webstation plus

 金融庁の報告によると、65歳60歳以上の夫婦が年金収入だけに頼った生活を送ると、毎月5万円の赤字、30年で2000万円も不足するそうです。2019年6月時点の報告なので、私がこの年齢に達した頃には、もっと赤字が増えているでしょう。

 この話を聞いて、私が不安に思ったのは、「子供たちは大丈夫だろうか?」でした。もちろん、私自身もどうにかする必要がありますが、それ以上に子供たちの将来が心配になったんですよね。一応、私も親なので…。

 母親との温かなコミュニケーションが年収と相関している

 そこで子供たちのために何かできることはないか調べてみたところ、ハーバード大学のある研究がヒットしました。

 その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行い、さらに彼らの人生を追跡調査し、「何が人を幸せにするのか?」を明らかにしたものです。

 この研究の結論は、「老後における幸福感」と「健康」、「温かな人間関係」に相関関係があること。なかでも、母親と温かなコミュニケーションがとれている人たちは、専門的な分野で成功を収め、高収入を得ていたということです。

 もし、これが本当だとしたら、母親とのコミュニケーションを温かなものにできれば、子供の将来の年収が上がるかもしれませんよね。試してみる価値はありそうです。

 母親との温かなコミュニケーションとは?

 まずは、私たち親が何のために子育てをしているのかを明確にしましょう。

 それはもちろん、親の欲求を満たすためでも、親の人生を肯定するためでも、親の楽しみのためでもありません。子供の自立をサポートするためですよね。

 花まる学習会代表の高濱正伸さんによると、将来、自分の家族を養う基盤が作れるように(経済的自立)、まわりの人たちと円滑なコミュニケーションがとれるように(社会的自立)、人生観や価値観を持ち、自分らしく生きていけるように(精神的自立)子育てをしています。

 つまり、子供が自分らしい人生を歩めるようにサポートすることが、母親との温かなコミュニケーションなんですよね。残念ながら、毒親にはできない子育てです。

 子供の自立をサポートするためにやるべきことは3つ

 では、子供の自立をサポートするためにやるべきことは何でしょうか。それは次の3つです。

  1. 手出し・口出しを控える
  2. 自分で考えるクセをつけさせる
  3. 成功体験をたくさん積ませる

 これにつきます。手出し・口出しするのを控え、子供が自分で考えて行動し、成功体験が積めるようにサポートすること。そうすれば子供は自信を持って自分らしく行動できるようになります。

 私の子供たちも、妻を中心にこうしたサポートをするようになってから、行動が大きく変わりました。私にも堂々と自分の意見を主張し、私が間違っていると思えば、泣いてでも抗議してきます。それだけ自信がついたのでしょう。

 実際、クイーンズランド工科大学生物医学研究センターの調査結果でも「自信」が大きな成果につながることを示しています。

 突然ですが、オーストラリアン・フットボール・リーグ(AFL)の選手には、12月生まれよりも1月生まれの選手が圧倒的に多いそうですが、なぜだかわかりますか?

 それは、オーストラリアの新学年が1月からスタートするからです。1月生まれの子どもは、12月生まれの同級生よりも1年近く成長していますよね。この体格差を生かした成功体験がプロスポーツ選手を目指すキッカケになったのです。

 というわけで、子供の自信を育てれば、想像以上の結果を残せるようになります。もしかすると、子供の将来の年収も高くなるかもしれません。

 叱ったり、怒ったり、子供をコントロールしているようなら、子供とのコミュニケーション方法を変えてみてはどうでしょうか。

 関連記事

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

平凡でも東大生に育てられる!?東大生を育てる親がやっている3つの習慣

 東大生と聞くと遺伝的な「賢さ」を受け継いだ子だけがなれるイメージがありますよね。  しかし実際は、天才的な頭脳を武器に東大に受かる子は全体の3%程度で、残りの97%は伸びしろを最大限に生かすことに成功した子だそうです。 …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

フライングタイガーコペンハーゲンで知育玩具を購入

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。  私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。  それが、フライングタイガーコペンハーゲン …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

伸びる子が育つ父親の特徴/「イクメン」とは二人目の母親になることじゃない

 少し前にイクメンという言葉が流行りました。  その影響もあって、今では多くの父親が育児参加するようになりましたが、なぜか父親としてではなく、二人目の母親のように振る舞おうとする人がいます。  しかし、父親には父親の役割 …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …