webstation plus

(※『i(アイ)』表紙より)


 人の気持ちに寄り添っていますか。

 私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。

 そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思い出させてくれたのが、西加奈子さんの小説『i(アイ)』。

 今回は『i(アイ)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『i(アイ)』のあらすじ

 ワイルド曽田アイは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ女子高生。

 彼女は血の繋がりのない裕福な両親に大切に育てられましたが、繊細で賢すぎるため、自分の境遇を恥ずかしく思っていました。

 なぜなら、世界には理不尽な生活を余儀なくされる子どもたちが大勢いるからです。

・骸骨のように痩せ細り、でもお腹だけ大きく突き出た子どもたち
・煙が立ち上るゴミ山をあさる裸足の子どもたち
・路上で固まって眠り、大人たちから金品を盗むことで生きている子どもたち

 シリア生まれの彼女は、自分もそのうちの一人だったかもしれない…と思うと、贅沢な暮らしをしている自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 そんな彼女が同性愛者のミナや歳上の男性ユウとの出会いを通して自分の存在意義を追い求める物語です。

 『i(アイ)』のおすすめポイント

1. アイの悩む姿に心打たれる!?

 アイは、震災やテロが起こるたびに「なぜ、自分が被害者じゃなかったんだろう?」と思い悩んでいました。恵まれているという想いから抜け出せず、羞恥心と罪悪感でいっぱいになりました。

 では、なぜ彼女はそう思うようになったのでしょうか。

 それは、彼女がたまたま裕福な家庭の養子になったからです。自分が選ばれなければ、他の誰かが裕福になれた――そう思い悩んでいたのです。

 一方で、アイは養子であることに不安を感じていました。本当の子どもができたら追い出されるのではないかと心配していたのですね。

 だから彼女は何も求めなくなります。両親に心配をかけることのないグッドガールであろうとしたのです。

 とはいえ、彼女は自分の不安よりも、他人の気持ちに想いを馳せる女性。誰かが苦しんだり、不幸になったりするたびに、見知らぬ誰かのために心を痛めていました。

 そんな愛情あふれる彼女の姿に胸が熱くなったり、心が苦しくなったりする物語です。

2. アイのすべてを受けとめる親友・ミナとカメラマンのユウに感動

 そんなアイの暮らしはとても孤独なものでした。他人の不幸に想いを馳せ、裕福な自分を消し去ろうとしていたからです。

 そこに現れたのがミナという同級生。アイとは対照的に活発で自信溢れる女性でしたが、アイとはすぐに仲良くなりました。

 ミナは同性愛者で、マイノリティであることを悩んでいました。しかし、そんな不安を表には出さず、まるでもうひとりの自分のようにアイを大切にします。

 さらに、デモ集会で出会った歳上の男性・ユウとの出会いがアイの人生を大きく変えます。すべてを包み込んでくれるユウに惹かれ、アイは出会ってすぐに彼と結婚しました。

 こうして自分の居場所を見つけたアイでしたが、ある出来事がきっかけで、彼女は再び自分の存在意義がわからなくなります。そのとき、ミナとユウは――。

 アイの気持ちに寄り添おうとする彼らの優しさにグッときます。

3. アイとミナがたどり着いた結論とは?

 物語の終盤で、彼女たちはある結論に辿り着きます。その結論は私たちが生きていく上で最も大切なことであり、人を愛するという気持ちそのものでした。

 ぜひ、実際に読んで彼女たちが出した結論に涙してください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『i(アイ)』。読めば「もっと人の気持ちに寄り添おう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …