webstation plus

(※『i(アイ)』表紙より)


 人の気持ちに寄り添っていますか。

 私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。

 そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思い出させてくれたのが、西加奈子さんの小説『i(アイ)』。

 今回は『i(アイ)』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『i(アイ)』のあらすじ

 ワイルド曽田アイは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ女子高生。

 彼女は血の繋がりのない裕福な両親に大切に育てられましたが、繊細で賢すぎるため、自分の境遇を恥ずかしく思っていました。

 なぜなら、世界には理不尽な生活を余儀なくされる子どもたちが大勢いるからです。

・骸骨のように痩せ細り、でもお腹だけ大きく突き出た子どもたち
・煙が立ち上るゴミ山をあさる裸足の子どもたち
・路上で固まって眠り、大人たちから金品を盗むことで生きている子どもたち

 シリア生まれの彼女は、自分もそのうちの一人だったかもしれない…と思うと、贅沢な暮らしをしている自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。

 そんな彼女が同性愛者のミナや歳上の男性ユウとの出会いを通して自分の存在意義を追い求める物語です。

 『i(アイ)』のおすすめポイント

1. アイの悩む姿に心打たれる!?

 アイは、震災やテロが起こるたびに「なぜ、自分が被害者じゃなかったんだろう?」と思い悩んでいました。恵まれているという想いから抜け出せず、羞恥心と罪悪感でいっぱいになりました。

 では、なぜ彼女はそう思うようになったのでしょうか。

 それは、彼女がたまたま裕福な家庭の養子になったからです。自分が選ばれなければ、他の誰かが裕福になれた――そう思い悩んでいたのです。

 一方で、アイは養子であることに不安を感じていました。本当の子どもができたら追い出されるのではないかと心配していたのですね。

 だから彼女は何も求めなくなります。両親に心配をかけることのないグッドガールであろうとしたのです。

 とはいえ、彼女は自分の不安よりも、他人の気持ちに想いを馳せる女性。誰かが苦しんだり、不幸になったりするたびに、見知らぬ誰かのために心を痛めていました。

 そんな愛情あふれる彼女の姿に胸が熱くなったり、心が苦しくなったりする物語です。

2. アイのすべてを受けとめる親友・ミナとカメラマンのユウに感動

 そんなアイの暮らしはとても孤独なものでした。他人の不幸に想いを馳せ、裕福な自分を消し去ろうとしていたからです。

 そこに現れたのがミナという同級生。アイとは対照的に活発で自信溢れる女性でしたが、アイとはすぐに仲良くなりました。

 ミナは同性愛者で、マイノリティであることを悩んでいました。しかし、そんな不安を表には出さず、まるでもうひとりの自分のようにアイを大切にします。

 さらに、デモ集会で出会った歳上の男性・ユウとの出会いがアイの人生を大きく変えます。すべてを包み込んでくれるユウに惹かれ、アイは出会ってすぐに彼と結婚しました。

 こうして自分の居場所を見つけたアイでしたが、ある出来事がきっかけで、彼女は再び自分の存在意義がわからなくなります。そのとき、ミナとユウは――。

 アイの気持ちに寄り添おうとする彼らの優しさにグッときます。

3. アイとミナがたどり着いた結論とは?

 物語の終盤で、彼女たちはある結論に辿り着きます。その結論は私たちが生きていく上で最も大切なことであり、人を愛するという気持ちそのものでした。

 ぜひ、実際に読んで彼女たちが出した結論に涙してください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『i(アイ)』。読めば「もっと人の気持ちに寄り添おう」と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …