですよね。一応、私も親なので…。

 母親との温かなコミュニケーションが年収と相関している

 そこで子供たちのために何かできることはないか調べてみたところ、ハーバード大学のある研究がヒットしました。

 その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行い、さらに彼らの人生を追跡調査し、「何が人を幸せにするのか?」を明らかにしたものです。

 この研究の結論は、「老後における幸福感」と「健康」、「温かな人間関係」に相関関係があること。なかでも、母親と温かなコミュニケーションがとれている人たちは、専門的な分野で成功を収め、高収入を得ていたということです。

 もし、これが本当だとしたら、母親とのコミュニケーションを温かなものにできれば、子供の将来の年収が上がるかもしれませんよね。試してみる価値はありそうです。

 母親との温かなコミュニケーションとは?

 まずは、私たち親が何のために子育てをしているのかを明確にしましょう。

 それはもちろん、親の欲求を満たすためでも、親の人生を肯定するためでも、親の楽しみのためでもありません。子供の自立をサポートするためですよね。

 花まる学習会代表の高濱正伸さんによると、将来、自分の家族を養う基盤が作れるように(経済的自立)、まわりの人たちと円滑なコミュニケーションがとれるように(社会的自立)、人生観や価値観を持ち、自分らしく生きていけるように(精神的自立)子育てをしています。

 つまり、子供が自分らしい人生を歩めるようにサポートすることが、母親との温かなコミュニケーションなんですよね。残念ながら、毒親にはできない子育てです。

 子供の自立をサポートするためにやるべきことは3つ

 では、子供の自立をサポートするためにやるべきことは何でしょうか。それは次の3つです。

  1. 手出し・口出しを控える
  2. 自分で考えるクセをつけさせる
  3. 成功体験をたくさん積ませる

 これにつきます。手出し・口出しするのを控え、子供が自分で考えて行動し、成功体験が積めるようにサポートすること。そうすれば子供は自信を持って自分らしく行動できるようになります。

 私の子供たちも、妻を中心にこうしたサポートをするようになってから、行動が大きく変わりました。私にも堂々と自分の意見を主張し、私が間違っていると思えば、泣いてでも抗議してきます。それだけ自信がついたのでしょう。

 実際、クイーンズランド工科大学生物医学研究センターの調査結果でも「自信」が大きな成果につながることを示しています。

 突然ですが、オーストラリアン・フットボール・リーグ(AFL)の選手には、12月生まれよりも1月生まれの選手が圧倒的に多いそうですが、なぜだかわかりますか?

 それは、オーストラリアの新学年が1月からスタートするからです。1月生まれの子どもは、12月生まれの同級生よりも1年近く成長していますよね。この体格差を生かした成功体験がプロスポーツ選手を目指すキッカケになったのです。

 というわけで、子供の自信を育てれば、想像以上の結果を残せるようになります。もしかすると、子供の将来の年収も高くなるかもしれません。

 叱ったり、怒ったり、子供をコントロールしているようなら、子供とのコミュニケーション方法を変えてみてはどうでしょうか。

 関連記事

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から4年ほど前。テレビで『世界卓球2015』が放送されました。私はこの放送を見て、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠さん、15歳の平野美宇さんが、世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと何もできない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦するのを諦めて …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱る」ことでも、「ほめる」ことでも、「教える」ことでもありません。結論から言えば、「認める」ことです。  では、なぜ「認める」ことが子どもの成長につながるのでしょうか。  「叱る」「ほめる」は子ども …

「素直な良い子」ではなく「問題児」に育てよう

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。  その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な …