webstation plus

(※『i(アイ)』表紙より)


 人の気持ちに寄り添っていますか。

 私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。

 そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思い出させてくれたのが、西加奈子さんの小説『i(アイ)』。

 今回は『i(アイ)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『i(アイ)』のあらすじ

 ワイルド曽田アイは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ女子高生。

 彼女は血の繋がりのない裕福な両親に大切に育てられましたが、繊細で賢すぎるため、自分の境遇を恥ずかしく思っていました。

 なぜなら、世界には理不尽な生活を余儀なくされる子どもたちが大勢いるからです。

・骸骨のように痩せ細り、でもお腹だけ大きく突き出た子どもたち
・煙が立ち上るゴミ山をあさる裸足の子どもたち
・路上で固まって眠り、大人たちから金品を盗むことで生きている子どもたち

 シリア生まれの彼女は、自分もそのうちの一人だったかもしれない…と思うと、贅沢な暮らしをしている自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 そんな彼女が同性愛者のミナや歳上の男性ユウとの出会いを通して自分の存在意義を追い求める物語です。

 『i(アイ)』のおすすめポイント

1. アイの悩む姿に心打たれる!?

 アイは、震災やテロが起こるたびに「なぜ、自分が被害者じゃなかったんだろう?」と思い悩んでいました。恵まれているという想いから抜け出せず、羞恥心と罪悪感でいっぱいになりました。

 では、なぜ彼女はそう思うようになったのでしょうか。

 それは、彼女がたまたま裕福な家庭の養子になったからです。自分が選ばれなければ、他の誰かが裕福になれた――そう思い悩んでいたのです。

 一方で、アイは養子であることに不安を感じていました。本当の子どもができたら追い出されるのではないかと心配していたのですね。

 だから彼女は何も求めなくなります。両親に心配をかけることのないグッドガールであろうとしたのです。

 とはいえ、彼女は自分の不安よりも、他人の気持ちに想いを馳せる女性。誰かが苦しんだり、不幸になったりするたびに、見知らぬ誰かのために心を痛めていました。

 そんな愛情あふれる彼女の姿に胸が熱くなったり、心が苦しくなったりする物語です。

2. アイのすべてを受けとめる親友・ミナとカメラマンのユウに感動

 そんなアイの暮らしはとても孤独なものでした。他人の不幸に想いを馳せ、裕福な自分を消し去ろうとしていたからです。

 そこに現れたのがミナという同級生。アイとは対照的に活発で自信溢れる女性でしたが、アイとはすぐに仲良くなりました。

 ミナは同性愛者で、マイノリティであることを悩んでいました。しかし、そんな不安を表には出さず、まるでもうひとりの自分のようにアイを大切にします。

 さらに、デモ集会で出会った歳上の男性・ユウとの出会いがアイの人生を大きく変えます。すべてを包み込んでくれるユウに惹かれ、アイは出会ってすぐに彼と結婚しました。

 こうして自分の居場所を見つけたアイでしたが、ある出来事がきっかけで、彼女は再び自分の存在意義がわからなくなります。そのとき、ミナとユウは――。

 アイの気持ちに寄り添おうとする彼らの優しさにグッときます。

3. アイとミナがたどり着いた結論とは?

 物語の終盤で、彼女たちはある結論に辿り着きます。その結論は私たちが生きていく上で最も大切なことであり、人を愛するという気持ちそのものでした。

 ぜひ、実際に読んで彼女たちが出した結論に涙してください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『i(アイ)』。読めば「もっと人の気持ちに寄り添おう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

人間の最大の武器は信頼と習慣/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …