webstation plus

(※『i(アイ)』表紙より)


 人の気持ちに寄り添っていますか。

 私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。

 そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思い出させてくれたのが、西加奈子さんの小説『i(アイ)』。

 今回は『i(アイ)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『i(アイ)』のあらすじ

 ワイルド曽田アイは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ女子高生。

 彼女は血の繋がりのない裕福な両親に大切に育てられましたが、繊細で賢すぎるため、自分の境遇を恥ずかしく思っていました。

 なぜなら、世界には理不尽な生活を余儀なくされる子どもたちが大勢いるからです。

・骸骨のように痩せ細り、でもお腹だけ大きく突き出た子どもたち
・煙が立ち上るゴミ山をあさる裸足の子どもたち
・路上で固まって眠り、大人たちから金品を盗むことで生きている子どもたち

 シリア生まれの彼女は、自分もそのうちの一人だったかもしれない…と思うと、贅沢な暮らしをしている自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 そんな彼女が同性愛者のミナや歳上の男性ユウとの出会いを通して自分の存在意義を追い求める物語です。

 『i(アイ)』のおすすめポイント

1. アイの悩む姿に心打たれる!?

 アイは、震災やテロが起こるたびに「なぜ、自分が被害者じゃなかったんだろう?」と思い悩んでいました。恵まれているという想いから抜け出せず、羞恥心と罪悪感でいっぱいになりました。

 では、なぜ彼女はそう思うようになったのでしょうか。

 それは、彼女がたまたま裕福な家庭の養子になったからです。自分が選ばれなければ、他の誰かが裕福になれた――そう思い悩んでいたのです。

 一方で、アイは養子であることに不安を感じていました。本当の子どもができたら追い出されるのではないかと心配していたのですね。

 だから彼女は何も求めなくなります。両親に心配をかけることのないグッドガールであろうとしたのです。

 とはいえ、彼女は自分の不安よりも、他人の気持ちに想いを馳せる女性。誰かが苦しんだり、不幸になったりするたびに、見知らぬ誰かのために心を痛めていました。

 そんな愛情あふれる彼女の姿に胸が熱くなったり、心が苦しくなったりする物語です。

2. アイのすべてを受けとめる親友・ミナとカメラマンのユウに感動

 そんなアイの暮らしはとても孤独なものでした。他人の不幸に想いを馳せ、裕福な自分を消し去ろうとしていたからです。

 そこに現れたのがミナという同級生。アイとは対照的に活発で自信溢れる女性でしたが、アイとはすぐに仲良くなりました。

 ミナは同性愛者で、マイノリティであることを悩んでいました。しかし、そんな不安を表には出さず、まるでもうひとりの自分のようにアイを大切にします。

 さらに、デモ集会で出会った歳上の男性・ユウとの出会いがアイの人生を大きく変えます。すべてを包み込んでくれるユウに惹かれ、アイは出会ってすぐに彼と結婚しました。

 こうして自分の居場所を見つけたアイでしたが、ある出来事がきっかけで、彼女は再び自分の存在意義がわからなくなります。そのとき、ミナとユウは――。

 アイの気持ちに寄り添おうとする彼らの優しさにグッときます。

3. アイとミナがたどり着いた結論とは?

 物語の終盤で、彼女たちはある結論に辿り着きます。その結論は私たちが生きていく上で最も大切なことであり、人を愛するという気持ちそのものでした。

 ぜひ、実際に読んで彼女たちが出した結論に涙してください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『i(アイ)』。読めば「もっと人の気持ちに寄り添おう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 好きなことに打ち込んでいますか?  私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。  彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。 &nb …

伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 他人の考えに縛られて生きていませんか?  私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。  伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子の …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?  残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。  大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 &n …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …